パソコン廃棄時は情報漏えいに注意を! 流出対策を詳しく解説します!

パソコン廃棄時には、情報漏えいが心配です。買い替えや故障などで、不要になったパソコンには、多くのデータが記録されています。中には、個人情報や企業機密に関するものもあり、流出すると大問題です。パソコン廃棄時にはきちんと対策し、安心して処分できるようにしましょう。しかし、何をするべきか・どんな方法でデータを処分できるのかなど、よく知らいないことが多いものです。そこで、今回は、パソコン廃棄時の情報漏えい対策について詳しく解説します。

  1. パソコン廃棄と情報漏えい
  2. パソコン廃棄時の情報漏えい対策
  3. パソコン廃棄時の情報漏えい対策業者について
  4. パソコン廃棄と情報漏えいに関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコン廃棄と情報漏えいについて詳しく分かり、適切な対策をとることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.パソコン廃棄と情報漏えい

最初に、パソコン廃棄と情報漏えいの基本を見ていきましょう。

1-1.情報漏えいの危険性

パソコンを使用することは、情報漏えいの危険性を伴います。実際、個人情報や企業の機密情報が流出し、大問題となったこともあるのです。紙ベースの資料からデジタルデータへの移行が進んだことで、情報管理の甘さが命取りになることがあります。また、デジタルデータは流出後の拡散スピードが速く、気づいたときには手がつけられない状態であることも多いのです。パソコンを扱う人は、情報漏えいの危険性を自覚し、きちんと対策するべきでしょう。

1-1-1.パソコン盗難により個人情報が流出

パソコン盗難により、個人情報が流出してしまった例は数多く存在します。現在、パソコンの主流は軽くて持ち運びしやすいノートパソコンです。どこでも自由に使いやすくなった一方で、盗難のリスクが高まったことも事実でしょう。万が一盗難に遭った場合、ログインパスワードを設定していない・簡単なログインパスワードを設定していると簡単に内部データにアクセスできます。こうして、悪意ある第三者に画像や文書・アドレス帳・クレジットカード情報など、多くの個人情報を知られてしまうのです。

1-1-2.使用済みパソコンから顧客データが流出

企業で保管していたパソコンから顧客データが流出した例もあります。パソコンの入れ替えに伴い、古いパソコンをすぐに廃棄せず倉庫で保管中、何者かによって顧客データが抜き取られて流出したのです。社内であれば安全だろうという考えで何も対策せずに保管してはいけません。

1-2.パソコンの情報漏えいの主な原因は?

パソコンの情報漏えいの主な原因は、ヒューマンエラーです。主にパソコンの盗難や紛失が原因であり、全体の約70%にもなります。多くの場合、パソコンの所有者の過失が原因なのです。プロのハッカーによるもの・バグ・セキュリティーホールなどは4.4%程度であることを考えれば、普段から盗難や紛失に対する管理をしっかり行う必要性が高いことが分かります。パソコンの情報漏えいに関するデータについて、より詳しい内容はこちらをご覧ください。

1-3.実は廃棄時も危険

パソコンは、廃棄時も情報漏えいの危険性を否定できません。たとえば、内部データを消去せずに業者に処分を依頼したところ、中古品として再販され、次の持ち主に流出してしまうことがあります。業者によっては、HDD(ハードディスクドライブ)内のデータを消去しないこともあるのです。パソコンの廃棄時には、内部データの消去を確実に行ってください。故障したパソコンでも、知識があれば簡単に内部データを読み取ることができるので十分に注意しましょう。

2.パソコン廃棄時の情報漏えい対策

パソコン廃棄時の情報漏えい対策について詳しく解説します。

2-1.パソコンから情報漏えいする原因は?

パソコンから情報漏えいする主な原因には、以下のようなものがあります。

2-1-1.内部データが残っている

パソコンに内部データを残したまま処分すると、第三者が簡単にデータを読み取ることができます。故障などで動作しないパソコンでも、HDDが生きていればデータを読み出すことは可能です。どのような理由があっても、内部データを残したまま廃棄するのは絶対にやめましょう。

2-1-2.内部データを復元できる

内部データを復元できることも、情報漏えいの原因です。データ削除や初期化を行えば、表面上は内部データを消去できたかのように見えます。しかし、データは完全には消去されずに残っているため、復元できてしまうので注意しましょう。

