網戸の掃除でお困りの方へ! 簡単にキレイにするコツを教えます!

網戸は、夏になると大活躍しますよね。虫の侵入を防ぎながら、涼しい風を室内に取り込むことができるのでエアコンが苦手な人にもおすすめです。しかし、網戸も使い続けるうちに汚れてしまいます。掃除をしようにも、どんなものを使って掃除をすればいいのか、よく分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、網戸の掃除について詳しく解説します。

  1. 網戸の掃除について
  2. 網戸の掃除方法
  3. 網戸をキレイに保つ方法
  4. 網戸の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、網戸の掃除について詳しく分かり、簡単にキレイにすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.網戸の掃除について

最初に、網戸の掃除について詳しく解説します。

1-1.網戸の汚れについて

網戸の汚れの主な成分は、泥や砂・花粉・黄砂・ホコリやタバコのヤニなどさまざまです。網戸には、屋外からも室内からも汚れがたまっていきます。特に汚れやすいのは、網戸の外側です。また、外枠部分にも汚れがたまりやすいでしょう。網戸の汚れについては、掃除がしにくい・上部に手が届かなくて困る・汚れが思うように落ちないなどの困りごとがあります。

1-2.網戸掃除の頻度とタイミング

網戸掃除の頻度は、1週間に1回程度を目安にしてください。普段は、軽く汚れをふき取る程度で構いません。ただし、大雨や台風の後などは、網戸がいつもより汚れているので臨時に掃除をするといいでしょう。そのほかにも、汚れが目立つと感じたときにこまめに掃除をすることで、常にキレイな状態を維持することができます。

2.網戸の掃除方法

網戸の掃除方法について詳しく解説します。

2-1.網戸掃除に必要な道具や洗剤

網戸掃除には、以下の道具や洗剤を用意しましょう。

  • 掃除機
  • 掃除用スポンジ(メラミン素材がおすすめ)
  • 重曹水(水200mlに対し重曹大さじ1杯をとかしたもの)
  • スプレー容器
  • 住宅用中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • 手袋
  • マスク
  • ゴミ袋

2-2.網戸掃除の主な方法と流れ

網戸掃除の主な方法と流れは、以下を参考にしてください。

  1. 掃除機で網やサンについた大きなゴミやホコリを吸い取る
  2. 重曹水(水200mlに対し重曹大さじ1杯をとかしたもの)をスプレー容器に入れ、網の部分全体に吹きつける
  3. スポンジを水でぬらし、網をこすって汚れを落とす
  4. サンの部分にも重曹水をスプレーし、汚れをふき取る
  5. 仕上げに水でぬらしたキッチンペーパーで網戸全体をふき、水分を乾かして完了

2-3.汚れがひどい場合は?

網戸の汚れがひどい場合は、住宅用中性洗剤をスプレーした網戸に水でぬらしたキッチンペーパーを貼りつけ、1時間程度放置してみてください。汚れがゆるんで落としやすくなります。汚れを落とした後は、仕上げに水ぶきとからぶきをしておきましょう。

2-4.網戸掃除のコツや注意点

網戸掃除では、網を強くこすりすぎて破いてしまわないように注意してください。汚れが落ちにくい部分は、つい力を入れてしまうため破れることがあります。網戸掃除は、力を入れずに汚れを落とすことが大切です。つけ置きを活用するなどすれば、軽くふくだけで汚れが落ちます。

3.網戸をキレイに保つ方法

網戸をキレイに保つ方法について詳しく解説します。

3-1.キレイな状態をキープするには?

こまめに掃除することが、網戸をキレイに保つための一番の方法です。特に、湿気が多い時期は、網戸に汚れがつきやすくなります。毎日の掃除のついでに、網戸をふいておくだけでも効果があるので試してみてください。また、網戸には室内からも汚れがつくため、外側だけでなく内側をふくことも忘れないようにしましょう。

3-2.汚れを予防するポイント

網戸の汚れは、こびりついてしまう前に取り除くのがポイントです。空気中には、目に見えないホコリやゴミが常に舞っているため、1日経過するだけでも網戸は汚れてしまいます。普段からこまめに掃除をすることが、汚れ予防の近道なのです。また、汚い手で触らない・ペットを近づけないなども心がけてください。

3-3.網戸フィルターのメリットとデメリット

網戸の汚れを防止するために、市販の網戸フィルターを貼りつける方法もあります。網戸フィルターは、網戸よりも目のこまかなもので、汚れたら取り替えることができるので便利です。網戸の掃除頻度を低くしたい・汚れが気になるというときには、大きなメリットを感じることができるでしょう。ただし、通気性は劣るため、涼しい風を室内に多く取り入れることは難しくなります。網戸の通気性を重視するか、フィルターにより汚れを防止するか、よく考えてから使用しましょう。

4.網戸の掃除に関するよくある質問

最後に、網戸の掃除に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.網戸がボロボロで掃除をすると破れそうな場合は?
A.網戸も使い続けることで徐々に素材が劣化します。ボロボロになったものは、網戸の機能を果たすことができないため、張り替えてください。網戸の張り替えは自分でもできますが、業者に依頼することも可能です。

Q.網戸掃除に中性洗剤を使ってもいい?
A.問題ありません。中性洗剤を使えば、油汚れもよく落とすことができます。ただし、仕上げによく水ぶきをし、洗剤成分が残らないようにしてください。

Q.網戸掃除を行う時間帯はいつがいい?
A.できれば、午前中に行うといいでしょう。気温が上がりきっていず、涼しいうちに掃除することができます。また、雨の日は避け、晴れてカラっとした気候を選ぶことで、掃除後の乾燥がスムーズに進むでしょう。

Q.網戸掃除にハンドワイパーを使うのは?
A.ハンドワイパーを使うのもおすすめです。ただし、網戸に引っかからないことを確認してから使ってください。コツは、ごく軽くなでるように使うことです。ハンドワイパーの素材によっては、網戸に引っかかってしまいうまく掃除できないこともあるので注意してください。

Q.網戸掃除が面倒なので業者に依頼したいのですが?
A.ハウスクリーニング業者に連絡し、見積もりをもらってください。網戸掃除の費用目安は、1枚につき数千円程度~になります。網戸が複数枚あって掃除が大変なときや、忙しい・面倒などの理由で掃除できないときにおすすめです。

まとめ

今回は、網戸掃除について詳しく解説しました。網戸は、想像以上に汚れがたまっているものです。こまめに汚れを掃除して、常にキレイな状態を保ちましょう。網戸の掃除には、重曹水を使うと安全かつ簡単に汚れを落とすことができます。普段は1週間に1回程度の頻度で掃除をし、雨降りの後などにもお手入れすれば問題ありません。なお、網戸にも寿命があります。汚れが取れなくなったものだけでなく、やぶれや傷が目立つ・変形している部分があるなど、網戸としての機能が果たせなくなったものは、張り替えてください。