キッチンの床にできた黒ずみの掃除方法とポイント・注意点

キッチンの床にできた「黒ずみ」は、一体何が原因でどんな方法で掃除すればいいのでしょうか。スポンジでこすったり、漂白剤を使ったりすると、床が傷ついてしまうおそれがあります。まずは、汚れの原因をきちんと把握し、正しい方法で黒ずみをキレイにしていきましょう。

本記事では、キッチンの黒ずみの正体から正しい掃除方法と予防策について解説します。

  1. キッチンの床についた黒ずみの正体は?
  2. キッチンの床の黒ずみをキレイにする方法は?
  3. キッチンの床の黒ずみを予防する方法は?
  4. キッチンの床の黒ずみに関してよくある質問

この記事を読むことで、キッチンの床についた黒ずみの掃除方法と予防策が分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.キッチンの床についた黒ずみの正体は?

まずは、キッチンの床についた黒ずみがどんな汚れなのか、その正体と原因を突き止めていきましょう。

1-1.キッチンの床が黒ずむ原因は?

キッチンの黒ずみは、床に飛び散った油汚れが原因です。調理中に油が床へ飛び散り、ホコリ等と混ざって黒ずみになります。また、油のベタつきが残り、黒ずみと同時にベタベタになってしまうのです。さらに、飛び散った油を素足やスリッパなどで踏み、リビングなどほかの場所に広がることもあります。ほかにも、カビ・足の裏の皮脂汚れなど、黒ずむ原因はさまざまです。

1-2.キッチンの床にできる黒ずみの特徴

油汚れによってできる黒ずみは、落としにくく掃除も面倒な点が1番の問題点です。掃除機で取りのぞくのは不可能で、放置するほど頑固な汚れとなり落としにくくなってしまいます。だからこそ、黒ずみは見つけたときにすぐ掃除しなければなりません。また、ぞうきんでゴシゴシこすると、ベタベタが周囲に広がるおそれもあります。誤った方法で掃除をすれば、黒ずみがさらにひどくなるので注意が必要です。

1-3.掃除の重要性、頻度は?

前述したとおり、黒ずみを放置するほど油汚れがひどくなり、簡単に落とせなくなってしまいます。ということは、油汚れが飛び散ったそのときに掃除すれば、黒ずみを防ぐことができるというわけです。キッチンの床をキレイに維持し続けるためには、こまめな掃除が必要となります。できるだけ毎日掃除しておきたいところですが、毎日だと大変なのでせめて週に1回程度の掃除を心がけましょう。

2.キッチンの床の黒ずみをキレイにする方法は?

すでにできてしまった床の黒ずみは、どうすればキレイにできるのでしょうか。ここでは、黒ずみの掃除に必要なものと主な掃除方法を紹介します。

2-1.用意するもの

掃除に必要不可欠なのは以下のとおりです。

  • 油汚れ用洗剤
  • ぞうきん・布・キッチンペーパー
  • 重曹水(水100mlに対し重曹を小さじ1g)
  • バケツ

以上のアイテムは、近くのスーパーまたはドラッグストア等で手に入ります。油汚れ用洗剤は、普通の食器用洗剤や掃除用洗剤とは違い、油汚れに特化した洗剤なので格段に落ちがよくなるのでおすすめです。

2-2.主な手順をチェック!

必要なものを用意したら、以下の手順でキッチンの床についた黒ずみをキレイにしていきましょう。

  1. ぞうきんや布などに油汚れ用の洗剤を、まんべんなく拭けるくらいの量だけ染みこませる
  2. 染みこませた後、ぬるま湯をかけてしっかりとしぼる
  3. 床を全体的に拭いていき、黒ずみがひどい箇所は重点的にこする
  4. 最後に、洗剤のついていない普通のぞうきんで洗剤が残らないように水拭きをする

場所によってぞうきんで拭くことができない細かいすき間や溝には、「竹串」を使って掃除します。竹串の先に少しだけ洗剤をつけて溜(た)まった油汚れをかき出すように掃除してください。後は、水拭きをすれば完了です。

2-3.キッチンの床掃除には「重曹」が効果的!

