ダニ退治でお悩みの方は必見! 正しい対策&予防法を教えます!

ダニ退治は、快適な暮らしに必要不可欠です。「布団で寝るとダニに刺されて困る」「子どもがかまれないか心配」など、ダニでお悩みではないでしょうか。ダニはかまれたりアレルギーの原因になったりなど、厄介な存在ですよね。何とかして退治したくても、どんな対策をすればいいのか分からないことが多いでしょう。そこで、今回は、ダニ退治について詳しく解説します。

  1. ダニの基礎知識
  2. ダニ退治の方法
  3. ダニの予防方法
  4. ダニ退治に関するよくある質問

この記事を読むことで、ダニ退治について詳しく分かり、効果的に対策することができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ダニの基礎知識

最初に、ダニの基礎知識を見ていきましょう。

1-1.ダニとは?

ダニとは、体長1mmにも満たない程度の小さな生物です。昆虫ではなくクモに近い分類となり、地球上のあらゆるところに生息していて50万種もの種類があります。環境適応能力に優れ、繁殖力が高いことが大きな特徴です。どんなにキレイにしていても、ダニがいない家はありません。日本の家に住む主なダニは、以下をご覧ください。

  • ヒョウダニ:布団やカーペットなど布類に多く繁殖し、アレルギーの原因になる
  • コナダニ:畳や食品(小麦粉など)で繁殖しやすい
  • ツメダニ:ヒョウダニやコナダニをエサとして繁殖する
  • イエダニ:ネズミを媒介(ばいかい)先として家の中に入り込む

1-2.ダニの影響について

ダニは、私たちの生活にさまざまな悪影響をもたらします。

  • アレルギーの原因になる
  • 刺されることで赤みや腫れ・かゆみが出る
  • ダニによる感染症の心配がある

1-3.ダニが発生する原因は?

ダニが発生する主な原因は、掃除の不徹底と高温多湿です。掃除が不十分なことで、ダニのエサとなるものが増え、高温多湿の環境で増殖します。食べこぼしや抜け毛なども、ダニの大好物です。後で掃除しようと思っているうちに、ダニがやってきて繁殖してしまいます。植木鉢を置く・部屋干しをするなども、ダニが発生しやすいので注意しましょう。

1-4.ダニの多い場所やもの

以下の場所やものは、ダニが多いので対策が必要です。

  • 布団
  • 毛布
  • カーペット・じゅうたん
  • ぬいぐるみ
  • クッション
  • ソファー
  • カーテン
  • ハウスダスト

1-5.どのくらいのダニがいいる?

家の中には、想像以上のダニがいるものです。ホコリ1g中には、ダニの成虫が1,000匹程度いると言われています。繁殖能力にも優れるため、環境が整えば数十万匹以上になることもあるので注意してください。また、死がいやフンも悪影響があると考えると、ダニ退治の重要性を理解できることでしょう。

2.ダニ退治の方法

ダニ退治の方法について詳しく解説します。

2-1.ダニ退治の基本

ダニ退治の基本は、熱と乾燥です。生きたダニを殺すためには、50℃以上の高温で1時間以上熱することが必要となります。また、しっかり乾燥させることも必要です。なお、天日干しだけでは、表側のダニが裏側に逃げるだけで退治にはならないので注意しましょう。丸洗いや掃除機で吸う方法も、生きたダニには効果が薄くなります。   

2-2.掃除の重要性

ダニは、ハウスダストに多く寄生します。常に掃除をきちんとし、ハウスダストを残さないようにしましょう。ハウスダストの少ない環境と多い環境では、ダニの数が大きく違います。また、死がいやフンを除去するためにもこまめに掃除し、清潔な環境を維持することが基本と考えてください。

2-3.ダニ退治に効果的な掃除方法とは?

