引っ越しの片付けはどこからやるべき? 計画の立て方とコツを紹介

引っ越しは、準備と荷造り以外に、片付けもしなければなりません。どこから手をつけるかスケジュールを立て、効率よく進めることが大切です。引っ越しの予定が決まっている方は、片付けの手順やコツなどを覚えておき、スムーズに作業を行うことができるようにしておきましょう。

本記事では、引っ越しの片付けについてご紹介します。

  1. 引っ越しの片付けはどこから始めるか?
  2. 引っ越し片付けのスケジュールの立て方
  3. 引っ越しの片付け方法
  4. 引っ越しの片付けで出た不用品の処分方法
  5. 引っ越しの片付けでよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しの片付けについてよく分かります。不用品の処分を順序よく終え、安心して引っ越し当日を迎えることができるように準備しておきましょう。

 

1.引っ越しの片付けはどこから始めるか?

引っ越しの片付けは、どこから始めたらいいのでしょうか? 進め方をご紹介します。

1-1.普段使わないものから始める

引っ越しの片付けは、最初に普段使わないものから始めるといいでしょう。たとえば、押し入れなど収納の奥・天袋・納戸などです。季節外の服や家電など、使う予定がないものは先に荷造りを終えておきます。荷造りをしながら仕分けをし、不用品の処分も同時に行う方法がおすすめです。

1-2.使用頻度順に荷造りする

普段使わないものの片付けを終えたら、次は使用頻度が比較的低いものを整理して荷造りをします。普段使っているものは最後に荷造りするだけという状態にしておけば、引っ越し当日に慌てることがありません。引っ越しはものの整理をし、必要品・不用品の仕分けをするいい機会です。1年以上使っていないものや今後も使う予定がないものは、引っ越しをきっかけに思いきって処分しましょう。

2.引っ越し片付けのスケジュールの立て方

引っ越しの日程が決まったら、まずはスケジュールを立てて片付けをしていきましょう。スケジュールの立て方をご紹介します。

2-1.引っ越しが決まった段階でスケジュールを立てよう

引っ越しの片付けは、引っ越しが決まった段階で、すぐにスケジュールを立てて進めることが大切です。片付け後は、不用品の処分や買取に出す作業も行わなければなりません。ゆとりを持って進めることができるよう、1か月前から準備をすることをおすすめします。

2-2.スケジュールの具体例

引っ越しの片付けは、1か月前から始めるのが理想です。

【1か月前】​

引っ越し業者に依頼をし、引っ越しの日程を組んでからスケジュール調整をしましょう。最近では、引っ越し業者からダンボールなどのこん包資材が提供されることが多くなっています。ダンボールなどが提供されない場合は、自分で調達しなければなりません。

【3週間前】

普段使っていないものから順に片付けと荷造りをしてください。季節外のものやサイズアウトした服などを見直し、不要なものは思いきって処分しましょう。持ち物を減らすだけで、荷造りが楽になります。

【2週間前】​

引っ越しを機に、家具や家電を処分する場合、まだ使えるものは買取してもらう方法がおすすめです。粗大ゴミなどは早めに申し込みをしておき、引っ越し当日まで処分できずに残り、慌てることがないようにしておきましょう。比較的使用頻度が低いものも、先にこん包を終えておいてください。

【1週間前】

引っ越しまで1週間と迫ってきたら、身近なものの荷造りを始めましょう。服や雑貨などは必要最小限のものだけ残し、荷造りを終えたほうが、引っ越し当日の作業が楽になります。普段使うものは最後にこん包してください。スーツケースなどで移動しやすくする方法もおすすめです。食品類は、引っ越し前日までに食べきるように意識し、残ったものはクーラーボックスに入れて運ぶことができるように準備しておきましょう。

3.引っ越しの片付け方法

引っ越しの片付けは、手順やコツを理解しておくことが大切です。注意点も併せて覚えておいてください。

3-1.仕分けから始めよう

引っ越しの片付けは、最初に仕分けを行います。新居に持ち込むものと処分するものに大きく分けてください。引っ越しは断捨離に適したタイミングです。なるべくものの量を少なくし、移転後の荷さばきが簡単にできるようにしておきましょう。新居の収納スペースなどを確認し、見合う量に調整する方法もおすすめです。収納の8割程度までものの量を絞り込んでください。処分に迷うものは期限を決めて保留とし、新居に移転してから改めて考えましょう。

3-2.荷造り・こん包の仕方

引っ越しの荷造りをするときは、品目別に分けてダンボールに詰めることがポイントです。何が入っているのか分かるように、ダンボールの側面にフェルトペンなどで内容物と搬入先を記載しておきましょう。品目別にこん包するだけでなく、部屋ごとにダンボールを分けることも忘れないでください。キッチン・リビング・寝室・子ども部屋など、配置場所に応じたこん包をすることがポイントです。食器など破損してはいけないものは、エアーキャップや新聞紙などの緩衝材で1つずつしっかり包み、ダンボールに立てて詰めると割れにくくなります。

