VAIOパソコンの廃棄でお困りの方へ! 回収・処分方法教えます!

愛用していたVAIOパソコンが、古くなったり調子が悪くなったりなどの理由で「廃棄しようかな」と考え中ですか? パソコンを買い替えるとき、古いパソコンの廃棄方法にお悩みの人は少なくありません。というのも、VAIOに限らずパソコンは、「資源有効利用促進法」により自治体の粗大ゴミや燃えないゴミで処分ができないからです。そのため、正しい廃棄方法がよくわからない……という人もいます。

そこで、ここではVAIOパソコンの正しい廃棄・回収方法や、廃棄の前に必ず行いたいこと・注意事項などを詳しくご紹介しましょう。

  1. VAIOパソコンの廃棄方法
  2. VAIOの廃棄〜メーカーに依頼する〜
  3. VAIOの廃棄〜回収業者へ依頼する〜
  4. VAIOの廃棄〜廃棄前にするべきこと〜
  5. VAIOの廃棄〜よくある質問〜

この記事を読んでいただくことで、VAIOパソコンの廃棄に関するさまざまな悩みや疑問などが解決できます。ぜひお役立てください。

1.VAIOパソコンの廃棄方法

VAIOパソコンを正しく安全に廃棄するためにも、方法や資源利用促進法などの基礎知識を頭に入れておきましょう。

1-1.どんな方法があるのか

不要になったVAIOパソコンは、「粗大ゴミ」で廃棄できません。VAIOに限らず、どのメーカーのパソコンでも(自作パソコンでも)、自治体によるゴミ回収処分はできないのです。というのも、「資源有効利用促進法」の規定に基づき、いわゆる「パソコンリサイクル法(省令)が平成15年(2003)に施行され、パソコンはそのまま廃棄するのではなく「リサイクルする」ことになりました。正しい廃棄方法は以下の3つです。

1-1-1.メーカーによる下取り・回収

基本的に、パソコンはメーカーが「自社のパソコンを回収してリサイクルする」ことと義務付けられています。そして、各メーカーによって回収方法の詳細は異なるのです。また、期間限定でメーカーが下取りを行うこともあります。VAIOパソコンについては、後の項で詳しく説明しましょう。

1-1-2.パソコン3R推進協会による回収

「パソコン3R推進協会」は、資源有効利用促進法による3R(リデュース・リユース・リサイクル)を促進するために誕生しました。同協会では、倒産したメーカーのパソコンや自作パソコンなど、回収&リサイクル先がないパソコンの引き取りを行っているのです。また、取り扱いメーカーが変わったパソコンの回収先(例:IBM→レノボ・ジャパンなど)の案内も行っています。詳しくは、こちらをごらんください。

1-1-3.回収業者へ依頼

中古のパソコンを買取・回収し、再販売する回収業者に依頼する方法です。パソコン専門の回収業者もありますが周辺機器や家具や家電などをまとめて回収する業者もあります。引っ越し・断捨離・年末の大掃除などのとき、1度に多くの不用品を処分できるのです。

1-2.資源有効利用促進法について

資源有効利用促進法は、有用な資源を再利用する目的で制定(平成13年4月施行)されました。なぜなら、それまで続いていた大量生産・大量消費・大量廃棄経済により、資源は枯渇しつつあり、ゴミの処分場スペースは限界に近づいているからです。そこで、有用な資源を含む製品はそのまま廃棄せず資源を取り出し再利用することになりました。パソコンの場合は、貴重な金属やプラスチックなどを使っているので「再資源化センター」で分解して再資源化するのです。

VAIOパソコンの廃棄方法は複数あるんですね。
はい。ただし、基本的に自治体では回収不可です。

2.VAIOの廃棄〜メーカーに依頼する〜

VAIOパソコンの下取りや回収をメーカーに依頼する方法をご紹介しましょう。

2-1.メーカーの下取り

VAIOパソコンは、期間限定でお得な下取りキャンペーンを行っています。ソニーストアオンラインや直営店舗でも行っているので「新しいVAIOパソコンに買い替えをしよう」と計画をしている人はおすすめです。

2-2.メーカーの回収

VAIOパソコンを回収するメーカーは、「VAIO株式会社」と「ソニー株式会社」があります。というのも、2014年7月1日、ソニーの「VAIO」ブランドを展開していたパソコン事業の譲渡にともない「VAIO株式会社」が発足することとなったからです。そのため、ソニー製VAIOに関してはソニーが回収・リサイクルを行っています。

