おもちゃを買取に出す前に! 高く売る5つのポイント&売却方法まとめ

子どもが遊ばなくなったおもちゃや、昔あつめていたフィギュアやカードといったコレクションホビー類の取り扱いに困っている方は多いのではないでしょうか。「捨てるのはもったいない」「売りたいけれど、どのように買取に出したらいいのか分からない」とお悩みの方もいらっしゃるはずです。そこで今回は、おもちゃを買取に出す方法や高く売るポイントをご紹介します。

  1. おもちゃの買取について
  2. おもちゃを高く売るには?
  3. おもちゃを買取に出す方法
  4. おもちゃを自分で売るには?
  5. おもちゃの買取についてよくある質問

おもちゃを買取に出す方法を知りたい・おもちゃを高く売りたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.おもちゃの買取について

1-1.おもちゃについて

おもちゃと一口にいっても、さまざまな種類があります。子どもが遊ぶいわゆるおもちゃは「トイ」系です。仮面ライダーなど戦隊もの・プリキュアなど変身グッズ・リカちゃん人形・シルバニアファミリー・プラレール・レゴ・幼児用知育おもちゃなどが「トイ」系に該当します。
一方、大人でも楽しめるようなおもちゃは「ホビー」系といい、たとえばフィギュアやプラモデル・ミニカー・トイガン・模型・ラジコン・レトロおもちゃなどです。「コレクション」系または「コレクター」系とも呼べるでしょう。

1-2.おもちゃの買取事情とは!?

おもちゃの中古需要には2種類あります。一つは、子どもに与えるおもちゃを安く買いたいという需要、もう一つは、レトロものなどコレクション系の需要です。
前者は、新しいもののほうが需要は高くなります。なぜなら、戦隊系などのシリーズものは、1年で放送が変わって、次のシリーズに移るため、昨年のシリーズのおもちゃは売れなくなってしまうためです。ただし、過去のシリーズのものでも販売終了(もう新品が流通していない)などの理由から価値が上がることもあります。
一方、受注生産品など販売数が少ないものコレクション系のものや、昭和レトロ系のおもちゃは、希少価値が高く高額査定のチャンスがあるでしょう。

1-3.買取できないおもちゃとは?

以下のようなおもちゃは、買取が難しいでしょう。

  • 壊れているもの・使えないもの
  • 傷や汚れがひどいもの
  • 定価が安いもの
  • 在庫過多などで中古需要が著しく低いもの

ただし、希少価値がきわめて高いおもちゃは、壊れていても買取してもらえることがあります。

2.おもちゃを高く売るには?

次に、おもちゃをより高い金額で買取に出すポイントをご紹介します。

2-1.早く売る

上記のとおり、現在放送中のおもちゃは、需要が高い傾向があります。一方、終わってしまった番組や放送期間があとわずかの番組に関するおもちゃは、需要が低くなってしまうので、なるべく早めに売ったほうがよいでしょう。

2-2.なるべくきれいにして売る

素材にもよりますが、掃除できる箇所はなるべくきれいにしておきましょう。プラスチックや金属部がピカピカに磨かれていることで、より新品に近い状態であると判断され、より高い価格で査定してもらえることがあります。

2-3.付属品をそろえる

おもちゃは、外箱・取扱説明書などの価値も高くなります。外箱の有無によって買取価格が数百円~千円ほど変わることも珍しくはありません。また、別売り販売されているパーツがあれば、セットにして買取に出すとより高い価格で売ることができるでしょう。

2-4.開封しない

フィギュアやコレクター系のおもちゃは、未開封であることに大きな価値があります。数千円のフィギュアなら未開封というだけで数百円~千円アップは見込めるでしょう。未開封のおもちゃがある場合は、中の状態を確認するために開封したりテープをはがしたりすることは絶対にやめましょう。

2-5.複数の買取先に見積もりを依頼する

複数の店舗や業者の買取価格を比較することで、より高い金額でおもちゃを売ることができます。おなじおもちゃでも、店舗や営業形態によって買取価格が変わることがあるので、時間や労力を割けるという方は、見積もり比較を行うとよいでしょう。

3.おもちゃを買取に出す方法

おもちゃを買取に出すには、ホビーショップ・リサイクルショップや不用品回収業者を利用する方法があります。

3-1.持ち込み買取

おもちゃをショップなどに直接持ち込んで買取してもらう方法です。ホビーショップや古本屋に併設しているリサイクルエリアなら、おもちゃそのものの価値を比較的正確に判断してくれるでしょう。ただし、おもちゃを持ち込む手間や時間がかかります。買取金額に納得できない場合は、再度持ち帰る手間も発生するでしょう。

