靴の収納アイデアをご紹介! キレイな靴箱を維持し続けるコツは?

靴の数が増えるほど、靴箱はギュウギュウ詰めになってしまい、購入したときの状況が維持できなくなってしまいます。いつの間にか靴の中や外側にカビが発生し、履けなくなったということがあるのではないでしょうか。そうならないためには、きちんと整理整頓を心がけ、靴をキレイに維持できるよう使いやすい靴箱にしなければなりませんよね。

本記事では、ゴチャゴチャになりがちな靴箱の収納アイデアとポイントを解説します。

  1. 靴の収納でよくある悩みごと
  2. 靴を収納するときのポイント
  3. 靴の収納アイデアをご紹介!
  4. 靴の収納に関してよくある質問

この記事を読むことで、靴の収納アイデアとポイントが分かります。キレイな状態のまま使いやすい靴箱にしたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

 

1.靴の収納でよくある悩みごと

まずは、靴の収納でよくある悩みごとや問題点をまとめてチェックしておきましょう。問題点を先に把握しておけば、効率的な収納方法とポイントが理解しやすくなりますよ。

1-1.数が多い

靴の収納で大きな問題点といえば、数が多いことです。家族が大勢いる家庭ほど、靴の数も増えていき、靴箱に入りきれなくなるでしょう。1人暮らしの場合でも靴好きでつい買いすぎて、靴箱に入りきれず玄関に放置したままになっている方もいるはずです。しかし、そのままでは大事な靴が傷つき、カビが生える恐れもあります。数が多い分だけ、さまざまな問題が出てくるでしょう。

1-2.収納スペースがない

1人暮らしのワンルームや1Kなどには、そもそも靴箱自体がないというケースがあります。靴箱がない場合は、簡易的な保管場所を作るか、そのまま玄関に放置するしか選択はありません。収納スペースが狭いほど、靴の収納にも工夫を凝らす必要があります。収納スペースが少ないからと諦めないでくださいね。後ほど、【3.靴の収納アイデアをご紹介!】で説明するので要チェックです。

1-3.カビが気になる

靴箱に嫌な臭いが発生したり、湿気でカビができたりしてしまうことがあります。靴にカビが発生する主な原因は、保管環境に問題があるのです。たとえば、靴箱いっぱいに収納していると通気性が悪くなり、湿気がこもりやすくなります。脱いだばかりの靴をすぐに靴箱へ収納するのも、湿気がたまりやすくカビが発生する原因になるのです。また、靴底についた泥や汚れなどもカビの栄養源になるため、保管前にきちんと掃除しなければなりません。

1-4.傷をつけたくない

スニーカー・ブーツ・サンダルなどさまざまな種類の靴を乱雑に収納していると、お互いがぶつかり合い、傷ついてしまう恐れがあります。「靴を傷つけず大切に保管したいけれど、収納場所がないから仕方なく……」とゴチャゴチャに収納している方もいるでしょう。特に、狭い玄関の場合は、上手に整理しなければ大切な靴の状態を悪くしてしまいがちです。狭い空間でも、大切な靴を傷つけずに保管する方法とポイントがあります。

2.靴を収納するときのポイント

それでは、靴を収納するときに気をつけておきたいポイントをいくつか紹介します。アイデアを実践する前に、必ず押さえておきたいポイントばかりなのでぜひチェックしてくださいね。

2-1.通気性など収納環境をチェック!

まずは、通気性など収納環境を改めてチェックしてみましょう。靴箱の湿気は、カビを発生させ靴を傷つける最大の敵です。通気性が悪い場合は、シリカゲルなど除湿効果のある乾燥剤を入れたり、除湿剤と一緒に収納したりするといいでしょう。また、しばらく履かない靴には湿気対策として新聞紙を詰めておきます。新聞紙が湿気を吸い取ってくれるので、収納環境も多少よくなるでしょう。さらに、通気のため、定期的に靴箱を開け換気を行ってくださいね。

