遺品で売れるものを知りたい人必見! 特徴や売却方法を紹介

「遺品整理をしなければならないが、思いのほかお金がかかりそうなので売れる遺品は売却したい」と思っている人はいませんか? 遺品は故人が残したものですが、一部の思い出の品を除けば、ほとんどがゴミとして処分されてしまいがちです。それならば、売れるものは売ったほうが遺品整理にかかる費用の足しにもなり、エコ活動にもなります。

今回は、遺品の中で値段がつきやすいものや売却方法を紹介しましょう。

  1. 遺品の中で売れるもの
  2. 遺品の売り方
  3. 遺品整理業者を依頼するメリット
  4. 遺品の売却に関するよくある質問

この記事を読めば、売れるものの目安もつけやすくなります。遺品整理をしている人や遺品の売却先を探している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.遺品の中で売れるもの

はじめに、遺品の中でも売れるもの、買い手がつきやすいものを紹介します。

1-1.売れる遺品の目安

買取してもらえる遺品は、以下のような特徴があります。

  • 年月がたっても価値の変わらないもの
  • 今では製造・販がされていないもの
  • 中古でも一定の需要があるもの

特に、古書やホビー類は「こんなものが売れるの?」と思うものに高値がつくこともあるでしょう。

1-2.遺品の中で売れるものの具体例

この項では、売却できる可能性が高い遺品を具体的に紹介します。

1-2-1.貴金属

金・銀・プラチナは金属として高い価値があります。アクセサリーはもちろんのこと、仏具(おりんや仏像など)や金歯・外国のコイン・記念硬貨なども高値がつくこともあるでしょう。コイン類は、コレクターアイテムとして高値で売買されるものもあります。意外なところでは、トロフィー・勲章・鉄ビンなども値段がつくことがあるでしょう。なお、鉄ビンは民芸品として外国人にも人気があり、値段が高くなっています。

1-2-2.酒類

未開封の酒類は買取してもらえます。ウイスキーやブランデーだけでなく、日本酒やビールも消費期限に間がある場合は買取可能です。中でも、ルイ13世・ヘネシーXO・カミュVSOPなどが高値がつきやすいでしょう。ワインも年代によっては高値がつくことがあります。

1-2-3.着物類

着物類は、流行に左右されずに買取してもらえる着物の代表格です。正絹の着物だけでなく、木綿・ウールの着物も一定の需要があるため、査定に出してみましょう。また、着物はシミがついていたり一部退色していたりしても、端切れにして再利用可能です。遺品の中に着物が含まれている場合は、全部査定に出してみましょう。

1-2-4.趣味のもの

釣り道具・囲碁や将棋盤など、趣味のものも値段がつくことがあります。また、アンプやスピーカーなどのAV機器は古い機種でも高値がつくことがあるでしょう。

1-2-5.古書・ホビー類

漫画本や小説・ホビー類なども高値がつくことがあります。特に、有名漫画家の初版本やサイン入りの本・人形・カードゲーム類は、意外な高値がつくことがあるでしょう。故人がコレクターだった場合は、ぜひ査定を依頼してください。

1-2-6.骨とう・古美術品

骨とうや古美術品は、本物ならば高値がつきます。本人が生前にコレクションしていたものは、一度査定に出してみてください。

1-3.家電やブランド物のバッグなどは新しいものほど売れる

家電やブランド物の服やバッグは、新しいものならば売却できます。製造後5年以上の家電は値段がつかないか、安価でしか売れない可能性が高いので、時間との勝負です。ブランド物でも、服やバッグは流行があります。売却を考えている場合は早めに査定をしてもらいましょう。

2.遺品の売り方

この項では、遺品を売却する方法を紹介します。

2-1.専門のリサイクル業者

貴金属・ホビー類・古書・古美術品・着物などは、専門のリサイクル業者があります。インターネットを利用し、実績がある業者や顧客満足度の高い業者を探しましょう。今は、宅配買取と言って宅配便で売りたいものを業者へ郵送し、査定をしてもらう方法もあります。遺品ごとに査定を依頼する業者を使い分けるのは大変ですが、売買に専門的な知識が必要なものは、専門性の高い業者に依頼するのが一番です。

