トイレの収納を増やしたい方必見! おしゃれな収納のアイデアを紹介

トイレは空間が狭く、収納スペースがないなどの問題が起こるものです。とはいえ、トイレットペーパーや掃除道具をむき出しにして保管したままでは、生活感がにじみ出てしまい、汚らしい印象になってしまいます。トイレは1日に何度も使う場所なので、狭い空間でも快適に使い続けるために、収納方法を根本から見直すことが大切です。本記事では、トイレの収納について考えていきます。

  1. トイレの収納について
  2. トイレの収納方法
  3. トイレの収納でよくある質問

この記事を読むことで、トイレの収納方法がよく分かります。トイレには意外なデッドスペースがあるものです。空間を無駄なく活用し、新たな収納を生み出すきっかけにしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.トイレの収納について

トイレの収納に関する困りごとや、収納の基本をご紹介します。

1-1.トイレ収納の困りごと

トイレは、狭い空間にもかかわらず、保管するものが多いのが難点です。また、作りつけの棚などが設置されていない家庭が目立ち、収納場所に困る場面が多くあります。家の中で最も狭い場所なので、棚を設置すると身動きできなくなるといった悩みも出てくるでしょう。そのため、デッドスペースの有効活用が、トイレの収納問題を解決する手段となるのです。

1-2.トイレに収納するもの

トイレには、トイレットペーパー・タオル・掃除道具など、日常的に使うものをしまう場所が必要です。トイレットペーパーやタオルはかさばりやすいものですが、清潔に保管することが求められます。また、女性の場合、生理用品の保管もしなければなりません。空間に対し、保管するものが多すぎることが、トイレの収納に関する最大の悩みです。

1-3.トイレ収納の基本

トイレの収納は、生活感を出さないために、保管しているものが目に入らないように工夫することが大切です。トイレットペーパーや掃除道具はなるべく隠し、普段は目に触れないようにしましょう。また、隠すだけではなく、出し入れしやすい環境にすることもポイントです。たとえ用を足している間でも、必要なものがあればすぐ取り出すことができるように、なるべく手の届きやすい位置に収納しておきましょう。また、空間が限られているため、トイレの両サイドや天井付近など、すき間を活用してものを収納する方法がおすすめです。

2.トイレの収納方法

トイレの収納を便利にするグッズや、すき間の活用方法などをご紹介します。

2-1.グッズを活用する

生活感をなくすため、カゴや箱を使った収納を実践してみましょう。棚を設置できる空間がある場合は、扉や引き出しでものを隠すことができるタイプを選び、なるべくシンプルにまとめるように意識してみてください。カゴは藤でできたものがおしゃれで、温かみのある印象になります。箱は保管スペースにピッタリ合うサイズで、中身が透けない素材のものを選びましょう。ふたつきのものであれば、生理用品なども露出せず、急な来客があっても慌てることがありません。

2-2.すき間を活用する

既述したとおり、トイレにはデッドスペースがたくさんあります。たとえば、天井・隅・壁などです。デッドスペースを活用すれば、スリムな収納を実現できます。天井は丈夫なつっぱり棒で棚を設置し、トイレットペーパーなどをまとめて保管する場所を作りましょう。トイレの隅は、空間の無駄を埋めることができるコーナーキャビネットなどが便利です。壁にはラックを設置する方法で収納を確保できます。棚を設置するなら、トイレタンクやトイレットペーパーホルダーの上などがおすすめです。ただし、棚のラックは落下の危険性があるので、なるべく軽いものを置くようにしてください。

2-3.収納に便利なグッズ

トイレの収納場所がないなら、グッズを使って収納を作ってみましょう。たとえば、100円ショップで販売されているプラスチックケースや木製ラックなどがおすすめです。木製ラックの場合、トイレットペーパーの予備を足元に保管することができ、スリムでありながら実用性に富んだ収納になるでしょう。木の質感が生活感を払拭(ふっしょく)してくれるのもメリットです。プラスチックケースは、天井に設置した棚などに配置して利用します。手前に引き出しやすくするため、持ち手があると便利です。

