BTOパソコンを処分したい人は必見! 便利でお得な方法を教えます!

最近、BTOパソコンの人気が高まっています。自分のほしい機能や性能を組み合わせることができて使い勝手がいいからです。メーカー完成品では過剰もしくは物足りないと感じていた人にとっても、好都合と言えます。しかし、故障や買い替えなどによって不要になったものの処分にお悩みではないでしょうか。どこにどんな方法で依頼すればいいのかなど、分からないことも多いですよね。そこで、今回は、BTOパソコンの処分や廃棄について詳しく解説します。

  1. BTOパソコンの処分について
  2. BTOパソコンメーカーに下取りを依頼する
  3. BTOパソコンの処分をパソコン3R促進協会に依頼する
  4. BTOパソコンをパーツごとに処分する
  5. BTOパソコンの処分を専門業者に依頼する
  6. BTOパソコンを処分する前にすべきこと
  7. BTOパソコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、BTOパソコンの処分について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.BTOパソコンの処分について  

最初に、BTOパソコンの処分の基本を詳しく解説します。

1-1.BTOパソコンとは?

BTOパソコンとは、「Build To Order」の略であり、受注生産のパソコンのことです。メモリーやハードディスクの容量・モニターの大きさなど、自由に組み合わせることができ、人気が高まっています。自分に必要な機能や性能に合わせてオーダーできるので無駄がありません。

1-2.まずはPCリサイクルマークの有無を確認

まずは、BTOパソコンのPCリサイクルマークの有無を確認しましょう。最初から本体の裏に貼ってある場合と、購入後に自分で貼りつける場合があります。PCリサイクルマークがあれば、処分費用は無料です。PCリサイクルマークがないものや、紛失してしまったものは、自己負担となるので注意しましょう。

1-3.BTOパソコンの処分方法

BTOパソコンの処分方法には、主に以下のようなものがあります。それぞれメリット・デメリットがあるため、よく理解しておきましょう。

  • BTOパソコンメーカーによる下取り
  • パソコン3R促進協会による処分
  • パーツごとに分けて処分する
  • 専門業者による処分

1-4.BTOパソコンのリセールは可能?

BTOパソコンでも、状態のいいものはリセール可能です。以下のような条件を満たすものは、リセールを考えてみましょう。

  • マウスコンピューターなど人気が高いBTOパソコンメーカーのもの
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • ハイスペックな機種
  • 故障していない
  • 外観に目立つ傷・汚れがない
  • バッテリーや電源コードなどの付属品がそろっている

2.BTOパソコンメーカーに下取りを依頼する

BTOパソコンを買い替えるときは、メーカーに下取りしてもらえることがあります。

2-1.BTOパソコンメーカーに下取りしてもらう方法や流れ

BTOパソコンメーカーに下取りしてもらう方法・流れは、以下を参考にしてください。

  1. BTOパソコンの注文と同時に下取りサービスに申し込む
  2. パソコン下取りキットが届く
  3. 下取り依頼書と宅配便伝票に記入する
  4. 処分したいパソコンと下取り依頼書をダンボールに入れる
  5. BTOパソコンの下取り依頼窓口に連絡し、回収を依頼する
  6. BTOパソコンメーカー宛てに発送して完了

2-2.BTOパソコンメーカーの下取り料金

BTOパソコンメーカーの下取りは、1台につき千円程度が相場です。また、下取り料金は機種や状態・キャンペーンなどによっても異なるため、事前に確認しておきましょう。なお、下取り料金は新規購入費用と相殺されます。

2-3.BTOパソコンメーカー下取りしてもらうメリット・デメリット

BTOパソコンメーカーに下取りしたもらう場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  • 新規購入費用の足しにできる
  • 購入と同時に処分できる
  • 処分費用がかからない
  • 新しいパソコンが届いてから下取り手続きができる

<デメリット>

単に処分だけを依頼できない(新規購入者向けのサービスであるため)

2-4.BTOパソコンメーカーの選び方

BTOパソコンメーカーは、以下の条件を満たすところを選ぶと安心です。

  • 販売実績が多い
  • 高品質な製品で定評がある
  • カスタマイズが自由
  • 販売価格がリーズナブル
  • 顧客からの評判がいい
  • サポートやアフターサービスが充実している

3.BTOパソコンの処分をパソコン3R促進協会に依頼する

BTOパソコンの処分は、パソコン3R促進協会に依頼できます。

3-1.パソコン3R促進協会に処分を依頼する方法や流れ

パソコン3R促進協会に処分を依頼するには、以下を参考にしてください。

  1. パソコン3R推進協会に回収の申し込みをする
  2. 料金支払用紙が郵送されてくるので規定の料金を支払う
  3. 輸送伝票が送られてくる
  4. 処分するパソコンを梱包(こんぽう)し、輸送伝票を貼る
  5. パソコン3R推進協会宛てに送付して完了

