アパート退去時の掃除はどこまでやればいい? 敷金との関係も徹底検証!

アパートを退去する際の掃除は、どこまですればよいのでしょうか。引っ越しをするとき、今まで住んでいた部屋を掃除してから明け渡すのは普通のことだと思います。しかし、どこまで掃除をする必要があるのか悩む人は多いでしょう。「きれいに掃除すれば敷金が全額返還されるのか?」という人のためにも、アパート退去時の掃除について詳しくご紹介したいと思います。この記事では、掃除の必要性や敷金との関係、掃除のポイントなどをまとめました。

  1. アパート退去時に必要な掃除の範囲は?
  2. アパート退去時の掃除と敷金について
  3. アパート退去時の掃除方法
  4. アパート退去時の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、アパートを退去する際の掃除について詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.アパート退去時に必要な掃除の範囲は?

アパート退去時の掃除の必要性や義務についてご紹介します。

1-1.マナーとして掃除をする必要がある

アパートを退去する際は、最低限のマナーとして掃除をしてから明け渡す必要があるでしょう。今までお世話になった部屋に感謝の気持ちを込めて、掃除をしてください。また、汚れた状態で明け渡しをすると、クリーニング費用や修繕費用を追加請求される可能性もあります。気持ちの問題はもちろんのこと、そういったことも考えた上でしっかりと掃除をしましょう。

1-2.どこまでが借り主の義務なのか知っておくことが大切

退去時の掃除をする際は、どこまでが借り主の義務になるのか知っておきましょう。基本的に借り主には、賃貸物件を退去する際に原状回復する義務があるとされています。つまり、入居したときの状態にできるだけ近づける必要があるのです。しかし、実際には借り主と貸し主の解釈が異なる場合もあり、トラブルに発展するケースも少なくありません。国土交通省が作成したガイドラインに、借り主と貸し主それぞれの義務となる範囲について目安が挙げられているため、参考にするとよいでしょう。

1-3.経年劣化によるものは借り主の負担にならない

借り主には原状回復の義務があるとされていますが、経年劣化によるものは借り主の負担になりません。たとえば、畳やクロスが日焼けによって変色してしまった場合や、ポスターを貼っていたことで生じた壁紙の変色などは、修繕費用は貸し主側が負担するのです。ただし、以下のように借り主が掃除を怠ったことで生じた汚れについては、借り主がきれいにしなければなりません。

  • 結露を放置したことで発生したカビ
  • 油汚れを放置したことによるキッチンの汚れ
  • タバコのヤニによるクロスの変色
  • 水回りの水アカ・カビ
  • 汚れを放置したことによるカーペットのシミ

2.アパート退去時の掃除と敷金について

アパート退去時の掃除には、敷金の問題が関係してきます。トラブルや注意点についてもご紹介しましょう。

2-1.原状回復費用として敷金が差し引かれることもある

退去時に特別な掃除や修繕が必要になる場合は、原状回復費用が敷金から差し引かれることもあります。敷金とは、入居する際に借り主が貸し主に預けるお金のことで、何もなければ退去時に全額返金されるものです。どの程度掃除をすれば敷金返還に影響しないのか、事前に賃貸契約書を確認しておきましょう。

2-2.きれいに掃除をすれば返金される敷金は増える

きれいに掃除をしてから明け渡すことで、返還される敷金の金額が増える可能性があります。借り主側に原状回復義務がある部分については、特にしっかりと掃除をしておきましょう。

2-3.敷金返還をめぐるトラブルに注意

借り主と貸し主の間で、敷金返還をめぐるトラブルが発生するケースが多いのが現状です。国土交通省が作成したガイドラインはあくまでも目安を示したもので、法的拘束力はありません。さらに、原状回復の基準は貸し主によって異なる部分も多いため、借り主との視点の違いからトラブルに発展してしまいがちです。気持ちよく退去するためにも、掃除と敷金返還の関係についてもしっかりと把握しておきましょう。

3.アパート退去時の掃除方法

アパート退去時の掃除方法について、手順やポイントをご紹介します。

3-1.基本的には、普段の掃除と同じレベル

基本的には、普段の掃除と同じレベルの掃除で問題ありません。掃除機をかけて床のぞうきんがけをし、水周りは油汚れや水アカを落としておきましょう。ただし、家具や家電を移動した跡が汚れている可能性があります。簡単に落ちない可能性もあるため、そこは念入りに拭き掃除をしてください。

3-2.よくある汚れにはどう対処するのか?

退去時の汚れとしてよくあるものには、シミやカビ、傷、色あせなどがあります。そういった汚れには、以下のように対処してください。

  • シミ:中性洗剤やベンジンを薄めたタオルでトントンたたきながら汚れを落とす
  • カビ:塩素系の漂白剤で落とす。頑固なカビはラップをかぶせて半日ほど放置するとよい
  • 傷:小さな傷は市販の修復キットで目立たなくすることも可能。大きめの傷は補修費用を負担する必要がある場合もある
  • 色あせ:色つや復元ワックスなどで補修する方法もあるが、通常使用によるフローリングや壁の色あせは、基本的に借り主の負担にならない

3-3.汚れの目立つ場所から重点的に掃除する

掃除の手順としては、汚れの目立つ場所から重点的にはじめていきましょう。特に、キッチンや浴室・洗面所・トイレなどの水周りは汚れが目立ちやすく、きれいにするのに時間がかかります。退去する数日前から掃除に取りかかっておきましょう。退去当日は、荷物や家具が搬出された跡を、最後の仕上げとして掃除する必要があります。掃除道具はギリギリまで積み込まないようにしてください。

3-4.すべての部屋を掃除するのがポイント

退去時には、すべての部屋をしっかり掃除しましょう。全体的にきれいに見えると、貸し主が確認のため立ち合いする際の印象がよくなります。「きれいに使っていた」というイメージを与え、敷金が全額返還される可能性が高くなるでしょう。

4.アパート退去時の掃除に関するよくある質問

「アパートを退去する際の掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.敷金とは、通常いくらくらいでしょうか?
A.基本的には、家賃の1~2か月分が目安です。ただし、中には礼金が0円となる代わりに、敷金が3か月分必要になる物件もあります。

Q.敷金は退去してからどのくらいで戻ってくるのですか?
A.基本的には、退去した日から2~3週間ほどで返還金額の明細が届き、1か月以内には支払われるでしょう。

Q.原状回復費用として、納得のいかない高額な料金を請求されました。どうしたらよいですか?
A.まずは直接話し合いをし、うまくいかなかった場合は、消費(国民)生活センターや弁護士事務所などに相談してみましょう。適切なアドバイスをもらえます。

Q.退去時の掃除は、プロの業者に依頼したほうがよいですか?
A.自分で落とすことができない頑固な汚れなどがある場合は、業者に依頼することも検討しましょう。引っ越し前は何かと忙しくなるため、掃除にまで手が回らないという人も、業者にお願いするのがおすすめです。

Q.家具を置いていた部分の床がへこんでしまいました。自分で修繕費を支払う必要があるのでしょうか?
A.家具による床のへこみは、時間が経過すれば生じるものです。そのため、原則として借り主の負担にはなりません。

まとめ

いかがでしたか? アパート退去時の掃除について、必要性や方法などを詳しくご紹介しました。賃貸物件を退去する際には、敷金を全額返還してもらうためにも、きれいに掃除をする必要があります。どこをどのくらい掃除すればよいのか、ぜひこの記事を参考にして知ってください。