粗大ゴミを一人で運べないときはどうする? 楽に処分する方法を紹介!

「粗大ゴミを捨てたいけど、マンションの部屋から一人で運べない」「粗大ゴミがあるけど、高齢で集荷場所まで運ぶのが大変」などとお悩みではないでしょうか。早く処分しなくてはと思っても、一人暮らしなど手伝ってくれる人がいない場合など、困ってしまいますよね。

そこで今回は、さまざまな事情で粗大ゴミを一人で運べない人のために、楽に処分する方法を詳しくご紹介しましょう。

  1. 粗大ゴミの捨て方
  2. 粗大ゴミを一人で運べない場合の処分方法
  3. 不用品回収業者の選び方
  4. 粗大ゴミの処分方法についてよくある質問

この記事を読むことで、粗大ゴミの捨て方についてよく分かり、一人で運べないときも楽に処分できるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.粗大ゴミの捨て方

最初に、粗大ゴミの種類や主な捨て方について見ていきましょう。

1-1.粗大ゴミとはどんなもの?

粗大ゴミとは、大きさや重さが一定以上のゴミのことです。たとえば、以下のようなものがあります。

  • 家具(タンス・ベッド・ダイニングテーブル・座椅子・ソファーなど)
  • 寝具(ふとん・マットレスなど)
  • 家電(電子レンジ・掃除機・扇風機・コタツなど)
  • 自転車
  • じゅうたん・たたみ
  • スケートボード
  • 石油ストーブ
  • 電子オルガン
  • ベビーカー

なお、自治体によって粗大ゴミの規定が異なるため、捨てる前に必ず確認しておきましょう。実際に粗大ゴミを出したくても、集荷場所や日時が自由にならない、手続きが面倒などの理由で長期間放置してしまう人もいるのです。

1-2.粗大ゴミの主な捨て方

粗大ゴミの主な捨て方を詳しく解説します。

1-2-1.自治体に依頼する

粗大ゴミは、自治体に依頼して回収してもらえます。まずは、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷場所・回収日時の指示を受けましょう。通常、粗大ゴミの処分には1個につき数百円程度の手数料がかかります。手数料の支払いは、多くの場合「粗大ゴミリサイクル券(シール)」をコンビニなどで購入して対応することになるでしょう。詳しくは、自治体ごとのルールに従ってください。自治体に依頼する場合、集荷場所まで運ぶことが基本です。なお、高齢などの事情で集荷場所まで運ぶことが困難な場合、自治体によっては自宅前で集荷してもらえることもあるので確認してみましょう。

1-2-2.リサイクルショップ・不用品回収業者に買取してもらう

粗大ゴミでも、まだ十分に使えるものは中古品としてリサイクルショップや不用品回収業者に買取してもらうことができます。まずは、業者の査定を受けてみてください。買取可能で提示金額に問題がない場合は、正式に買取を依頼しましょう。なお、規模の小さなリサイクルショップでは、店頭持ち込みだけとなる場合が多いので注意してください。リサイクルショップ・不用品回収業者共に、出張回収(希望の日時・場所で業者が回収してくれる)に対応しているところに依頼するといいでしょう。

1-2-3.ネットオークションなどで売る

粗大ゴミでも状態がいいものは、ネットオークションやフリマサイトで売ることも可能です。実際に、多くの品目が毎日出品・落札されています。ネットオークションやフリマサイトでは、業者で買取不可になったものでも出品できるのが大きなメリットでしょう。ただし、必ず売れるとは限らず、落札者とのやり取りや手続きに慣れが必要となります。また、支払い確認や発送など、一連の手続きに時間と手間がかかることもデメリットです。

2.粗大ゴミを一人で運べない場合の処分方法

粗大ゴミを一人で運べない場合の主な処分方法を詳しく解説します。

2-1.分解して小さくしてから捨てる

粗大ゴミでも、分解して小さくすることで可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てることができることがあります。自分で分解することができ、手間や時間を惜しまないのならやってみるといいでしょう。可燃ゴミや不燃ゴミとして出せば、回収費用も無料です。ただし、分解しても集荷場所まで運ぶ必要がある点は変わりません。

2-2.引っ越しする場合は引っ越し業者に依頼しよう

引っ越しに伴い粗大ゴミを処分したい場合は、引っ越し業者に依頼すると処分してもらえます。引っ越しと同時に粗大ゴミを処分できて便利です。ただし、引っ越し当日に依頼しても対応できないことがあるため、事前に依頼する必要があります。なお、業者によって基本料金に含まれている場合と、有料オプションとなる場合があるので確認してください。