なお、より詳しい内容はこちらをご覧ください。

3-2.パソコン3R促進協会に依頼する場合の料金

不要になったBTOパソコンの処分をパソコン3R促進協会に依頼する場合、以下の料金(いずれも税込み)が必要です。

  • デスクトップパソコン本体:4,320円
  • CRTディスプレー:5,400円
  • CRTディスプレー一体型パソコン:5,400円
  • ノートブックパソコン:4,320円
  • 液晶ディスプレー:4,320円
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン:4,320円

3-3.パソコン3R促進協会に処分を依頼するメリット・デメリット

BTOパソコンの処分をパソコン3R促進協会に依頼する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  • メーカーや販売店が倒産しているものを処分してもらえる
  • 確実にリサイクルしてもらえる
  • 故障しているものでも可能
  • 自宅まで回収しにきてもらえる

<デメリット>

  • 回収費用がかかる
  • 申し込みから回収まで10日前後かかる
  • PCリサイクルマークがあっても有料の場合がある(メーカーや販売店が倒産している場合)

4.BTOパソコンをパーツごとに処分する

BTOパソコンは、パーツごとに分解して処分できます。

4-1.パーツごとに分解して処分する方法や流れ・料金

BTOパソコンをパーツごとに分解して処分する場合、以下のような流れとなります。

  • BTOパソコンをパーツごとに分解する
  • 残すもの・処分するものを分ける
  • 処分するものは自治体にゴミとして出す

なお、自治体に不燃ゴミとして出せば処分費用は無料です。ただし、パソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の指定品目のため、ゴミとして出せません。専門業者に依頼するなど、そのほかの方法で処分してください。

4-2.BTOパソコンをパーツごとに処分するメリット・デメリット

BTOパソコンをパーツごとに処分する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  • まだ使えるパーツを活用できる
  • 不燃ゴミとして出すことができ、処分費用がかからない

<デメリット>

  • 分解する手間がかかる
  • 資源リサイクルしてもらえない
  • パソコン用モニターはゴミとして出せない

4-3.BTOパソコンをパーツごとに処分する注意点

BTOパソコンをパーツごとに処分する場合、分解時のケガに注意してください。パソコン内部は、想像以上に突起が多く、切り傷などの原因になります。また、メモリーを再利用したい場合は、静電気の発生に注意しましょう。1回金属に手を触れて静電気を逃がしてから作業を開始してください。自分で分解がうまくできないときは、ほかの方法を選ぶことをおすすめします。

5.BTOパソコンの処分を専門業者に依頼する

BTOパソコンの処分は、専門業者に依頼すると便利です。

5-1.専門業者に処分を依頼する方法

BTOパソコンの処分を専門業者に依頼するときの方法や費用・流れは、以下を参考にしてください。

<回収方法・費用>

専門業者では、主に以下の3つの方法でBTOパソコンを回収しています。回収費用と併せて参考にしてください。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む(無料)
  • 宅配回収:宅配便を利用して業者に送付する(宅配便の送料(千円程度~)負担程度)
  • 出張回収:日時と場所を指定して業者に回収しにきてもらう(1回の依頼につき、数千円程度~)

<回収の流れ>

出張回収を依頼する場合は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 業者に連絡しBTOパソコンの処分の見積もりを依頼する
  2. 業者から見積もりが届く
  3. 見積もり内容に問題がなければ正式に依頼する
  4. 希望日時・場所において業者が回収して完了

なお、店頭持ち込みや宅配回収の場合、事前連絡なしで持ち込みや送付が可能な場合もあります。詳しくは、業者に確認してください。

5-2.専門業者に処分を依頼するメリット・デメリット

BTOパソコンの処分を専門業者に依頼する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>

  • 梱包(こんぽう)や運搬の手間がかからない
  • 都合のいい日時を指定できる
  • ほかの不用品と同時に処分できる
  • データ消去サービスがある

<デメリット>

  • 回収費用がかかる(出張回収など)

5-3.業者のデータ消去サービスについて

専門業者に処分を依頼した場合、同時にパソコンのデータ消去を依頼できることがあるので確認してください。故障などにより自分でデータ消去できないときでも安心です。業者のデータ消去方法は、主に以下のようなものがあります。

  • 強力な磁気をハードディスクに当て、読み込み不可にする
  • ハードディスクを物理的に破壊する

5-4.業者選びのポイント

BTOパソコンの処分は、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • BTOパソコンの処分・買い取りで豊富な実績がある
  • 買い取り希望のものはできるだけ高額査定をしている
  • 資源リサイクルを積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • 処分費用がリーズナブル
  • 都合のいい回収方法が選べる
  • スタッフの対応がいい
  • 顧客からの信頼が厚い
  • データ消去サービスを行っている
  • 古物商許可などを取得している

