故人の大切な形見! 処分の仕方や遺品整理業者の活用法などをご紹介

遺品整理で出てきた形見は、親族で分け合うことが大切です。しかし、中には残って困るものや、引き取り手がいないものもあります。とはいえ、どのようなものであっても、形見は故人が大切にしてきた品です。形見の正しい処分方法を覚えておきましょう。

  1. 形見について
  2. 形見の処分について
  3. 形見に関する処分の仕方
  4. 形見の処分・遺品整理業者について
  5. 形見に関する処分の仕方でよくある質問

この記事を読むことで、形見に関する処分の仕方がよく分かります。供養や遺品整理業者などについて理解しておき、処分時に困ることがないようにしておきましょう。

1.形見について

まず、形見にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1.形見とは?

形見とは、生前に故人が所有していたものすべてを指します。生活用品から愛用品まで幅広い意味を含んでいますが、一般的に形見といわれるのは、故人が特に大切にしていた品です。形見は、親族や親しい人に形見分けをします。しかし、中にはもらい手がなく、処分せざるを得ないケースもあるのです。

1-2.形見にはどのようなものがあるのか?

形見分けの対象とするのは、ネックレスや指輪などの貴金属や思い出の品などです。骨董(こっとう)品・衣服・家電なども形見に該当しますが、もらい手がないことが多いでしょう。もらい手がある場合や、喜んでくれる人がいる場合は形見分けで譲ることができます。しかし、すべてのものが形見分けできるわけではありません。従って、片付けて処分しなければならないものが出てくることも、覚悟しておきましょう。

2.形見の処分について

形見の中には、処分しなければならないものもあるとお伝えしました。処分するときの心得などをご紹介します。

2-1.処分するときに知っておきたいこと

遺品や形見は、自己判断で安易に処分してはいけません。なぜなら、遺産相続などが関連しているため、処分することでトラブルになるケースもあるからです。まず、処分していい品かどうか、親族間でしっかり話し合いをするようにしましょう。

2-2.処分前に工夫すること

遺品の中でも、特に写真は処分に困るものです。お気に入りの写真を選ぶことはできても、ほかのものはすぐに処分するというわけにはいきません。なぜなら、写真を廃棄した場合、二度と手にすることができないからです。そのため、いつでも写真を見ることができるように、データ化して保存するなど、省スペースで保管できる工夫をするといいでしょう。

3.形見に関する処分の仕方

形見の処分時は、供養することが望ましいとされています。処分例や供養について覚えておきましょう。

3-1.着物

着物は、人それぞれ丈や寸法が異なり、仕立て直しが必要になる品です。加えて、保管場所や保管方法で困ることも多く、現代ではあまり着る機会もないため、処分となるケースが多くなっています。一方で、着物だと価値があるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、着物は、有名作家のものに限定して値段がつくという特殊な品です。売る場合でも、無名メーカーのものは二束三文になるケースがほとんどでしょう。

3-2.家電

家電はどの家庭にも同じようなものがあります。引き取り手がいないケースがほとんどで、処分しなければならないことが多いでしょう。また、家電の中には重たいものもあるため、処分時の運搬で困ることがあります。まだ価値が残っている家電は、買い取り対象となることがあるので、売ることを前提に処分を考えてみてください。

3-3.衣類

故人が普段着ていたものからお出かけ用まで、衣類の種類はとても幅広いものです。とはいえ、よほど状態がいいものか、高級ブランドのものでない限り、衣類が形見となるケースはほとんどありません。もらい手がいないようなら、処分を検討すべきでしょう。衣類は消耗品ですから、中古市場での価値をなかなか見出(いだ)すことができません。まとめ売りなどで対応してくれるかどうか、リサイクルショップを回るのも1つの方法でしょう。

3-4.供養について

故人の使っていた品は、いくら不要だと思っていても、ゴミと同じように扱ってはいけません。きちんと供養をし、故人の魂を弔ってから廃棄するようにしましょう。供養は、菩提(ぼだい)寺などに持ち込んで弔ってもらう方法もあれば、遺品整理業者に依頼する方法もあります。

4.形見の処分・遺品整理業者について

遺品整理から遺品の処分まで一貫して行うのが、遺品整理業者です。業者の選び方や注意点などをご紹介します。

4-1.遺品整理業者に依頼するメリット

膨大な荷物の整理や片付けを必要とするのが、遺品整理です。遺品整理は時間と労力を費やす作業で、親族総出で行わなければ終わりません。人手不足で作業が進まない・貴重品の見極めが困難・不用品の処分が難しいなどの悩みは、誰もが抱える問題です。遺品整理をしなければと思うほど、ストレスとなって作業が手につかないというケースもあります。さまざまな問題に直面した場合に備えて、遺品整理業者の活用が便利です。遺品整理業者なら迅速かつ丁寧に作業を進めてくれます。費用負担はありますが、時間と労力を削減できる手段です。

