片付けが苦手な人のために! 意識の変え方やものを減らす方法を紹介

「片付けが苦手で困っている」「苦手意識を克服するにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 部屋はきれいに片付いているに越したことはないでしょう。

この記事では、片付けの苦手意識をなくすコツや、苦手な人でもできる片付け方法などをまとめてご紹介します。

  1. 片付けが苦手な人の特徴は?
  2. 片付けに対する苦手意識を克服するコツ
  3. 苦手な人でも実践できる片付け方法を紹介
  4. 不要なものを手放して片付け上手に!
  5. 片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、片付けられない理由や片付け上手になる方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

1.片付けが苦手な人の特徴は?

まずは、片付けが苦手な人に多い特徴についてまとめました。

1-1.捨てるのはもったいないと思っている

ものが多すぎるのは、捨てることを「もったいない」と思っているためでしょう。「人からもらったものだから」「思い出の品だから」など、捨てられない理由はさまざまです。もったいないからといって捨てずにいた結果、使っていないもので部屋があふれてしまうことになります。

1-2.ものごとを先延ばしにするクセがある

ものごとを先延ばしにするクセがある人も多いでしょう。片付けをしなければならないことは分かっていても「今度、時間があるときに」「今はやる気になれないから」などという理由をつけて先延ばしにしてしまいがちです。

1-3.さみしがり屋

さみしがり屋な性格の人は、ものでさみしさを埋めようとします。たとえ必要のないものであっても、ものに囲まれて生活することで満足感を得ているのです。特に、親元を離れて一人暮らしをしている人に多いでしょう。

1-4.買いものが好き

単純に買いものをすることが好きな人も、片付けが苦手な傾向があります。買うこと自体に喜びを感じているため、本当に必要なものでなくても買ってしまうのです。その結果、いつの間にか部屋がものであふれ、片付けられなくなってしまいます。

2.片付けに対する苦手意識を克服するコツ

片付けの苦手意識を克服するためのコツをご紹介しましょう。

2-1.少しずつ片付ける

片付けが苦手なのは、「片付けは大変なこと」という意識があるためです。そのため、「体力を使う」「面倒くさい」など、ネガティブなイメージばかり持ってしまいます。「1部屋ずつ片付ける」「1日の片付け時間を10分にする」などの方法で、片付けのハードルを下げることが効果的でしょう。

2-2.片付けの後にごほうびを用意する

片付けが終わった後のごほうびを用意するのもおすすめです。「ここまで片付けたらコーヒーを飲む」「録画しておいたテレビ番組を見る」など、小さなごほうびでも構いません。自分にとってウキウキする内容のごほうびであればなおよいでしょう。

2-3.「使ったらしまう」を習慣づける

普段から、「使ったら元の場所にしまう」ことを習慣づけておきましょう。ひどく散らかっていなければ、片付けもさほど大変なものにはなりません。「この程度なら簡単に片付けられる」と思えば、取りかかりやすいでしょう。

2-4.ものを減らす

ものを減らすことで、散らかりにくく片付けやすい部屋になります。この機会に、必要のないものは思いきって処分しましょう。

3.苦手な人でも実践できる片付け方法を紹介

苦手な人でも片付け上手になれる片付け方法をご紹介しましょう。

3-1.ものをすべて出して並べる

まずは、部屋の中にあるものをすべて出して並べてみましょう。どんなものがどのくらいあるのかを把握することが片付けの第一歩です。クローゼットや押し入れ・机やタンスの引き出しの中身もすべて出してください。

3-2.いるものといらないものに仕分けする

ものをすべて出したら、その中から自分にとって必要なものと不要なものを仕分けしていきましょう。持っていることも忘れていたものや、長い間使っていないものは、自分にとって不要なものと判断すべきです。日常的に使っているもの・大切にしているものだけを残しましょう。

3-3.いらないものを処分する

次に、不要なものの処分方法を考えていきましょう。ゴミとして捨てるほかにも、欲しい人に譲る・売る・寄付するなどの方法もあります。ものの状態をしっかり見極めて処分方法を決めていくとよいでしょう。

3-4.残すものの定位置を決めて収納する

不要なものを処分したら、残すものを収納していきましょう。このとき、すべてのものに定位置を決めることが重要になります。そのためにも、残すのは収納スペースに入りきる量にとどめる必要があるでしょう。

4.不要なものを手放して片付け上手に!

不要なものを気持ちよく手放す方法をご紹介しましょう。

4-1.買取に出す

比較的状態のよいものは、買取に出してお得に処分するのがおすすめです。使用感が少なく目立つ汚れや傷がないもの・有名ブランドのものなどは、買取対象になる可能性が高いでしょう。買取を依頼できるのは、リサイクルショップや買取業者などがあります。特に、買取業者の中には出張買取や宅配買取に対応している業者も多いため、自分に合った買取方法を選択できるというメリットもあるでしょう。

4-2.寄付する

ものによっては、寄付するという方法もおすすめです。発展途上国への寄付活動を行っているボランティア団体や、災害の被災地・児童養護施設など、寄付を必要としている人々はたくさんいます。自分が寄付することで困っている人たちを助けることができると思えば、気持ちよく手放すことができるのではないでしょうか。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼して一気に処分しましょう。自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要はありません。分別も業者が行ってくれるので手間をかけずまとめて不用品を処分することが可能です。ただし、回収した不用品を不法投棄するような悪徳業者も存在するため、業者選びには十分注意してください。

5.片付けに関するよくある質問

「片付けが苦手」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.部屋が散らかっているとどのようなデメリットがあるのでしょうか?
A.人を呼べない・不衛生・探しものが見つからない・持っているものを把握できないなどのデメリットがあります。

Q.  片付けは毎日やるべきでしょうか?
A.少しずつでもよいので毎日片付けをすることで習慣になり、大変と思うことも減るはずです。

Q.片付けができない病気もあるのでしょうか?
A.ADHD(注意欠陥多動性障害)やADD(注意欠陥障害)などの発達障害を抱えていると、片付けるのが難しいといわれています。

Q.不用品を高価買取してもらうポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品があればそろえておきましょう。壊れていないか確認すること・不要になったら早めに買取に出すこともポイントです。

Q.  悪質な不用品回収業者にはどのような特徴がありますか?
A.所在地を明らかにしない業者や、突然の訪問営業で強引に回収を迫る業者などは、悪徳業者である可能性が高いでしょう。

まとめ

片付けが苦手な人の特徴や不用品の手放し方などをまとめてご紹介しました。片付けが苦手な人は少なくありません。しかし、少しの工夫で片付けに対する意識を変えることは可能です。ぜひこの記事を参考に、片付けの悩みを解消してください。