カーテンのクリーニングはどうやる? スッキリ汚れが落ちる方法とは?

カーテンには、思っている以上に汚れが付着しています。汚れたままでは不潔ですから、クリーニングしてできるだけ早くキレイにしたいですよね。しかし、クリーニングしようとしてもどこに・どんな方法でできるのかよく分からない方もいることでしょう。そこで、今回は、カーテンのクリーニングについて詳しく解説します。

  1. カーテンはクリーニングに出すべきか
  2. カーテンをクリーニングに出す方法
  3. カーテンを家で洗濯する方法
  4. カーテンの普段のお手入れ
  5. カーテンの洗濯やクリーニングに関するよくある質問

この記事を読むことで、カーテンのクリーニングについてよく分かり、気になる汚れをスッキリさせることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.カーテンはクリーニングに出すべきか

最初に、カーテンのクリーニングについて解説します。

1-1.カーテンは意外と汚れている

カーテンをよく見ると意外と汚れていることに驚くでしょう。カーテンは部屋にかけっぱなしで、洗濯する機会が少ないため汚れが蓄積します。汚れの正体は、主にホコリや手あかです。また、黒い点々のように見えるのは、黒カビの可能性があります。カーテンの汚れが気になるときは、洗濯やクリーニングをするといいでしょう。

1-2.クリーニングの必要性

カーテンの汚れを放置すると、雑菌やカビ・ダニの温床になってしまいます。カーテンは、開閉で直接手に触れるものであるため、不潔な状態で放置してはいけません。汚れたら洗濯もしくはクリーニングをして、常に清潔に保ちましょう。カーテンをクリーニングする頻度は、数か月に1回程度が目安です。衣替えと同時のタイミングや、季節ごとに行うのもいいでしょう。

1-3.カーテンは自宅で洗える?

カーテンを自宅で洗えるかどうかは、洗濯表示をチェックしてみてください。洗濯表示に「水洗い可」「手洗い可」などと書いてあるものは、自宅で洗うことができます。「ドライクリーニング」と表示されていたり洗濯表示がなかったりするものは、自宅では洗えないので業者にクリーニングを依頼しましょう。無理やり自宅で洗うとカーテンの素材を傷めてしまうのでやめてください。そのほか縦型スクリーンも自宅で洗うことはできません。

1-4.カーテンをクリーニングするメリットは?

カーテンをクリーニングする主なメリットは、以下のとおりです。

  • 自宅で洗うよりもキレイに仕上がる
  • 自宅で洗濯できないもの(ドライクリーニングだけなど)でも対応できる
  • 業者によっては出張回収・送付してもらえる

2.カーテンをクリーニングに出す方法

カーテンをクリーニングに出す方法を詳しく解説します。

2-1.カーテンのクリーニングはどこへ出す?

カーテンのクリーニングは、以下のようなところで依頼できます。

2-1-1.クリーニング店

クリーニング店では、カーテンのクリーニングも取り扱っています。店頭にカーテンを直接持ち込み、依頼してください。特に汚れがひどい部分などは、口頭で伝えておくと確実です。納期は店頭受付後、数日間程度かかります。

2-1-2.宅配クリーニング業者

宅配クリーニング業者は、自宅まで回収しに来てくれ、クリーニング後も配達してくれます。特に忙しい人には、便利でおすすめです。業者には、電話・FAX・インターネットで都合のいい日時などを伝えて依頼します。信頼できる業者か確認するためには、カーテンのクリーニング実績が豊富か・明確な料金システムか・評判はいいかなどをチェックしてみてください。

2-2.カーテンのクリーニングの手順と費用

カーテンのクリーニングの手順と費用を解説します。

2-2-1.クリーニングの手順

カーテンのクリーニングの手順は、以下を参考にしてください。

  1. カーテンが業者の手元に持ち込まれる(もしくは回収される)
  2. 業者の元でカーテンの素材・汚れの質などを見極めてクリーニングする
  3. クリーニング後乾燥させ・アイロンして仕上げる
  4. 依頼者の元にクリーニング後のカーテンが手渡されて完了

2-2-2.クリーニングの費用

カーテンのクリーニング費用は、種類とレール幅・丈によって決まります。以下は、一例として参考にしてください。

  • ドレープカーテン:レール幅180cm・丈170cm程度で2枚約5,600円
  • ドレープカーテン(裏地つき):レール幅180cm・丈170cm程度で2枚約8,300円
  • レースカーテン:レール幅180cm・丈170cm程度で2枚約4,200円

なお、カーテンの素材や汚れの状態・急ぎでの依頼などにより実際の費用が変動するので注意してください。

2-3.実績と技術力があるクリーニング店を選ぼう

カーテンのクリーニングは、実績と技術力のあるクリーニング店に依頼することが大切です。クリーニング業者選びで失敗すると、仕上がりに不満を持つ可能性が高くなります。また、雑なクリーニングによりカーテンが傷むこともあるのです。料金の安さだけで選んでしまうと、品質が悪くて後悔しやすいので注意してください。

3.カーテンを家で洗濯する方法

カーテンを家で洗濯する方法を詳しく解説します。

3-1.カーテンの洗濯で用意するもの

カーテンを家で洗濯する場合は、以下のものを用意してください。

  • 掃除機
  • 洗濯ネット
  • 衣類用中性洗剤

3-2.カーテンを家で洗濯する手順

カーテンを家で洗濯する手順は、以下のとおりです。

  1. カーテンの表面についたホコリを掃除機で吸う
  2. カーテンをたたんで洗濯ネットに入れる
  3. 洗濯機で洗う(ソフトもしくはドライコースを選ぶ)
  4. 洗濯が終わったらカーテンを広げて干す