2-2.保管する前に手入れをする

ブーツやサンダルなど、シーズンを終えた大切な靴は、次のシーズンまで保管しておかなければなりません。長く保管している間にカビが生えないよう、きちんと手入れをしておきましょう。たとえば、革でできたタイプなら専用のクリーナーで磨きます。ブーツの場合は型崩れが心配なので、新聞紙を詰めたりブーツキーパーを使用したりして形を維持しましょう。保管前の手入れをきちんとしたかどうかで、来シーズンも難なく使うことができるのです。

2-3.適度な空間を作る

靴をギュウギュウ詰めにして収納するのはNGです。適度な空間が生まれるように、余裕のある収納で湿気がたまりにくくなり、より良い収納環境につながります。靴をたくさん持っている方は、この機会に履かない靴や使っていない靴を処分しましょう。特に、子どもの成長などで履けなくなった靴は処分し、余裕のある靴箱にしてくださいね。

3.靴の収納アイデアをご紹介!

おすすめの靴の収納アイデアをいくつか紹介します。

3-1.すのこで収納スペースを作る

靴箱がない場合は、100円均一でも購入できるすのこを活用して作ることができます。すのこ数枚を、ねじとドライバーで組み立てて棚にする方法です。すのこを直接床に置かず、床から数cm程度離れた場所に設置することで通気性にも優れた靴箱になります。ねじとドライバーがなくても、ブロックや結束バンドで作ることもできるのでおすすめです。また、背の高い棚を作り、下の空間は傘やベビーカーなど靴以外のものを収納する方法もあります。収納スペース作りは、いかに元の空間を活用できるかが大きなポイントになるでしょう。

3-2.グッズでデッドスペースを生かす

靴を収納する際、上部に空間が生まれたりデッドスペースができたりするでしょう。デッドスペースが活用できれば、収納できる靴も増えますよね。そんなときは突っ張り棒やシューズホルダーなどの便利グッズを活用しましょう。特に、靴箱の容量を増やす最もポピュラーなアイテムとも言えるシューズラックは1足分の靴を重ねて収納でき、100円均一ショップでも気軽に購入できます。また、突っ張り棒と靴箱内の高さを活かせば、収納スペースが倍以上になるのでおすすめです。

3-3.ブーツ収納はコの字棚を使って空間を確保

スニーカーや革靴よりもスペースが必要なブーツは、できるだけ型を崩さずに保管するのがポイントです。備え付けの靴箱に収納する場合は、ブーツキーパーを活用し型を維持しながらコの字型のスライド収納棚の上に置くことで、下の空間に別の靴を入れることができます。収納スペースがない場合は、玄関の天井に突っ張り棒を2本並行してつけると、そこにシューズケースを並べ保管できるのです。天井は見逃しやすいデッドスペースなので、収納スペースを工夫次第で作ることができますよ。

3-4.日常使いの靴は取り出しやすく

日常的に使う靴は頻繁に出し入れをするので、取り出しやすい場所に保管するのがポイントです。天井付近にまで収納スペースがあるなら、下段のほうに日常使いの靴を、上段のほうにあまり履かないよそ行きの靴を収納するといいでしょう。また、日常使いの靴は湿気がたまりやすいのですぐに収納しないことが大切です。靴箱に入れず、玄関に簡易的な靴置き場を作りそこに置くのも方法の1つでしょう。

3-5.オフシーズンの靴はクローゼットへ

靴箱に余裕がない場合は、購入時についてきた元箱に収納しクローゼットに保管してください。使っていないオフシーズンの靴をほかの場所で保管することで、靴箱に余裕が生まれます。そして、季節ごとに靴箱を入れ替えるだけでいいのです。ただし、靴を保管する前に、ついている汚れやホコリをキレイに落としてください。なぜなら、汚れを栄養源とするカビが靴についてしまうからです。靴底についている泥や汚れを落とし、ブーツの中はきちんと消臭と除菌をしてから保管しましょう。

