カビが生えやすいクローゼットは対策が必要!カビ防止の方法は?

「クローゼットのカビが心配で大切な衣類をしまえない」「カビを防止するにはどうしたらよいのか?」という悩み、よくわかります。「久しぶりにクローゼットの中から取り出したものに、カビが生えていた」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。大切な衣類にカビが生えてしまわないように、クローゼットのカビ対策について知っておきましょう。

この記事では、クローゼットにカビが生える原因やカビの予防法をまとめてご紹介します。

  1. クローゼットのカビについて
  2. クローゼットのカビを予防する方法
  3. クローゼットのカビに関するよくある質問

この記事を読むことで、クローゼットにカビを生えさせないための方法がわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.クローゼットのカビについて

まずは、クローゼットにカビが発生する原因や特に注意が必要な季節などをご紹介します。

1-1.クローゼット内はカビが生えやすい

クローゼットの中にカビが生えやすいのは、以下のような理由からです。

  • 扉を閉めきっていることによる換気不足
  • ものの詰め込みすぎによる通気不足
  • 掃除不足によってカビのエサとなるホコリが多い
  • 湿気のこもった衣類や布団をしまうことで内部の湿度が上がりやすい

1-2.特に梅雨時期は注意が必要

クローゼットにカビが生えやすいのは、梅雨時期です。この時期は洗濯ものも乾きにくく部屋全体が湿っぽくなります。特に湿気を吸いやすい衣類や布団などにも、カビが繁殖しやすくなるのです。部屋の湿度を下げると同時に、クローゼットのカビ対策を早めに検討しましょう。

2.クローゼットのカビを予防する方法

クローゼットのカビを予防する具体的な方法をまとめました。

2-1.基本は「風通しをよくすること」と「きれいな状態を保つこと」

クローゼットのカビ予防では、「風通しをよくすること」と「清潔な状態を保つこと」た基本になります。前述したように、クローゼットは風通しが悪く、カビのエサとなるホコリが多いのが特徴です。風通しをよくして湿度を下げ、こまめな掃除をしてホコリを取り除くことで、カビが生えにくいクローゼットにすることができるでしょう。

2-2.具体的な予防法を紹介

クローゼットのカビを予防するための具体的な方法をご紹介しましょう。

2-2-1.ものを詰め込みすぎず、間隔を開ける

クローゼット内に衣類や布団などをすき間なく詰め込んでいると、通気が悪くなってカビが生えやすくなります。クローゼットの壁だけでなく収納している衣類などにもカビが生えやすくなるため、できるだけものとものの間隔を開けて収納するようにしてください。この機会に断捨離をしてものを減らすのもよいでしょう。

2-2-2.風を当てる

クローゼットの扉を閉めきったままにせず、できるだけ開けっ放しの状態にしておくのがベストです。自然と空気の入れ替えが行われるため、カビが生えにくくなるでしょう。開けっ放しにしておくのが難しい場合は、最低でも週に1回、30分は扉を開けっ放しの状態にして扇風機の風を当ててください。湿った空気やホコリを追い出すことができます。

2-2-3.脱いですぐしまわない

その日着ていた衣服は、脱いですぐクローゼットにしまわないようにしましょう。衣類にこもった湿気がカビの原因になってしまいます。脱いだ衣類は一晩ハンガーにかけて干してから、クローゼットに戻すようにしてください。

2-2-4.こまめに掃除をする

クローゼットにホコリが放置されていると、カビが増殖する原因になります。定期的に中のものを出し、掃除をするようにしてください。

2-3.グッズを使用する方法も!

クローゼット内の湿気を取るために、グッズを使用する方法もおすすめです。除湿剤や丸めた新聞紙を置いて湿気を吸い取る方法や、除湿機や扇風機を使う方法などがあります。除湿剤や除湿機がない場合は、重曹を使うとよいでしょう。重曹には吸湿効果があるため、コップなどに粉のまま入れて置いておくだけでカビ予防になります。

2-4.衣装ケース内もカビ予防を!

クローゼットの中に衣装ケースを入れて衣類を収納している人も多いでしょう。衣装ケースの中もカビが生えやすいため、予防策が必要です。衣類は十分乾燥させてから収納するようにし、定期的に換気をしてください。密閉性の高い衣装ケースの場合は、さらに除湿剤や重曹を入れておくとよいでしょう。

3.クローゼットのカビに関するよくある質問

「クローゼットのカビ対策を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.冬でもクローゼットにカビが生えることはあるのでしょうか?
A.あります。気温が低い冬に暖房器具や加湿器を使うとクローゼット内に結露ができ、カビが繁殖しやすくなるのです。

Q.クローゼットの上段と下段では、カビが生えやすいのはどちらでしょうか?
A.湿気は低いところにたまりやすいため、下段のほうが危険です。下段にはできるだけ湿気に弱いものを置かないようにしましょう。

Q.クローゼットの壁にカビが生えてしまった場合、どう対処すればよいですか?
A.クローゼット内のものをすべて出し、消毒用エタノールを吹きかけて拭き掃除してください。完全に乾いたのを確認してから、出したものを元に戻しましょう。

Q.クローゼットのカビに塩素系漂白剤を使っても問題ありませんか?
A.エタノールでは落ちない黒いシミには、塩素系漂白剤が効果的です。ただし、壁紙を傷める可能性もあるため、目立たない場所で試してから実践しましょう。漂白剤をしみこませたぞうきんで拭き取った後、水拭きと乾(から)拭きで仕上げてください。

Q.湿気に弱い衣類の素材にはどのようなものがありますか?
A.綿やウール・シルク・カシミアなどの素材は特に湿気を吸い込みやすいため、収納する前にしっかり乾かしましょう。

まとめ

クローゼットにカビが生える原因や予防策を詳しくご紹介しました。クローゼットの中はカビが生えやすい条件がそろっており、気づかないうちに「中がカビだらけ」ということも少なくありません。大切な衣類にもカビが生えてしまわないように、ぜひこの記事を参考にしてカビ対策を行ってください。