3-2.宅配買取

買取業者やショップの営業所などにおもちゃを郵送する方法です。自分でおもちゃを持ち込む手間がないので、時間がない方には向いている方法でしょう。ただし、宅配買取の場合は、比較的買取価格が安くなる傾向にあります。おもちゃの買取価格が安すぎてキャンセルしたい場合でも、返送料が自己負担となってしまうので、キャンセルを諦める方も多くいるようです。

3-3.出張買取

家までおもちゃを買取査定に来てもらう方法です。家にいたまま査定を受けられるので便利な方法でしょう。買取価格を判断してその場でキャンセルすることも可能です。ただし、おもちゃの点数が少ない場合は、そもそも出張サービスを受けられないので注意しましょう。また、出張費用が別途発生することもあります。

4.おもちゃを自分で売るには?

ネットを利用して、おもちゃを欲しがっている人に直接売却することもできます。

4-1.ネットオークションやフリマサイト

中古おもちゃやレアものホビーを売りたい人と買いたい人は、ネットオークションやフリマサイトを利用することが多いでしょう。主な利用方法(売り方)は以下のとおりです。

  1. 会員登録する
  2. おもちゃの情報を掲載する
    写真・おもちゃの名前・放送された番組名など・製造年・傷や汚れなどの状態・付属品の有無・送料負担・販売価格
  3. 購入者が現れるのを待つ
  4. 購入されたら、取引ナビにしたがって購入者に連絡を取る
  5. 入金が確認できたら、おもちゃをこん包し送付する

4-2.ネットでおもちゃを売る際の販売価格について

おもちゃの販売価格は、サイトによって設定方法が異なります。
ネットオークションの場合、最低落札価格を設定し、購入希望者に買取価格をセリ形式で上げてもらい、最終的に最高値を提示した人が落札・購入するシステムです。
一方、フリマサイトでは、購入価格をそのまま設定し、その額ちょうどで買うという人が現れるのを待ちます。そのため、しばらく売れない場合は金額を徐々に下げるなどの工夫が必要です。

4-3.おもちゃをネットで売るメリット・デメリット

ネットを利用しておもちゃを売却するには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

4-3-1.メリット

  • より高い額で売れる可能性がある
  • 欲しい人と直接取引できる
  • 価格を自分で設定できる

4-3-2.デメリット

  • 手数料がかかる(販売価格の10%程度)
  • 購入者とのトラブルのリスクがある
  • 売れるまでに時間がかかる

5.おもちゃの買取についてよくある質問

Q.おもちゃの買取業者の選び方は?
A.専門のホビーショップなら、人気のおもちゃを適正な価格で買い取ってくれる可能性があります。また、買取業者を選ぶ際は、料金体系・サービス内容が分かりやすいところを選びましょう。買いたたきや不当なサービス料金の請求に遭わないよう、営業資格(古物商許可など)やバックグラウンドがしっかりしている業者を選んでください。

Q.子どものおもちゃの処分方法は?
A.子どもが小さく、まだ自分で要不要が判断できない場合は、おもちゃをしばらくの期間隠しておいて、子どもが完全に忘れていたら処分するとよいでしょう。

Q.おもちゃを大量に売りたいのですが
A.大量のおもちゃを売る場合は、出張買取が便利でしょう。点数が多ければ無料で出張に来てくれることもあります。あらかじめ、おもちゃの点数や名前などを伝えておきましょう。

Q.おもちゃの大体の買取価格を知りたいのですが
A.おもちゃの名前などで検索すると、過去のネットオークションでの販売価格などを知ることができます。また、中古ホビー専門のネットショップでも、放送番組名やおもちゃの種類で、買取価格を検索することが可能です。ただし、年度や流通量によって買取価格が変動するので、参考程度にとどめておきましょう。

Q.おもちゃのネット見積もりと実際の査定で金額が違うのですが
A.おもちゃの査定は、現物を見て行われます。そのため、ネットでの概算見積もりではA判定(美品)となっても、実際は傷や汚れがあったりしてB評価になり、買取価格が下がってしまうことは珍しいことではありません。逆に、ネット見積もりではなかった取扱説明書や外箱を後からつけたことによって、買取価格がアップすることもあります。

まとめ

おもちゃを買取に出す買取方法や高く売るポイントをご説明しました。おもちゃは、欲しい人にとっては意外な価値があるものです。不要になったからといって捨てたり処分したりせず、一度は買取に出すことを検討してみてみましょう。買取に出す前に、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。