ガスコンロの取り替え・買い替えでお悩みの方! コツを詳しく解説!

ガスコンロの調子が悪いと上手に調理ができなくて困りますよね。それに、不完全燃焼の可能性が高くなりとても危険です。不具合や故障の疑いのあるガスコンロは、できるだけ早く取り替えましょう。今回は、ガスコンロの取り替えや買い替えのコツを詳しく解説します。

  1. ガスコンロの取り替えについて
  2. ガスコンロの取り替え方法
  3. ガスコンロの選び方
  4. ガスコンロの処分について
  5. ガスコンロの取り替えでよくある質問

この記事を読むことで、ガスコンロの交換に必要なことが身につきます。まずは、じっくり記事を読んで参考にしてください。

1.ガスコンロの取り替えについて

最初に、ガスコンロの種類や寿命・取り替えるべき状態などを詳しく解説します。

1-1.ガスコンロの種類

ガスコンロは、大きく分けてビルトイン型と据え置き型に分けることができます。

  • ビルトイン型:システムキッチン用に設計されたガスコンロ
  • 据え置き型:コンロ台に乗せて設置するタイプのガスコンロで、ガステーブルとも呼ばれる

据え置き型は自分で取り替えることができますが、ビルトイン型は自分で行うのは不可能なため、販売店への依頼が必要です。

1-2.ガスコンロの寿命について

ガスコンロの寿命は、約10年です。購入後10年を経過したものは寿命を迎えているため、いつ故障してもおかしくありません。なお、使用頻度が高い・長時間の調理が多いなど、条件によっては10年に満たなくても寿命を迎えます。不具合などが気になりだしたら速やかに取り替えを検討しましょう。

1-3.ガスコンロを取り替えるべき状態は?

ガスコンロに以下のような症状が見られるときは、取り替えを検討しましょう。ガスコンロの寿命が近づいています。

  • 突然火が消えることがある
  • 炎の色が赤い(不完全燃焼の恐れがある)
  • 火の強さが安定しない
  • 火がつかないコンロがある
  • 異臭や異音が気になる

1-4.取り替えたほうがいいガスコンロとは?

現時点で問題がないように見えても、安全機能が付いていないガスコンロはすぐに取り替えたほうがいいでしょう。特に、2008年9月以前に販売されたものは、安全センサー(鍋底で温度を感知するSiセンサーや立ち消え安全センサー)が、一部のバーナーにしか搭載されていない可能性があります。異常高温を検知し事故を防止するためにも新しいガスコンロに交換してください。なお、現在発売されているものはすべて安全センサーの搭載が義務づけられているので安心です。

2.ガスコンロの取り替え方法

ガスコンロの取り替えで、自分で取り替える方法と販売店に依頼する方法に分けて解説します。

2-1.自分で取り替える方法

据え置き型のガスコンロは、自分で取り替え可能です。まずは、ガス栓の種類・ガスの種類・ガスホースの長さの3点を確認しましょう。

  • ガス栓の種類:ホースエンド型かコンセント型(接続ソケットが必要)か
  • ガスの種類:都市ガス(白色のホース)かLPガス(オレンジ色のホース)か
  • ガスホースの長さ:接続したときに短すぎたり長すぎたりしないか

取り換えるときは、以下の手順を参考にしてください。安全のため、必ず元栓を閉めてから行うことを忘れないようにしましょう。また、近辺でタバコを吸う・ライターやマッチで着火するのも厳禁です。

  1. ガスの元栓を閉める
  2. 元栓からガスホースを外す
  3. ガスコンロからガスホースを外す
  4. 不要になったガスコンロを一時保管場所に移動する
  5. 新しいガスコンロとガスホースを接続する
  6. ガスホースと元栓を接続する
  7. それぞれきちんと接続したことを確認してからガスの元栓を開ける
  8. 点火テストをして問題なければ完了

自分でガスコンロを交換すれば安上がりで都合のいいときに作業できるのがメリットです。しかし、手間や時間がかかる・安全性に疑問が残るなどのデメリットもあります。

2-2.販売店に依頼する方法

ビルトイン型のガスコンロは、販売店に依頼する必要があります。また、据え置き型のガスコンロの交換も、依頼可能です。販売店に依頼する場合は、都合のいい日時を指定して作業見積もりをもらいましょう。料金などをチェックし、問題がなければ正式に依頼してください。取り付け工事は、据え置き型で30分から1時間程度・ビルトイン型で2~3時間程度が目安です。なお、ガスコンロの交換費用の内訳は以下をご覧ください。

  • 新しいガスコンロ本体の費用(新しいガスコンロを同時購入した場合)
  • 新しいガスコンロの取りつけ費用
  • 古いガスコンロの撤去・処分費用
  • そのほか諸経費(取りつけ部品費用など)

販売店に依頼するメリットは、時間や手間を省ける・安全に交換できるなどがあります。デメリットは、交換費用がかかることなどです。据え置き型・ビルトイン型の種類によっても交換費用が異なるので、詳しくは見積もりをもらって確認してください。

