ぬいぐるみは供養して悔いなく処分を!依頼方法や自分でやる方法は?

ぬいぐるみを処分するにあたって「供養したほうがよいのではないか?」と迷う人も多いと思います。ぬいぐるみは、不要になったときの処分方法に困るものの一つです。特に、思い入れのあるぬいぐるみは、不要になってもそのまま捨てることに抵抗がありますよね。できればきちんと供養をしてもらったほうが、悔いなく処分できるのではないでしょうか。この記事では、ぬいぐるみを供養する意味や方法についてご紹介します。ぬいぐるみを遺品として供養する場合についてもまとめました。

  1. ぬいぐるみの供養について
  2. ぬいぐるみの供養をしてもらう方法
  3. 遺品供養について
  4. ぬいぐるみの供養に関するよくある質問

この記事を読むことで、ぬいぐるみの供養について詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ぬいぐるみの供養について

まずは、ぬいぐるみを供養する意味や必要性についてまとめました。

1-1.感謝を伝えて成仏させる意味で行う

ぬいぐるみの供養は、今までの感謝を伝えて成仏させる意味で行われます。もともとぬいぐるみには「魂が宿る」といういい伝えがありました。そのため、「ぬいぐるみや人形を処分する際は供養する」という習慣が古くからあったのです。もちろん、ぬいぐるみを処分するときに必ず供養しなければならないというわけではありません。しかし、愛着のあるぬいぐるみとの別れを悔いなく行うために、供養を検討する人は今でも少なくないのです。

1-2.お焚(た)き上げによる供養が一般的

ぬいぐるみ供養の主な方法としては、お焚き上げが用いられるケースが多くなっています。お焚き上げとは、ぬいぐるみを火によって浄化し、天へ還(かえ)すことです。お焚き上げは日本に古くからある風習の一つで、火の力で魂を鎮めるという意味合いがあります。

2.ぬいぐるみの供養をしてもらう方法

供養の依頼先や費用、自宅で行う方法についてご紹介します。

2-1.神社や寺、遺品整理業者、葬儀会社などに依頼できる

ぬいぐるみの供養を依頼できるところといえば、神社や寺というイメージが強いと思います。最近は郵送でも供養を受け付けている神社や寺もあるため、直接持ち込めない人におすすめです。そのほかにも、遺品整理業者や葬儀会社でも、ぬいぐるみの供養を受け付けているところがあります。遺品としてぬいぐるみの処分が必要な場合などは、依頼してみるとよいでしょう。

2-2.供養祭や感謝祭を利用する方法も

神社や寺で行われる供養祭や感謝祭を利用する方法もあります。執り行われる時期は神社や寺によって異なりますが、毎月決まった日に執り行うところもあるため、調べてみるとよいでしょう。

2-3.費用の相場は3,000~5,000円

ぬいぐるみの供養にかかる費用相場は、3,000~5,000円程度です。供養を依頼する先やぬいぐるみの大きさなどによっても変わってくるため、事前に確認しておきましょう。また、供養祭や感謝祭によっては無料で利用できる場合もあります。急いで処分する必要がないのであれば、開催される時期まで待ってみるのもおすすめです。

2-4.自宅で供養することもできる

本格的な供養を必要としない場合は、自ら供養することも検討してみましょう。自宅で供養する場合の手順は、以下のとおりです。

  • きれいなタオルでぬいぐるみを拭く
  • 大きめの布か紙の上にぬいぐるみを置き、粗塩を振りかける
  • そのまま丁寧に包み込み、ゴミとして出す

2-5.ほかのゴミと一緒にしない

自分で供養したぬいぐるみをゴミに出すときは、ほかの家庭ゴミと一緒にしないようにしましょう。ほかのゴミと一緒の袋に入れてしまうと、せっかくきれいにしたぬいぐるみが汚れてしまいます。感謝の気持ちを込め、神聖な状態で処分してください。

3.遺品供養について

ぬいぐるみを遺品として処分する場合の供養についてまとめました。

3-1.捨てにくい遺品は供養するのがおすすめ

亡くなった人が大切にしていたぬいぐるみを処分する際は、特に捨てにくさを感じるものです。そんなときこそ、供養することをおすすめします。ぬいぐるみ以外にも捨てるのが忍びない遺品がある場合は、供養を検討してください。

3-2.遺品を供養するメリットとは?

遺品を供養することで、悔いなく遺品整理ができるというメリットがあります。遺品整理をしていると、故人が大切にしていたものがたくさん出てくるでしょう。自分の判断で捨ててしまってよいのか、迷うことが多いと思います。また、遺品整理を終えてから「捨てなければよかった」と後悔することもあるはずです。遺品を供養しておくことで、そういった後悔がなくなり、心の負担を軽くすることができるのではないでしょうか。

3-3.遺品供養を依頼できるところ

遺品供養は神社や寺でも行っていますが、生前整理や遺品整理を行っている業者の中にも、遺品供養を受け付けているところがあります。身の回りの片付けと供養を一手に引き受けてくれるため、手間を大幅に軽減することができるでしょう。ただし、業者選びは慎重に行ってください。遺品整理に詳しい「遺品整理士」が在籍している業者に依頼するのがおすすめです。

4.ぬいぐるみの供養に関するよくある質問

「ぬいぐるみの供養について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.不要になったぬいぐるみを買取に出すことはできますか?
A.状態のよいぬいぐるみであれば、買い取ってもらえる可能性があるでしょう。汚れや虫食い、臭いなどがひどいものは買取対象になりません。

Q.「ぬいぐるみを捨てたら呪(のろ)われる」というのは本当でしょうか?
A.あくまでも迷信であり、信じるか信じないかは個人の自由です。供養すべきかどうかは気持ちの問題なので、後悔するようであれば供養したほうがよいでしょう。

Q.ぬいぐるみを寄付できるのは、どのようなところですか?
A.幼稚園や保育園、小学校、病院、公民館などのほか、海外途上国への支援物資としてぬいぐるみの寄付を受け付けている団体もあります。

Q.ぬいぐるみや人形は何ゴミになるのでしょうか?
A.ぬいぐるみは基本的に燃えるゴミですが、人形は素材によって不燃ゴミになる場合もあります。また、ゴミ袋に入りきらない大きなぬいぐるみは、粗大ゴミとして出しましょう。

Q.遺品整理業者の中には、悪質な業者も存在するのですか?
A.残念ながら存在します。実際に、見積もりにない追加請求をされた例や、遺品を粗末に扱われた例などが報告されているため、注意してください。

まとめ

いかがでしたか? ぬいぐるみを供養する意味や供養の方法などを詳しくご紹介しました。ぬいぐるみを手放す際、処分方法に困る人は多いと思います。特に、大切にしてきたぬいぐるみや遺品のぬいぐるみを処分する場合は、供養するのがおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、悔いなくぬいぐるみを手放してください。