原付バイクの処分・買取方法まとめ 廃車手続きや高く売るコツとは?

原付バイクに乗らなくなった・新しいものに買い替えた、などの理由で古い原付バイクを手放す必要があるという方の中には、どのような方法で処分したらいいのか悩んでいる方も多いでしょう。原付バイクをスッキリ手放すためには、廃車手続きや買取の出し方などを詳しく知る必要があります。そこで今回は、バイクの処分方法を整理しました。

  1. 原付バイク処分の二つの流れ
  2. 原付バイクの処分方法
  3. 原付バイクを買取に出す方法
  4. 原付を自分で売る方法
  5. 原付バイクの処分の注意点
  6. 原付バイクの処分についてよくある質問

原付バイクを処分したい方やより高く買取に出したいという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。大切なバイクは、最後まで丁寧に扱って気持ちよく手放しましょう。

1.原付バイク処分の二つの流れ

原付バイクを処分するには、大きく分けて二つの流れがあります。それは、廃車手続きと車体の処分です。

1-1.廃車手続き

原付バイクを処分する際は、まず廃車手続きを行う必要があります。

1-1-1.廃車手続きとは?

ナンバーを返納し、廃車手続きを行う必要があります。廃車手続きを行わないと、自動車税の請求が引き続き来てしまったり、万が一原付バイクが事故車となったときに責任を取ったりしなければなりません。

1-1-2.廃車手続きの流れ

廃車手続きは、各市区町村の役所で比較的簡単に行えます。以下を持参しましょう。自治体のHPもチェックしてみてください。

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(原付バイクの購入時にもらう書類)
  • 印鑑
  • 廃車申告書

ただし、廃車手続きは、買取処分の際に同時に行ったほうがなにかと便利なので、事情がなければ店舗や業者にお任せしましょう。廃車手続きをしたい旨をあらかじめ伝えておくとスムーズです。

1-2.自賠責保険の払い戻しは少額

原付バイクの廃車手続きを行ったあと、自賠責保険へ連絡をすれば払い戻しを受け取れる可能性があります。しかし、自賠責保険の払い戻しは、数百円とかなり少額です。数百円のために自分で手続きをするのは割に合わないため、やはりそのまま買取業者や店舗に持っていたほうが楽でしょう。

1-3.車体の処分

原付バイクの処分で困るのは、車体の処分でしょう。買取に出す・リサイクルショップに持ち込む・回収してもらうなどの方法があります。詳しい方法については次項以降をご参照ください。

2.原付バイクの処分方法

次に、原付バイクの処分方法についてそれぞれご説明します。

2-1.自治体による処分

原付バイクは、基本的には自治体での回収はありません。ただし、自治体のHPなどで回収センターや二輪車処分店舗を紹介していることがあるので、市区町村のゴミ処分HPを一度チェックしてみてください。

2-2.二輪車販売店に依頼する

オートバイを取り扱っている店舗なら、たいてい原付バイクの引き取りも行っています。購入した店舗だとスムーズでしょう。また、バイクの買い替えの場合は、新規購入するバイク店に相談するのが最も便利です。下取り(買取)額を、新しいバイクの費用に充てることもできます。処分を依頼するだけの場合は1万円前後の手数料がかかると思っておいたほうがよいでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

原付バイクを処分するには、不用品回収業者を利用する方法もあります。家まで回収に来てくれるため、とても便利です。原付バイク以外にも処分したいものがあれば、まとめて依頼するとお得になるでしょう。回収料金が発生しますが、買取額と相殺することも可能です。

3.原付バイクを買取に出す方法

次に、原付バイクを買取に出す方法について、具体的にご紹介します。

3-1.買取できない原付バイクとは?

「どんなバイクでも買取します」と言っているバイク店でも、買取が難しいものがあります。その特徴をご紹介しましょう。

  • 転倒歴が多い
  • エンジンやフレームに致命的な欠損がある
  • カスタマイズしたもの
  • 修理に時間がかかるもの
  • そのほか、再販が難しいもの

上記のような原付バイクは、買取不可・非常に安価で買取・パーツだけ買取・お金を払って処分依頼、ということになりやすいでしょう。

3-2.高額買取されやすい原付バイクとは?

高額買取できる原付バイクの特徴は以下のとおりです。

  • 車種:HONDA・YAMAHAなど
  • 状態:走行距離3,000km未満・転倒歴のないもの
  • 店舗の在庫や需要状況:店舗によって求めるバイクが異なるため、同じバイクでも買取額が異なることがある

3-3.原付バイクを高く売るポイント

原付バイクを高く売るには、複数の店舗をまわることが最重要です。店舗によって査定方法や在庫状況が違うため、同じ原付バイクでも、買取価格に大きく差が出ることがあります。なお、店舗へ持ち込む際はなるべくきれいに原付をみがいておき、丁寧な態度で買取を依頼しましょう。バイクの査定の際は、乗り手の人となりも見られていると思ってください。転倒歴は、見れば分かってしまうので詐称は厳禁です。

3-4.原付バイクの買取先とは?

