チャイルドシートの処分方法が知りたい! 処分する際の注意点も解説

「チャイルドシートはどのように処分すればいいのか」「まだ使えるのに捨てるのはもったいない……」など、チャイルドシートの処分で悩んでいる方は多いでしょう。チャイルドシートは短期間しか使わないので、すぐに必要なくなり、そのままにしている方も多いはずです。一体どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、チャイルドシートの処分方法や処分時の注意点なども解説します。

  1. チャイルドシートは何ゴミ?
  2. チャイルドシートの処分方法
  3. チャイルドシートを処分する際の注意点
  4. まだ使えるものは買取に出せる!?
  5. チャイルドシートの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、チャイルドシートをスムーズに処分するコツも分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.チャイルドシートは何ゴミ?

まずは、チャイルドシートは何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.ほとんどの自治体で「粗大ゴミ」扱い

自治体によってゴミの分類は異なりますが、チャイルドシートはほとんどの自治体で粗大ゴミに分類されます。多くの自治体で、一辺が30cm以上になるものを粗大ゴミとなっており、当てはまるチャイルドシートがほとんどでしょう。粗大ゴミは可燃ゴミや不燃ゴミとは違う方法で処分することになるため、必ず自治体のホームページ等で処分方法を確認しておかなければなりません。具体的な処分方法に関しては、後ほど詳しく説明します。

1-2.不燃ゴミになることも

チャイルドシートは不燃ゴミとして処分できるケースもあります。自治体ごとに指定の袋が決まっていると思いますが、その袋に入って口が結べる大きさであれば、不燃ゴミとして処分が可能です。自治体の中には、チャイルドシートが可燃ゴミとして処分できるところもあるので、廃棄処分する前に自治体のホームページや掲示板などでゴミの分類をチェックしておきましょう。

2.チャイルドシートの処分方法

ここでは、チャイルドシートの処分方法について解説します。

2-1.自治体のルールに従って処分する

一般的な処分方法としては、自治体のゴミとして処分する方法でしょう。前述したように、自治体のホームページ等でゴミの分類を確認して、処分ルールに従いながらチャイルドシートを廃棄します。可燃ゴミや不燃ゴミとして処分する際は、指定袋に入れてゴミ捨て場に持っていきましょう。粗大ゴミとして処分する際は、以下の流れで廃棄することになります。

  1. 事前に粗大ゴミ受付センターへ電話またはインターネットから申し込みをする
  2. 粗大ゴミ処理券を近くのスーパーやコンビニなどで購入する(数百円)
  3. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入する
  4. チャイルドシートの目立つ場所に粗大ゴミ処理券を貼り付ける
  5. 指定された回収場所に指定日当日まで持ち運ぶ

大まかな流れは上記のようになりますが、自治体によって異なる可能性があります。粗大ゴミを処分する流れについても、しっかりとチェックしておきましょう。

2-2.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用する方法も、チャイルドシートを処分する方法の1つです。不用品回収業者はほとんどのジャンルを扱っているため、チャイルドシート以外に処分したいものがあれば、まとめて回収してもらえるでしょう。また、出張回収を利用すれば、スタッフが回収しに来てくれるので、自宅にいながらチャイルドシートが処分できます。子どもの世話でいっぱいいっぱいになっているときには大変助かるサービスといえるでしょう。不用品の量が多いほど処分費用はかかりますが、まとめて処分したほうがお得になるケースもあります。

2-3.知り合いに譲る

身近にチャイルドシートを欲しがっている人がいれば、譲るのも選択肢の1つです。捨てるのがもったいないという気持ちも楽になりますし、再利用してもらえるので一石二鳥といえるでしょう。当たり前ですが、譲る前にチャイルドシートはきれいな状態にしておいてください。ただ、子どもが大きくなって必要なくなったから譲るケースが多いと思います。よって、型式が古いものを譲ることになるため、その点は事前に相手のほうへ伝えておきましょう。後でトラブルにならないためにも、しっかりと伝えることが大切です。

3.チャイルドシートを処分する際の注意点

ここでは、チャイルドシートを処分する際の注意点をいくつか説明します。

3-1.無理に解体しようとしない

チャイルドシートを解体して、不燃ゴミまたは可燃ゴミとして処分しようとする方がいますが、解体はとてもハードな作業となります。簡単に分解できると思っている方は多いでしょう。けれども、意外と力が必要だったり、プラスドライバーとった工具が必要になったりします。かなりの重労働になるため、無理は禁物です。また、自治体によっては、解体せずに無料で処分してくれるところもあります。一度、解体してしまうともとに戻すことはできないので、解体前に自治体へ問い合わせて確認しましょう。

3-2.ポケット類に入っているものを取り出す

チャイルドシートを処分する前に、ポケット類に入っているものをすべて取り出してください。たまに、子どものおもちゃや赤ちゃん用品が入ったままになっていることがあります。それらの用品は素材によってゴミの分類が異なるため、別々に処分しなければなりません。また、大事なものを入れていた場合、処分してしまうと手元に戻ってこなくなります。後悔しないように、チャイルドシートに何か入っていないかどうか、しっかりと確認してから処分しましょう。

3-3.処分前に状態をチェックする

チャイルドシートを処分する前に、状態をチェックすることも押さえておきたい注意点です。問題なく正常に使うことができる状態であれば、ゴミとして処分するのではなく、買い取ってもらうことができるでしょう。要らなくなったから捨てるのではなく、まずは状態をチェックして査定に出しても問題がないかどうか確認してください。買取専門店やリサイクルショップなどで買い取ってもらうことができれば、処分費用を費やす必要もありません。手に入れたお金を子どものために使うこともできるでしょう。チャイルドシートを無駄にしないためにも、処分前に状態をチェックしてくださいね。

4.まだ使えるものは買取に出せる!?

