木製家具の手入れやメンテナンスはお任せ! 長くキレイに使う方法!

木製家具は、自然の風合いを生かし、やさしい雰囲気を出すことができて人気です。ただし、長くキレイに使うためには、手入れやメンテナンスが必要になります。お気に入りの木製家具を長持ちさせるためにも、きちんと手入れをしましょう。しかし、どんな手入れをするといいのか、扱うときの注意点は何かなど、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、木製家具の手入れやメンテナンスについて詳しく解説します。

  1. 木製家具を扱うときの注意点
  2. 木製家具の手入れ方法
  3. 木製家具の手入れでよくある質問

この記事を読むことで、木製家具の手入れについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.木製家具を扱うときの注意点

最初に、木製家具を扱うときの注意点を解説します。

1-1.直射日光を当てない

紫外線は、木製家具の劣化を早めます。部屋に配置するときは、紫外線が当たらないように気をつけましょう。日陰になる場所に置いたり、遮光カーテンを活用したりすることをおすすめします。

1-2.湿度管理をする

木製家具は、乾燥に弱いため、湿度管理を行って適切な湿度に保ちましょう。梅雨(つゆ)の時期などで湿気が多すぎたり冬場の乾燥で少なすぎたりすると、劣化が進みやすくなります。除湿や加湿を心がけ、木製家具にとって快適な環境を保ちましょう。

1-3.空調器具に気をつける

木製家具を配置するときは、エアコンなどの空調家具の影響を考えましょう。温度差が激しい場所は、木製家具を置くのに向きません。できるだけ空調器具から離し、送風が直接当たらないように注意してください。

2.木製家具の手入れ方法

木製家具の手入れ方法を、普段から気をつけるべきことやトラブルが発生したときなど、詳しく解説します。

2-1.普段の手入れ方法

木製家具の普段のお手入れは、キレイな布でのからぶきが基本です。表面をそっとふき、ホコリや手あかをやさしく落としましょう。水ぶきは、シミの原因になるので避けてください。また、ダイニングテーブルは、以下の点に注意しましょう。

  • 熱いやかんや鍋を直接置かない
  • 食器やコップの水滴はよくふいてから置く
  • 食べこぼしはすぐにふき取る

なお、ナラやパインなど、無垢(むく)材の木製家具は、からぶきをした後、専用のオイルやワックスを塗っておくと、汚れがつきにくくなり美しく保つことができます。

2-2.湿気・カビ対策

木製家具は、湿気が大敵です。湿気が多いときは、カビが発生しやすくなるので気をつけましょう。たとえば、以下の方法で対策することをおすすめします。

  • 天気のいい日に風とおしのいい場所に運んで湿気を逃がす
  • ドライヤーの冷風を遠くから当てる

なお、冬場の結露によって木製家具の裏側などにカビが発生することがあります。カビが生えてしまったら、エタノールを使用して丁寧にふき取り、しっかり乾燥させましょう。場所や材質によって、エタノールが変色を招くこともあるため、慎重に行ってください。

2-3.乾燥対策

冬場は、乾燥に気をつけましょう。空気が乾燥ししすぎていると木材の表面がひび割れる原因になります。必要に応じて加湿器などを使用し、40~60%程度になるように調整しましょう。なお、加湿器の蒸気が木製家具に直接当たらないように注意してください。

2-4.汚れがついた場合は?

汚れがついた場合は、汚れの種類をよく見極めてから対処しましょう。液体をこぼしてしまったときは、上から押さえるようにしてできるだけ吸い取ってください。慌ててふいてしまうと汚れが広がってしまい、落ちにくくなります。水ぶきも、汚れが木材の内部に広がる恐れがあるのでおすすめしません。汚れ落とし用の中性洗剤も、木質に合わないと塗装はがれや色あせの原因になるため、目立たない部分で試してから使いましょう。洗剤を使った場合は、洗剤成分が残らないように固く絞ったぬれぞうきんでふいた後、からぶきで仕上げてください。

2-5.傷がついた場合は?

傷がついた場合は、ひっかき傷のような軽いものなら、市販のクレヨンタイプの補修材を使用すると便利です。家具の色に合わせて塗ると傷が目立たなくなります。DIYショップなどで売っているので、探してみてください。深い傷がついてしまった場合は、自分で対応するのが難しいため、家具専門店に補修できるかどうか相談しましょう。

3.木製家具の手入れでよくある質問

最後に、木製家具の手入れでよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.木製のテーブルにカレーをこぼしてしまったのですが?
A.カレーのシミは、日光に当てることで薄くすることができます。晴れた日に、テーブルを日光に当ててください。紫外線の働きにより、カレーの黄色い色素が分解されてキレイになります。シミ周辺だけが日光に当たるように、ほかの部分はテーブルマットなどで保護しておきましょう。

Q.木製家具の表面塗装がはがれてきた場合の修復方法は?
A.表面塗装のやり直しは、業者に依頼してください。表面塗装のやり直しは、現在のものをキレイにはがしてから行う必要があるため、難しいものです。自分でやろうとすると、ムラになってしまったり木材を傷めてしまったりするので注意しましょう。

Q.無垢(むく)材の汚れは削ればキレイになると聞いたのですが?
A.無垢(むく)材の木製家具は、1枚板を使っているため、表面を削り取ればキレイな面が現れます。腕のいい業者に依頼して、削ってもらうといいでしょう。費用はかかりますが、汚れが落ちて新品同様になります。

Q.木製家具の寿命は何年ですか?
A.たとえば、ダイニングテーブルの寿命は5~10年程度となります。タンスは、10年以上が目安です。合板製のものより、無垢(むく)材のもののほうが長持ちするでしょう。桐(きり)製のものなどは、うまく手入れをすると数十年は持つと言われています。

Q.合板製の家具のメリット・デメリットは?
A.合板製のメリットは、お手入れがしやすい点と安価な点です。カジュアルな雰囲気があり、気軽に使うことができることも忘れてはいけません。デメリットは、無垢(むく)材と比べると高級感に乏しいことや、耐久性が劣る点です。

まとめ

今回は、木製家具の手入れについて詳しく解説しました。木製家具の風合いを保ち、長持ちさせるためには、いくつかの注意点があります。日光に当てない・湿度管理をするなど、普段から気をつけましょう。万が一、トラブルが起こったときは、適切な対策をして現状以上に状態が悪化しないようにしてください。大切な木製家具をいつまでも愛用するためにも、覚えておきましょう。