カーテンを干すときは、そのままカーテンレールにかけると楽です。カーテンの自然な重みにより、シワになりません。より早く乾燥させるためには、窓を開けて風を入れるといいでしょう。

3-3.天気のいい日の洗濯がおすすめ

カーテンは、天気のいい日に洗濯しましょう。湿度が低く、カーテンが乾きやすいからです。曇りや雨の日に洗濯すると、日中に乾ききにくく、生乾きの状態になり臭いが気になることがあります。ダニやカビ予防の点からも、晴れの日に洗濯してきちんと乾かすことが必要です。もしも乾きが悪い場合は、エアコンの除湿機能を使うと早く乾きます。

4.カーテンの普段のお手入れ

カーテンの普段のお手入れ方法や注意点など、詳しく解説します。

4-1.カーテンの普段のお手入れ方法

カーテンの普段のお手入れとしては、表面に付着したホコリを掃除機でそっと吸い取ることをおすすめします。特にホコリがたまりやすい部分(布が重なっている部分やタッセルなど)は、丁寧に吸い取ってください。また、天気のいい日には窓を開けることで、カビ予防になります。

4-2.カビを発生したときのお手入れ方法

冬場など、結露がひどい部屋ではカーテンに湿気がこもってカビが発生することがあります。カビを見つけたときは、洗濯表示を見て自宅で洗うことができることを確認しましょう。自宅で洗えるものは、以下の方法を試してみてください。

  • タオルの先に熱湯を浸し、カビの部分をたたく
  • 消毒用エタノールを古歯ブラシにつけてカビの部分をこする
  • 洗濯機に酸素系漂白剤と洗剤を入れて洗う

ひどいカビは、自分で取り去ることが難しい場合があります。カーテンの寿命とあきらめて買い替えを検討するか、クリーニング業者に相談してみるといいでしょう。

4-3.洗えないカーテンのお手入れ方法

丸洗いできないカーテンは、普段のお手入れが肝心です。汚れを防ぐためにも、部屋の掃除の都度カーテンの汚れをチェックしてください。多くはホコリ汚れなので、そっとぬぐうか掃除機をやさしくかけましょう。ブラッシングも効果的です。ただし、素材によっては強くこすると傷むこともあるので注意してください。

4-4.部屋の環境がカーテンの汚れにつながる

たとえば、掃除がきちんと行き届いている部屋はカーテンも比較的キレイです。しかし、掃除が不十分だったりタバコやキッチンの煙が影響すたりする場合は、カーテンの汚れもひどくなります。カーテンをキレイに保ち、普段のお手入れを楽にするためにも、窓を開けて換気をする・空気清浄機を使用するなどの対策がおすすめです。また、窓や網戸をキレイにすることも忘れないでください。

5.カーテンの洗濯やクリーニングに関するよくある質問

最後に、カーテンの洗濯やクリーニングに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.カーテンの洗濯後、シワになってしまうのですが?
A.洗うときにきちんとたたむことで不必要なシワを防ぐことができます。たたみ方が雑だと変な位置にシワがよるので注意してください。まずは、蛇腹状に折ってからコンパクトに折るとうまくいきます。洗濯後は、脱水を軽めにすることも重要なポイントです。特にシワが気になる部分は、アイロンを丁寧にかけてください。

Q.「手洗い可」の表示があるカーテンもクリーニングしていい?
A.問題ありません。自宅やコインランドリーで洗うことが面倒だったり洗う時間がなかったりする場合は、クリーニングを依頼してください。費用はかかりますが、自分で手洗いするよりもキレイに仕上げるので満足することでしょう。

Q.クリーニングしたカーテンに穴が開いていた場合は保証してもらえる?
A.まずは、クリーニング店にすぐ連絡してください。ただし、補償してもらうためにはクリーニング店の落ち度である証拠が必要です。もともと穴が開いている場合、クリーニング店で受付時に確認があることでしょう。店員がきちんと確認せず、自分でも穴が開いていた記憶がないのなら、クリーニング店側の落ち度となることもあります。

Q.クリーニングしても汚れが落ちないカーテンの再利用方法は?
A.たとえば、雑巾の代わりとして掃除に使うことができます。汚れがない部分を手芸材料として活用してもいいでしょう。パッチワークやぬいぐるみ・トートバッグなどに使うことができます。

Q.クリーニングすればカーテンのダニが死滅する?
A.クリーニング後、高温で乾かす段階でダニが死滅します。汚れたカーテンには、ダニが想像以上に繁殖しているものです。生きているダニ対策には、クリーニングを行いましょう。

まとめ

今回は、カーテンのクリーニングについて詳しく解説しました。カーテンは、意外と汚れているものです。しかし、正しい方法でクリーニングすればキレイな状態に戻すことができます。まずは、カーテンの素材と汚れの種類を確認し、適切な方法でクリーニングをしてみましょう。素材によっては、自分で洗濯することもできるので洗濯表示を確認してみてください。自宅の洗濯機やコインランドリーで洗うことも可能です。ただし、カーテンの汚れがひどい・デリケートな素材であるなどの場合は、プロのクリーニング業者に任せましょう。