まだ使える状態のチャイルドシートは買取に出せることもできます。ここでは、買取に出す方法やポイントを解説しましょう。

4-1.買取専門店やリサイクルショップを利用する

正常に使えるチャイルドシートであれば、買取専門店やリサイクルショップに査定を依頼してください。新品同様に近い状態なら買い取ってもらえる可能性があります。新品同様で発売されたばかりのチャイルドシートであれば、買取専門店で高価買取も期待できるでしょう。特に、有名メーカーの人気があるチャイルドシートは、中古でもかなりの額になります。実際のところ、チャイルドシートは需要がなく、保安部品が関わる商品なので査定が難しい部分もあるのです。けれども、状態によっては買い取ってもらえる可能性があるため、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。買取専門店で買取不可になった場合は、リサイクルショップを利用するのも選択肢の1つです。

4-2.買取を行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。処分と買取を同時に利用することができますし、たとえ買取不可になったとしても処分できるのでスピーディーな廃棄が可能です。ただし、前述したように、すべてのチャイルドシートが買取対象になるわけではありません。状態やメーカー・発売年月によっては買取不可になる可能性もあるため、買い取ってもらえればラッキーぐらいの気持ちで依頼しましょう。

4-3.業者選びのポイントをチェック!

チャイルドシートの回収や買取を依頼する際、どの業者を選べばいいのか悩んでしまう方は多いでしょう。業者によってサービス内容が異なるため、しっかりと確認した上で選ぶことが大切です。特に、業者選びの際は以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • サービス内容が充実しているか
  • 不用品の回収や買取の実績があるか
  • さまざまなジャンルの不用品を回収しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較することが大切です。1社だけでなく複数を比較することで、悪徳業者が見極めやすくなります。

4-4.自分で売るならネットオークションやフリマアプリを利用する

自分でチャイルドシートを売りたいときは、ネットオークションやフリマアプリを利用するといいでしょう。インターネットを介して全国から買い手を見つけることができますし、自分で出品額を決めることも可能です。運がよければ希望額で売れるでしょう。ただし、落札されたら自分でチャイルドシートをこん包して送らなければなりません。送料がかかるのはもちろん、時間と手間もかかる可能性があるので、その点を踏まえた上で利用してください。

5.チャイルドシートの処分に関してよくある質問

チャイルドシートの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんなチャイルドシートが人気か?
A.さまざまな種類のチャイルドシートがありますが、中でも人気があるのは衝撃をしっかりと備えられる構造になっているタイプです。たとえば、メーカー独自の技術を採用していたり、扱いやすいモデルになっていたりするものがあります。また、成長に合わせて1~12歳まで長く使えるチャイルドシートも人気です。人気なモデルほど高く売れる可能性はあるので、どのようなチャイルドシートが人気がインターネットでも調べてみるといいでしょう。

Q.チャイルドシートは寄付できるのか?
A.チャイルドシートの寄付を受け付けている団体や施設などはあります。たとえば、セカンドライフでは、チャイルドシートのリサイクルに取り組んでおり、ほぼ100%のリユースが可能です。必要なくなったチャイルドシートを寄付することで社会に貢献できるでしょう。「捨てるのがもったいないけれど買い取ってもらえなかった」という方は、寄付を検討してみてください。

Q.不用品回収業者に依頼する際、処分費用はいくらぐらいかかるのか?
A.チャイルドシートの種類や大きさなどによって異なりますが、およそ4,000~6,000円が処分費用になるでしょう。あくまで目安となるため、もっとかかる可能性もあります。特に、出張回収を選択したり、ほかに処分したい不用品があったりする場合は、処分費用がかかるので依頼前に見積書の内容をチェックしてください。少しでも気になるところがあれば、業者に尋ねることが大切です。

Q.買取額はいくらぐらいになるのか?
A.元値の約3~5%が買取額になる傾向があります。チャイルドシートは状態によって査定額が大きく変わるため、複数の業者に無料査定を依頼するといいでしょう。チャイルドシートにカビが生えていたり、クッションが経年劣化していたり、製造年月日が古かったりする場合は、査定額が大幅に減額します。

Q.チャイルドシートを高く売るコツは?
A.きれいに掃除することが高価買取のコツです。チャイルドシートは子どもが使っていたものなので、ヨダレがついていたり、独特なにおいが染み付いていたりするでしょう。そのままだと買取額の減額につながる恐れがあるため、シートカバーと一部のクッションは洗濯してください。材質によって洗濯できないものもありますが、洗濯できるものはきれいに洗うことが大切です。また、掃除機でよく吸い取り、固くしぼった濡れぞうきんで仕上げましょう。

まとめ

チャイルドシートの主な処分方法は、自治体・不用品回収業者・知人に譲るなどの方法があります。多くの自治体では粗大ゴミに分類されますが、不燃ゴミまたは可燃ゴミに分類されるケースもあるため、自治体のホームページや掲示板等で確認してください。また、正常に使える状態であれば、買取専門店やリサイクルショップで売れる可能性もあります。特に、新品同様で発売されたばかりのチャイルドシートは高価買取が期待できるでしょう。ご自身の状況に合わせて、ベストな方法で処分してくださいね。