必読! 事故物件の掃除を業者に依頼する必要性と注意点を紹介

事故物件の掃除についてお困りではありませんか? 事情により事故物件になってしまった部屋は、どのように掃除すればよいのでしょうか。掃除をするにあたって特別な資格が必要なわけではありませんが、誰にでも気軽にできるというものではないですよね。自分で掃除するにはさまざまな問題点があるため、十分考える必要があるでしょう。この記事では、事故物件の掃除について、特殊清掃が必要な理由や業者に依頼する方法などを詳しくご紹介します。

  1. 事故物件とは何か?
  2. 事故物件の清掃はどうしたらよいのか?
  3. 事故物件の清掃を業者に依頼する方法
  4. 事故物件の清掃に関するよくある質問

この記事を読むことで、事故物件の掃除をどのように行うべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.事故物件とは何か?

事故物件とはどのようなものをいうのか、問題点についてもご紹介します。

1-1.どんなケースがあるか?

事故物件とは、前居住者が何らかの原因で死亡した経歴のある物件のことをいいます。その定義については明確に定まっていませんが、例としては以下のようなケースがあるでしょう。

  • 殺人や傷害致死・放火などの刑事事件で死者が出た場合
  • 事件性のない事故や自殺・孤独死などで居住者が死亡した場合

1-2.事故物件の問題点

事故物件にはさまざまな問題点があります。借り主側と貸し主側それぞれの立場で考えてみましょう。

1-2-1.借り主

居住者が上記のような理由で死亡した場合、その遺族である借り主側が損害賠償義務を負わなければならないケースもあります。事故物件の発生は貸し主にとって大きな損害となるため、その責任をとるために高額な原状回復費用を請求されることも珍しくないでしょう。

1-2-2.貸し主

事故物件は不動産取り引き上、告知義務があります。つまり、前居住者が死亡した事実を伝えた上で、次の入居者を募集しなければならないのです。当然、「入居希望者が決まらない」「家賃の値引きが必要になる」など、貸し主にとって不利な状況になることは間違いありません。また、亡くなった原因や亡くなったときの状況によっては、部屋の特殊清掃が必要になることもあるでしょう。貸し主がその手配をしたり費用を負担したりしなければならない場合もあるのです。

2.事故物件の清掃はどうしたらよいのか?

事故物件の清掃は誰が行うのか、どんな清掃が必要なのかをまとめました。

2-1.清掃の必要性

事故物件では、その内容によっては血液や体液が壁紙や床下などに浸透している可能性があるため、ほとんどのケースで特殊清掃が必要になります。親族がいない場合などは貸し主や不動産業者が清掃を行うこともありますが、近隣への異臭問題なども考えると、やはり特殊清掃の専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

2-2.どんな清掃か?

特殊清掃では通常の清掃と違い、消毒作業や害虫駆除・脱臭作業などが行われます。不用品の処分や壁紙・フローリングの張り替えなども依頼できるため、事故があった形跡をきれいに消すことができるでしょう。豊富な知識と技術を持つ業者に依頼し、確実な清掃をしてもらうことをおすすめします。

2-3.自分でできるのか? 問題点は?

事故物件の清掃は自分でもできますが、知っておくべき問題点がいくつかあります。まず、感染症の危険があるということです。何の対策も行わずに清掃をすると、血液や体液中の細菌・ウイルスに感染してしまうことも考えられるでしょう。また、臭いの問題もあります。事故物件に発生する悪臭は、普通の状態で耐えられるものではないのです。その中で完璧に清掃を行うことは、素人には難しいでしょう。

3.事故物件の清掃を業者に依頼する方法

では、事故物件の清掃を業者に依頼するメリットや作業の流れなどをご紹介しましょう。

3-1.業者に依頼するメリット

事故物件の特殊清掃を業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 普通の清掃では落とすことのできない汚れを落とすことができる
  • 感染症を予防するための専門知識がある
  • 特殊清掃に関する正しい対応力を持っている
  • 素早く原状回復ができる
  • 遺品の整理や買い取りも依頼できる

3-2.どこに依頼できるのか?

特殊清掃の依頼先には、ハウスクリーニング業者や遺品整理業者などがあります。ハウスクリーニング業者を利用する際は、特殊清掃の取り扱いがあるか確認が必要です。特に遺品整理業者は事故物件の取り扱い経験も多いため、満足のいく清掃をしてもらえるでしょう。

3-3.業者選びのポイント

業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な知識と実績があるか
  • 不用品の処分や買い取りも行っているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確であるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 遺品整理士の資格を有しているスタッフがいるか

3-4.料金相場

特殊清掃にかかる費用は、部屋の広さや清掃員の人数によって変わってきます。業者によっても料金体系に違いがあるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。大まかな相場を把握できるはずです。

3-5.作業の流れ

一般的には、業者のホームページから無料見積もりを依頼し、その内容に納得したら正式契約となり作業日程の決定という流れになります。特殊清掃作業に入る前にまずは室内を消毒し、安全な状態にしてから不用品の処分や遺品整理、殺菌、消毒などが行われることになるでしょう。必要であれば害虫駆除や汚染場所の解体なども行われます。最後に消臭・脱臭作業をし、解体した部分に新品の壁紙やフローリングを張って完了です。

3-6.注意点

特殊清掃を依頼できる業者の中には、残念ながら悪質な営業をしているところも存在します。特に、料金の安さだけで業者を選ぶのは危険です。掃除の質やスタッフの態度が悪い業者や、遺品を乱雑に扱う業者、金銭価値の高いものを勝手に持ち出す業者などもいます。そのような業者を選ばないためにも、業者選びは十分慎重に行ってください。

4.事故物件の清掃に関するよくある質問

「事故物件の清掃について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.事件性のない病死の場合、事故物件になりますか?
A.病死の場合は通常であれば事故物件にはならないでしょう。ただし、遺体の発見が遅れた場合は事故物件として扱われるケースもあります。

Q.事故があったことは同じ物件の住人に告知されるのでしょうか?
A.通常、上下左右の部屋には告知されるケースがほとんどです。

Q.特殊清掃にかかる費用を貸し主が負担することもあるのでしょうか?
A.亡くなった借り主に身寄りがいない場合などは、貸し主である大家や管理会社などが負担するケースもあります。

Q.特殊清掃に遺族の立ち合いは必要でしょうか?
A.基本的に立ち合いは必要ありません。業者に鍵を渡して別の場所で待っている場合がほとんどです。

Q.特殊清掃をすれば次の借り主には事故物件であることを告知しなくてもよいのでしょうか?
A.特殊清掃をしても、「心理的瑕疵(かし)物件」として告知する義務があります。事故物件は噂(うわさ)になりやすいため、入居した後で事実を知ってしまう可能性は十分にあるでしょう。その場合は確実にトラブルになってしまうため、告知は必ずしてください。

まとめ

いかがでしたか? 事故物件の特殊清掃について詳しくご紹介しました。事故物件が発生すると、さまざまな問題点が生じます。その一つが、清掃の問題でしょう。事故物件には特殊清掃が必要になること、誰がどのように依頼するのかなど、ぜひこの記事を参考にして知っておいてください。