家事を時短して心の余裕を!家事別の時短アイデアを一挙公開!

「仕事が忙しくて家事をする時間がない」「時短で家事をする方法を知りたい」と悩んでいる女性は多いでしょう。特に、働きに出ている主婦の方や子育て中の女性など、家事をする時間がなくて困っている人にとって、家事の時短方法を知ることは重要です。家事の時短は、手抜きではありません。時間を短縮して効率的に行うことで、忙しい毎日を乗り切りましょう。

この記事では、家事の時短がもたらすメリットや具体的なアイデアをご紹介します。

  1. 家事を時短しよう!
  2. 家事の時短テクニック
  3. 家事別・時短テクニックの紹介
  4. 家事の時短に関するよくある質問

この記事を読むことで、家事の時短テクニックを身につけることができるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.家事を時短しよう!

まずは、家事を時短するメリットや重要性についてまとめました。

1-1.ポイントを押さえた家事で時間を短縮すること

家事の時短とは、効率的に家事をすることで時間を短縮することです。毎日の家事には時間がかかります。掃除や洗濯・料理など、家族のためにやらなければならない家事はたくさんあり、すべてを完璧にこなそうとすると大変です。ワーキングママなど、仕事と家事の両立ができなくて悩んでいる人も多いでしょう。そこで、おすすめなのが家事の時短です。ポイントを押さえた家事をすることで家事にかかる時間を短縮し、少しでも自由な時間を手に入れましょう。

1-2.家事以外の時間が増え、心にも余裕ができる

家事を時短することで、今まで家事に費やしていた時間が短縮され、自分の好きなことができる時間を増やすことが可能です。「時間がない」という理由であきらめてきたこともできるようになり、心にも余裕が生まれるようになるでしょう。リラックスして過ごせるようになることは、自分だけでなく家族にとっても大きなメリットです。笑顔でいられる時間が増え、家族みんなが心地よく毎日を過ごせるようになるでしょう。

2.家事の時短テクニック

家事の時短テクニックを身につけるために、まずすべきことや成功のポイント・注意点をまとめました。

2-1.まずは1日の流れを確認し、計画を立てる

まずは家族全員の1日の流れを確認し、どう家事の時短ができるか計画を立てましょう。たとえば、夫や子供が起きる時間や朝食を食べる時間・出勤や登校時間などは、毎日だいたい同じなはずです。1日の流れが確認できたら、どの部分にすき間時間があるかわかってくるでしょう。そのすき間時間にできる家事にはどのようなものがあるか、考えてみてください。

2-2.負担にならないように家事をするのがポイント

家事の時短を成功させるためには、家事が負担にならないようにすることが大切です。ずっと続けて家事をせず、一つの家事が終わったらコーヒーを飲んだりテレビを見たりしてリフレッシュタイムをはさむことをおすすめします。また、家事中もお気に入りの音楽をかけるなど、できるだけ楽しみながらやりましょう。

2-3.ためこまずに毎日少しずつ掃除を

家事の時短を成功させるためには、毎日少しずつ掃除をすることも必要になります。汚れをためこむと簡単な掃除では済まなくなるため、時短ができなくなってしまうでしょう。汚れが少ないうちにこまめな掃除をしていれば、毎日の掃除が短時間で完了します。

3.家事別・時短テクニックの紹介

おすすめの時短テクニックを家事別にご紹介します。

3-1.「何かをしながら」「何かのついでに」掃除を!

たとえば、「歯を磨きながら洗面所を掃除する」「お風呂に入ったついでにお風呂掃除をする」というように、何かをしながら・何かのついでに掃除をするのがおすすめです。そうすることで、負担をかけずに掃除ができるだけでなく、時間の短縮にもなります。いつでも掃除を始められるように、ハンディーモップやカーペットクリーナー・フローリングモップなどの掃除道具を手の届く場所に置いておくとよいでしょう。そのほかにも、掃除の時短におすすめな便利アイテムには以下のようなものがあります。

  • 新聞紙:鏡を拭くと驚くほどきれいに
  • クエン酸スプレー:トイレや浴室・洗面台の水あか落としに
  • モップつきスリッパ:履いて歩くだけで掃除ができる

3-2.洗濯は乾かす時間やアイロンをかける時間を短縮!

洗濯ものが乾くまでの時間を短縮するために、脱水や乾燥の時間を長く設定してみましょう。乾くのが早くなり、洗濯ものをたたむタイミングをとりやすくなります。また、アイロンをかける時間をなくすために、ノンアイロンのワイシャツを購入するのもおすすめです。ほかの洗濯ものもできるだけしわを伸ばすようにして干し、アイロンがけの時間を短縮しましょう。

3-3.作り置きを活用して料理を時短!

時間があるときに作り置きをし、忙しい日の食卓に並べる方法がおすすめです。すぐに食べないものは冷凍しておき、いざというときに活用するとよいでしょう。レンジで温めればすぐに食べることができるので、料理の時間を大幅に短縮できます。買ってきた総菜ばかりだと栄養面が気になりますが、自分で作ったものだと思うと安心して家族にも食べてもらえるでしょう。そのほかにも、以下のようなアイテムを使うと料理の時短につながります。

  • キッチンばさみ:食材を切るときに使うと包丁とまな板を洗う時間が短縮できる
  • ペットボトル:目盛りをつけたものにお米を入れて保管しておくと、計量する時間を短縮できる

3-4.買いものは宅配サービスを利用!

食材や生活用品などの買いものにも時間がかかります。仕事や育児をしていると自分のタイミングで買いものに行けないため、宅配サービスを利用しましょう。自宅にいながら簡単に注文でき、指定した時間に届けてもらうことが可能です。時間だけでなく手間もかけずに済むため、検討してみてください。

4.家事の時短に関するよくある質問

「家事を時短する方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.いつもキッチンの掃除に時間がかかってしまいます。どうすれば汚さずに使えるでしょうか?
A.三角コーナーの使用をやめて掃除をしやすくしましょう。また、手が届く場所に掃除道具を置いておき、汚れたらすぐ掃除するようにすることをおすすめします。

Q.無駄な動きが多く、毎日の掃除に時間がかかってしまいがちです。どうすれば解決できますか?
A.毎日同じルーティーンで掃除をする習慣をつけましょう。慣れてくると何が無駄でどうすれば効率よく掃除ができるかわかってくるはずです。

Q.朝食後の洗いものが多く、出勤時間までに終わりません。何かよい方法はないでしょうか?
A.朝食はワンプレートにすることで洗いものを大幅に減らすことができます。

Q.時短につながる収納方法を教えてください。
A.使う場所の近くに収納しましょう。また、探しものをなくすために、何がどこに収納してあるか一目でわかるようにすることも大切です。

Q.買いものに行っても何を買うか迷ってしまい、スーパーで時間がかかってしまいます。どうすればよいでしょうか?
A.あらかじめ1週間の献立を決め、買うものをメモしていくことをおすすめします。スーパーで迷うことがなくなり、時間が短縮できるでしょう。

まとめ

家事を時短するメリットや具体的な方法を詳しくご紹介しました。忙しい主婦にとって、家事の時間を短縮できることには大きなメリットがあるはずです。自分の自由な時間や家族との時間を作るためにも、ぜひこの記事を参考にして実践してみてください。