ほこりの掃除が大変! 効率的な掃除方法とほこりを減らすコツは?

「ほこり」は毎日掃除をしても、自然と溜(た)まってしまうものです。「掃除をしてもすぐに溜まるから」と放置すれば、空気中に漂い、その中で日常生活を送ることになります。その結果、アレルギー性鼻炎や喘息(ぜんそく)・アトピー性皮膚炎・肺炎・ハウスダストなどのアレルギー反応を起こす人もいるのです。特に、免疫力の低い小さな子どもや年配の人がいる家庭は注意しなければなりません。そこで、本記事では、ほこりの適切な掃除方法とポイント・減らす方法について説明します。

  1. ほこりの基礎知識
  2. ほこりの掃除方法は?
  3. ほこりを減らす方法は?
  4. ほこりのお役立ち情報を紹介!
  5. ほこりに関してよくある質問

この記事を読むことで、ほこりで悩まされる日々から抜け出すことができます。掃除方法で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ほこりの基礎知識

まずは、ほこりが何でできているのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.ほこりの成分、特徴は?

清掃業務を中心に展開している有名企業「ダスキン」によると、ほこりの大半は「繊維(綿ボコリ)」でできていることが分かりました。ほかには、土砂(無機物)・食物・毛髪・紙くずなども含まれています。さまざまなものが合わさってできたものが「ほこり」で、空気中に舞い上がりやすい特徴を持っているのです。繊維を主成分にしているホコリはかなり軽く、人の動きでフワフワと舞い上がります。よって、床だけでなく照明器具や家具の上にも、いつの間にかほこりが溜まってしまうのです。

1-2.ほこりの発生原因、溜まりやすい場所は?

ほこりの3分の1は外からやってきています。たとえば、玄関や窓を開けたときに風に乗ってきたり、人の衣類・バッグ・持ちものにくっついて入ってきたりするなどです。土砂などは靴底についてきます。また、衣類・布団などの綿ボコリは室内から発生するのです。家の中で最もホコリが溜まりやすい場所は、人の行き来が激しい「廊下」をはじめ、「洗面所」「トイレ」「リビング」などがあります。特に、電化製品の配線部分など目につきにくいところに溜まりやすい傾向があるでしょう。

1-3.ほこりを放置するとどうなるのか?

ほこりなどハウスダストの中は、アレルギー物質となるダニ・カビ・細菌のすみかになります。なんと、平均的な一般家庭を調べたところ、1gのハウスダストの中にダニが約2,000匹、黒カビが約3万個も検出されました。つまり、ほこりを放置するとアレルギーの原因となります。常に、空気中に細菌が舞っている状態となり、人の口から入ってしまうと肺炎などの病気になるおそれもあるのです。

2.ほこりの掃除方法は?

では、ほこりはどのように掃除すれば良いのでしょうか。具体的な方法について解説します。

2-1.掃除の重要性を確認しよう!

こまめな掃除はアレルギーを引き起こす「アレルゲン物質」の発生を抑える効果が期待できます。常に清潔な生活環境にするためにも、定期的な掃除を心がけましょう。ハウスダスト対策がきちんとできるかどうかは、これからの掃除のやり方にかかっています。

2-2.掃除する箇所、頻度は?

掃除を行う箇所は、ほこりが溜まりやすい場所です。床はもちろんのこと、舞い上がったときに積もった照明器具や家電・家具の上、四隅(よすみ)、パソコン・テレビ画面などすべての範囲に目を向けなければなりません。特に、部屋の隅のほうは、人が動きまわるときに舞い上がったほこりが溜まりやすい場所です。できるなら、毎日の掃除をおすすめしますが、仕事などで忙しい方は2~3日に1回の掃除を心がけましょう。

2-3.掃除方法を解説!