ダニ退治に効果的な方法については、以下を参考にしてください。

2-3-1.布団

布団はクリーニングをおすすめします。生きたダニを退治するためには、干したり丸洗いしたりするだけでは不完全です。クリーニング後、高温で乾かすことで生きたダニを死滅させることができます。普段の掃除では、ダニの死がいやフンを掃除機でゆっくり吸うといいでしょう。また、寝汗をかかないようにして布団が湿気ないようにすることも重要です。

2-3-2.部屋

ダニは、部屋中のハウスダストや布製品に多く生息しています。こまめに掃除をし、風とおしをよくしてダニの繁殖を抑えましょう。布製品をむやみに多く置かないことも効果的です。掃除をしやすいように、整理整頓をしておくことも心がけましょう。

2-4.ダニ退治のポイント

ダニ退治は、1回対策しただけでは意味がないので定期的に行いましょう。ダニ対策グッズの併用もおすすめです。高温多湿となる夏場に大繁殖しやすいので、5月までに成虫の数を減らしておくといいでしょう。ダニが発生しやすいところを中心に、掃除・除湿など徹底的に対策してください。

3.ダニの予防方法

ダニの予防方法を詳しく解説します。

3-1.ダニを寄せつけない方法

ダニを寄せつけない方法について、環境・ダニ対策グッズのそれぞれで解説します。

3-1-1.環境

ダニを寄せつけない環境に整えることが大切です。ダニは、高温・多湿・エサがある環境で大増殖します。冬でも暖房を使用する部屋はダニが繁殖しやすいので、丁寧に掃除してください。除湿対策もし、じめじめした状態にならないようにすることも必要です。

3-1-2.ダニ対策グッズ

市販のダニ対策グッズの活用もおすすめです。市販のダニ対策グッズには、スプレー式・シート式などがあります。スプレー式は、使いやすくて便利ですが、広範囲に使うためには、大量に必要です。シート式は、布団やソファーなどの大型製品に向いています。まずは、使用説明をよく読んでから適量を使用してください。必要以上に大量に使っても効果が高くなるとは限りません。また、使用期限の切れたものは効果が期待できないので交換してください。

3-2.予防は継続すること

ダニ予防は、継続することが大切です。ダニが存在しない家はありません。生育環境が整えば、すぐに繁殖してしまいます。ダニ退治をしても安心せず、継続して予防してください。ダニが繁殖しにくい環境を維持できれば、被害に悩まずに快適に暮らすことができるでしょう。

4.ダニ退治に関するよくある質問

最後に、ダニ退治に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.ペットを飼っているとダニが増えやすい理由は?
A.ペットの抜け毛がダニの温床になるからです。また、ペット自体にもダニがついてしまうことがあります。ペットを飼っている場合は、部屋の掃除やブラッシングをこまめにすることが基本です。できるだけ室内飼いをし、定期的にシャンプーすることも心がけてください。

Q.乳幼児がいる場合のダニ退治の注意点は?
A.乳幼児がいる場合は、以下の点に気をつけてください。

  • じゅうたんやカーペットを敷かない
  • 肌に触れるものはこまめに洗濯・乾燥させる
  • 掃除を徹底し、ハウスダストを残さない
  • ダニの駆除剤を使わない

Q.アレルギー体質の人がダニ退治を行うときの注意点は?
A.薬剤を使う方法はアレルギー体質の人に向かない場合があるため、できるだけほかの方法でダニ退治をしてください。掃除の徹底や乾燥などで対策することをおすすめします。

Q.畳よりフローリングの方がダニが少ないのはなぜ?
A.畳は、目の中にホコリや汚れが入り込みやすく、湿気もこもりやすいためダニが繁殖する条件がそろっているからです。フローリングは、畳と比べてダニが入り込むすき間が少なくなります。ダニが気になるのなら、圧倒的にフローリングが有利です。

Q.何をやってもダニ退治がうまく進まないときはどうする?
A.プロの駆除業者に依頼することをおすすめします。プロは、ダニの生態を把握しているため、効率よく退治してくれるからです。状況によっては、部屋ごと薬剤処理をすることもできます。まずは、業者に相談してみてください。

まとめ

今回は、ダニ退治について詳しく解説しました。ダニは、死がいやフンがアレルギーの原因になります。また、人やペットを刺して肌のかゆみやしっしん・最近やウイルス感染のリスクをもたらすため、しっかり対策する必要があるのです。まずは、ダニが好む環境にならないよう、掃除を徹底し湿気対策をきちんと行いましょう。また、1回だけでなく、継続して対策することが必要です。ダニは、高温多湿の環境で大繁殖しやすいので、注意してください。