4-2.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理は、貴重品の捜索や価値ある品の見極めなど、遺産相続に向けた作業でもあります。そのため、作業の丁寧さに加えて、正確さも求められるのです。遺品整理士という資格があります。遺品整理のプロと認められる資格であるため、良質な業者選びの基準として、遺品整理士がいる業者を選ぶようにしましょう。

4-3.遺品整理の作業方法

遺品整理業者による作業の流れは、以下のとおりです。

  1. 遺族からヒアリング(貴重品・探してもらいたい品などを聞き取る)
  2. 作業開始
  3. 必要品・不用品などの仕分け
  4. 貴重品(貴金属・有価証券・銀行通帳・現金など)の捜索
  5. 家具や家電など大型製品の運び出し
  6. 衣類や日用品などの撤去
  7. 不用品を持ち帰り、自社にて供養する
  8. 不用品の処分

上記が大まかな作業手順です。業者によっても作業の仕方が異なります。依頼前に確認しておきましょう。

4-4.料金設定

遺品整理業者の料金は、部屋の広さや荷物の量に応じた金額となっています。ワンルームや1DKなどの狭い住宅では、5万円前後で済むケースがほとんどです。2LDKや3LDKなど広めの住宅では、十数万円かかることが予想されます。遺品整理業者ごとに料金設定が異なるため、見積もりで作業内容と正確な金額を確かめてください。

4-5.故人に敬意を示してくれる業者を選ぼう

遺品整理では、大量の不用品が出ることが多いものです。とはいえ、生前に故人が愛用してきた品であるため、ゴミ同様の扱いを受けるのは、遺族にとっても心外でしょう。遺品整理業者の質が問われるのは、遺品の扱い方や故人への敬意を示すかどうかといった部分です。依頼前に、作業に対する姿勢や遺品整理への考え方などを聞いておき、安心して依頼できるようにしましょう。

4-6.相談窓口

遺品整理業者は、年々増加傾向にあります。業者選びに迷ったときや、遺品整理について知りたいと思ったときは、一般社団法人遺品整理士認定協会に問い合わせてみましょう。遺品整理の依頼も、同ホームページ経由でできるようになっています。確かな技術を持った業者を紹介してもらいたいときに便利です。

5.形見に関する処分の仕方でよくある質問

形見は遺族にとって大事な品です。とはいえ、不用品の処分など、作業が大掛かりになるため、分からないことも多いでしょう。質問集をご一読ください。

Q.遠方に住んでいて、形見の処分ができない場合はどうすべきか?
A.実家が遠方で足を運ぶことができないというケースは多くあります。仕事の都合などもあり、滞在期間が限られている場合や、休みが取れない場合などもあるでしょう。自分で形見の処分や遺品整理ができないようなら、遺品整理業者に依頼する方法が便利です。遠方からの依頼でも、快く引き受けてくれます。

Q.不要な形見はどのように処分すればいいのか?
A.品目ごとに、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどに仕分けをしましょう。できるなら、供養を終えてから処分するのが理想です。供養後、自治体のルールに沿って処分をしてください。処分の仕方や分別で迷うようなら、遺品整理業者など供養と処分を同時に行ってくれる業者を活用すると便利です。

Q.形見の処分をする前に、誰と相談するべきか?
A.相続権のある相続人全員の合意が必要です。遺産相続協議などに影響するため、必ず連絡を取るようにしてください。同時に、処分にかかる費用の負担についても相談しておきましょう。

Q.コレクションなどは売ることができる?
A.コレクションといっても、さまざまなものがあります。希少価値があるものもあれば、数多く流通しているものもあるでしょう。とはいえ、コレクターズアイテムは、親族にとって不要なものでも、愛好家には貴重な品です。専門ショップに鑑定してもらい、価値を見極めてもらう方法がいいでしょう。品物によっては、高額買い取りになるものもあります。

Q.遺品整理や形見の処分はいつまでに終えるべきか?
A.特別な事情がないケースでは、四十九日法要までに終えるようにしましょう。遺品整理の際に遺言書なども見つかることがあり、四十九日法要では、相続人が集まって遺産相続協議を行うこともあります。

まとめ

いかがでしたか? 形見は、故人の愛用品や貴重品など、親しい人や親族に譲り渡す大切な品です。遺品整理をし、形見分けの準備をしておきましょう。近年は少子高齢化で、遺品整理をする人手が不足しているケースが多く、自分で遺品整理や形見の処分ができない家庭が増えています。遺品整理業者などを利用すると便利です。不用品の処分がある場合、業者では供養をしてから処分してもらえます。遺品整理士など有資格者がいる、良質な業者を見つけて依頼してください。