加湿器を買取してもらう方法は? 一番高く売るコツや注意点を詳しく!

「加湿器を買い替えたいが、不要になったものを買取してもらう方法はないだろうか」とお考えではないでしょうか。せっかくなら、できるだけ高く買取してもらいたいですよね。そのためにも、まずは、どんな加湿器が買取可能なのかなど詳しく知る必要があります。

今回は、加湿器の買取について一番高く売るコツや注意点など、詳しく解説しましょう。

  1. ブランド品や使用感が少ない加湿器は買取対象
  2. 加湿器の買取前に確認しておくこと
  3. 加湿器を買取してもらう方法
  4. 加湿器の買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、加湿器の買取についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

 

1.ブランド品や使用感が少ない加湿器は買取対象

最初に、加湿器の買取事情を見ていきましょう。

1-1.使用感が少ない・故障していないなどが条件

買取してもらえる加湿器は、以下のようなものです。なお、業者によって買取基準が異なるため確認してください。

  • 使用感が少ない
  • 不具合や故障がない
  • 人気モデル・ブランド
  • 購入時の付属品・箱がそろっている

1-2.元値が高い人気機種などは買取してもらえる

加湿器でも、元の価格が高いもの・空気清浄機兼用の高性能機種などは買取してもらえます。特に買取人気の高いメーカーや機種・中古販売価格は以下をご覧ください。

  • パナソニック(FE-KXF15・新品価格68,700円):25,000円程度
  • パナソニック(F-VXK55・新品価格26,000円):13,000円程度
  • ダイソン(hygienic mist MF01WS・新品価格52,700円):25,000円程度
  • ダイキン(MC80T-W・新品価格35,000円):24,000円程度

加湿器単体のものは中古需要が少なく、状態がよくても数百~千円程度の買取価格となるでしょう。なお、買取相場は、新品価格の加湿器の状態や中古市場での需要に大きな影響を受けます。買取価格は、定価の10%前後が目安です。また、業者が公開している金額を調べたり、ネットオークションやフリマサイトの落札価格も参考にしてください。

2.加湿器の買取前に確認しておくこと

加湿器を高く売るためにも、買取に出す前にチェックしておくべきことがあります。

2-1.不具合や故障をチェックしておく

買取に出す前に、不具合や故障がないかチェックしておきましょう。故障や不具合があれば、査定に出しても買取してもらえません。買取不可だと無駄足になってしまうので、必ずチェックすることが大切です。

2-2.ホコリや手あかをクリーニングする

加湿器を買取に出す前に、ホコリや手あかのクリーニングを忘れないようにしましょう。業者がクリーニングする手間が省けるため、買取価格がアップします。具体的なクリーニング方法は、加湿器の説明書などを参考にしてください。間違った方法でクリーニングすると、傷がついたり材質が変質したりすることがあるので注意しましょう。

2-3.高く売れるタイミングをチェックする

高く売れるタイミングをチェックして売るのもいいでしょう。加湿器の需要は、空気が乾燥する冬場に急増します。たとえば、すでに加湿器を1台持っているが、予備用に欲しい・部屋ごとに置きたいといった需要も高まるのです。特に急ぐ必要がないのなら、冬が始まる前に売るといいでしょう。ただし、タイミングを待ち続けた結果、新製品が発売されたり中古市場での需要が減ったりして、買取価格が下がってしまうことがあります。不要になった時点で買取に出すことがおすすめです。

3.加湿器を買取してもらう方法

加湿器を買取してもらう主な方法を、メリット・デメリットと併せて詳しく解説します。

3-1.ほぼ新品ならリサイクルショップや買取専門業者

ほぼ新品の状態なら、リサイクルショップや買取専門業者に売ることができます。買取を希望するときは、査定を依頼してください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま正式に契約しましょう。店頭持ち込みが基本となるため、近隣に店舗がある場合などにおすすめです。

