デジカメの処分方法は? 処分前にすべきことから買取の方法まで!

不要になったデジカメを処分する際、「不燃ゴミとして捨てられるのか?」「壊れていないので買取に出したい」などと悩む人も多いでしょう。処分方法はいくつかあるため、自分にとってベストな方法を選ぶことをおすすめします。また、最近はスマホのカメラを使う人も増えてきていますが、「旅行や行事の際にはデジカメを使う」という人も多く、デジカメはまだまだ需要があるのが現状です。まだ使えるデジカメは、廃棄するよりも買取に出すことを検討してみましょう。この記事では、デジカメの処分方法や買取に出す方法などをまとめてご紹介します。

  1. デジカメの処分前に確認すること
  2. デジカメの処分方法
  3. デジカメを買取に出す方法
  4. デジカメの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったデジカメをどう処分するべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.デジカメの処分前に確認すること

デジカメを処分する前に、デジカメの種類や状態をチェックしましょう。

1-1.デジカメにはどんな種類があるのか?

デジタルカメラは大きく分けて「コンパクトデジタルカメラ」「ミラーレス一眼」「一眼レフ」の3種類があります。最もオーソドックスなのが「コンデジ」と略されるコンパクトデジタルカメラで、ほかの2種類に比べて画質は劣るものの、価格が安いのが特徴です。軽くて小さいため持ち運びやすく、水中撮影などに特化した製品もあります。「ミラーレス一眼」とは、一眼レフカメラからミラーを取り除いたカメラのことです。画質は一眼レフと同等でありながら、コンパクトに収めることができます。最後に「一眼レフ」は、大きくて重さもある分、高機能で高画質なデジタルカメラです。価格も高く「デジタルカメラの最高峰」と呼ばれています。

1-2.種類や状態によっては買取の対象になるものも

デジカメは種類や状態によっては買取してもらえるため、廃棄する前に検討してみることをおすすめします。特に、もともとの値段が高いデジタル一眼レフカメラは、中古品を購入する人も多いため、買取に出してみる価値はあるでしょう。そのほかのデジカメも、汚れのないものや使用年数の短いものなどは、買い取ってもらえる可能性があります。

1-3.処分前にデータを消去することを忘れずに

デジカメを処分する前に、必ずデータ消去を行う必要があります。まずはメモリーカードを取り外した上で廃棄しましょう。ただし、デジカメの種類によってはカメラ本体にも、画像データの保存領域が備わっている場合があります。カメラ本体をフォーマットしただけでは完全に消去されない可能性があるため、以下の手順で消去するのがおすすめです。

  • 画像データを初期化する
  • プライバシーに関連しない画像を撮影し、記憶容量をいっぱいにする
  • 再度、画像データの初期化をする

上記のような方法であれば、不正なソフトなどでデータを復元されたとしても安心でしょう。

1-4.本体の設定データも消去しておく

デジカメに個人認証機能などを登録している場合は、設定データも消去しておきましょう。そのまま処分すると、顔写真や名前・生年月日などが流出してしまう恐れがあります。登録情報の消去は、デジカメの取扱説明書を参考にして行ってください。

1-5.不燃ゴミまたは小型家電として捨てる

デジカメは、自治体によって不燃ゴミまたは小型家電として捨てることになります。2014年に小型家電リサイクル法が制定され、デジカメをはじめとする小型家電は、自治体が回収して認定業者がリサイクルすることになったのです。しかし、自治体によっては小型家電リサイクルの取り組みを行っていないところもあり、現在もデジカメを不燃ゴミとして扱っている自治体も少なくありません。自分の住んでいる地域では、デジカメを不燃ゴミとして捨てるのか、小型家電として捨てる必要があるのか、事前に確認しておきましょう。

2.デジカメの処分方法

デジカメを処分する方法と、それぞれのメリット・デメリット・注意点などをまとめました。

2-1.自治体を利用する

自治体を利用してデジカメを処分する場合は、どのような方法で回収しているのか事前に確認が必要です。公共施設などに回収ボックスを設置している自治体や、不燃ゴミとして捨てた中から小型家電をピックアップしてリサイクルしている自治体もあります。自治体を利用するメリットは、無料でデジカメを処分できるだけでなく、流出の心配が少ないという点です。ただし、デジカメのバッテリーは自分で取り外し、適切な方法で廃棄する必要があります。充電式バッテリーはリサイクル協力店に設置してある回収ボックスに投かんし、使い捨てバッテリーは各自治体の指示に従って廃棄するのが一般的です。

2-2.小型家電認定事業者に回収してもらう

小型家電認定事業者マークのあるスーパーマーケットや家電量販店などに、デジカメを回収してもらう方法もあります。店内に設置してある回収ボックスに投かんする形になるのが一般的な方法です。ただし、不正や盗難を防止するため、いったん回収ボックスに入れたものは取り出すことができない場合もあります。投かんする前に最終確認することを忘れないようにしましょう。

2-3.販売店に引き取りや下取りをしてもらう

販売店に古いデジカメの引き取りや下取りを依頼できる場合もあります。買い替えの場合は、新しいデジカメの購入を条件に古いデジカメを下取りしてもらえることもあるでしょう。下取り分を新規購入代から割引してもらえ、お得にデジカメを購入できます。ただし、「下取りできるのは購入から3年以内のものだけ」など、販売店によって条件が決められている場合もあるため、注意してください。直接持ち込む前に、電話などで問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

2-4.回収業者に依頼する

デジカメのように、家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。利用するメリットや注意点・業者の選び方などをまとめました。

2-4-1.回収業者のメリットとデメリットとは?

