正月飾りの処分方法を3つ紹介! いつ、どうやって処分するのか?

使い終わった正月飾りをどう処分すべきか、迷う人は多いでしょう。お正月の間に飾っていた鏡餅やしめ縄などは、いつどのように処分すべきか知っていますか? 「ゴミとして捨てるのは縁起が悪い」「どのタイミングで処分したらよいのか?」と悩むこともあるでしょう。この記事では、正月飾りの意味や処分のタイミング、処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 正月飾りの意味と種類
  2. 正月飾りを処分するタイミング
  3. 正月飾りの処分方法
  4. 正月飾りを自分で処分する場合
  5. 正月飾りの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、正月飾りをどう処分すべきか分かるはずです。ぜひ参考にして適切に処分してください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.正月飾りの意味と種類

まずは、正月飾りの意味や種類をご紹介します。

1-1.新年を迎えるにあたって大切な意味がある

正月飾りには、新しい1年を迎えるにあたって大切な意味があります。古くから、お正月にはどの家にも「歳神様(としがみさま)」と呼ばれる神様が降りてくると考えられていました。その歳神様(としがみさま)をお迎えし、祀(まつ)るために正月飾りを用意していたのです。正月飾りにはさまざまな種類がありますが、一つ一つに込められた意味については以下のとおりになります。

1-2.種類とそれぞれの意味

正月飾りには、しめ飾りや門松・破魔矢・鏡餅・くまでなどがあります。それぞれどのような意味で飾るのかご紹介しましょう。

  • しめ飾り:不浄なものを断ち、家を祓(はら)い清めるため
  • 門松:降りてくる歳神様(としがみさま)の目印として
  • 破魔矢(はまや):魔を破り、災厄を祓(はら)うため
  • 鏡餅:歳神様(としがみさま)へのお供えものとして
  • くまで:大きなご利益を受け取るため

2.正月飾りを処分するタイミング

正月飾りを処分する一般的なタイミングや、地域による違いなどをご紹介します。

2-1.毎年処分するかどうかは気持ちしだい

正月飾りを毎年処分するかは、個人の気持ちしだいです。もちろん、「その年の神様をお迎えする」という本来の意味を考えれば、毎年新しくするべきでしょう。しかし、最近はさまざまなデザインの正月飾りが増えてきており、インテリアとして使い回しをする家庭も少なくありません。

2-2.一般的には1月7日以降に処分する

一般的には、1月7日以降に正月飾りを処分します。1月1日から7日までは「松の内」と呼ばれ、歳神様(としがみさま)がいる期間とされているのです。そのため、松の内が過ぎてから処分する家庭がほとんどでしょう。

2-3.「松の内」の期間は地域によって異なる

実は、「松の内」の期間は地域によって違いがあります。一般的には1月7日までとされていますが、関西では1月15日までを松の内としている地域も多いのです。そのほかにも、1月20日まで正月飾りを外さない地域もあるため、事前に確認しておきましょう。

2-4.鏡餅は「鏡開きの日」に処分

正月飾りの中でも、鏡餅だけは「鏡開きの日」に処分しましょう。鏡開きの日は、一般的には1月11日です。松の内である7日まで飾って、11日に鏡開きをする家庭もあります。ただし、関西の一部の地域では鏡開きの日が1月15日となっているところもあるため、注意してください。

3.正月飾りの処分方法

では、正月飾りを処分する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1.ゴミとして捨てても問題はない

正月飾りは、一般ゴミとして捨てても問題はありません。正月飾りはあくまでも「飾り」であり、御神霊は宿っていないため、燃えるゴミや不燃ゴミとして処分してもよいのです。ただ、「ほかのゴミと一緒に出すことには抵抗がある」という人も多いのではないでしょうか。

3-2.「どんど焼き」の際に納めるのが一般的

地域の神社で「どんど焼き」が行われている場合は、その機会にお焚(た)き上げしてもらうとよいでしょう。どんど焼きは、通常1月15日に行われている神社が多くなっていますが、別の日取りで行う神社もあるため、あらかじめ問い合わせてみてください。

3-3.どんど焼きが過ぎてもお焚(た)き上げしてくれる

どんど焼きの時期を過ぎても、正月飾りやお守(まも)りなどを返納できる専用箱が設置されている神社もあります。ただし、処分を受け付けていない神社もあるため、事前に確認しておきましょう。

4.正月飾りを自分で処分する場合

正月飾りを自分で処分する際に気をつけることや、お清めの方法などをご紹介しましょう。

4-1.捨てる前に何ゴミか確認する

正月飾りが何ゴミに分類されるかは、自治体によって異なります。多くの場合は燃えるゴミとして捨てることができますが、門松のように大きなものは粗大ゴミ扱いになる自治体もあるでしょう。その場合は、事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入などが必要になるため、確認しておいてください。

4-2.ほかのゴミとは別の袋に入れて捨てる

正月飾りは神聖なものなので、できればほかの生活ゴミとは別の袋に入れて捨てることをおすすめします。神様を迎えるために用意した正月飾りを、生ゴミなどと一緒にして捨てるのは気持ちのよいものではないでしょう。

4-3.自分でお清めをする

正月飾りを自分で処分する場合も、お清めをしておくとよいでしょう。方法は以下のとおりです。

  • 大きめの紙の上に正月飾りを置き、お清めの塩を振りかける
  • 左→右→中央の順番に、3回塩をかける
  • そのまま紙で正月飾りをくるんで、ゴミ袋に入れて処分する

5.正月飾りの処分に関するよくある質問

「正月飾りの処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.鏡餅は捨てるより食べたほうがよいのですか?
A.神様にお供えした鏡餅を食べると無病息災につながるといわれています。家族全員で食べましょう。

Q.正月飾りはいつから飾るものですか?
A.正月飾りは12月13日から30日までに行うのが一般的ですが、末広がりの「八」が含まれる日が最適といわれています。ちなみに、29日は「苦」に通じ縁起が悪いとされ、大晦日31日は「一夜飾り」といわれますので、28日までに飾り終えて正月をお迎えするのがよいでしょう。

Q.お焚(た)き上げにはどのような意味があるのですか?
A.清浄な火でお焚(た)き上げをすることで、その煙と一緒に天に帰るという意味があります。

Q.正月飾りを外してから処分するまでは、どのようにして保管すればよいですか?
A.新聞紙などの大きめの紙に包んで保管しておきましょう。

Q.門松は解体すれば燃えるゴミとして捨てることができますか?
A.解体して植物と資材を分け、燃えるものだけをまとめて出せば回収してもらえるでしょう。燃えない部分は燃えないゴミとして出してください。

まとめ

いかがでしたか? 使い終わった正月飾りの処分についてご紹介しました。正月飾りは縁起物のため、どうやって処分すべきか迷う人も多いでしょう。また、処分するタイミングについても知っておくべきです。ぜひこの記事を参考にして、正月飾りのベストな処分方法を見つけてください。