3-3.収納ケースを活用するとこん包が楽になる

荷造りを簡単に終えたいなら、収納ケースを活用しましょう。荷物の中でも分量が多いのは、服です。新居のクローゼットや押し入れに見合う大きさの収納ケースを用意し、必要な服だけをしまっていきます。引き出しをガムテープなどで養生すれば、ダンボールにこん包せずに運べるのに加え、そのまま収納にしまうことができ、荷さばきにかける時間と労力を削減できるでしょう。

3-4.引っ越し当日から使うものは分かりやすくしておくこと

引っ越し当日から使うものをダンボールにこん包する場合は、ガムテープの色を変える・赤いフェルトペンで目を引くように内容物を記載するなど、分かりやすくしておくことが大切です。引っ越し当日はダンボールに囲まれ、何がどこにあるのか分からなくなってしまうことがあります。色分けをし、探す手間がかからないようにするのもポイントです。

4.引っ越しの片付けで出た不用品の処分方法

引っ越しの片付けと並行し、不用品の処分もしなければなりません。不用品を処分する方法をご紹介します。

4-1.ゴミとして捨てる

古いものや利用価値がないものは、ゴミとして処分しましょう。自治体のルールに従い、分別して捨てます。また、引っ越し時に出る不用品は大量になることが多いため、少しずつ出すようにし、近隣に迷惑がかからないようにしましょう。

4-2.リサイクルできるものはする

利用価値が残っているものは、リサイクルショップなどの買取に出しましょう。家具・家電・服などは、状態が良好であれば、買取可能な場合が多いものです。ただし、業者ごとに査定基準や買取対象となるものが異なるため、複数の業者で査定を受けることをおすすめします。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、不用品の処分と買取のどちらにも対応していて便利です。自宅まで訪問してくれるため、引っ越しで慌ただしいときでも楽に処分できます。即日対応できる業者もあるので、急いで不用品の処分をしたい方は利用してみてください。ただし、不用品回収業者は、きちんと事業所を構えて営業しているところを選び、無用なトラブルを避けることが大切です。

4-4.なるべくリサイクルする意識を持つことが大切

近年は、地球温暖化防止の観点から、ゴミの削減を目的にリサイクルが推進されています。不用品はゴミとして簡単に処分せず、なるべくリサイクルする意識を持つことが大切です。買取などを利用し、ゴミの量を減らすようにしてください。

5.引っ越しの片付けでよくある質問

引っ越しの片付けに関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.早めに片付けを始めてしまうと、日常生活に支障が出ないのか?
A.引っ越しは、片付けや荷造り以外に、公共料金・役所・賃貸契約の解約など各種手続きをしなければなりません。慌ただしく時間がすぎてしまうため、ゆとりを持って片付けを行うことが大切なのです。

Q.本やCDなどは早めにこん包したほうがいいのか?
A.本やCDは、2週間前までにこん包を終えるようにしましょう。本はいつの間にか増えてしまうのに加え、かさばるとダンボールが重みで破損してしまいます。なるべく数を減らしてからこん包するようにしてください。

Q.仕分け作業で行き詰まってしまう場合はどうすべきか?
A.断捨離の基準を明確にして進めることが、仕分けのポイントです。壊れている・使用できないものは、迷わず処分しましょう。服は、1年着ていないものは処分対象となります。服の処分で迷う場合は、実際に着用してみて、サイズやフィット感を確かめてください。

Q.タンスの中身もこん包したほうがいいのか?
A.引っ越し業者によっては、中身を入れた状態でもいいという場合があります。ただし、引き出しなどは動かないように固定してください。中身を出すように指示があった場合は、ダンボールにこん包しましょう。

Q.こん包する際に注意すべきこととは?
A.ダンボールに内容物を記載するときに、誰のものかを添え書きしておくと、開封する際に戸惑うことがありません。また、ダンボールにはとおし番号をふり、一覧表を作って、番号と内容物を明記しておきましょう。引っ越し後にダンボールがあふれていても、番号を探して作業を開始できます。

まとめ

引っ越しの片付けは、どこから始めるべきか迷うことがあります。引っ越しが決まった時点で片付けのスケジュールを組み、1か月前から順序よく進めることが大切です。片付けは普段使わないものから始めましょう。また、必要品と不用品を仕分けし、不用品は思いきって処分してください。荷物が少なくなるだけで、荷造りがとても楽になります。使えるものはなるべく買取などを利用してリサイクルしてください。効率よく片付けを終え、引っ越し当日を安心して迎えられるようにしましょう。