結婚指輪を高く売るには? プラチナ・金の買取ポイントまとめ

結婚指輪は、離婚や買い替えたいなどの理由で不要になることがあるでしょう。結婚指輪の処分方法は、捨てる・相手に返す・売る、などさまざまな手段があります。結婚指輪は高価なものなので、買取に期待している方も多いでしょう。一方で、イニシャルやメッセージなど刻印の入った指輪は売ることができないと思っている方も多いはずです。

そこで今回は、結婚指輪を買取に出す方法や相場などをご紹介します。

  1. 中古結婚指輪の需要とは?
  2. 結婚指輪の買取相場は?
  3. 結婚指輪を買取に出す先まとめ
  4. 結婚指輪の買取についてよくある質問

結婚指輪の買取を検討している方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.中古結婚指輪の需要とは?

普通、中古の結婚指輪には需要がないのでは? と思われる方も多いでしょう。この項では結婚指輪の中古需要や買取価値についてご説明します。

1-1.結婚指輪の中古需要は意外に高い

ブランドものの結婚指輪は、それだけで貴金属として高い価値があります。ブランドものの指輪は非常に高額であるため、新品には手を出せず中古品を求める人が多いでしょう。また、中古でもいいからブランドの指輪が欲しいという方や、サプライズで仮の婚約指輪をあげたい方など、意外に中古需要は高いのです。

1-2.欲しい人がいれば買取業者も動く

上記のように、中古でもいいから結婚指輪を買いたいという人に向けて、買取業者による再販売の仕組みができ上がっています。最近では、指輪や宝飾品専門の買取業者も数多く出てきているのです。買取業者は不要になった結婚指輪を買い取って、買取額より高い額で再販売して収益を得ます。

1-3.イニシャル入りでも素材として売れる

一方、イニシャルやメッセージなど、刻印の入った結婚指輪は、”指輪”としての価値は急落します。偶然同じイニシャルや日付の入った指輪を探すという人はおらず、需要がないためです。loveやwith youなど、汎用的なメッセージの刻印だけなら、まだチャンスはあるでしょう。また、刻印を削って再販売されることもありますが、その場合は手間がかかるため買取額がかなり下がります。
しかし、刻印の入った指輪でも、プラチナや金など素材としての価値があるのです。指輪を素材として売買する際は、刻印の有無は関係なくなります。そのため、イニシャルの入った指輪でも高価で買取してもらえるチャンスがあるでしょう。

2.結婚指輪の買取相場は?

次に、結婚指輪の買取相場などについてご説明します。

2-1.買取してもらえる結婚指輪とは?

買取してもらいやすい結婚指輪の特徴は以下のとおりです。

  • ブランド品
  • プラチナ・金(18k)など
  • ダイヤモンドなど宝石のあるもの

純粋に、素材の含有量によって決まる場合や、”ブランドものの指輪”としての価値で買取される場合があります。

2-2.買取が難しい指輪とは?

一方、以下のような指輪は買取に出すのは難しいでしょう。

  • ノーブランド品もしくはブランドが確認できないもの
  • 割れやヒビなど致命的な傷があるもの(素材としてなら売れる可能性あり)
  • 金やプラチナの品位が低いもの(金:5k未満・プラチナ:Pt500未満など)
  • 偽物・フェイク品

2-3.結婚指輪の買取相場

次に、結婚指輪の買取額の相場を見ていきましょう。

  • ハリーウィンストン:定価の40~50%
  • ティファニー:定価の20~30%
  • カルティエ(ラブリング):2万~3万5千円程度
  • カルティエ(ラブリング・ダイヤモンド入り):6万~8万円程度
  • シャネル(プルミエールプロメスリング):9万~10万円程度
  • シャネル(カメリアコレクション):2万~7万円程度
  • ブルガリ:2万~6万円程度

※いずれも、刻印なしの場合

3.結婚指輪を買取に出す先まとめ

次に、結婚指輪をどこに買取に出したらいいかを見ていきましょう。

3-1.指輪買取専門業者は高額査定が期待できる

指輪や貴金属を専門に取り扱っている買取業者なら、中古の結婚指輪の買取価格にも期待できます。金やプラチナなど素材の価値も時価に応じて適切に査定してくれるため、刻印のある指輪でも買取依頼ができるでしょう。
また、指輪専門でなくても、ブランド品の買取ショップもおすすめです。特に、売りたい指輪のブランドが買取強化されている店舗をねらうと、より高い額で買い取ってもらえる可能性があるでしょう。