3-6.子どもの靴は牛乳パックケースで収納

子どもの靴は小さいサイズが多いので、見つかりにくく取り出しにくい傾向があります。運動靴・サンダル・長靴・ブーツなど用途の違う靴が何足もあるため、整理整頓にもひと苦労です。そんなときは、使用済みの乾かした牛乳パックでラックを作る方法をおすすめします。牛乳パックを靴のサイズに合わせて横にカットし、それをいくつかつなげて装着すれば簡易的なラックが完成です。中に靴を入れれば、子どもの靴を重ねて収納できます。
また、靴箱に100円均一ショップにある突っ張り棒を平行に2本ほど設置しても、簡単に段数を増やすことができるでしょう。突っ張り棒の上にすのこや金網などを置くと、小さな子どもの靴でもすき間から落とす心配はありません。段数を自分で増やす場合は、靴箱のサイズを測ってくださいね。

4.靴の収納に関してよくある質問

靴の収納に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.湿気対策で大切なポイントは?
A.空気が動くことです。空気の通り道がなくなり、滞っている場所はカビが発生しやすくなっています。カビの発生や繁殖を防ぐためには、空気が常に動いていければなりません。そのために必要なのが、換気と空間なのです。特に、雨の日が続いた後の翌日に晴れたら、玄関や窓を開けてたくさんの空気を取り入れてください。また、靴と靴の間に空間を開け、空気が通るように心がけることも大切なポイントです。風のとおり道が悪い場合は、サーキュレーターなどを使用し風を送り湿気を飛ばしてくださいね。

Q.嫌な臭いを防ぐコツは?
A.靴箱の独特な臭いは、体から出た熱や汗で湿気を吸った靴から発生しています。脱いだばかりの靴は湿気がたまりやすくなっているため、風通しの良い場所に数日間置いてから靴箱に収納してください。完全に湿気を飛ばしてから保管することが、悪臭を防止するコツなのです。また、靴だけでなく、靴箱もキレイに掃除しましょう。重曹を使って掃除すると、除湿効果だけでなく除菌効果や防臭効果も期待できます。さらに、重曹を小さなお皿に入れ靴箱に設置するのも防臭対策の1つです。

Q.ブーツ収納の注意点は?
A.ブーツを収納する際は、通気性の良い場所を選ぶように心がけてください。ブーツは暖かい分、蒸れやすく湿気が抜けにくい傾向があります。特に、ロングブーツは足底に湿気がたまりやすくなっているため、カビの発生源になりがちです。オンシーズン・オフシーズンに限らず、常に湿気とカビ対策が重要となります。とにかく、足底まで入念に乾かしてくださいね。また、オンシーズンはなるべく空気が通りやすい場所に置き、オフシーズンは箱やボックス・ケースにしまいましょう。

Q.おすすめの収納グッズや靴箱は?
A.100円均一にある引き出すタイプのシューズケースは、玄関のクローゼットや物置きでも靴箱のスペースができるのでおすすめです。前部分が開くようにできているので取り出しやすくなっています。また、IKEAのシューズラックも取り出しやすく、1足分のスペースができるので最大限有効活用できるでしょう。1人暮らしの狭い靴箱でも十分に収納できます。かわいい子ども用のシューズラックもあるので、ネット通販サイトなどをぜひチェックしてみてください。

Q.DIYでオシャレな靴箱にするポイントは?
A.機能や収納スペースは十分だけど見た目が……という方は、リメイクシートを活用し自分好みの見た目に変えちゃいましょう。100円均一ショップでもバリエーション豊かなリメイクシートが販売されています。リメイクシートやマスキングテープは、靴箱に貼るだけなので簡単にオシャレなデザインになる便利アイテムです。もともとブラウンの作り付け収納に、木目調のリメイクシートを貼れば、玄関の印象も一気に変わるでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

収納スペースが狭い靴箱でも、シューズボックスやケースなど便利グッズを活用すれば、十分に収納できます。ただし、ある程度空間がある靴箱にするのがポイントです。ギュウギュウ詰めにしてしまうと、空気の通り道ができず湿気がたまりやすくなってしまいます。定期的に換気をし新鮮な空気を取り入れることも大切なポイントです。この機会に靴箱を整理整頓し、使っている靴だけ収納するように心がけましょう。また、臭いがこもっている靴箱も定期的にキレイに掃除してくださいね。消臭効果のある重曹を小皿に入れ設置するのも靴箱をキレイに保つコツですよ。