ほこりの掃除に必要な道具・やり方について解説します。

2-3-1.用意するもの

ほこりの掃除に、最低でも以下のアイテムを用意してください。

  • モップ(フロアワイパー)
  • 掃除機
  • ぞうきん
  • バケツ
  • 粘着シート(ガムテープでもOK)

基本的に、上記のアイテムを用意しておけば、ほこりの掃除ができます。特に、モップまたはフロアワイパーはほこりの掃除に役立つでしょう。また、電化製品の配線に溜まったほこりを取りのぞく際は、メガネ拭きなどやわらかい布地を用意すると良いですよ。

2-3-2.拭き掃除が基本

ほこりの掃除方法は「拭き掃除」が基本です。ほこりの特徴は「空中に舞いやすい」「ものに付着しやすい」「静電気に付きやすい」という3つがあります。よって、最初に掃除機をかけてしまうと、すぐ空中に舞い上がってしまうのでNGです。まずは、モップなどで大まかなほこりを取ってください。ほこりがあまり溜まっていない場合は、水で固くしぼったぞうきんで拭くのも有効です。こまめにぞうきんを折り返して、拭き取ったほこりを別の場所に移さないように注意してくださいね。

2-3-3.掃除機→水拭きする

ある程度、拭き掃除で大まかなほこりを取りのぞいた後は、掃除機をかけてください。水分を含んだほこりは空気中に舞う心配がないので、掃除機で細かいほこりが吸収できます。そして、掃除機まで終わったら、最後に水拭きで仕上げをしてください。水拭きが面倒に感じるかもしれませんが、ほとんどのほこりが除去できるのでおすすめです。

2-3-4.家具などのほこりの掃除方法

手が届く範囲なら、固くしぼったぞうきんで水拭きをすると良いでしょう。ただし、本棚など手が届きにくいところもあるはずです。そこは、柄(え)の部分が長く伸びる「ハンディーモップ」を活用してください。ハンディーモップを使えば、目に見えない家具の上に溜まったほこりをサッと払うことができます。また、ソファーなど布製品に細かいほこりが付着している場合は、粘着テープ・ガムテープで取りましょう。

2-4.ポイント、コツは?

ほこりは床から舞い上がる傾向があるので、取り逃さないように「上→下」へ掃除をすすめましょう。また、ホコリは静電気やものに付きやすい性質を持っているので、床を掃除する前に棚・電化製品のホコリをモップでやさしく拭き取ってください。そして、最後に足元の床掃除を行うのがポイントです。

2-5.やってはいけないこと、注意点は?

ほこり掃除をする際は、必ず窓を開けて換気してください。窓を閉め切った状態で掃除すると、ほこりの逃げ道がなくなり、再び室内に溜まってしまいます。窓を開けて空気の流れを作ることで、ほこりを窓から追い出すことができるのです。ただし、窓の開け方によっては、床に溜まったほこりが再び舞い上がる可能性があります。ポイントは、2つ以上の窓を開けて、空気の流れを作ることです。また、掃除機→拭き掃除という順番で掃除をするのもNGなので注意してください。拭き掃除・モップがけ→掃除機という順番を必ず守りましょう。

3.ほこりを減らす方法は?

ほこりを減らすために、ぜひ押さえておいてほしいポイントを紹介していきましょう。

3-1.衣類やものを減らす

ほこりを減らすために、最も効果があるといわれているのは「衣類やものを減らすこと」です。前述したとおり、ほこりは室内に置いてあるものに付着しやすい傾向があります。室内から発生するハウスダストの多くが衣類から出ていることもあり、極力発生源を減らすことが大切です。これを機会に、所有している衣類から「要るもの」「要らないもの」に仕分け、要らないものを処分してください。

3-2.空気清浄機を活用する

空気中に漂っているほこりを少なくしたいなら、「空気清浄機」の利用がおすすめです。空気清浄機は室内の害となるハウスダストを吸収してくれます。ほこりが侵入しやすい玄関口や、子ども部屋などに設置すると良いでしょう。また、部屋の大きさに適した空気清浄機を使うことで、より効果が期待できます。

3-3.カーテン・寝具類のカバーを交換する

カーテンは開閉するたびにほこりが舞いやすく、付着しやすい傾向があります。もし、今使用しているカーテンが古いなら、新しいものに交換すると良いでしょう。古い布製品からは繊維が出やすいので、ほこりの発生につながります。カーテンをブラインドに変えるのも選択肢の1つです。また、寝具類のカバーも定期的に選択したり、ほこりが付着しにくいカバーに替えたりするのも良いでしょう。

4.ほこりのお役立ち情報を紹介!

ほこりを除去するポイントや対策など、お役立ち情報をまとめてお届けします。

4-1.ほこり掃除のタイミングが大事!

ほこりを除去するには、掃除のタイミングが大事なポイントとなります。人の動きでもすぐ空中に舞ってしまうので、人が動きまわる日中は掃除をしても取り残しがちです。そのため、ほこり掃除は「朝」または「帰宅直後」がベストタイミングといえるでしょう。その時間帯は、ほこりが下に落ちている状態なので、より多くのほこりを取りのぞくことができます。

4-2.帰宅前に外で体をはたく

外から帰ってきた体には、たくさんのホコリがついています。玄関を開ける前に体をはたくだけでも、ほこりや花粉などを落とすことができるでしょう。特に、上着・マフラー・帽子などは玄関の外で脱ぎ、一度はたいてください。

4-3.柔軟剤でほこりを防ごう

棚などの家具に溜まるほこりを予防したいときは、「柔軟剤」が役立ちます。水拭きをする前に、水1Lに対し5mlの柔軟剤を混ぜてぞうきんをゆすいでください。そのぞうきんを固くしぼって水拭きをすれば、ほこりの吸着を防ぐことができます。さまざまな柔軟剤がありますが、静電気除去成分が含まれているタイプがおすすめです。

5.ほこりに関してよくある質問

ほこりに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.布製品のほこりを取りのぞく方法は?
A.すべてのほこりの大元ともいえる布製品は、定期的に洗濯してください。まず、洗濯をする前に、ほこりが舞わない程度に軽くはたきます。布団・まくらなどのカバーも忘れずに洗濯しましょう。カーテンなど大物の布製品は、水洗いが頻繁にできるわけではないので、日ごろから粘着式テープ等でほこりを除去するのも大切です。

Q.ほこりを溜めない家具の配置ポイントは?
A.コンセントの差し込み口にものを配置しないレイアウトがおすすめです。コンセントの差し込み口まわりにものを置いてしまうと、ほこりが溜まりやすくなります。ソファーやテレビなどでコンセントの部分が隠れている場合は、差し込み口がいつも見えるように配置替えをすると良いですよ。

Q.棚などにものを並べないほうが良いのか?
A.写真・雑貨・観葉植物などを棚に並べて飾るのは、おしゃれで可愛いですよね。しかし、小さなものが並んでいる場所はほこりが溜まりやすいので、できるだけ置かないほうが良いでしょう。ほこりはものに付着しやすく、飾りがたくさんあるほど掃除もしにくくなりがちです。必要なもの以外は、引き出しまたはフタ付きの収納ボックスに入れてください。

Q.見落としやすい掃除箇所は?
A.網戸は、外だけでなく中のほこりも付着しやすい場所です。いつの間にか網戸がほこりで真っ黒になることがあります。毎日掃除をするのは大変なので、定期的に行う大掃除で網戸をキレイにしてください。1番簡単な掃除方法は、網戸をはずして庭やベランダなどで水洗いをすることです。汚れが落ちない場合は、洗剤を吹きかけてたわしでこすり洗いをすると良いでしょう。

Q.サッシのレールの掃除ポイントは?
A.網戸と同じく、サッシのレールもほこりが溜まりやすいので定期的な掃除が必要です。サッシのレールに溜まったホコリは水気があるため、熱めのお湯を流してください。固まった汚れをゆるめてから、割りばしに古布を巻きつけほこりを取りのぞきましょう。ドライバーで削るよりも簡単に落とすことができます。

まとめ

いかがでしたか? 毎日普通に過ごしていても、室内のあらゆるところに「ほこり」が溜まります。特に、静電気が発生しやすいテレビなど家電まわり、部屋の隅などはほこりがすぐに溜まり、空気中に舞いやすくなるでしょう。ほこりはアレルギー・ハウスダストの原因になるので、こめまな掃除が必要です。掃除の仕方によっては、ほこりを空気中に舞うことなく取りのぞくことができます。また、ほこりの発生を減らすために、衣類や小物類を減らすなど対策を心がけると良いでしょう。ほこりの発生を最小限に抑えることができれば、快適な生活を送ることができるはずです。