植木鉢の捨て方を徹底解説! 大型でも陶器製も回収業者で簡単に処分

観葉植物や花などを育てている中で、植え替えなどをきっかけに、植木鉢の処分を考えることがあるでしょう。植木鉢の処分方法で困り、どう捨てればいいか悩むものです。自治体の処分が利用できるのか、下取りやリセールは可能かなど、さまざまな疑問が生じます。植木鉢には、陶器やプラスチックなどの材質があり、受け皿も付属しているため、それぞれの分別で戸惑うものです。形状も四角や丸型などがあります。大型な植木鉢だと、処分に際しての運搬という問題も出てくるでしょう。植木鉢の正しい処分方法を覚え、捨て方で困らないようにしてください。
今回は、植木鉢の処分についてご紹介します。

  1. 植木鉢処分の悩み
  2. 植木鉢の処分・自治体回収
  3. 植木鉢の処分・下取りやリセールは無理?
  4. 植木鉢の処分・回収業者に頼む場合
  5. 植木鉢の処分でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、植木鉢の処分方法がよく分かります。回収業者など手軽に処分できる手段も覚えておきましょう。植木鉢の処分を検討している方は必見です。

1.植木鉢処分の悩み

植木鉢の処分時によくある悩みをご紹介します。

1-1.処分の悩みは?

植木鉢を処分するときは、土・植物・石なども同時に処理しなければならないという悩みもつきものです。分別が必要になり、面倒に感じてしまいます。大型の植木鉢は場所を取るため、すぐに処分したいと思っても、処分方法が分からずに困ってしまうことも多いでしょう。

1-2.ゴミ分類・資源性は?

植木鉢には陶器やプラスチックなど素材が違うものがあり、ゴミの分類も異なります。プラスチック製品に限り、資源として有効活用している企業もあり、環境保護の1つとして再利用する動きもあるのです。

1-3.捨てずに活用する方法はある?

DIYが得意な方は、植木鉢をリメイクしておしゃれなオブジェなどに変え、鑑賞する方法も取り入れています。割れた植木鉢もアイデアしだいで、立派なアートに変身するのです。植木鉢を有効活用する手段として挑戦してみてください。

2.植木鉢の処分・自治体回収

自治体回収で植木鉢を処分する場合のメリットやデメリットを覚えておきましょう。

2-1.ゴミの分類について

ゴミの分類は、各自治体で異なります。また、材質や大きさで規定しているところもあるでしょう。お住まいの地域に、ゴミの分類を確かめてください。一般的に植木鉢は、燃えないゴミや粗大ゴミになります。

2-2.方法

燃えないゴミの場合、指定ゴミ袋に入れ、回収日にゴミステーションに出してください。粗大ゴミの場合、自治体への事前申請が必要で、収集可能日も指定されてしまいます。植木鉢に処理券を貼りつけ、指定された日時に指定された場所へ出しましょう。処理券はコンビニやスーパーで規定額を購入してください。

2-3.メリット・デメリット

自治体回収はとても安く、植木鉢の処分費用を抑えられるのがメリットです。処分費用をかけられない方にいいでしょう。しかし、大型の植木鉢でも自分で運搬しなければならず、肉体的負担を伴います。また、粗大ゴミは収集可能日が限られており、捨てるまでに時間がかかるのがデメリットです。

3.植木鉢の処分・下取りやリセールは無理?

植木鉢の下取りやリセールはできるのか、中古需要はあるのかなどを見ていきます。

3-1.下取り・中古需要について

基本的に、植木鉢の下取りは行われていません。また、中古需要も少ないため、買い取りなどを利用して処分するのも難しいものです。

3-2.方法

おしゃれな植木鉢や大型の植木鉢などは、まれにネットオークションで落札されることがあります。しかし、あまり高額での取り引きはなされていません。地元の掲示板であるジモティーでは、無料で欲しいというニーズがあり、人に譲ることができます。植木鉢をリサイクルする1つの方法として考えておくといいでしょう。

4.植木鉢の処分・回収業者に頼む場合

回収業者を活用し、植木鉢の処分を行う方法もあります。すぐに処分したい方におすすめです。

4-1.どんなときに業者に頼むべきか?

