換気扇の油汚れをなんとかしたい! フィルターなどパーツ別の掃除法

換気扇の油汚れは、頑固で落としにくいものです。油とホコリが結合し、複雑な汚れになるため、簡単に取り除くことができません。とはいえ、換気扇の汚れを放置した場合、稼働が悪くなり、臭気が室内に立ち込めるなどの問題も出てくるでしょう。換気扇の汚れに適した洗剤や掃除方法を覚えておき、汚れ落としに役立ててください。

本記事では、換気扇の油汚れについてご紹介します。

  1. 換気扇の油汚れについて
  2. 換気扇の油汚れを取る方法
  3. 換気扇の油汚れ:予防法
  4. 換気扇の油汚れでよくある質問

この記事を読むことで、換気扇の油汚れについてよく分かります。台所は毎日使うのに加え、食品を扱う場所です。衛生的な環境を維持するためにも、定期的な掃除を実践しましょう。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.換気扇の油汚れについて

換気扇の油汚れは、どのような場所に付きやすいのでしょうか? 落としにくい理由や適した洗剤などをご紹介します。

1-1.油汚れが付きやすい箇所

換気扇で油汚れが付着しやすいのは、フィルター・レンジカバー・ファンです。フィルターは空気を吸い込むと同時に、油汚れを吸着するため、こまめなお手入れを必要とします。飲食店の厨房(ちゅうぼう)に設置されている換気扇の場合、ダクトをとおして排気を屋外へ流すため、ダクト内まで油汚れがこびり付くのが特徴です。

1-2.汚れの度合い・落ちにくい理由

換気扇は、使用頻度が高いほど、油汚れが染み付きます。また、室内のホコリが油汚れと結合し、頑固な汚れとなって落としにくくなるため、こまめに掃除をすることが大切なのです。ギトギトにこびり付いた油汚れは、こすっても簡単には落ちません。ギトギトになるまで汚れを放置しないように注意しましょう。

1-3.油汚れは何で落ちるのか?

油汚れは、中性洗剤だけでは落ちない場合があります。油汚れに強い、重曹やセスキ炭酸ソーダを中性洗剤と併用しましょう。重曹やセスキ炭酸ソーダはアルカリ性であるため、酸性の油汚れを中和して落とす作用があります。重曹にクエン酸を加えると泡が発生し、より強力に油汚れを浮かす効果が期待できるでしょう。

2.換気扇の油汚れを取る方法

パーツ別に、油汚れの掃除方法を見ていきましょう。頑固な汚れの対処法も参考にしてください。

2-1.用意するもの

換気扇掃除には、新聞紙・ビニール袋・ゴム手袋・布・歯ブラシ・スポンジ・キッチンペーパー・中性洗剤などを用意しましょう。換気扇は金属製なので、ケガをしないよう軍手も併用すると安心です。布は複数枚用意し、汚れたらきれいなものに換えるようにしてください。ビニール袋は大きめのものを使い、掃除の際に飛散する油汚れを受け止める養生用として使います。シンクに水を張る際にも役立つでしょう。

2-2.換気扇のパーツ別掃除方法

2-2-1.フィルター

フィルターは油とホコリを直接吸い込むため、ベタベタした汚れで目詰まりしやすいのが特徴です。重曹をたっぷりフィルターの表面にふりかけ、15分ほど放置します。重曹が油を吸い込んだら、歯ブラシでこすり落としていきましょう。油汚れを落とした後、フィルターに残った重曹は、ぬるま湯で洗い流す方法がおすすめです。きれいな布で拭き取り、よく乾かしてください。

2-2-2.レンジフード

レンジフードには、中性洗剤を用いた掃除を行います。水で薄めた中性洗剤をレンジフードに吹き付け、キッチンペーパーで表面を覆った後、15分ほど時間を置いてください。時間を置くことで汚れが柔らかくなるため、こすり洗いでも油汚れを落とすことができます。重曹を水で薄めたものやセスキ炭酸ソーダを使う方法も効果的です。ぬるま湯で濡(ぬ)らした布を固く絞り、残った洗剤をきれいに拭き取って仕上げてください。

2-2-3.ファン

ファンは換気扇の内部にあるため、取扱説明書に従って取り外しを行ってください。ファンに付着した油汚れは、シンクにぬるま湯を張り、カップ1杯の重曹を加え、つけ置きをする方法がおすすめです。30分ほど置いてから、ファンを取り出し、スポンジでこすり洗いをしてください。布で水気をきって、よく乾かしたら、元の位置に取り付けます。

