一人暮らしの掃除ならお任せ! キレイに片づくコツを伝授!

一人暮らしは、何でも自分の思いどおりになるのが最大のメリットです。一人の自由を満喫している人も多いことでしょう。しかし、一人暮らしであっても、掃除は必要です。誰からも指摘を受けないため、きちんと掃除をしていない人もいるのではないでしょうか。実際に、どこをどのように掃除すればいいのか、よく分からないことも多いものです。そこで、今回は、一人暮らしの掃除について、片づけのコツなど詳しく解説します。

  1. 一人暮らしの掃除は必要?
  2. 一人暮らしの掃除の基本
  3. 一人暮らしのスペシャルな掃除方法とは?
  4. 一人暮らしの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、一人暮らしの掃除に関する基本が分かり、いつもキレイな部屋を維持することができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.一人暮らしの掃除は必要?

最初に、一人暮らしの掃除の特徴や必要性などを解説します。

1-1.一人暮らしの特徴

一人暮らしでは、食事の用意・洗濯や掃除など、家事のすべてを自分で行う必要があります。本格的に家事をするのは、一人暮らしを始めてからだという人も多いことでしょう、さて、部屋の間取りはワンルームやIK・IDKなど部屋数が少ない場合がほとんどです。そのため、普段からこまめに掃除をしていればいつもキレイに保ちやすいと言えます。

1-2.掃除の必要性や頻度について

一人暮らしでは、自分のほかに人がいないため、汚くしていても注意してもらえません。掃除をせずに放置すると汚れたままになり、汚部屋のような状態になりやすいのです。一人暮らしでは、掃除をする・しないも自由なため、部屋をキレイに保つことができるかどうかは、住んでいる人の心がけしだいとなります。一人暮らしでは、特に水回りが汚れやすいものです。特にトイレや風呂など、肌が触れる部分は毎日掃除するように心がけましょう。そのほかの部分は、2~3日に1回は掃除してください。キッチンは、使った都度、食器洗いと同時に軽く掃除をしておくといいでしょう。

2.一人暮らしの掃除の基本

一人暮らしの掃除の基本について、詳しく解説します。

2-1.基本の掃除方法

まずは、窓を開けて部屋の換気をしましょう。また、ホコリを吸い込まないために、マスクをしてください。掃除は、上から下に行うことが基本です。床掃除から始めると、後からタンスの上などを掃除したときにホコリが落ちてくることで、二度手間になります。汚れがひどい部分は、掃除に時間がかかるので後回しにし、軽い部分から始めると効率よく進むのでおすすめです。

2-2.毎日やっておくといいこと

掃除をしやすくするためには、ものが少ないほうが有利です。特に、できるだけ床にものを置いたままにしないようにしましょう。床にものがあると、掃除機やモップがかけづらく、掃除の効率が下がります。また、ホコリがたまりやすくなるなど、いいことはありません。また、ハンディーモップやフローリングワイパーなどを用意してホコリが気になるときに、簡単にふき取りができるようにしておくといいでしょう。

2-3.便利グッズについて

掃除を楽に行うためには、便利グッズを活用するといいでしょう。たとえば、100円ショップやDIYショップには、掃除が楽にできるグッズがたくさん売られています。自分が使いやすい便利グッズをそろえると毎日の掃除が楽しくなるのでおすすめです。めんどうな掃除を続けるためにも、いろいろと試してみてください。

3.一人暮らしのスペシャルな掃除方法とは?

一人暮らしでは、定期的にスペシャルな掃除を行いましょう。

3-1.一人暮らしのスペシャルな掃除とは?