2-2.データ消去の必要性

パソコン廃棄前には、完全にデータ消去をする必要性があります。きちんと消去できていなければ、情報流出する恐れがあるからです。なお、通常の削除処理だけでは完全にデータを消すことはできません。初期化すればいいのでは、というのも間違いです。初期化をしても、実はデータが削除されずに残っていてデータ復活ツールなどで復活できることがあります。完全にデータを消去するためには、データ消去専用ソフトの使用もしくは物理的にHDDを破壊することが必要です。

2-3.専用ソフトを使った消去方法

データ消去専用ソフトを使い、意味のない文字列で上書きすることで元データを読み込み不可にすることができます。パソコンが正常に起動できる場合で再販目的に売却する予定があるのなら、専用ソフトを使ってデータ消去をするといいでしょう。データ消去専用ソフトには、こちらのようなものがあります。

2-4.HDD破壊による消去方法

HDD自体を物理的に破壊することもデータ消去の方法です。パソコンからHDDを取り出し、裁断もしくは折り曲げるなどによりデータを読み取り不可にできます。最も確実にデータ漏えいを防げる方法です。

3.パソコン廃棄時の情報漏えい対策業者について

パソコン廃棄時の情報漏えい対策は、専門業者に依頼することも可能です。

3-1.業者による漏えい対策がおすすめの場合は?

以下のような場合は、業者に依頼するといいでしょう。

  • 廃棄するパソコンの台数が多い
  • データ消去作業の時間や手間を省きたい
  • 確実にデータ消去をしたい

3-2.事業用パソコンの場合はどうする?

事業用パソコンは信頼できる業者に依頼し、廃棄・データ消去を行うのがおすすめです。事業用パソコンには、社外秘情報(経理関連・顧客名簿・売上明細など)の記録が残っていることがあります。パソコン廃棄時には特に注意し、絶対に情報漏えいしないように注意してください。万が一情報漏えいした場合、社会的に信用を失い、損害賠償責任を負うことがあります。

3-3.業者選びのポイント

パソコンの廃棄を依頼する業者は、以下の条件を満たすことを確認してください。

  • パソコンの廃棄実績が多い
  • パソコンの内部データ消去を確実に行っている
  • 希望により「データ消去証明書」を発行している
  • 見積もりは無料
  • 廃棄費用がリーズナブル
  • 指定の日時・場所にて回収可能
  • 顧客からの信頼度が高い
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可などを取得している

4.パソコン廃棄と情報漏えいに関するよくある質問

最後に、パソコン廃棄と情報漏えいに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.中古HDDには前所有者のデータが入っていることがある?
A.可能性は否定できません。通常は、業者がきちんと内部データが残っていないことを確認しているものです。しかし、管理がずさんな業者から購入したものにはデータが残っていることがあります。

Q.パソコンから情報流出したらどうなる?
A.個人情報が流出した場合、無言電話・ストーカー行為・個人情報の拡散などの嫌がらせなどを受ける可能性があります。また、クレジットカード情報が含まれていれば、不正使用なども心配です。事業用パソコンの場合、顧客からの信頼を失えば、業績悪化につながるなど深刻な事態になるでしょう。

Q.ログインIDとパスワードが分からなくても情報流出する?
A.通常は、ログインIDとパスワードによってパソコンの情報は守られています。しかし、何らかの方法で突破されることも否定できません。1回不正ログインしてしまえば、内部情報をすべて抜かれてしまうでしょう。

Q.メーカーに廃棄依頼すればデータ消去してもらえる?
A.確実にデータ消去してもらえるとは限りません。もちろん、メーカーとして個人情報流出防止のため、HDDを粉砕処理するなどの対策をしています。ただし、データ消去に関する保証はしていません。メーカーに廃棄を依頼するときは、自己責任でデータ消去を行ってください。

Q.不用品回収業者では本当にデータ消去をしている?
A.信頼できる業者に依頼すればきちんと行っています。心配ならば、データ消去の方法を詳しく説明してもらうといいでしょう。また、データ消去証明書を発行してもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は、パソコン廃棄と情報漏えいについて詳しく解説しました。パソコンには、個人情報や企業機密が多く記録されています。そのまま処分すると、思わぬ情報漏えいにつながることがあるので注意してください。パソコン廃棄時には、重要なデータを移行してから専用ソフトを使うか、物理的にHDDを破壊して内部データを完全に消去することが必要です。データ消去は、業者に依頼することもできるので検討してみてください。信頼できる業者に依頼することが大前提ですが、データ消去証明書を発行してもらっておくとさらに安心です。