メリット

  • その場で買取から代金受け取りが完了する
  • ほかの不用品も同時に買取依頼できる

デメリット

  • 買取価格が相場より安め
  • 買取不可の場合は引き取り処分を依頼できない
  • 店頭持ち込みだけ対応可能な業者も多い

3-2.不用品回収業者は買取も処分も同時に可能

不用品回収業者では、中古品として再販可能な加湿器を買取しています。以下のような回収方法から、都合のいい方法を選んで査定依頼するといいでしょう。なお、不用品回収業者では買取も引き取り処分も依頼できて楽です。

店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
宅配回収:宅配便で業者に送付する
出張回収:場所・日時指定をして業者に回収してもらう

メリット

  • 買取価格が相場より安め
  • 買取不可でも引き取り処分を依頼できる
  • 業者により宅配回収・出張回収などが選べる
  • ほかの不用品を同時に買取・処分依頼できる

デメリット

  • 買取不可の場合は回収費用がかかることがある

3-3.ネットオークションやフリマサイトで売りたい価格で売る

売りたい価格があるのなら、ネットオークションやフリマサイトに出品することも検討しましょう。ネットオークションやフリマサイトは、中古の加湿器を探している人が多く参加しているので、取り引きが成立しやすいのが特徴です。直近の落札相場を調べると、実際にどのくらいの価格で売れるのか分かります。

メリット

  • 欲しがっている人と直接やりとりできる
  • 自分の売りたい価格で売れる
  • 宅配便で送付できる
  • ネットオークションでは思わぬ高額落札もある

デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 業者も多く出品しており、不利になることもある
  • 商品クレームや支払い遅延などが起こりやすい
  • フリマサイトは値切られやすい
  • 出品してから発送完了まで手間と時間がかかる

3-4.悪質業者に注意しよう

加湿器の買取は、悪質業者に注意してください。特に、電話や訪問による勧誘をしてくる業者は、信頼できないことが多いものです。「不用品を高く買取している」と言いながら近づき、勝手に家に上がり込んで物色し、金銭価値の高いものを不当に安い価格で買取する(押し買い)ケースが後を絶ちません。加湿器だけを買取してもらうつもりが、大切なものを無理やり持ち出されてしまわないよう、気をつけましょう。加湿器の買取は、信頼できる業者に依頼してください。

4.加湿器の買取に関するよくある質問

最後に、加湿器の買取に関する質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.数年前に購入したままの加湿器でも買取してもらえる?
A.業者に確認してください。未使用品でも型式が古すぎる・不人気メーカーや機種などで買取不可の場合があります。

Q.買取に出す直前まで加湿器を使いたいのですが?
A.おすすめしません。買取前にクリーニングする時間がなくなるほか、突然不具合が出るリスクも高まります。買取に出すことを決めたときから、なるべく使用しないほうがいいでしょう。

Q.加湿器の買取価格に納得できない場合はどうする?
A.査定理由を説明してもらいましょう。正当な理由があるのなら、相場と考えてそのまま買取してもらうのもひとつの方法です。特に理由がない・説明が不明確などの場合は、買取依頼を取り下げ、別の業者に改めて依頼してもいいでしょう。

Q.加湿器を数台まとめて買取してもらうことはできる?
A.可能です。数量が多く運ぶのが大変なら、業者に出張回収を依頼すると便利でしょう。なお、新品の場合は業者によって「盗難品の買取防止対策」により1台だけの買取になることもあるので確認してください。

Q.信頼できる業者の選び方は?
A.加湿器の買取は、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • 加湿器の買取実績が豊富にある
  • 誠実な査定をし、できるだけ高く買取している
  • 査定は無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 買取不可の場合は、リサイクル目的で引き取り処分をしている
  • スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

まとめ

今回は、加湿器の買取について詳しく解説しました。買い替えなどでまだ使える加湿器が不要になったら、買取してもらえるか考えてみましょう。買取可能な加湿器の条件は、不具合や故障がなく、使用感が少なくてキレイなものなどです。特に、人気のメーカーや機種なら高額買取も可能でしょう。また、どんな方法で買取してもらうか検討してみてください。