パソコンの梱包方法とは? 処分や引越し時に役立つ梱包方法をご紹介

パソコンの処分や引越しなどの際に、パソコンの梱包(こんぽう)が必要になる場合があります。パソコンは精密機器であるため、丁寧に梱包しなければ、故障や破損などが起こるでしょう。輸送時のトラブルを避けるためにも、正しい梱包方法を覚えておいてください。
今回は、パソコンを梱包する手順をご紹介します。

  1. パソコンの梱包について
  2. パソコンの梱包方法について
  3. パソコンを梱包したら
  4. パソコンの梱包でよくある質問

この記事を読むことで、パソコンを安全に輸送するための梱包方法がよく分かります。引越しや処分の予定がある方は必見です。

1.パソコンの梱包について

パソコンの梱包が必要になるシチュエーションを見ていきましょう。

1-1.どんな場合に梱包するのか?

パソコンは衝撃に弱い製品です。そのため、厳重な梱包をし、トラブルを未然に防ぐ必要があります。梱包は、輸送時はもちろん、使わなくなったパソコンを収納するときにも必要です。パソコンが思わぬ衝撃で故障してしまうおそれがあります。リサイクルする際も、正常な動作ができるものが対象のことがほとんどです。問題なくリサイクル業者に送り届けるためにも、丁寧に梱包しなければならないことを覚えておきましょう。

1-2.リサイクルや処分するとき

多くの場合、古くなったパソコンを捨てるときに梱包が必要です。現在は、パソコンのリサイクル回収が積極的に行われており、業者による宅配回収や持ち込み回収などの引き取り方法が導入されています。運搬時のトラブルを防ぐには、しっかり梱包しなければなりません。中でも、宅配回収によるパソコン無料引き取りが人気を集めているため、今後利用する予定がある方は梱包方法や手順を覚えておくようにしてください。また、買い替えの際に古いパソコンを販売店に持参するときも、わずかな故障や破損で下取りができなくなってしまうことがあります。パソコンの価値を損なわないためにも、安全に輸送できる梱包方法を覚えておくことが大切です。

1-3.引越し時にも梱包が必要

引越し作業は、たくさんの荷物を迅速に運び出すため、振動や衝撃がパソコンに加わることがあります。その際にディスプレーのひび割れや破損が起こりやすいのです。輸送の振動などが原因で、電源が入らなかったり、ハードディスクの故障・データの消失などが発生したりすることも懸念されます。引越し業者は精密機器であることを伝えれば、丁寧に取り扱うよう配慮はしてくれるでしょう。しかし、トラックに積み込んだ後は、荷崩れなど思いがけないトラブルがあるものです。利用者もさまざまなトラブルを予測して、しっかりとした梱包をしておく必要があります。

2.パソコンの梱包方法について

安全に輸送するためにも、パソコンの梱包方法はしっかり覚えておきましょう。

2-1.用意するもの

パソコンの梱包方法は、ダンボールを使った方法や、紙袋などを使った簡易包装があります。いずれの方法でも必要になるのは、緩衝材・ガムテープ・フェルトペンです。外部から衝撃が加わっても、パソコンまで伝わらないように防護しなければなりません。緩衝材は新聞紙などを代用してもいいでしょう。ダンボールはパソコンのサイズに合うものを選んでください。サイズが大きすぎるものは、緩衝材を詰め込んで梱包しても、中で動いてしまう可能性があります。重量のあるデスクトップ型のパソコンは、簡易包装にせず、必ずダンボールを使ってしっかり梱包してください。ノートパソコンの場合、紙袋を使った包装でも問題ありません。ただし、引越し先でもパソコンを使うようなら、デスクトップ型・ノートパソコンにかかわらず、安全面を優先し、ダンボールを使った梱包がおすすめです。梱包を終えたら、目的に応じて「リサイクル品」「精密機器」などとフェルトペンで分かりやすく記載しましょう。

2-2.梱包方法・流れ

パソコン本体とケーブルは、あらかじめ分けておきましょう。パソコン本体を緩衝材で丁寧に包み込み、ガムテープでしっかり固定します。ダンボールに入れるときは、緩衝材をダンボールの底面に敷き、パソコンを入れてから再び緩衝材を詰め込んでください。すき間にケーブル類や付属品を詰め込むと安定します。紙袋を使った簡易包装の場合でも、緩衝材はたっぷり使うようにしましょう。緩衝材の間にパソコンを入れ、衝撃から守るように意識してください。紙袋の口はガムテープでしっかり固定しましょう。

2-3.パソコンを梱包するときのポイント

パソコンを梱包するときは、ダンボールとパソコンが触れ合わないように緩衝材を敷き詰めるのがポイントです。また、デスクトップ型などの大きなものは、排気口を上にし、横向きに入れると安定するでしょう。ノートパソコンも同じ要領で梱包してください。

2-4.梱包資材がない場合はどうするか?

