パレットを買取してもらう方法を解説! 高額査定のポイントやコツは?

「パレットの買取を依頼したいけどどうすればいいのだろう」などとお困りではないでしょうか。不要になったパレットでも、まだ使えるものであれば買取してもらうことができます。しかし、どんなところで買取してもらえるのか、高額買取のためのコツは何かなど、分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、パレットの買取について詳しく解説します。

  1. パレットの買取について
  2. パレットの買取のコツ
  3. パレットの買取方法
  4. パレットの買取に関するよくある質問

この記事を読むことでパレットの買取についてよく分かり、有利に売ることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.パレットの買取について

最初に、パレットの買取の基本を見ていきましょう。

1-1.パレットとはどんなもの?

パレットとは、荷物などを載せておくための台のことです。床に直接置かずに済むため、汚れや水分が荷物に付着することを防ぐことができます。パレットは、工場や倉庫などで主に使われ、フォークリフトでの運搬に対応可能です。また、パレットには主に以下のような種類があります。

  • 木製パレット
  • 合成樹脂製パレット
  • 金属製パレット
  • 紙製パレット

1-2.パレットの買取事情

パレットは、製造業や物流業を中心に、中古需要がとてもあります。大量の荷物の移動・運送を効率よく行うためにも、パレットは必要不可欠だからです。したがって、状態のいいものは買取需要があります。特に、以下の種類が人気です。

  • 木製パレット
  • プラスチックパレット

1-3.買取できるものとできないもの

パレットでも、条件によって買取できるものとできないものがあります。なお、業者によって買取可能条件が異なるので事前に確認してください。

1-3-1.買取できるもの

  • 木製もしくはプラスチック製
  • ひどい汚れ・傷・破損がない
  • 依頼者自身が所有している

1-3-2.買取できないもの

  • 腐敗している
  • 破損している
  • 害虫被害がある
  • ひどい汚れ・大きな傷・ひどい臭いがある
  • 別会社の所有物の疑いがある(依頼者と社名が異なる)

2.パレットの買取のコツ

パレットの買取のコツについて詳しく解説します。

2-1.パレットの高額査定のコツ

パレットの高額査定のコツは、以下を参考にしてください。

  • パレットを高額買取している業者を選ぶ
  • 査定前にキレイに掃除しておく
  • 画像撮影などを活用し、査定のときに提示する

2-2.パレットの買取金額相場

パレットの買取金額相場は、以下を参考にしてください。

  • 木製パレット(100枚・再生品):10,000円
  • プラスチックパレット(100枚):20,000円

なお、実際の買取金額はパレットの状態や買取時期などで大きく異なります。詳しくは、業者からの見積もりを確認してください。

2-3.見積もりは複数の業者に依頼してもいい

パレットの買取は、複数の業者に見積もりを依頼して構いません。同じ状態でも、業者によって査定基準が異なるため、査定金額が異なるからです。また、見積もりを依頼したときに感じがいいか、迅速に対応しているかなどもチェックしてください。見積もりの時点で不審な点や不安を感じる業者は避けたほうがいいでしょう。

3.パレットの買取方法

パレットの主な買取方法について詳しく解説します。

3-1.パレットの買取専門業者に売る

不要になったパレットは、パレットの買取専門業者に売ることができます。まずは、業者に連絡し、買取査定を受けましょう。買取可能で査定金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、パレットは大きさや重さがあるため、業者に日時と場所を指定して回収(出張回収)してもらうと便利です。また、業者によっては自分で持ち込み(店頭持ち込み)ができることもあるため、希望する場合は確認してみてください。

<メリット>

  • 専門業者なので信頼できる
  • 買取可能なパレットの種類が多い
  • 専門知識に基づいた査定を期待できる
  • 買取不可の場合は再生資源としてリサイクルしている
  • 都合のいい日時・場所を指定して回収してもらえる

<デメリット>

  • 買取不可でも処分してもらえないことがある
  • 買取専門業者の数が少ない
  • 買取手数料や回収費用がかかることもある

3-2.不用品回収業者に売る

不要になったパレットは、不用品回収業者で買取していることもあります。ただし、パレットの買取をしているケースは少ないため、事前に買取可能か問い合わせてみてください。買取可能な場合は、場所・日時を指定して回収してもらうか、直接持ち込むことになるでしょう。

<メリット>

  • 場所・日時指定での回収が可能
  • ほかの不用品を同時に買取依頼できる
  • 買取不可でも処分を依頼できることがある

<デメリット>

  • パレットが買取対象外であることが多い
  • 業者が産業廃棄物収集運搬許可を持っているとは限らない
  • 買取手数料や回収費用がかかることがある

3-3.オークションやフリマサイトで売れる?

パレットは、企業の工場内で使うものであり、個人取り引きで売買されるケースはほとんどありません。したがって、ネットオークションやフリマサイトで売れる可能性は低いでしょう。特に大量のパレットを売却したい場合は、難しいといえます。オークションやフリマサイトを利用するより、業者に買取してもらうのがおすすめです。

4.パレットの買取に関するよくある質問

最後に、パレットの買取に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.パレットの買取代金をその場で受け取ることはできる?
A.業者によります。パレットの引き渡しと同時に現金で支払ったり、後日指定口座への振り込みとなったりなど、まちまちです。通常は現金支払いでも、大量買取で買取金額が高くなるときは、口座振り込みとなることもあるので確認してみてください。

Q.社名入りのパレットを買取してもらうときの注意点は?
A.買取後、社名を確実に消してもらえるのか確認してください。いい加減な業者では、きちんと社名を消さずに再販してしまうことがあります。思わぬところで社名入りのパレットを使われないよう、十分に注意してください。

Q.業者選びではどんなポイントに注意するといい?
A.パレットの買取は、以下のポイントを満たした業者に依頼しましょう。

  • パレットの買取実績が豊富
  • 誠実な査定をしている
  • 顧客からの評判がいい
  • 買取査定は無料
  • 希望の日時・場所にて回収してもらえる
  • 質問や問い合わせに対する受け応えが丁寧
  • 産業廃棄物収集運搬許可を得ている

Q.買取不可となったパレットの処分はどうすればいい?
A.業者で買取不可となったパレットは、そのまま処分を依頼できないか確認してみてください。有料でも、処分してもらえるのなら手間がかかりません。断られた場合は、別途自治体指定の産業廃棄物処理業者に連絡して処分してもらいましょう。

Q.パレットの買取金額に納得できない場合は?
A.業者から査定理由の説明を受けてください。査定内容に筋がとおっており、妥当な評価であるときは、相場と理解することが大切です。ただし、業者の説明が不明確だったり査定理由に納得ができなかったりするときは、ほかの業者に買取を依頼してもいいでしょう。

まとめ

今回は、パレットの買取について詳しく解説しました。不要になったパレットでも、リサイクルして中古品として再販できることがあります。産業廃棄物として処分する前に、買取してもらえるかどうか業者の査定を受けるといいでしょう。パレットの買取専門業者に依頼するのがベストです。この記事を参考にして業者選びをきちんと行うほか、高額査定を受けるための準備を進めてください。