自然由来の「重曹」はさまざまな汚れに効果的といわれていますが、油汚れも落とすことができます。重曹水スプレーを油汚れで黒くなっている部分に直接吹きかけ、ぞうきんやキッチンペーパー等で拭き取れば、重曹で分解された油汚れがスッキリ落ちるでしょう。仕上げとしてから拭きをすれば、さらにキレイになりますよ。

2-4.掃除の便利グッズを利用しよう!

床の黒ずみを落とすために、便利グッズを活用するのもポイントの1つです。現在、ドラッグストア等ではさまざまな便利グッズが販売されています。たとえば、アルカリ電解水のスプレータイプです。アルカリ電解水は、基本的に水と成分が変わりませんが、油汚れをしっかりと落としてくれます。

万が一、口に入れてしまっても大丈夫な成分なので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できるでしょう。ほかにも、サッと床が掃除できる「フロアワイパー」や、フローリングの溝などに詰まった汚れを落とすことができるシャワーブラシなどさまざまな種類があります。ぜひ、これらのグッズを活用してくださいね。

2-5.頑固な汚れはラップを使ってパックする

頑固な黒ずみや油汚れが気になる場合は、重曹水スプレーで濡(ぬ)らしたキッチンペーパーを当て、その上からラップをし10~20分程度放置してください。そうすることで、ベタつきがふやけて落ちやすくなります。後はぞうきんで軽く拭き取り、から拭きをすれば完了です。

重曹水スプレーで落ちない場合は、油汚れ用洗剤を数分間放置するといいでしょう。それでも落ちない場合は、プロの清掃業者へ依頼するのも選択肢の1つです。依頼する際は、サービス内容と清掃方法を確認し、いくらかかるのか念入りに確認してください。

2-6.フローリング材によっては傷めることもある

無垢(むく)材・合板・クッションフロア・タイル・大理石など、さまざまな床の種類があります。それぞれ素材の特徴によっては、同じ掃除方法でも傷んでしまう可能性があるので注意が必要です。たとえば、無垢材・合板は水に弱い特徴があるため、水を多く含んだモップで掃除すると傷むおそれがあります。水拭きをするときは、しっかり水分を切らなければなりません。

逆に、クッションフロアは水にとても強い素材で、タイルは中性洗剤とメラミンスポンジを使えばある程度の汚れが落ちます。掃除前に、床素材の特徴を知り、それに合った方法で掃除しましょう。

3.キッチンの床の黒ずみを予防する方法は?

黒ずみを落とした後は、日々予防に努めることが大切です。毎日できる手入れと予防のポイントをチェックしておきましょう。

3-1.日々の手入れ方法は?

キレイな状態を保ち続けるためには、日々の手入れが必要不可欠となります。毎日できる手入れには、フロアワイパーを使用してください。サッと床に落ちたゴミを取りのぞき、ウェットシートを使えば、皮脂汚れや油汚れを拭き取ることができます。

ただし、ウェットシートでは完ぺきに防止できないので、何度かに1度は水拭きで丁寧に床を掃除しましょう。水拭きをする際は、ぞうきんを水で濡らし固くしぼるのがポイントです。よくしぼれていない状態で水拭きすると、フローリングに水滴を残してしまい、跡になってしまいます。

3-2.半年に1回のワックスがけをしよう!

こまめな掃除はもちろんのこと、半年に1回を目安にワックスがけをすると油汚れの防止につながります。ワックスがけをすることでコーティングができ、汚れや傷から守ってくれるのです。ワックスがけは半日以上の時間がかかるため、天気がよく湿度の低い日に午前中から取りかかりましょう。ワックスに必要な道具と方法は以下のとおりです。

ワックスがけに必要な道具

  • 掃除機
  • ぞうきん
  • ワックスがけ用のモップまたはフロアワイパー
  • 靴下・帽子
  • ゴム手袋

ワックスがけの方法

  1. ワックスの最中に皮脂がフローリングにつかないよう靴下を履き、髪の毛の落下防止のために帽子をかぶる
  2. フローリングに落ちているゴミをフロアワイパーで取りのぞき、掃除機をかけぞうきんで水拭き→から拭きをしキレイにする
  3. ワックスを部屋の奥から手前に下がるように塗る
  4. しっかり乾かした後に二度塗りをする

ワックスを塗った後の床は乾くまで歩くことができないので注意してください。また、二度塗りをすることで仕上がりがキレイになるのでおすすめです。

3-3.力強くこすりすぎるのはNG

汚れを見つけたときはすぐにぞうきん等で拭き取るのが予防のコツですが、力強くこすりすぎないように気をつけてください。強くこすりすぎるとフローリングに傷がつき、さらに黒ずみが悪化してしまいます。また、木目に沿ってぞうきんをかけると汚れ落としやすくなるのでぜひ意識してください。

3-4.漂白剤や中性洗剤は使わないほうがいい?