2-3.買い替えの場合は販売店の下取り・引き取りを

家電や家具などの買い替えで粗大ゴミが発生する場合は、販売店に下取り・引き取りしてもらえることがあります。下取り・引き取りしてもらえる場合は、買い替えと同時に処分できて便利です。ただし、自宅から回収してもらえるか確認しておきましょう。なお、自宅から回収してもらう場合、回収費用がかかることがあります。

2-4.不用品回収業者に依頼する

粗大ゴミの処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者では、自宅まで回収しに来てくれるので、運ばなくても済むのが大きなメリットです。まずは、業者に粗大ゴミの量や内容を伝え、見積もりをもらいましょう。回収費用・日時などを確認し、問題がなければ正式に依頼してください。なお、回収費用は1回の依頼につき数千円~です。粗大ゴミの物量や内容、回収場所の条件(マンションの高層階・窓からの荷物出しなど)によって、費用が異なるので注意しましょう。また、買取も行っている業者に依頼すれば、買取代金と処分費用を相殺できてお得です。

3.不用品回収業者の選び方

粗大ゴミの処分を不用品回収業者に依頼するときは、信頼できる業者を選ぶことが大切です。選び方のポイントや注意点を解説します。

3-1.信頼できる業者かチェックしよう

粗大ゴミの処分は、以下のポイントを満たした業者に依頼すると安心です。

  • 粗大ゴミの処分で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブルかつ明確なシステム
  • 希望の場所・日時指定で回収してもらえる
  • 再販可能なものは買取もしている
  • スタッフが親切で丁寧な対応をしている
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

3-2.悪質業者に注意すること

不用品回収業者の中には、悪質業者も含まれています。悪質業者の主な特徴は、以下をご覧ください。

  • 無料回収を前面に出してくる
  • 電話や訪問が主な営業手段
  • 古物商許可を取得していない
  • 依頼していないものまで回収しようとする
  • スタッフがなれなれしい・言葉遣いが悪い
  • 高齢者や女性だけの在宅になりやすい平日昼間にやってくる

悪質業者と契約すると、法外な回収費用を請求されたり回収後の粗大ゴミを違法廃棄されてしまったりなど、何かとトラブルに巻き込まれてしまいます。粗大ゴミの処分は、3-1のポイントを満たす業者に依頼しましょう。

4.粗大ゴミの処分方法についてよくある質問

最後に、粗大ゴミの処分方法に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.大量の粗大ゴミがある場合におすすめの処分方法は?
A.不用品回収業者に依頼する方法です。不用品回収業者では、大量の不用品の処分依頼に慣れており、物量や内容によってさまざまな料金プランを用意しています。親切な業者なら、最もお得になるプランを提案してくれることでしょう。

Q.自治体の指定日時に粗大ゴミを出せなかったらどうなる?
A.改めて手続きが必要です。再度自治体の粗大ゴミ受付窓口に事情を説明し、指示を受けてください。

Q.業者との契約後に粗大ゴミを追加してもいい?
A.業者に確認してください。追加する粗大ゴミの量・内容によって、手配する車両の種類を変更する必要があるからです。

Q.エレベーターがないアパートからも運び出してもらえる?
A.問題ありません。ただし、業者によってはエレベーターが使えないことでオプション料金がかかることがあるため、事前に確認しておきましょう。

Q.不用品回収業者の費用を安くするアイデアは?
A.たとえば、使わなくなった貴金属類や趣味のコレクション品など、買取してもらえそうなものを同時に依頼すると、粗大ゴミの処分費用と相殺できて安くなります。また、個別に回収依頼をするより、1回にまとめたほうが安くなるでしょう。

まとめ

今回は、粗大ゴミを一人で運べない場合の捨て方について詳しく解説しました。粗大ゴミは、自治体に依頼するほかにもさまざまな処分方法があります。たとえば、引っ越しを伴う場合は引っ越し業者に処分してもらうことも可能です。また、不用品回収業者では、場所・日時を指定して回収してもらえ、再販可能なものは買取、そのほかのものは資源リサイクルに回してもらえます。いずれにしても、自分で運ばなくて済むので楽です。この記事を参考に、最も楽でメリットが大きい方法を選んでください。