2-2.一般的なリサイクル業者

家具や家電・趣味の品・お酒などは一般的なリサイクル業者で査定してもらっても、正確な値段がつきやすいでしょう。リサイクル業者の中には、買取を強化しているものをサイトに掲載しているところもあります。当てはまるものがある場合は、ぜひ査定してもらいましょう。ただし、リサイクル業者も売買できるものがショップごとに微妙に異なります。可能ならば事前に買取可能なものを調べてから査定を依頼しましょう。

2-3.ネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、自分で買い手を探すことができます。意外なものに買い手がつくこともあるでしょう。ただし、出品や郵送の手間がかかり、必ず売れるとは限りません。また、価値あるものが安価でしか売れないこともあります。出品する際は、品物の状態やメーカーと共に、写真を掲載しましょう。

2-4.買取してくれる不用品回収業者

値段がつかなくても回収してほしいものは、買取も行っている不用品回収業者に査定を依頼しましょう。買取金額を回収料金から引いてくれます。家電や家具など大きなものを処分したいときにおすすめです。

3.遺品整理業者を依頼するメリット

この項では、遺品整理業者を利用して遺品を売る方法やメリットを紹介します。

3-1.遺品整理業者は遺品を整理するエキスパート

遺品整理業者は、遺品の整理や回収を行う業者です。専門業者もあれば不用品回収業者が業務の一環として行っているところもあります。民間資格の「遺品整理士」を取得しているスタッフがいる業者なら、遺品の仕分け方などの相談にも乗ってくれるでしょう。

3-2.遺品整理業者は整理と買取を同時に依頼できる

遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理と買取を一度に依頼できます。「遺品を売却したいけれど、業者を探して依頼する時間がない」という場合などに便利です。また、遺品の供養もしてもらえるので、遺族の心情が軽くなります。

3-3.遺品整理業者は複数から見積もりを取る

遺品整理は、まだ新しいビジネスモデルです。ですから、相場がまだ確立されていません。可能ならば複数の業者から見積もりを取り、やり取りが丁寧で見積書がきちんと作られている業者を利用しましょう。見積書がいいかげんだったり加算前提だったりする業者は依頼しない方がいいでしょう。

4.遺品の売却に関するよくある質問

この項では、遺品の売却に関する質問を紹介します。

Q.遺品を売却したお金は、遺産になるでしょうか?
A.遺品を売却した結果、数十万円以上になるならば遺産として分配したほうがいいですね。遺品整理にかかった金額と相殺できれば、遺産として分配する必要はありません。

Q.仏像など宗教用具を売却するのに抵抗があります。
A.確かにそうですが、金の仏具は資産として購入する人も珍しくありません。気になる場合は菩提寺(ぼだいじ)に連絡してお経をあげてもらいましょう。

Q.遺品と遺産の区別がよく分かりません。
A.遺産は故人名義の預金や不動産・動産などです。価値がはっきりしていれば貴金属や古美術品なども遺産に含まれます。遺品は、資産価値がすぐには判明しないものです。遺産は分配比率が法律で決まっていますが、遺品は遺族が自由に分配できます。

Q.遺品をすぐに売却したほうがいいのでしょうか?
A.遺品整理は遺族の気持ちに添って行うのが一番ですが、家電を売却したい場合は早いほどいいですね。また、故人が賃貸物件に住んでいる場合も、早めに整理しなければなりません。

Q.遺族に遺品整理の手間をかけさせたくないのですが、生前にやっておくことはありますか?
A.身の回りのものは、ある程度処分しておきましょう。また、金銭的に価値のあるコレクターズアイテムは自分の死後、どう処理してほしいか書き残しておくと遺族も楽です。

まとめ

今回は遺品の中で売れるものの種類や売却方法を紹介しました。一見すると価値のなさそうなものでも、見る人が見れば値段がつくものもあります。特に、故人がコレクターだった場合は、遺品を査定してもらいましょう。