2-3.換気扇掃除のコツやポイント

換気扇の油汚れはこびり付くのが特徴です。いきなりこすり洗いをしても、なかなかきれいになりません。重曹水につけ置きするか、セスキ炭酸ソーダを吹き付け、時間を置いて汚れを柔らかくして落としやすくするポイントです。また、油汚れは、水で固まる性質があるため、ぬるま湯を使用すると油を溶かしながら落とすことができ、すっきりした仕上がりになります。

2-4.ひどい油汚れの場合

長い間、換気扇の掃除を怠った場合、頑固にこびり付き、油汚れが落ちなくなってしまいます。分解を要するパーツもあるため、自力での作業が難しいようなら、プロの清掃業者に依頼する方法も考えてみましょう。ファンの内部まできちんと掃除をしてくれるので、とてもきれいな環境になります。油汚れ以外に、臭いなどの問題も解消してもらえるのがメリットです。

3.換気扇の油汚れ:予防法

換気扇は調理のたびに使うものです。日々の生活で、ホコリや油汚れが自然に付着して固まってしまうでしょう。換気扇を油汚れから守る予防法をご紹介します。

3-1.毎日やっておくこと

油汚れは、付着した直後はまだ柔らかく、拭き取るだけで落とすことができます。台所で調理をしたら、片付けと一緒に換気扇を軽く拭き取る習慣を持ち、汚れが定着しないように意識しましょう。拭き取りの際は、重曹水を使うとしっかり油汚れを吸収し、きれいな状態に戻すことができます。換気扇掃除と同時に、壁やコンロ周りに飛び散った油汚れも掃除してください。こまめに掃除をすることが、台所をきれいに保つ秘訣(ひけつ)です。

3-2.外付けフィルターを使用する

フィルターは最も汚れが激しく付着する場所です。ホコリによって目詰まりも起こるので、外付けフィルターを設置し、汚れたら交換する方法も取り入れてみてください。外付けフィルターは不織布製で、油汚れが付着すると茶色に変化します。フィルターの表面に触れると、ベタベタした油汚れを感じ取ることができるでしょう。フィルターの表面の汚れを見て、同じ量の油汚れが換気扇のレンジフードやファンにも付着していると自覚することができます。汚れ具合を確認すれば、換気扇の掃除をしなければいけないというモチベーションアップの効果も期待できるため、予防と意識改革を兼ねて実践してみましょう。

4.換気扇の油汚れでよくある質問

換気扇の油汚れは、掃除にひと苦労するものです。質問集を参考に、掃除に役立ててください。

Q.重曹をペースト状にしたものも、油汚れ落としの効果があるのか?
A.はい、あります。ペースト状にした重曹を油汚れが付着している部分に塗り、30分ほど放置してからダンボールなど硬い材質の紙でそぎ取り、スポンジとぬるま湯できれいに流しましょう。

Q.小麦粉も油汚れを落とすことができるのか?
A.粉末の重曹を使うのと手順は同じです。油汚れがある部分に小麦粉を満遍なく広げ、30分ほど放置します。小麦粉が油を吸収したら、ゴム手袋でよくこすり洗いをしてください。小麦粉の場合、洗い流すと排水口のつまりを誘発する恐れがあるため、新聞紙に包み、可燃ゴミとして捨てるようにしましょう。小麦粉をしっかり取り除いてから、ぬるま湯ですすいでください。

Q.セスキ炭酸ソーダを使う場合の注意点は?
A.セスキ炭酸ソーダは、洗剤の中でもアルカリ性が強い特徴を持っています。素手で掃除をすると手荒れが起こるため、必ずゴム手袋を装着して作業してください。

Q.油汚れを付きにくくするアイテムはないのか?
A.柔軟剤やリンスを仕上げに用いると、換気扇の表面に膜が形成されるため、油汚れの定着を予防する効果があります。とはいえ、こまめな掃除は大切です。あくまでも予防の1つとして捉(とら)え、掃除は定期的に行いましょう。

Q.換気扇の掃除後、白っぽい跡が残ってしまったときの対処法は?
A.油の成分が残っている場合や、重曹の使用量が多い場合は、白っぽい跡が残るケースもあります。白っぽくなった部分に、レモン汁を塗っていきましょう。レモンの酸で中和され、白くなった部分が目立たなくなります。ただし、レモン汁が付着したままだとサビが起こるため、ぬるま湯で固く絞った布を使い、きれいにレモン汁を拭き取って仕上げてください。

まとめ

換気扇の油汚れは、ホコリと絡み合い、落としにくい汚れになるのが特徴です。掃除をせずに放置した場合、稼働が悪くなる・臭気が立ち込めるなどの症状も出てくるでしょう。パーツ別の掃除方法や油汚れに適した洗剤の種類を理解し、換気扇掃除に役立ててください。また、普段からできる予防法も取り入れてみましょう。