普段から掃除をしていれば、大幅に汚れることは少ないものです。しかし、毎日の掃除で手が届かない場所は、定期的にスペシャルな掃除を行いましょう。たとえば、年末や実家に帰省する前に行うことをおすすめします。スペシャルな掃除とは、以下のようなものです。

  • エアコンのフィルター掃除
  • 換気扇の汚れ落とし
  • キッチンの水あか掃除
  • 風呂場のカビ掃除
  • 天井の掃除

普段手が届かない場所だからこそ、スペシャルな掃除で徹底的にキレイにしましょう。

3-2.スペシャルな掃除方法のポイントやコツ

汚れが取りづらいところは、水で薄めた洗剤を布に含ませて数十分放置することで、取りやすくなります。放置している時間を使って、ほかの場所の掃除を進めましょう。スペシャルな掃除は重労働なので、適度に休憩を入れることも忘れないでください。何をやっても汚れが取れないときは、ひとまずあきらめ、ほかの場所の掃除に移りましょう。限られた時間を効率よく使うことがコツです。

3-3.掃除には便利グッズを活用しよう

普段手が届かないところを掃除するときほど、便利グッズが役に立つものです。高いところでも楽に掃除ができる柄の長いモップ・すき間掃除がはかどる棒状の掃除用具・サッシなどのゴミを吸い込みやすい掃除機用のノズルなど、いろいろあります。大変な掃除だからこそ、便利グッズで効率よく進めていきましょう。簡単にキレイになるので、掃除が楽しくなります。

3-4.一人暮らしのスペシャルな掃除に関する注意点

スペシャルな掃除は、手間と時間がかかるものです。最初に、きちんと計画を立ててから進めると無駄がありません。効率よく掃除を行うためにも、掃除を行う場所・順番・大体の時間を決めておきましょう。途中で時間が押してきた場合は、続行するか次回にするか状況に応じて判断してください。1回でキレイにならない場合、複数回に分けて取りかかったほうがいい場合もあります。また、途中で体調が悪くなったときは、すぐに休憩してください。一人での作業は、予想以上に体力と気力を消耗するものです。

4.一人暮らしの掃除に関するよくある質問

最後に、一人暮らしの掃除に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、役立ててください。

Q.夜間に掃除するときの注意点は?
A.騒音と振動に気をつけてください。掃除機をかけない・トイレや風呂場の掃除は避ける、などを心がけましょう。また、フローリングワイパーを使えば騒音を気にせずに掃除ができます。夜間に掃除をする場合は、騒音や振動が出にくいふき掃除を中心に行うといいでしょう。

Q.部屋のホコリを減らすアイデアは?
A.むやみに布製品や紙製品をたくさん置かないようにすることで、ホコリを減らすことができます。また、洋服を脱ぎっぱなしにしないことも効果的です。しかし、ホコリをゼロにすることはできません。毎日こまめに掃除をすれば、気になるほどにたまることはないでしょう。

Q.ものが多くて収納があふれてしまうのですが?
A.まずは、不用品を処分してください。収納量以上にものがあれば、あふれるのは当然です。必要なものだけを残して、思いきって処分すると部屋がスッキリします。さらに、ものが少ない部屋になれば、掃除がしやすくなって一石二鳥です。

Q.フローリングの汚れを防止するアイデアは?
A.素足で歩くと皮脂がついて汚れやすくなります。フローリングは、靴下かスリッパをはくといいでしょう。ただし、スリッパも使い続けるうちに、裏が汚れます。時々交換するか、ウォッシャブルタイプのものを使用して清潔な状態で使いましょう。なお、ワックスをかけることで汚れにくくなるものです。スペシャルな掃除のときに行うといいでしょう。

Q.一人暮らしでも掃除を業者に依頼していいですか?
A.問題ありません。掃除が苦手だったり時間がなかったりする場合は、プロのハウスクリーニング業者に依頼しましょう。一人暮らしの部屋ならば、料金も高くありません。費用を抑えたいときは、部屋全体ではなく、風呂場やキッチンだけなど、部分的な依頼もできます。まずは、やってほしいことを明確にし、業者に相談してみましょう。

まとめ

今回は、一人暮らしの掃除について詳しく解説しました。一人暮らしは自由で気ままなのがメリットですが、快適な生活を続けるためにもいつもキレイに掃除する必要があります。しかし、自分以外に指摘してくれる人がいなければ、すぐに散らかってしまうことでしょう。急な来客時に慌てないようにするためにも、こまめに掃除をしてください。普段からキレイに保つことを心がけ、定期的にスペシャルな掃除をすることで、いつでも快適な部屋になります。