原付バイクを買い取ってくれるところをご紹介します。

前述のとおり、複数の店舗に査定をしてもらったほうが高く買取してもらえるので、お近くのバイク店に依頼してみてください。

3-5.原付バイクの買取相場

原付バイクは、車種・走行距離・使用状況・需要状況によって買取額が大きく異なります。目安としては定価の10~20%程度と思っておくとよいでしょう。全体の平均としては5万円程度です。ただし、あくまで平均ですので、10万円程度で売れる場合もあれば、お金を払って回収してもらう場合もあります。

4.原付を自分で売る方法

最近では、ネットオークションなどで原付バイクを売る人も増えてきています。

4-1.ネットオークションで原付バイクを売る前には必ず廃車手続きを

ネットオークションで原付バイクを売る際は、必ず廃車手続きを行ってください。名義が残ったまま原付を引き渡すのは絶対にやめましょう。相手に名義変更依頼をしても、本当に変更してもらえるかは分かりません。廃車手続きを行うことで、そのままでは公道を走れなくなるため、相手に必ず手続きをしてもらえるようになります。

4-2.原付バイクの出品方法

原付バイクをオークションに出品する方法は主に以下のとおりです。

  1. 会員登録
  2. 原付バイクの情報を掲載(写真・車種・走行距離・エンジンやフレームの状態・転倒歴・傷や汚れの状態・引き渡し方法・最低落札価格)
  3. 落札者が現れるのを待つ
  4. 落札者が現れたら、取引ナビに従ってやりとりをする
  5. バイクを引き渡す

4-3.注意点

原付バイクをネットオークションで売る際には、さまざまなトラブルに注意しなければなりません。たとえば、クレームを避けるためには、傷や汚れなどマイナス情報も必ず明記しましょう。バイクの状態の記載方法や文面は、こちらの出品情報を参考にしてみてください。

5.原付バイクの処分の注意点

原付バイクを処分するうえでのさまざまな注意点をご紹介します。

5-1.原付バイクは所有するだけで軽自動車税がかかる

原付バイクをはじめとした軽自動車は、年間3,000円前後の税金がかかります。所有していることに対する税金のため、乗らないからと言って払わないことはできません。上記のとおり、廃車手続きを行うことで税金が発生しなくなります。

5-2.原付バイクは解体厳禁

壊れた原付バイクの、パーツを再販したいからと言って自分で解体してはいけません。オイル・電気系統など危険な部品があります。必ずプロの解体業者や買取業者に依頼しましょう。

5-3.悪質買取業者に注意

買取業者の中には、一部悪質なところもあります。異様に安い値段で買い取ろうとしたり、あとから手数料や出張交通費などを請求するといったトラブルもあるので注意しましょう。見積もりや金額に関することは、必ず書面やデータなどあとに残る形でもらってください。

6.原付バイクの処分についてよくある質問

原付バイクの処分についてよくある質問にお答えします。

Q.買取査定の際の注意点は?
A.バイクに乗って査定依頼をする際は、帰路の交通経路の確認が必要です。店舗から最寄り駅まで、徒歩で行けるのか、バスに乗るのかなどをチェックしておきましょう。

Q.原付の買取業者選びのポイントは?
A.以下のポイントをおさえましょう。

  • 丁寧に査定してくれること
  • 見積もりが分かりやすく不明瞭な費目がないこと
  • 無理に買取をしようとしないこと

Q.ネットの見積もりは参考になるの?
A.相場感の調査としては役に立つでしょう。実際は、現物の傷や状態などを見て減点方式で査定するため、ネットでの見積もりよりも安くなることがほとんどです。

Q.バイクの配送料金は?
A.バイク専用の配送業者を利用しましょう。大きさや重さによって料金が決まりますが、東京→名古屋で2万円前後・東京→鹿児島で3.5万円程度です。遠方だと送料がかなり高額になるため、オークションに出す際は、地域を限定するという手もあります。

Q.査定額のつかないバイクの処分方法は?
A.どの店舗でも買取ができないと言われてしまったバイクは、店舗に料金を支払って引き取ってもらうか、不用品回収業者に依頼しましょう。1万円程度の回収費用がかかります。

まとめ

原付バイクの処分方法・買取方法についてご紹介しました。大切に乗ってきたバイクを気持ちよく処分するためにも、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてください。