子供部屋の収納でお悩みの方へ! 増えすぎたおもちゃの片付け方!

「子供部屋を片付けてもすぐに散らかってしまう」「子供でも片付けやすい収納方法はないか」など、子供部屋の収納でお悩みではないでしょうか。子供部屋にはおもちゃや勉強道具など多くのものがあるため、散らかりやすいものです。しかし、散らかったままでは探しものが見つかりにくい・勉強に集中できないなど、デメリットがたくさんあります。そこで、今回は、子供部屋の収納について詳しく解説しましょう。

  1. 子供部屋の収納の基本
  2. 子供部屋の収納方法を年齢別に紹介
  3. 子供部屋の収納アイデアやポイント
  4. 子供部屋の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、子供部屋の収納について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.子供部屋の収納の基本

最初に、子供部屋の収納の基本を確認しましょう。

1-1.子供部屋の収納の困りごと

子供部屋の収納には、多くの困りごとがあります。主なものは、以下をご覧ください。

  • ものが増えていく
  • 片付け方が分からない
  • 収納場所が足りない
  • すぐに散らかってしまう

1-2.子供部屋で主に収納するもの

子供部屋で収納するものには、以下のようなものがあります。年齢が上がるとともに種類も量も増えていくため、できるだけ早い時期から子供に収納・片付けの習慣を身につけさせることが大切です。

  • おもちゃ
  • 学校用品(ランドセル・教科書・教材・文房具・制帽・制服など)
  • 思い出の品(アルバム・記念品など)
  • 習いごとのもの
  • 子供服

1-3.子供部屋の収納のポイント

子供部屋の収納は、以下のポイントを心がけるといいでしょう。子供が使いやすい・片付けやすいことを頭に入れて収納することが大切です。

  • 出し入れしやすい
  • 簡単に片付けやすい
  • ものの定位置を作る
  • 片付けのルールを作る

2.子供部屋の収納方法を年齢別に紹介

子供部屋の収納方法を年齢別に解説します。

2-1.赤ちゃん

赤ちゃんの場合は、親がすぐに取り出せることが重要です。おむつや哺乳瓶・おしりふきなどは手が届く範囲にまとめておきましょう。カラーボックスやかごなどを活用し、衣類やおもちゃ・本も種類ごとに収納する場所を決め、分かりやすく整頓してください。また、安全性を確保することも大切です。赤ちゃんの上にものが落ちてくる・口の中に入れることがないよう、十分に注意してください。

2-2.幼児

幼児になると、収納するべきものが一機に増えます。たとえば、以下のようなものです。

  • 幼稚園用品
  • 衣類
  • おもちゃ
  • 絵・工作などの作品

幼児期には、使ったものを片付ける習慣を身につけさせることが大切です。親が一緒に片付ける・片付ける場所を指示するなど、根気強く教えていきましょう。なお、おもちゃ箱・本箱など、種類別に大きな箱を用意して入れるだけにしておけば、幼児でも片付けが簡単にできます。

2-3.小学生

小学生は、勉強が本格的に始まる時期です。また、塾や習いごとに通う子供も多くなります。小学生の主な持ちものは、以下をご覧ください。

  • 学校用品
  • 習いごとのもの
  • 衣類
  • おもちゃ
  • 絵・工作などの作品

まずは、朝学校に出かけるときに慌てないよう、教科書や教材など毎日学校で必要になるものをきちんと整理して収納させることを心がけましょう。学校用品だけの専用置き場を作るのもひとつの方法です。

2-4.中高生

中高生には多くの持ちものがあるため、効率よく片付ける必要があります。

  • 学校用品
  • 衣類
  • 私物(趣味のコレクションなど)
  • 習いごとや部活の道具

中高生は勉強や部活動に最も忙しく、思春期と重なり、親が部屋に入ることを嫌がることが多くなります。できるだけ本人の自主性に任せるようにしましょう。「片付けをしなければ掃除をしに部屋に入る」と約束するのも効果的です。インテリア雑誌など、片付け特集が載っているものをリビングにさりげなく置いて関心を高めるのもいいでしょう。

2-5.細かく注意しないことが大切

子供部屋の収納では、親が片付けについて細かく注意しすぎないことが大切です。特に中高生の場合は、親が口を出すことで、反抗したり片付けが嫌いになったりしやすくなります。まずは、片付けの習慣を身につけることを第一目標にするといいでしょう。使った後に散らかっていなければOK程度に考えてください。

3.子供部屋の収納アイデアやポイント

子供部屋の収納アイデアやポイントを詳しく解説します。

3-1.見せる収納を活用する

子供部屋は、見せる収納を活用するのもおすすめです。たとえば、ぬいぐるみやプラモデル・お気に入りの絵本などは、見せる収納をすることでいつでも視界に入るようになります。すると、子どもが自分の部屋にいることが楽しくなるだけでなく、いつでもベストの状態を保ちたくなることでしょう。棚に並べる・ハンモック入れてにつるすなど、いろいろと工夫してみてください。また、見せる収納では、つっぱり棒とフックなどを使用するなどし、壁面をうまく活用することもポイントです。

3-2.男子と女子の違い

男子と女子の好みの違いを理解すると片付けがスムーズにできるようになります。男子は、好奇心が盛んな反面、片付けが苦手な傾向があるものです。たとえば、ゲーム感覚で収納できるように、おもちゃや本の絵をボックスに貼って種類別に入れるようにするなど工夫しましょう。正しく収納できれば、ゲームを攻略したような気分を味わうことができるので効果的です。女子は、かわいくてキレイな部屋にあこがれる傾向が強いため、収納するときもかわいい・キレイを実現できるように考えてあげましょう。好きな色のカラーボックスや箱を使う・見せる収納でお気に入りのアイテムを飾るように収納するなどをおすすめします。

3-3.収納グッズを利用する

多くのものを効率よく収納するためには、市販の収納グッズの活用が欠かせません。選ぶときには、子供の意見も参考にするといいでしょう。自分の好みの収納グッズを選ぶことができれば、やる気が出るものです。本格的な収納家具を用意しなくても、バラエティーショップや100円ショップなどで選ぶこともできます。まずは、子供と一緒にいろいろ探してみてください。

3-4.子供が片付けやすい工夫をしよう

子供が片付けやすい工夫をすることで、積極的に片付けをするようになります。たとえば、以下のようなことを試してみてください。

  • 子供が好きな収納道具を用意する
  • ラベルを貼って何を収納するべきか明示する
  • かごやカラーボックスを活用して「入れるだけ」で片付くようにする
  • 使ったものを「とりあえず入れておく」かごやボックスを設置する

4.子供部屋の収納に関するよくある質問

最後に、子供部屋の収納に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.子供のものが多すぎて片付けがはかどらないのですが?
A.子供と相談して、不要なものを処分してください。遊ばなくなったおもちゃ・小さくて着られない服など、不用品がたくさんあるものです。思い出の品として残すものと不用品を仕分けし、処分することで収納にも余裕が生まれます。ただし、親が勝手に処分せず、子供に確認してからにしてください。

Q.子供の忘れものが多いのは収納方法に問題があるから?
A.確かに、収納方法が悪いことが理由で必要なものがすぐに見当たらずに忘れてしまうことはあります。学校でよく使うものは、目につきやすいところに分かりやすく収納するようにしましょう。また、使った後は定位置に戻すことも忘れずに指導してください。

Q.飽きやすい性格の子供でも収納意欲が高まる方法は?
A.たとえば、スタンプラリーやビンゴ形式にし、きちんと収納できたら印をつけていくといいでしょう。完成したら小さなごほうびを用意しておけば、子供もやる気が出るものです。

Q.子供部屋のものを増やさないコツは?
A.こまめに不用品を処分することと同時に、むやみにものを買い与えないようにすることも必要です。子供は新しいものに目移りしやすいため、買い与えてもすぐにほかのものを欲しがることがあります。本当に欲しいものか・必要なものかをよく考えて購入するようにしましょう。個人的に欲しいものは、子供の小遣いから購入するようにルールを決めるのもいい方法です。

Q.収納上手・片付け上手な子供に育てるコツは?
A.子供は、親の背中を見て育つものです。リビングなどが散らかったままの状態では、子供も納得できないことでしょう。まずは、自分がやってみせてください。親子でどちらが上手に収納できるか、競争するのもおすすめです。

まとめ

今回は、子供部屋の収納について詳しく解説しました。子供部屋は、気がつくとすぐに散らかってしまうので困るものです。しかし、工夫して収納することで、スッキリ見せながら片付けやすく改善することができます。この記事を参考に、子供部屋の収納を見直してみてください。コツは、子供が積極的に片付けやすくすることです。子供のころからものを使った後に片付ける習慣を身につけさせるためにも、いろいろと工夫してみてください。