2-4.DIYでのトイレ収納を紹介

手先が器用な方は、DIYでトイレに収納を自作しています。DIYのアイデアを応用し、ご自宅のトイレでも再現してみてください。たとえば、焼き網や網状のフレームを使った、トイレットペーパーの収納ラックです。板と網を組み合わせ、トイレットペーパーのサイズに合うようにカットします。扉に網を使うことで、トイレットペーパーの在庫も一目で把握しやすく、通気がいいのがメリットです。また、ラックの上部に天板などを設ければ、飾り棚として使うこともできます。板と組み合わせなくても、焼き網をトイレットペーパーの丸みに合わせて折り曲げるだけで、簡単にラックを作ることも可能です。壁にフックを取りつけ、ラックを引っ掛けるだけですぐに使用できます。とても簡単な方法で自作できるので、ぜひ挑戦してみてください。

2-5.トイレの収納は使用頻度で考えること

トイレの収納を考えるとき、目に触れないように注意することばかり優先し、使いやすさを無視してしまうことがあります。しかし、いざというときに取り出しにくい環境ではいけません。なるべく使用頻度が高いものは手前に配置し、すぐに手を伸ばして取ることができるようにしてください。また、狭く限られた空間の場合、足元にものを置くと圧迫感を抱くことになります。収納は天井や壁などを利用し、広々とした印象になるように心がけましょう。

3.トイレの収納でよくある質問

狭いトイレでも、空間を上手に利用して収納を作ることはできます。トイレの収納に関する疑問を集めました。ご一読ください。

Q.すっきりした収納を目指すなら、色味も意識したほうがいいのか?
A.はい、色味は意識してください。色味を統一するとすっきりした印象になります。広々した印象を与えたいなら、白を基調にする方法がおすすめです。清潔感もあり、優しい印象になります。ただし、白一色だとシンプルすぎてしまうため、小物などで差し色のアクセントをつけたら、おしゃれな空間に仕上がるでしょう。

Q.トイレの収納を増やすのと同時に、壁紙などにも変化をつけることは可能か?
A.収納増設と同時に、既存の壁紙はそのまま残し、上からウォールシートでデコレートしてみましょう。100円ショップには、新聞紙柄やレンガ柄などのウォールシートが販売されています。ウォールシートの多くは、剝がしても糊(のり)の跡が残りません。収納の雰囲気に合う柄を選び、トイレをおしゃれな空間にコーディネートしてみてください。

Q.天井に吊(つる)し棚を設置する方法は、自作できるのか?
A.天井に吊(つる)し棚を作る場合、DIYでの施工が難しいケースがほとんどです。不安定な状態で取りつけてしまうのも危険なので、業者に依頼したほうが安心でしょう。業者に依頼するときは、イメージや大きさなどを事前にしっかり打ち合わせしておき、納得できる仕上がりになるように準備してください。

Q.トイレの掃除道具はどのように収納すればいい?
A.床に棚を設置できる場合は、掃除道具を中にしまいましょう。狭いトイレの場合は、キッチン用のツールスタンドを活用し、掃除道具を目隠しする方法がおすすめです。掃除用ブラシをケースごとキッチン用ツールスタンドに収納することで、生活感をむき出しにすることなく、おしゃれな収納を実現できます。

Q.トイレ用のスプレーなどをスリムに保管したい場合はどうすべきか?
A.
吸盤フックをトイレタンクのサイドに貼りつけ、掃除道具を引っ掛ける方法がおすすめです。スプレーボトルなど場所を取るものに適しています。吸盤フックにポケット状の容器を取りつければ、芳香剤や小物を収納することもできるでしょう。トイレタンクの横面は、人目に触れずにものを保管できる場所です。存分に活用してください。

まとめ

いかがでしたか? トイレは限られた空間であるのに対し、トイレットペーパー・タオル・生理用品など、収納すべきものが多いという悩みがありますよね。収納場所は、デッドスペースなどを活用して新たに作ることも可能です。トイレの天井・隅・壁などをうまく利用してみてください。空間が狭い場合は、あえて床にものを置かず、広々とした印象を与えるようにしましょう。トイレの中は、収納物が目に触れないように工夫することがポイントです。DIYなどのアイデアも参考にしながら、トイレを快適な空間に仕上げてください。