3-2.質屋は結婚指輪を担保にお金を借りている状態

買取業者と質屋には大きな違いがあります。買取業者は、純粋に指輪を売るという構図ですが、質屋は指輪を担保にして、お金を借りている状態になるのです。返済期限を過ぎると、指輪の所有権は質屋に移るため質屋が自由に売却していいということになります。基本的には、急にお金が必要になった場合に指輪を預けてお金を借り、返済のめどが立ったら買い戻すという仕組みです。手放すことが決定している指輪なら、最初から買取に出してしまったほうがよいでしょう。

3-3.リサイクルショップに売るなら貴金属に強いお店を選ぶ

リサイクルショップでも結婚指輪を売ることができます。ただし、上記でご紹介したような専門のショップでない場合は、ブランドの種類や指輪の種類など大枠だけ査定される可能性が高いのです。そのため、適正な価格をつけてもらえないこともあるでしょう。貴金属を取り扱っているお店のほうがおすすめです。

3-4.イニシャルなしのブランド指輪ならネットでも売れる

ネットオークションやフリマサイトでも結婚指輪を売ることができます。ネットで中古結婚指輪を求めているのは、業者ではなく一般の方が多いので、イニシャル入りのものは売れにくいでしょう。

ブランド名や指輪の種類名で検索されることが多いため、きちんとカテゴリーを設定するのが、購入者候補者の目にとまりやすいポイントです。傷や石の状態は拡大して写真を撮って掲載し、商品到着後のトラブルをできるかぎりさけましょう。

また、ノーブランド品でも、デザイン性が高いものや美品の結婚指輪なら売れる可能性があります。普段使いにする方もいるためです。

3-5.結婚指輪の高価買取のコツ

結婚指輪を高く売るポイントは以下のとおりです。

  • 保証書(ギャランティカード)をつける
  • 箱をつける
  • きれいに磨いておく(購入した店舗で磨いてもらえる場合も)
  • 複数の業者に買取査定を依頼し見積額を比較する

4.結婚指輪の買取についてよくある質問

結婚指輪の買取についてよくある質問にお答えします。

Q.買取店舗に行く時間がないのですが
A.指輪や貴金属の買取ショップの中には、宅配買取サービスを行っているところもあります。専用の袋や箱などにこん包して配送し、届き先で現物を査定してもらう方法です。忙しい人にも向いている方法といえるでしょう。

Q.鑑定書がないと宝石類は売れませんか?
A.専門の買取ショップなら指輪についた宝石も鑑定してもらえます。また、台座から外れてしまった宝石でも買い取ってもらうことが可能です。

Q.日によって結婚指輪の買取価格が違うのはなぜ?
A.金やプラチナは、地金価格によって毎日株のように変化します。結婚指輪の金やプラチナの含有量(g)×地金価格で、買取価格も変動するのです。

Q.指輪の金やプラチナの含有量とは?
A.金相場・プラチナ相場は、純度100%が基準になっています。金でいうと24k(いわゆる純金)、プラチナならPt1000です。指輪の内側に刻印されているか、保証書に書かれています。純度が高いほうが高級なイメージがあるかと思いますが、金やプラチナを純度100%で指輪に使うと、やわらかすぎたり色味が黒っぽかったりするため、少し純度を下げて加工するのが基本です。結婚指輪にするなら、18kやPt900~Pt995などが一般的でしょう。金の18kは約75%の含有率、プラチナのPt900なら約90.0%となります。ちなみに、「18k」「k18」「18金」の違いは国による呼び方によるもので、実質はすべて同じ意味であると考えてOKです。

Q.結婚指輪の配送方法は?
A.以下のものは、書留で送る必要があります。

  • 金・銀・白金(プラチナ)・ダイヤモンド・ルビー・サファイヤほか宝石類

430円で10万円まで補償がついており、以降5万円ごとに21円で補償がつけられます(上限500万まで)。実費額以上の補償は受けられません。

まとめ

結婚指輪の買取についてご説明しました。結婚指輪をより高く売るには、複数の見積もりを取るのが最もおすすめです。また、磨いたり保証書をつけたりといった一作業で、買取価格をグンとアップさせることもできます。一般的な結婚指輪なら、1万円以上の価値が付くことがほとんどなので、捨てたり返したりするのはもったいないといえるでしょう。