買取に出す前にチェック! ドローンを高く売るには?中古売却方法のまとめ

最近はやりのドローンは、一般人でも手軽に空撮を楽しめるため人気が高まってきています。ドローンを持っている方の中には、そろそろ新しいものに買い替えたいという方もいらっしゃるでしょう。古いドローンを捨てるのはもったいないので、買取に出したいと思うはずです。今回は、ドローンを買取に出す適切な方法や高く売るポイントなどをご紹介します。

  1. ドローンの買取事情とは?
  2. 中古ドローンの高価買取ポイント
  3. ドローンを買取に出す方法とは?
  4. ネットでドローンを売る
  5. ドローンの買取についてよくある質問

ドローンを買取に出す方法のメリット・デメリットや注意点もご紹介しますので、ドローンを買取に出すことを検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.ドローンの買取事情とは?

まずは、ドローンの特徴や、中古買取需要などについてご紹介します。

1-1.ドローンの用途とは?

ドローンとは、もともと軍事用に作られたもので、偵察や遠隔操作の攻撃機として開発されていました。それがここ数年では、一般人でも空撮や遠くの景色を手軽に撮れるなどの理由で、人気が高まっているのです。また、撮影以外にも、配達や、山間部への医薬品の配送・消火・農薬散布など実用的な用途も注目されています。

1-2.ドローンの買取事情とは?

売れ筋のドローンの価格帯は10万円~20万円くらいでしょう。最初の一機として手に入れるにも、少し勇気がいる額です。そこで「まずは中古から始めてみよう」という人も多く、中古ドローンにも人気があります。また、すでに一機持っている人が2機目のサブ機として持つという需要も高いでしょう。

1-3.古い・壊れたドローンは買取が難しい。

上記のように、中古需要の高いドローンではありますが、以下のような特徴のものは買取が難しいでしょう。

  • 壊れているもの
  • 部品やパーツが欠損しているもの
  • 傷・汚れがひどいもの

2.中古ドローンの高価買取ポイント

次に、高く売れるドローンの特徴や、買取価格をアップする方法をご紹介します。

2-1.中古ドローンを高く売るには?

複数業者に見積もりを取ることでより高い価格で買い取ってもらうことができるでしょう。特に、DJI・Parrot・ZEROTECHなど、人気メーカーのドローンは、中古品でも買取価格に期待ができます。また、ドローンは美品であるほど高価買取対象となるので、なるべくきれいに磨いておきましょう。また、カメラ・予備バッテリー・ケース・プロペラガードなどのほか、外箱や取扱説明書、保証書がある場合はなるべくそろえておくと、高価買取につながります。また、新商品が出たとたんに古いものが安く査定されるため、不要なドローンは今のうちになるべく早く売りましょう。

2-2.中古ドローンの買取金額相場とは?

メーカー別に買取相場をご紹介します。

  • DJI:3万~10万円程度
  • Parrot:3千~3万円程度
  • ZEROTECH:2万円程度

型番や状態、メーカーの新商品が出るタイミングによって、中古ドローンの買取価格は変動するのが一般的です。

3.ドローンを買取に出す方法とは?

ドローンを買取に出すには、専門店・リサイクルショップ・不用品回収業者などに依頼する方法があります。

3-1.持ち込み買取

ドローンを店舗や営業所に直接持ち込む方法です。対面で査定してもらえたり、即日対応してくれたりするというメリットがあります。持ち込む手間がかかりますが、急いでいる方やしっかり査定してもらいたい方には向いているでしょう。ただし、買取不可だったり期待する買取価格が出なかったりした場合は、再度持ち帰る必要があることも覚えておいてください。

3-2.宅配回収

ドローンを店舗や営業所などに宅配便で送る方法です。ドローンが届きしだい、査定が行われメールで買取価格を教えてもらえます。その額で承認すると後日買取代金が振り込まれるという流れです。安すぎる場合など、買取をやめて返送してもらうこともできますが、その際の送料は自己負担となります。

3-3.出張買取

自宅までドローンの買取のために出張に来てもらう方法です。自宅にいながらにして対面で査定してもらえるため便利でしょう。ただし、商品の点数やお店の営業方針によっては、出張費用がかかることがあります。ドローン一機だとどのくらいの費用がかかるかや、買取価格で元は取れそうかなどを検討してみてください。また、ほかに不用品があればまとめて出すとお得になりやすいのが出張買取のメリットでしょう。

4.ネットでドローンを売る

ネットオークションやフリマサイトを使って、ドローンを自分で直接第三者に売るということもできます。

4-1.ネットオークションでドローンを売るには?

