キッチン家電の配置はどうすべきか? 配置の基本やレイアウトのコツ

キッチン(台所)の家電は、使いやすい配置にすることが大切です。動線を意識しながら、すっきりしたレイアウトを考えましょう。目隠し収納などを取り入れると、おしゃれな印象にすることができます。狭いキッチンならコンパクトな収納にし、使いやすい環境を作りましょう。

本記事では、キッチン家電の配置についてご紹介します。

  1. キッチン家電の配置でおさえておきたい基本
  2. 参考にしたいキッチン家電の配置例
  3. キッチン家電を上手に配置するポイント
  4. キッチン家電の配置方法でよくある質問

この記事を読むことで、キッチン家電の配置についてよく分かります。配置の基本やポイントをしっかり理解し、キッチンを使いやすい環境にしましょう。

1.キッチン家電の配置でおさえておきたい基本

まず、キッチンにはどのような家電があるのか、家電の配置に関する基本的な考え方などをご紹介します。

1-1.キッチン家電にはどんなものがあるのか?

キッチンにはたくさんの家電があります。たとえば、炊飯器・電子レンジ・トースター・ブレンダー・ケトル・コーヒーメーカーなどです。料理好きな方だと、ホームベーカリーやフライヤーなどを所有している場合もあるでしょう。種類が多いからこそ、収納や棚などをうまく活用し、使いやすい配置を心がけることが大切なのです。

1-2.きれいに見えて使いやすくが基本

キッチン家電の配置をすっきりした印象にするためには、きれいにまとめて使いやすくするというのが基本です。高さをそろえる・使いやすい位置にする・使用頻度で高さを分けるなどの方法があります。なるべくコンパクトに置くことを意識し、家電を置く場所が離れすぎないようにすることが大切です。

2.参考にしたいキッチン家電の配置例

家電の種類別に、配置場所やポイントをご紹介します。

2-1.炊飯器

炊飯器は自動で炊飯を行うため、調理の妨げにならない場所に配置しましょう。よそいやすさを意識し、カウンターの上など、食卓から近い位置にすると便利です。

2-2.電子レンジ

電子レンジは使う機会が多いものです。食品の温め直しや解凍に使うため、冷蔵庫から近い位置にするといいでしょう。調理中に使うことが多い場合は、作業スペースからなるべく近い場所を選ぶと、無駄な動きがなくなります。

2-3.トースター

トースターは、ダイニングの近くに配置すると、スムーズな配膳ができて便利です。温めたパンなどをすぐに食卓に並べることができ、家事の時短につながります。

2-4.ケトル

ケトルは、シンクになるべく近い場所に置き、すぐに給水できるようにしておくといいでしょう。ただし、ケトルはお湯を沸かす家電であるため、子どもがいる家庭では、手が届かない位置にすることも大切です。

2-5.コーヒーメーカー

コーヒーメーカーの配置もケトルと同様で、すぐに給水できる場所が便利です。コーヒー豆やミルなどと一緒に、ラックに置く方法もいいでしょう。おしゃれなコーヒーメーカーなら、インテリアとして楽しむこともできます。

2-6.ミキサー

ミキサーは使用する機会が限られているため、出しっぱなしより収納にしまう方法がおすすめです。普段は棚やラックなどにしまい、使うときだけ出しましょう。

2-7.ホームベーカリー

ホームベーカリーは、使用頻度に応じて置き場所を決めましょう。頻繁に使う場合は、ラックなどの下段に配置し、取り出しやすくしておく方法がおすすめです。使用頻度が低い場合は収納に目隠しをし、目に触れないようにしておけば、すっきりとした環境になります。

3.キッチン家電を上手に配置するポイント

限られた収納や棚などの活用方法など、キッチン家電を配置するときのポイントを覚えておきましょう。

3-1.収納が少ない場合

収納が少ない場合は、キッチン全体の配置やものの量を見直し、無駄なものは排除するようにしましょう。レンジ台など家電専用の家具を用意し、家電を1箇所に集約する方法もおすすめです。狭いキッチンでも家電をコンパクトに収納することができるため、すっきりとした印象になるでしょう。

3-2.棚などを活用する

家電専用のラックや棚などの家具を用意してみましょう。キャスターで移動できるキッチンワゴンやレンジ台も便利です。電子レンジの上に空間がある場合は、レンジラックを設置するとトースターなどを縦に並べて置くことができ、空間の無駄をなくすことができます。キッチンカウンターがある場合、カウンターの下がデッドスペースになっていることがあるため、ボックス収納などを活用し、家電を置くスペースを作るといいでしょう。

3-3.棚やラックは家電のサイズに合うものを使うこと

棚やラックを新たに購入する際は、家電のサイズに合うものを用意してください。また、家電の中には放熱や蒸気を逃がすスペースが必要なものがあります。取扱説明書を確認し、適切なサイズのものを選ぶことが大切です。

3-4.目隠し収納で生活感をなくす方法もおすすめ

家電がむき出しだと生活感が出てしまい、雑然とした印象になってしまう場合は、ロールスクリーンや布などで目隠しをし、普段は目に触れないように工夫してみましょう。シンプルでおしゃれな空間にしたい方は、目隠し収納を取り入れてみてください。

4.キッチン家電の配置方法でよくある質問

キッチン家電の配置に関する質問を集めました。配置を決める際の参考にしてください。

Q.通常の家具と家電専用の家具は何が違うのか?
A.家電専用の家具は、熱に強い素材が使われていることがあります。電子レンジやトースターは熱を発するため、家電専用の家具を使ったほうが安心です。家具自体にコンセントが内蔵されており、配線のごちゃつきも防ぐことができます。

Q.見栄えを意識して配置する方法はいいのか?
A.インテリアにこだわる方は、見栄えのいい置き方だけを意識してしまうことがあります。しかし、キッチンは動線がスムーズであることが重要です。見栄えより使いやすさを第一に考えて配置を決めてください。

Q.家電を並べて配置するときの注意点は?
A.すっきりした印象にするポイントは、家電の高さをそろえることです。大きさがそれぞれ異なる場合は、背が高い順に並べていきましょう。奥に背の高い家電から順に配置していくと、キッチンに奥行きが出て広々とした印象になります。

Q.家電を配置しないほうがいい場所とは?
A.不安定な場所・コンロ付近・水がかかりやすい場所は避けてください。家電の故障やトラブルが起こる恐れがあります。ケトルやコーヒーメーカーは、シンクの上部にある棚に置くなど、直接水がかからないように工夫してください。

Q.一人暮らしの家ではどのような棚を用意したらいいのか?
A.一人暮らしの方には、2〜3段の棚がある小さめのレンジ台が便利です。レンジ台はスライド棚がついており、炊飯器の出し入れも楽に行うことができます。天板に電子レンジを置くなど、いろいろな使い方ができるのがメリットです。

まとめ

キッチンにはいろいろな家電があり、配置で困ることがあります。家電を配置するときは使いやすさを重視し、使用頻度に合わせて置く場所を決めましょう。キッチンに収納が少ない場合は、デッドスペースやラックを活用すると、空間を無駄なく使うことができます。家電がむき出してごちゃごちゃした印象になってしまう場合は、ロールスクリーンや布で目隠しするなど、家電が視界に入らないように工夫してみてください。