2-2-1.ソニー株式会社の回収

ソニー製VAIOの回収は、以下の流れで行われます。

  1. 利用者(個人・家庭)が「ソニーパソコンリサイクル受付センター」にWebかFAXで申し込みをする

  2. リサイクル料金振込用紙が郵送されてくるので支払う。(PCリサイクルマーク(※)付きのパソコンは無料)

  3. エコゆうパック伝票が送られてくる

  4. パソコンをこん包し3を貼り郵便局に持ち込むか戸別回収してもらう

※PCリサイクルマーク:平成15年(2003)以降に販売となったパソコン(家庭向き)に貼ってあるシールでリサイクル料金が無料

2-2-2.VAIO株式会社の回収

VAIO株式会社製のVAIOパソコンだけ回収を行っています。同社製のVAIOはすべてリサイクルマーク付きなのでリサイクル料金は無料です。回収の流れは前項のソニー株式会社と同じになります。詳細は、こちらの「家庭系パソコンリサイクル」をごらんください。

2-3.注意点

VAIOパソコンを回収に出すときには、以下のことに注意しましょう。

2-3-1.回収対応機種

ソニーで回収対応になるのは、ノートブックパソコン・デスクトップパソコン・液晶ディスプレー・液晶ディスプレー一体型パソコンなどになります。VAIO株式会社ではノートブックパソコンだけが回収対応機種です。

2-3-2.個人と法人は回収方法が異なる

VAIOパソコンは、個人と法人では回収方法が異なります。「2.VAIOの廃棄〜メーカーに依頼する〜」でご説明したのは、個人や家庭用パソコンの場合だけです。ソニーもVAIO株式会社も、法人の場合は「パソコン3R推進協会」が回収・リサイクルを行います。両社ともホームページから直接協会に進むことができるのでソニーはこちら、バイオ株式会社はこちらをご利用ください。

2-3-3.周辺機器は回収の対象外

ソニーもVAIO株式会社も、外付けハードディスクやプリンター、スキャナーなどの周辺機器は回収対象にならないので注意してください。

メーカーに回収を依頼するのが基本の廃棄方法なんですね。
はい。2003年以降に作られたパソコンならば無料で回収してもらえます。

3.VAIOパソコンの廃棄〜回収業者へ依頼する〜

VAIOパソコンの廃棄を回収業者に依頼する方法もあります。どのようなメリットがあるのか、また数ある業者の中から何を基準に業者を選べばいいのかをご説明しましょう。

3-1.回収業者へ依頼するメリット

回収業者へ依頼すると回収費用が必要ですがその分メリットはたくさんあります。

  • パソコンだけではなく、プリンターやスキャナーなどの重い周辺機器も回収してもらえる。また、業者によっては家具・家電・日用品などもまとめて回収依頼ができる
  • 自分の都合がいい日時に家まで回収に来てもらえる
  • 自分でこん包したり運んだりする必要がない
  • 業者によってはパソコン内のハードディスクに残ったデータを完全に消去してもらえる
  • 買取も行う業者ならお金に換えられる

3-2.回収業者の選び方

パソコンの回収は、信頼のおける業者に依頼しましょう。業者を選ぶときはホームページやチラシで以下のことを確認してください。

  • 会社の住所・電話番号・FAX番号などを明記している
  • 無料見積もりや相談などのサービスを行っている
  • 回収実績がある
  • 料金体系が明記してある
  • データ消去サービスを行っている

料金の安さやイメージだけではなく、これらの条件もきちんとクリアしているかチェックしましょう。

3-3.回収方法や料金

回収方法は主に3種類です。

  • 持ち込み回収:利用者が直接事業所や店舗にパソコンを持ち込む
  • 宅配回収:パソコンをこん包して宅配便で業者に送る
  • 出張回収:業者が自宅に訪問してパソコンを回収する

回収料金は業者によって異なります。きちんとした業者なら事前に見積もりを出してくれるので数社に見積もり依頼をして比較検討してみましょう。

3-4.注意点

パソコン回収業者の中には、残念ながら悪徳業者もいるので注意してください。特に「パソコンを無料で回収」と、アナウンスしながら小型トラックで周回しているのは無許可業者がほとんどでトラブルが絶えません。

  • パソコンを車に積んだ後、高額なリサイクル料金を請求された
  • パソコンだけではなく「ほかの家電なども出せ」としつこく粘られた
  • 料金を払って回収してもらったパソコンが不法投棄されていた

上記のような苦情が国民生活センターに寄せられています。車に会社名や電話番号などを明記していないので後で文句の付けようもありません。このような業者には依頼しないようにしましょう。