フローリングの木材によっては、漂白剤や中性洗剤を使うと床材が傷み、変色する可能性があります。特に、漂白剤をそのまま塗ると全体的に白くなりがちです。できるだけ使わないほうがいいですが、漂白剤をどうしても使いたいときは水に薄めて使ってください。あらかじめ、目立たない場所に塗り、変色しないかどうか確認したほうがいいでしょう。

4.キッチンの床の黒ずみに関してよくある質問

キッチンの床の黒ずみに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.油汚れ以外に気をつけておきたい汚れは?
A.キッチンの黒ずみができる原因は油汚れだけではありません。ほかにも、足の裏の皮脂汚れやカビ・ワックスの劣化などが原因となります。素足で歩きまわるとすぐに汚れるので、スリッパを履くように心がけてください。また、ワックスを塗り重ね何年も経(た)つと劣化し、ムラになりベタついたりするようになります。全体が黒ずむ原因となるため、定期的に塗りなおしましょう。

Q.キッチンの床掃除が楽になるアイテムが知りたい
A.重曹水スプレーのほかに、「ウタマロクリーナー」もおすすめです。ウタマロクリーナーは中性洗剤なので、家中のどんな場所でも掃除できる万能な洗剤といえます。ほかにも、「ブラッシングスプレー」などさまざまな種類のグッズが販売されているのでチェックしてみてください。

Q.黒ずみの防止に使える便利グッズは?
A.キッチンの床に貼りつけることで油汚れから守ってくれる「透明シート」がおすすめです。3層構造になっているタイプなら、1番上のシートが汚れたら剥がし次のシートを使うことができます。また、透明度の高い素材が使われているため、フローリングのデザインが持続できるのも魅力的です。ほかにも、貼って剥がせるフロアマットなどさまざまな種類があります。

Q.手軽にできる防止策は?
A.「キッチンマット」を敷くことが1番の防止につながるでしょう。キッチンマットを敷いておけば、床に降る油を受け止めることができます。また、定期的に洗濯することもできるため、非常に効果的です。しかし、キッチンマットにつまづくなどデメリットもあります。つまづきを防ぐため、ずれ防止タイプを使用するといいでしょう。また、キッチンとリビングでスリッパを使い分けるのも方法の1つです。いちいち使い分けるのは面倒くさいと思うかもしれませんが、同じスリッパを使うと油汚れが広がる原因となります。

Q.ワックスが黒ずみの原因になるのは本当?
A.前に塗ったワックスがきちんと剝がれないまま塗りなおすと、黒ずみの原因になる可能性があります。ワックスの層の中にある脂分が酸化現象を起こし、黒ずみが進行してしまうのです。新しいワックスを塗る前に、水で薄めた剥離(はくり)剤を使用し剝がしてください。剥離方法とポイントは以下のとおりです。

  1. ゼリー状のフローリング用剥離剤を床に塗布する
  2. 研磨剤の入っていないスポンジでやさしくこする
  3. タオルでキレイに拭き取り水拭きする

細かい固形物が床についている場合は、床を傷つけないようにプラスチック製のヘラでそぎ落としましょう。

まとめ

キッチンの床にできる黒ずみは、ほとんどが油汚れです。カビ・皮脂汚れなども原因の1つですが、油汚れを防ぐことで黒ずみもなくなります。すでに、できてしまった黒ずみは、油汚れ用洗剤や重曹水で落としましょう。なかなか落ちないときは、プロの業者に依頼しキレイにする選択肢もあります。キレイにした後は、二度と黒ずみができないようにこまめに掃除することが大切です。キッチンマットを敷いたり、ワックスがけを半年に1回したりするなど、できる予防策を実践しましょう。