ぬいぐるみの収納はどうする? おすすめの方法・アイデアを詳しく!

「ぬいぐるみが多すぎて収納できない」「ごちゃごちゃしてまとまらない」など、ぬいぐるみの収納でお悩みではないでしょうか。かわいらしいぬいぐるみも、増えすぎると収納に困ってしまいますよね。処分しようにも、たくさんの思い出が詰まっているものは簡単に手放すことはできません。では、大切なぬいぐるみを汚れや傷みから守りつつ、きちんと収納するためにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、ぬいぐるみの収納について詳しく解説します。

  1. ぬいぐるみの収納の基本
  2. ぬいぐるみの収納方法やアイデア
  3. ぬいぐるみの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、ぬいぐるみの収納で必要な知識が身につき、上手に収納できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ぬいぐるみの収納の基本

最初に、ぬいぐるみの収納の基本を学びましょう。

1-1.ぬいぐるみの収納の困りごと

ぬいぐるみの収納では、以下のような困りごとがあります。収納方法を考えるときは、以下の悩みをクリアできるものを選びましょう。

1-1-1.数が多すぎる

ぬいぐるみの数が多すぎると、収納スペースが足りなくなることがあります。ぬいぐるみが好きでコレクションしている人などによくある悩みです。

1-1-2.かさばる

ぬいぐるみはかさばるため、収納スペースが足りなくなりがちです。さらに、数が多い・大きなものがあるなどがあると、うまく収納しづらくなります。

1-1-3.傷みから守りたい

大切なぬいぐるみほど、傷みから守りたいものです。ぬいぐるみは、布や皮・毛糸などのデリケートな素材でできているため、収納の仕方が悪いと傷や破れ・色あせなどの心配があります。

1-1-4.カビやダニを抑えたい

ぬいぐるみは、カビがダニが発生しやすいものです。1回カビやダニが発生したものは、修復が難しい場合もあるため、湿気やホコリから守りながら収納することは必要不可欠といえるでしょう。

1-2.ぬいぐるみの処分も考えよう

ぬいぐるみを収納する前に、不要になったものを処分することも必要です。汚れや傷みが激しいものは、思いきって処分しましょう。処分するときは、感謝の気持ちを込めること・ほかのゴミと区別して捨てることなどを心がけてください。特に思い入れのあるぬいぐるみは、塩をふりまいてから処分するなど自分なりにお清めをしておくといいでしょう。なお、まだ新しいもの・ビンテージものなどは欲しい人に譲る・買取に出すこともできます。リサイクルショップやインターネットオークション・フリマサイトなどの利用も考えてみてください。

2.ぬいぐるみの収納方法やアイデア

ぬいぐるみの収納方法やアイデアを詳しく解説します。

2-1.ぬいぐるみの収納でおすすめの場所

ぬいぐるみの収納は、デッドスペースをうまく使うといいでしょう。何もない壁面でも、工夫次第でぬいぐるみの収納が可能です。たとえば、ウォールポケットを壁にかけてぬいぐるみを入れる・つっぱり棒2本に板を乗せて棚を作って並べるなどの方法も試してみてください。クローゼットの中に収納する場合でも、上部のデッドスペースを活用すれば、ぬいぐるみを収納できるようになります。

2-2.収納ケースを活用しよう

ぬいぐるみの収納では、カゴやランドリーボックスなどの収納ケースを活用することもおすすめです。大き目のものを用意して、ぬいぐるみをどんどん入れていきましょう。なお、カゴやランドリーボックスは、カラーボックスと組み合わせることで簡易的な引き出しのようになり、より使いやすくなります。また、床に並べるだけよりも、多くのぬいぐるみが片付くのも魅力です。

2-3.見せる収納もおすすめ!

ぬいぐるみは、見せる収納もおすすめです。たとえば、小さなハンモックを作ってぬいぐるみを乗せる・壁に棚を作って並べて収納するなどの方法があります。お気に入りのぬいぐるみを厳選して並べることで、いつでもかわいい姿を目にできるのもメリットでしょう。なお、並べるときは、通気性を確保するためにも欲張って詰めすぎないように気をつけてください。

2-4.自分で収納グッズを作ってみよう

お気に入りのぬいぐるみのために、自分で収納グッズを作ってもいいでしょう。壁面を利用するのなら、ウォールポケットを手作りしてみましょう。具体的な作り方は、こちらを参考にしてください。市販品でピッタリのものがないときにもおすすめです。ぬいぐるみの大きさに合わせて作ることができるのは、手作りの大きなメリットといえます。

2-5.ぬいぐるみの収納では湿気対策が必要

ぬいぐるみは、湿気に弱いものです。収納は、風とおしのいい場所を選びましょう。湿気を避けるためには、市販の除湿剤を一緒に収納する・天気のいい日に干して湿気を逃がすなどの対策も必要です。押し入れやクローゼットに入れっぱなしにするのは、カビや害虫が発生しやすくなるためおすすめできません。

3.ぬいぐるみの収納に関するよくある質問

最後に、ぬいぐるみの収納に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し役立ててください。

Q.ぬいぐるみで見せる収納をするときの注意点は?
A.こまめにホコリを取り除きましょう。見せる収納では、常にぬいぐるみが出しっぱなしの状態となるため、ホコリがつきやすくなります。また、高い位置にぬいぐるみを置く・並べるときは、落下しないように注意してください。

Q.ぬいぐるみをビニール袋に入れて収納するのはダメ?
A.ダメではありません。ただし、ビニール袋に入れる前にしっかり乾燥させることが大切です。湿気が残った状態でビニール袋に入れた場合、湿気がこもってしまいカビや害虫が発生する原因になります。ビニール袋に入れて収納するのなら、乾燥剤や防虫剤を入れるといいでしょう。

Q.売値がつくぬいぐるみの条件は?
A.たとえば、以下の条件を満たすものは売値がつく可能性があります。廃棄処分をする前に、売ることも考えてみてください。

  • 有名ブランド・メーカーのもの
  • 限定生産
  • 人気キャラクター
  • 破れ・大きな傷などがない
  • ひどい汚れや臭いがない
  • アンティーク価値の高いもの

Q.ベッド下のデッドスペースにぬいぐるみを収納するのは?
A.ぬいぐるみの収納にはおすすめできません。ベッド下は、風とおしがいい場所ではないからです。また、ホコリがたまりやすいということもあるため、お手入れが大変になるのもデメリットでしょう。ぬいぐるみの収納には、ほかの場所を考えてください

Q.大きなぬいぐるみの収納で困っているのですが?
A.大きなぬいぐるみは、1体だけで収納場所を占領してしまったり収納場所に入らなかったりします。不用品として処分するほか、大切なものであればトランクルームを借りることも考えてみてください。トランクルームは、ぬいぐるみがたくさんあるときにも役立ちます。

まとめ

今回は、ぬいぐるみの収納について詳しく解説しました。大切なぬいぐるみでも増えすぎると部屋が狭く感じたり使いづらくなったりするものです。まずは、処分するぬいぐるみと手元に残すぬいぐるみの選別を行いましょう。また、収納するときは、並べ方を工夫する・収納ケースを活用するなどの方法を試してみてください。特に愛着があるものは、見せる収納をすることもおすすめです。