回収業者は、大型の植木鉢を運搬することができない・迅速に処分したい・複数の植木鉢を捨てたいという場合に便利です。粗大ゴミは捨てるまでに時間がかかるため、もどかしい思いになります。植木鉢を保管するスペースがないなどの問題も起こるでしょう。回収業者なら、すぐに引き取りが可能であるため、保管場所や処分までの時間といった問題も解消できるのです。また、料金がかかっても、処分を急いで行いたいという場合にも、回収業者を活用して処分するといいでしょう。

4-2.回収方法

回収業者の引き取り方法は、出張回収・持ち込み回収・宅配回収となっています。植木鉢などの割れものは、出張回収が便利です。運搬の手間もいらず、分別の必要もありません。希望する日時に来訪してくれるため、利便性が高い方法といえるでしょう。

4-3.料金・出張費用など

回収業者の料金は、出張費用として数千円程度かかる場合があります。また、植木鉢の大きさにもよりますが、回収費用は1点あたり数千円となる場合がほとんどです。出張費用に回収費用が加算されます。ただし、回収業者ではまとめて処分するとお得になる料金プランがあるため、家の不用品を一括して処分を依頼した場合、費用負担を軽減できるでしょう。

4-4.回収業者を利用するメリット・デメリット

前述したとおり、回収業者は自宅まで引き取りにきてくれるため、運搬が必要なく、重たい植木鉢の処分に苦労することがないのがメリットです。粗大ゴミは日程が限られているため、不要になった植木鉢を長く保管しておかなければなりません。回収業者は即日回収も可能で、スピーディーに植木鉢の処分を終えることができます。ただし、自治体回収より費用がかかることがデメリットとなる部分でしょう。

4-5.悪徳業者には注意

回収業者を名乗る悪徳業者には警戒が必要です。不用品の回収に必要な産業廃棄物収集運搬業の許可を得ずに、不用品回収を行っています。強引な引き取りをする場合や、法外な回収費用を請求する場合など、トラブルやクレームが続発しているのです。許可番号を確認できる業者を利用してください。

5.植木鉢の処分でよくある質問

植木鉢を処分する際によくある疑問を集めました。参考にしてください。

Q.植木鉢が割れている場合、どのように処分すればいいのか?
A.自治体回収の場合、新聞紙やダンボールで包装し、「割れもの」と表記しておきましょう。回収業者の場合は、梱包(こんぽう)などは必要ありません。

Q.粗大ゴミに出す場合、土も一緒に出していいのか?
A.植木鉢と土では、分類が異なります。土の回収は、自治体で行っていない場合もあるでしょう。お住まいの地域にルールを確認し、適切な方法で処分してください。まれに、ホームセンターなどで土の引き取りをしてくれる場合があります。

Q.リサイクルショップでは、植木鉢を買い取りしてもらえないのか?
A.ほとんどのリサイクルショップでは、植木鉢の買い取りを行っていません。高価な植木鉢などを売りたい場合は、ネットオークションや地元の掲示板などを利用し、買い手を募るほうがいいでしょう。ただし、運搬方法や発送方法は、あらかじめ考えておいてください。

Q.植木鉢を捨てるのが忍びない
A.捨ててしまうのがもったいないと感じる方は、インターネットで寄付できる団体を探す方法もおすすめです。学校や福祉施設など、植物を育てる取り組みをしているところでは、寄付を募っている場合があります。事前に寄付が可能かを確認しておきましょう。

Q.回収業者は、夜間や早朝でも対応可能か?
A.業者により、割増料金が発生する場合があります。業者に連絡し、希望日時を伝えて相談しましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 植木鉢の処分は、材質や大きさに応じて分類が異なります。自治体回収の場合は、燃えないゴミや粗大ゴミなど、ルールに従って分別を行ってください。割れているものはきちんと表記して捨てるようにしましょう。捨て方で迷ったら、回収業者を利用すると便利です。費用はかかっても、迅速に植木鉢の処分を行ってもらえます。分別や運搬など面倒な手間がいらないのもメリットです。回収業者を利用し、不要な植木鉢を処分してみてください。