回収業者に依頼する方法もあるんですね。
はい。時間がないときにおすすめです。

4.VAIOの廃棄〜廃棄前にするべきこと〜

VAIOパソコンを廃棄する前には、データの移行と消去が必要です。その重要性や方法などをご説明します。

4-1.データ消去の重要性とトラブル

廃棄前には、「パソコン内のデータ消去」を行う必要があります。というのも、パソコンには大切な個人情報データがたくさん残っているため、完全に消去しないと情報流出の可能性があるのです。友人・知人のアドレス帳、自分のクレジットカード情報、さまざまなパスワードなどが悪用されたり、メールや写真などを見られたりします。それらの情報は1度流出してしまうと取り戻すのは不可能です。自分だけではなく家族や友人にまで被害を及ぼすこともあるのでトラブル回避のためにも必ずデータ消去を行ってください。

4-2.データの移行・消去の方法

パソコン内のデータを移行・消去する代表的な方法をご紹介しましょう。

4-2-1.データの移行方法

廃棄予定のパソコン以外にもう1台、新しく購入したパソコンがあれば以下のケーブルを使用してデータ移行ができます。

  • USBリンクケーブル:両方をUSBリンクケーブルでつなぎ高速でデータを一括転送。ドライバー・アプリケーションソフトのインストールが不要
  • クロスケーブル:パソコンのLANポートを使って2台のパソコンをつなぎデータを移行。簡単な設定が必要

また、外付けHDD・DVD・USBメモリーなどに必要なデータだけをコピーして、新しいパソコンに移行する方法もあります。

4-2-2.データの消去方法

自分でできる、データ消去方法は2つです。

  • 有料・無料のデータ消去ソフトを使って消去
  • パソコンからHDDを取り出し物理的に破壊

物理的破壊とは、ハンマーやドリルでHDDを文字どおり「破壊」することです。単純な作業ですが危険をともない、素人が完全に破壊するのは難しいのでおすすめはできません。
データ消去ソフトは有料・無料がありインターネット上で入手できます。違いはデータ消去のスピードで、無料ソフトは完全に消去できないなどの心配はありません。

上記は、人気のあるソフトです。

4-2-3.注意点

パソコンのデータは、「初期化する」「フォーマットをする」だけでは完全に消去はできません。なぜならば、「一見すべてのデータが消えたように見える」だけでHDD内にデータは残っているからです。データ復元ソフトを使えば復元可能になります。必ず前項でご紹介した方法で消去してください。

廃棄前にデータを消去することが大切なんですね。
はい。情報流出を防ぐために必ず消去しましょう。

5.IBMパソコンの廃棄〜よくある質問〜

Q.VAIOパソコンが、ソニー製かVAIO株式会社製か確認する方法はありますか?
A.パソコン本体底側にある「機銘板」の「VAIO」をご確認ください。こちらに確認する場所の図があります。

Q.VAIO株式会社では、VAIOパソコンと一緒にVAIOのスマートフォンも無料回収してるでしょうか?
A.スマートフォンは回収対象外です。自治体による回収(小型家電回収ボックスによる回収など)や、買取・回収業者による回収、お店での回収で処分します。スマートフォンの場合も、データ消去は忘れないようにしましょう。

Q.まだ、きれいな状態のVAIOパソコンがあります。買取・回収業者に査定してもらいたいのですが金額アップのコツはあるでしょうか?
A.まずは、パソコンをきれいに掃除してください。表面だけではなく裏面やキーボードなども手入れをして、できるだけ新品に近い状態に戻しましょう。また、付属品や外箱があればそれらも一緒に査定に出すと高額査定になる可能性が高くなります。

Q.パソコンのデータ消去ソフトは、有料と無料がありますが有料のほうが確実に消せるのでしょうか?
A.有料と無料の違いは、データを完全に消去するための時間や手間の違いです。「無料だから確実に消えない」ということはありません。「操作説明は英語だけ」のものもあるので自分で使えそうなソフトを探してみましょう。

Q.壊れて動かなくなったVAIO株式会社製のノートパソコンを回収してもらいたいのですが可能ですか?
A.輸送時の安全確保ができないような状態ではない限り、壊れて動作しないパソコンでも回収しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか? VAIOパソコンの廃棄方法やそれにともなう注意点などがおわかりいただけたかと思います。パソコンを廃棄するときには、トラブルを回避するためにも必ずデータを消去することが重要です。この記事を参考にして、適切な方法で処分してくださいね。