ダンボールなどの梱包資材は、スーパーやコンビニで調達できます。無料で提供してくれる店舗がほとんどです。緩衝材は、100円ショップでも購入できます。包装資材専門店なら、大きめの緩衝材を入手できるでしょう。タオルや毛布を緩衝材の代わりに使う方法もおすすめです。宅配業者では、パソコンの引き取り・梱包・配送を一括して請け負うサービスがあり、梱包資材が用意できないときに便利でしょう。ただし、配送料以外に別途費用がかかるので注意してください。

2-5.パソコンの梱包をするときの注意点

ディスプレーはひび割れや傷が起こりやすい製品です。液晶部分を緩衝材で保護してから、ダンボールを3枚ほどあてて補強するといいでしょう。また、輸送時のトラブルを防ぐために、ダンボールの上下を示す「天」「地」を表記しておくと安心です。

3.パソコンを梱包したら

パソコンのリサイクルや処分時は、宅配回収や持ち込み回収を利用するケースが多いものです。特に、パソコンの無料回収を実施している業者が増えており、以前より利用しやすくなっています。梱包を終えたパソコンの発送について覚えておきましょう。

3-1.発送について

業者のリサイクル回収を利用する場合、業者ごとに利用できる宅配業者が異なります。指定の業者を確認し、伝票を記入して準備しましょう。内容物の欄に、「パソコン」と記載してください。精密機器を表示するシールを貼りつけてから発送しましょう。

3-2.引き取りについて

発送する場合、宅配便業者に直接持ち込んで発送する方法と集荷を依頼する方法があります。パソコンはわずかな揺れでも故障しやすいため、自宅まで引き取りに来てくれる集荷を利用すると便利でしょう。ただし、集荷費用がかかる場合があります。

4.パソコンの梱包でよくある質問

パソコンの梱包は、コツを覚えてしまえば簡単にできます。疑問点は作業前に解消しておきましょう。

Q.付属品も緩衝材で包んだほうがいいのか?
A.ケーブルやキーボードなどの付属品は、箱の中で動いてしまうことがあります。パソコン本体にダメージや傷を与えてしまう恐れがあるため、緩衝材で包んだほうが安全でしょう。

Q.引越しでパソコンの内部に故障が起きた場合、引越し業者に補償してもらえるのか?
A.引越し業者は「運送業者貨物賠償責任保険」に加入しています。しかし、パソコンの外側に傷や破損が生じた場合にだけ対応できるもので、内部の見えない故障は対象外となってしまうのです。そのため、故障が起こらないように梱包することが求められます。

Q.パソコンの梱包前にやっておくこととは?
A.輸送時のトラブルなどに備え、梱包前にデータのバックアップを取っておきましょう。データのバックアップを取っておけば、万が一、データが消失しても、新しいパソコンでデータを復旧することができます。外づけハードディスクやUSBメモリーなどを活用してください。オンラインストレージもおすすめです。

Q.ダンボールの高さが合わない場合はどうすべきか?
A.必ずしもダンボールのサイズがパソコンに見合うとは限りません。高さが余ってしまい、揺れが生じてしまうこともあります。高さを調整したい場合は、切り抜いたダンボールを内蓋としてパソコンの上から押さえるといいでしょう。内蓋はダンボールの内側にガムテープでしっかり固定してください。

Q.購入時の箱がある場合は利用してもいいのか?
A.購入時の箱は存分に活用しましょう。パソコンがすっぽり入るように設計されており、緩衝材などもダンボールに接着されています。付属品を入れることも可能です。

まとめ

いかがでしたか? パソコンはリサイクル回収や引越しなどの際に、輸送が必要になります。パソコンはわずかな衝撃や揺れに弱いため、しっかり梱包しなければ、故障やトラブルが起こるものです。まれに、データが消えてしまう事故も起こり得ます。緩衝材でパソコン全体をしっかり包み込み、ダンボールとパソコンが触れ合わないように梱包してください。ダンボール内にすき間を作らないよう、緩衝材で埋めることも大切です。輸送時の思わぬトラブルを防ぎ、安全に発送できるように準備しましょう。