不用品回収業者に依頼するメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

【メリット】

  • 手間をかけずに不用品を処分できる
  • ほかの不用品もまとめて依頼できる
  • 自分の都合に合わせて利用できる
  • 回収と買取を同時に行っている業者もある

【デメリット】

  • 回収費用がかかる
  • 悪質な業者も存在するため、業者選びには注意が必要

2-4-2.無料見積もりを比較して選ぶのがポイント

不用品の回収にかかる費用は、業者によって異なります。大まかな相場を把握するためにも、複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるのがおすすめです。ホームページから無料見積もりを受け付けている業者も多いため、チェックしてみるとよいでしょう。

2-4-3.無料回収業者には注意が必要

無料の回収業者を利用する際は、なぜ無料で回収が可能なのかしっかり説明できる業者を選ぶ必要があります。なぜなら、無料回収業者には特に悪徳業者が多く、実際には高額な料金をだまし取られたといったケースが数多く報告されているからです。優良な回収業者は、回収した不用品をリユース・リサイクルすることで利益を得ています。そういった仕組みをきちんと説明できるかどうか、必ず確認してから利用するようにしましょう。

2-4-4.業者選びは慎重に!

無料であっても有料であっても、不用品回収業者は慎重に選ぶ必要があります。以下のポイントを参考にして業者選びをしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 事務所の所在地や固定電話の番号を明らかにしているか
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれるか

3.デジカメを買取に出す方法

まだ使えるデジカメは買取に出すのがおすすめです。高く買い取ってもらうポイントや買取方法などをご紹介しましょう。

3-1.人気メーカー・新しい機種のものは高く売れる

キヤノンやカシオ・ニコンなど人気メーカーのデジカメや、発売から3年以内の比較的新しい機種は、高価買取の可能性が高くなります。前述したように、特に一眼レフは中古での需要も高いため、ものによっては10万円以上の買取価格がつく場合もあるのです。壊れているものや古いものも、ジャンク品として再販売したり部品を取り出して再利用したりしている業者もあるため、あきらめずに買取に出してみるとよいでしょう。

3-2.高く売るにはコツがある

デジカメを少しでも高く買取してもらうためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 正常に動作するか確認しておく
  • 汚れを拭き取り、ほこりを取り除いておく
  • 充電器や説明書・外箱などの付属品をそろえておく
  • 買取先を比較して選ぶ

3-3.リサイクルショップに売る場合

デジカメを売る方法としてまず思いつくのが、リサイクルショップの利用だと思います。近所にリサイクルショップがある場合は、直接持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ処分したい人におすすめです。リサイクルショップによっては、出張買取を行っているところもあります。デジカメのほかにも処分したいものが大量にある場合などは、利用してみるとよいでしょう。ただし、状態のよくないものは買取してもらえないため、手元に残ってしまう可能性もあるということを覚えておいてください。

3-4.不用品回収業者の買取を利用する場合

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取も同時に行っているところがあります。状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、確実に不用品を処分できるのがメリットです。不用品回収業者は、取り扱っている不用品の種類が幅広く、大型の不用品も搬出してくれます。デジカメ以外の不用品も回収・買取してもらいたいときなどは、ぜひ利用するとよいでしょう。

3-5.オークションやフリマアプリで売る方法も

「自分の希望価格でデジカメを売りたい」という人は、ネットオークションやフリマアプリなどを利用する方法がおすすめです。こういったサイトやアプリは利用者数も多いため、希望した価格で買い取ってくれる人が見つかる可能性は高いでしょう。ただし、自分が売りたいと思ったタイミングで買い手が見つかる保証はありません。また、取り引きや発送の準備などを手間に感じる人には、おすすめできない方法です。

4.デジカメの処分に関するよくある質問

「デジカメを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.デジカメの寿命は何年くらいですか?
A.デジカメの寿命はバッテリーとレンズの寿命に左右されるといわれており、平均すると3年程度で寿命を迎えるケースが多いでしょう。

Q.デジカメの寿命が近づくとどのような症状が出ますか?
A.電源を入れても作動しない、バッテリーの消耗が早い、液晶モニターの画像が不鮮明になるなどの症状が出ると、寿命が近づいている可能性が高いでしょう。

Q.デジタル一眼レフカメラのレンズだけ買取してもらうことは可能ですか?
A.レンズだけ買い取ってくれる業者もありますが、本体とセットで売るよりは値段が下がってしまう可能性があります。

Q.デジカメは家電リサイクル法の対象でしょうか?
A.いいえ。家電リサイクル法の対象となるのは、洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビの4品目だけです。

Q.悪質な不用品回収業者を利用すると、どのようなトラブルに巻き込まれる心配があるのでしょうか?
A.見積書と違った高額な料金を請求される、回収した不用品を不法投棄されるなどのトラブル例が報告されています。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったデジカメの処分方法について詳しくご紹介しました。デジカメは小型家電リサイクル法の対象になるため、家庭ゴミとして捨てることができない自治体もあります。正しく廃棄するためにはどうしたらよいのか、まだ使えるデジカメはどのように処分すればお得なのか、把握しておくとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、デジカメをスムーズに処分してください。