ネットオークションには、数多くのドローンが出品されています。主な出品方法の流れは以下のとおりです。

  1. 会員登録を行う
  2. ドローンの情報を掲載する
    掲載するもの:ドローンの写真・説明文(メーカー・型番・製造年・傷や汚れなどの状態・送料負担・最低落札価格・ほかアピールポイントや注意点があれば)
  3. 落札されるのを待つ
  4. 落札されたら、サイトの指示に従って落札者とやり取りを行う
  5. 入金を確認したらドローンを送付する

4-2.ネットオークションの注意点

ネットオークションでは、最初に自分がつけた価格(最低落札価格)よりも安値で買われることがないので安心です。ただし、あまり高い価格で出品すると落札者がひとりも現れないということもあります。また、ネットオークションの掲載期間は約1週間となっており、掲載期間を過ぎると、出品登録をし直さなければなりません。お手持ちのドローンの適正な出品価格は、型番を検索して過去の落札相場を参考にしてみてください。

4-3.フリマサイトでドローンを売る

フリマサイトもネットオークションとほぼ同じ流れでドローンを売却することができます。違う点は以下のとおりです。

4-3-1.購入価格を決められる

フリマサイトでは、ネットオークションのようなセリ形式ではないので、自分で決めた額ちょうどで買い取ってくれる人が現れるのを待つことになります。「SOLD」になっている過去の出品を見ることができるので、価格設定の参考にしてみるとよいでしょう。

4-3-2.掲載期限がない

フリマサイトは、掲載期限がなくずっと掲載し続けることができます。長い期間購入者が現れない場合は、出品したドローンの価格を徐々に下げていくとよいでしょう。

4-3-3.値下げ交渉がある

フリマサイトには値下げ交渉の文化があります。そのため、ドローンをより安く買いたいという人がコメント欄などで値下げ交渉をしてくることがあるでしょう。値下げしたくない場合は、説明文に記載しておくことをおすすめします。

5.ドローンの買取についてよくある質問

ドローンの買取について、よくある質問にお答えします。

Q.ドローンの売り時はいつですか?
A.ドローンを売る際は、季節や月ごとの売り時を狙うよりもなるべく早く買取に出したほうがよいでしょう。新商品が出ると古い型番の価格は下がってしまいます。

Q.複数の業者に買取査定を依頼するには?
A.ネットで、無料で概算買取査定を行っている業者もあります。正確な買取価格は現物を見て査定してもらう必要がありますが、大体の額を知るには参考になるでしょう。

Q.買取業者の選び方は?
A.買取業者を選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 無料査定・相談ができる
  • 料金体系が分かりやすい(出張費がかかる場合など)
  • 古物商許可などを取得している
  • ドローンや電子機器に特化している

Q.ドローンとカメラをセットで買取に出せる?
A.出せます。動作確認が取れていれば、初心者でも安心して購入できるため、セットのほうが、人気が高い場合もあるでしょう。

Q.ドローンを安い価格で出しているのに売れないのですが?
A.ドローンは中古でも数万円するのが一般的なので、破格に安い値段で出品すると「どこか壊れている?」「なにか裏があるのでは?」と思われて、かえって買い手がつかない場合があります。破格に安い値段で出品する場合は、たとえばドローンの傷を撮影したり、早く売却したい事情を説明するなどして、安くする理由を掲載するとよいでしょう。また、中古ドローンを探す人の中には、高機能品を求めて「○円以上」という設定で検索している人もいます。大きな傷や機能的な不備がある場合以外は、適正な価格をつけたほうが売れやすいでしょう。

まとめ

ドローンのを買取に出す方法やその注意点などについご紹介しました。中古ドローンを高く売るポイントは「きれいにしておく」「付属品をそろえる」「なるべく早く売る」「複数業者に見積もりを取る」です。ドローンを買取に出す際は、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。