3.ガスコンロの選び方

ガスコンロを選ぶポイントや注意点を解説します。

3-1.ガスコンロを選ぶときのポイント

ガスコンロを選ぶときは、以下のポイントに注意しましょう。数年は使い続けることになることを考え、じっくり検討してください。

  • サイズがキッチンに合うか
  • コンロの数は妥当か
  • 火力は問題ないか
  • 使い勝手はどうか(操作がしやすいか)
  • そのほかの機能はどうか(グリル機能・タイマー機能など)
  • 安全性が高い製品か
  • ​保証が充実しているか

3-2.ガスコンロを選ぶときの注意点

ガスコンロを選ぶときは、以下のポイントに注意してください。

  • ガスコンロのサイズや火力
  • 強火力のバーナーが左右どちらにくるか
  • 手入れしやすい天板か
  • ガスの種類(都市ガスかLPか)

4.ガスコンロの処分について

ガスコンロの取り替えを自分で行った場合は、古いものの処分についてもきちんと考える必要があります。

4-1.ガスコンロの処分方法は?

ガスコンロは、粗大ゴミとして出す・不用品回収業者に依頼することで処分できます。それぞれ詳しく解説しましょう。

<粗大ゴミとして自治体に出す>

据え置き型のガスコンロは、粗大ゴミとして自治体に処分を依頼できます。まずは、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、回収日時・場所などの指示を受けてください。自治体にもよりますが、1台につき数百円程度の手数料がかかることが多くなります。手数料の支払いについては、コンビニなどで「粗大ゴミリサイクル券」を購入し貼りつけるなどで完了です。ただし、自治体によって細かなルールが異なるため、必ず確認しておきましょう。

<不用品回収業者に依頼する>

不要になったガスコンロの処分は、不用品回収業者に依頼できます。処分だけでなく買取もしているところに依頼しましょう。状態によっては、買取してもらえることもあります。まずは、不用品回収業者に連絡して見積もりをもらいましょう。なお、回収費用は1回につき数千円程度が相場です

4-2.ガスコンロのリサイクルについて

以下の条件を満たすガスコンロは、不用品回収業者で買取してもらえることがあります。

  • 人気メーカー・ブランドのもの
  • 使用感が少ない
  • ひどい汚れや傷・臭いがない
  • 年式が新しい
  • 説明書や付属品がそろっている
  • 故障や不具合がない

据え置き型のガスコンロの買取は、リサイクルショップや不用品回収業者で行っています。買取を希望するときは、事前に連絡して見積もりをもらってください。

4-3.ガスコンロを処分するときの注意点

ビルトイン型のガスコンロの交換工事を販売店に依頼した場合は、同時に古いガスコンロの処分を依頼できます。ただし、処分費用が基本料金に含まれているところとオプション扱いになるところがあるので確認しておきましょう。据え置き型のガスコンロの処分を不用品回収業者に依頼する場合は重さや大きさがあるため、日時・場所指定ができる出張回収が便利です。また、ホームセンターなどで購入した場合はサービスで処分してもらえることもあるので調べてみるといいでしょう。

5.ガスコンロの取り替えでよくある質問

最後に、ガスコンロの取り替えでよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.ガスコンロの取り替えを自分でしていて挫折した場合はどうする?
A.途中でも作業を中止し、すぐに販売店に連絡して続きをやってもらいましょう。なお、元栓は閉めた状態にしてください。念のため、周辺で火を使わないようにしましょう。タイミングによっては、翌日以降の対応となります。作業が完了するまでは、手を加えないでください。

Q.ガスコンロを設置するときの注意点は?
A.周囲に十分な余裕があることが必要です。ガスコンロの大きさギリギリの場所では、安全性が確保できない・配管ができないなどの可能性があります。新しいガスコンロを購入するときには、本体サイズだけでなく設置スペースがどの程度必要か、必ずチェックしてください。

Q.据え置き型からビルトイン型に取り替え可能ですか?
A.メーカーによっては、専用キャビネットの使用で取り替えできます。まずは、販売店に問い合わせてみましょう。もしくは、キッチン自体をシステムキッチンにリフォームする方法もあります。いずれにしても、業者によく相談してみてください。

Q.ガスコンロの取り替え後に調子が悪いのはなぜ?
A.ガス管とガスコンロの接続に不備がある可能性があります。できるだけ早く販売店に依頼して、チェックしてもらいましょう。特に、異音や異臭を伴うときは危険です。不完全燃焼やガスもれによる中毒の心配があるので注意してください。

Q.中古のガスコンロを購入して取り替えるのは?
A.中古でも、新品に近い状態のものなら安く取り替えできるというメリットがあります。ただし、新品と比べて保証がない・寿命が短いなど、デメリットも多いのです。初期費用が安くても、メンテナンス費用が多くかかるのでは意味がありません。長い目で見ると、新品のほうがおすすめです。

まとめ

今回は、ガスコンロの取り替えについて詳しく解説しました。ガスコンロの取り替えは、据え置き型に限り自分で行うことができます。自分で取り替えるときは、元栓を閉める・火の気に気をつけるなど、各種注意事項を厳守してください。ビルトイン型は自分で取り替えできないため、販売店に依頼しましょう。新しいガスコンロを選ぶときも、親切な販売店に相談しながらのほうが確実です。販売店選びもきちんと行い、後悔のないようにしてください。