5-5.BTOのパソコン処分を専門業者に依頼する場合の注意点

専門業者に依頼する場合は、悪質業者に注意してください。無料で回収すると言いながら、理由をつけて有料とする場合があります。また、データ消去を忘れた場合、個人情報を悪用する可能性も否定できません。専門業者にBTOパソコンの処分を依頼するときは、信頼できる業者かどうかをきちんと見極めてからにしましょう。

6.BTOパソコンを処分する前にすべきこと

BTOパソコンを処分する前にすべきことや知っておくべきことを詳しく解説します。

6-1.パソコンのデータ消去をしよう

パソコンを処分する前に、必ずデータ消去をしておきましょう。パソコン内部には、個人情報を含む重要なデータが多く存在します。万が一、悪意のある第三者の手に渡った場合、個人情報の流出や悪用の心配がぬぐいきれません。なお、初期化するだけでは完全にデータを消去することは不可能です。データ消去ソフトを使用し、確実に消去しましょう。壊れているなどの理由でソフトが使用できない場合は、物理的にハードディスクを破壊すれば安心です。

6-2.大切なデータは移行しておこう

BTOパソコンを処分する前に、大切なデータを移行しておきましょう。個人撮影の画像・動画やそのほかの大切なデータは、消去してしまうと復元が困難です。移行先に十分な容量があることを確認後、手動もしくは移行ソフトを利用して確実に行ってください。移行先は、大容量の外部記憶装置(ハードディスク・メモリーカードなど)や、インターネットクラウドサービスなどがおすすめです。きちんと移行できたことが確認できたら、データ消去作業に移りましょう。

6-3.周辺機器はどうする?

プリンターやスキャナーなどの周辺機器も、不要であれば処分しましょう。たとえば、不用品回収業者なら、BTOパソコンと同時に処分できます。業者によっては、宅配便で送付する場合、パソコンと同梱(どうこん)できれば送料無料で処分できるなど、お得な場合も多いので上手に利用しましょう。なお、BTOパソコンメーカーや販売店・パソコン3R促進協会では、周辺機器の処分を依頼することはできないので注意してください。

6-4.BTOパソコンの処分前にするべきそのほかのこと

BTOパソコンを処分する前に、メーカーのユーザー登録を解除しておきましょう。通常、自ら手続きしない限り、登録したままになります。また、処分する前にCDやDVDが入れたままになっていないか、メモリーカードなどが差したままになっていないか確認しておきましょう。

7.BTOパソコンの処分に関するよくある質問

最後に、BTOパソコンの処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.BTOパソコンを数台まとめれば1回分の処分費用で済みますか?
A.パソコンリサイクル法に基づく処分では、1台ごとに費用が必要です。従って、1回にまとめて処分しても費用は安くなりません。また、複数台のBTOパソコンをまとめて送付することもできないので注意しましょう。なお、複数台の処分を検討している場合は、専門業者に依頼すると問題なく1回で処分できます。

Q.BTOパソコンは何年ごとに処分するといいですか?
A.特に決まりはありません。ただし、以下のようなタイミングで処分を考えるといいでしょう。

  • 不具合が頻発する
  • 現在の性能や機能に不満がある
  • 新製品に買い替える
  • 購入後5年程度経過した

Q.CDを入れたままで回収された場合は?
A.基本的には、CDは戻ってきません。回収前にきちんと確認しておきましょう。特に、リセールする予定があるものは、新たな持ち主の手に渡る可能性があります。個人情報などが流出する恐れがあるので注意してください。

Q.専門業者できちんと資源リサイクルしている証拠は?
A.まずは、業者のホームページをチェックしてください。回収後、資源リサイクルに回すことが明記してあるはずです。記載がない場合は、処分を依頼する前に業者に確認してください。リサイクルについてあやふやな回答をする業者は、廃棄している可能性があるので依頼を見合わせましょう。

Q.BTOパソコンとメーカー完成品はどちらがリセールで有利?
A.メーカーブランドという安心感があるため、メーカー完成品が有利になる傾向があります。リセールのしやすさで選ぶのなら、メーカー完成品もいいでしょう。ただし、BTOパソコンでも高性能で状態がいいものであれば、大きく不利になることはありません。

まとめ

今回は、BTOパソコンの処分について詳しく解説しました。BTOパソコンは、自分のほしい機能や性能をオーダーして組み立ててもらうものです。ほしい機能だけを選んで作成でき、満足度が高い1台と言えるでしょう。BTOパソコンを処分するときは、この記事でご紹介したように。BTOパソコンメーカーに下取りしてもらうなど、いくつかの方法があります。自分にとってメリットが大きい方法を選び、処分してください。なお、処分前にデータの移行と消去を行うことを忘れないようにしましょう。