アイロンは不要になったらどう処分するのか? 4つの方法を紹介します!

アイロンやアイロン台の処分方法をご存じでしょうか? アイロンはたいていの家庭で使う家電の一つですが、不要になったときの処分に困る人も多いと思います。「自治体のゴミ回収を利用できるのか?」「お金をかけずに処分する方法を知りたい」という人のために、アイロンの処分方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. アイロンを自治体に出して処分する場合
  2. アイロンを引き取りや下取りで処分する場合
  3. アイロンをリセールする場合
  4. アイロンを回収業者に依頼して処分する場合
  5. アイロンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分に合ったアイロンの処分方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.アイロンを自治体に出して処分する場合

自治体回収を利用して処分する場合、アイロンやアイロン台は何ゴミに分類されるのでしょうか。小型家電リサイクル法についてもご紹介します。

1-1.何ゴミなのか?

アイロンはほとんどの自治体で不燃ゴミに分類されます。アイロン台は素材にもよりますが、可燃ゴミとして捨てることができる場合が多いでしょう。ただし、ゴミの分類については自治体によって違いがあります。粗大ゴミとして扱っている自治体もあるため、必ず事前に確認しておいてください。

1-2.小型家電リサイクル法の対象になるのか?

アイロンは小型家電リサイクル法の対象になります。小型家電リサイクル法とは、家庭から出た廃家電に含まれる資源を再利用することを目的とした法律です。自治体によってはアイロンを小型家電として回収し、リサイクルに回しているところもあるため、確認しておきましょう。

1-3.出し方、やるべきこと

不燃ゴミに分類されている自治体では、指定のゴミ袋に入れて指定のゴミ捨て場に持って行くだけで処分可能です。粗大ゴミとして扱われる場合は、事前に回収の申し込みが必要になります。回収日時と場所・料金を確認しておきましょう。料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、アイロンに貼った状態で回収場所に持って行くのが一般的な流れです。ただし、不燃ゴミ・粗大ゴミの出し方も自治体ごとに違いがあるため注意しましょう。また、小型家電リサイクル法の取り組みをしている自治体では、回収ボックスを設置してアイロンを回収しているところもあります。その場合、どこに設置されているか事前に確認が必要です。

1-4.メリットとデメリット

自治体を利用する最大のメリットは、費用が安いという点でしょう。相手が自治体ということで安心感も大きいと思います。しかし、回収場所まで自分で持って行く必要があるという点、回収日が決まっているためすぐに処分できない点などをデメリットに感じる人もいるでしょう。

2.アイロンを引き取りや下取りで処分する場合

アイロンを新しく買い替える場合は、販売業者の引き取りや下取りサービスを利用できる可能性もあります。

2-1.こんなときは買い替えがベター

以下のようなときは、アイロンの買い替えを検討するべきです。

  • 購入から5年以上経過している
  • 不具合が頻繁に起こる
  • 機能性のすぐれたアイロンが欲しい
  • 完全に壊れる前に新しくしたい

2-2.新製品が安い時期を知っておこう!

アイロンを買い替えるにあたって、新製品が安く売り出される時期について知っておくことをおすすめします。基本的に、新しい商品が発売されるタイミングで旧製品が安くなることが多いでしょう。そのほかにも、ボーナス時期や年末年始、年度末などにセールを行う家電量販店が多いため、チェックしてみてください。

2-3.販売業者の引き取り、下取りとは?

販売業者によっては、新しいアイロンの購入と引き換えに古いアイロンを引き取り・下取りしてくれるサービスを行っているところもあります。下取りの場合は新規購入代金から下取り分を差し引いてもらえるため、お得にアイロンを購入できるでしょう。購入と処分が同時にできるというメリットもあります。ただし、このようなサービスを行っていない業者もあるため、事前に確認が必要です。

2-4.注意点

通販で新しいアイロンを購入する場合も、業者によっては下取りや引き取りのサービスを利用できるところもあります。一時的なキャンペーンとして実施している場合もあるため、必ず確認してみてください。

3.アイロンをリセールする場合

比較的状態のよいアイロンは、廃棄よりリセールする方法を検討すべきです。

3-1.アイロンやアイロン台に中古需要はあるのか?

アイロンやアイロン台は中古市場でも比較的需要があるため、買い取り可能になる場合がほとんどです。特に、人気メーカーのアイロンや高性能なアイロンは高値がつく可能性もあるため、査定に出してみるとよいでしょう。ただし、壊れているものや購入から5年以上たっているもの、汚れや傷が目立つものなどは買い取り対象にならない場合もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

3-2.リサイクルショップを利用する場合

買い取りに出す方法として最も手軽なのが、リサイクルショップでしょう。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐお金に換えたい人におすすめです。ただし、リサイクルショップは買い取り価格が低い傾向にあること、買い取り不可の場合は再び持ち帰らなければならないことなど、デメリットもあります。

3-3.ネットオークションを利用する場合

インターネットオークションに出品する方法もあります。うまくいけば希望価格で買い手が見つかる場合もあるため、リサイクルショップの買い取り価格に納得がいかない場合は試してみるとよいでしょう。ただし、写真の掲載や買い手との取り引きなど、手間がかかる方法であることは確かです。また、買い手が見つかるまでアイロンを手元に置いておかなければならないことも、デメリットの一つでしょう。

4.アイロンを回収業者に依頼して処分する場合

不用品回収業者に依頼する方法やコツ、注意点などをまとめました。

4-1.こんなときは業者利用がおすすめ!

以下のようなときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

  • アイロン以外にも処分したい不用品が大量にある
  • 自分で持ち運ぶのが困難
  • 自分で処分する時間がない
  • 仕分けが面倒

4-2.回収方法

一般的に、回収業者による回収方法には「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。不用品が大量にある場合や、大型の不用品を依頼したい場合などは、出張回収を選択するとよいでしょう。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、大変便利です。

4-3.料金について

回収にかかる料金は、業者によって異なります。アイロンの場合は数千円で回収してもらえる場合がほとんどですが、できるだけ事前に数社の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握できるでしょう。損をすることなく不用品を処分できます。

4-4.コストをかけずに回収してもらうコツ

不用品回収業者の中には、無料で回収をしているところもあります。そのような業者を利用すれば、コストをかけずに回収してもらうことが可能でしょう。ただし、近年は無料回収業者とのトラブルも数多く報告されているため、業者選びには注意が必要です。無料回収業者を利用する際は、なぜ無料で回収が可能なのか、しっかりと説明できる業者を利用するようにしましょう。

4-5.こんな業者には注意!

家庭から出た不用品の回収を行うには、一般廃棄物収集運搬業の許可を得る必要があります。しかし、中にはこの許可を持たずに営業する違法業者も存在しているのです。そのような業者を利用して高額な料金をだまし取られた例や、不用品を不法投棄された例も報告されています。そういったトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは十分慎重に行ってください。

5.アイロンの処分に関するよくある質問

「アイロンを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.アイロンの寿命はどのくらいですか?
A.一般的に5年前後といわれています。メーカーの部品保有年数が製造打ち切り後5年であることから、故障しても修理するのが難しくなるのです。

Q.アイロンの買い替えが必要な症状にはどのようなものがありますか?
A.電源が入らない、途中で電源が切れる、温まらない、などの症状が起こるようになると、買い替えを検討すべきでしょう。

Q.アイロンを高価買い取りしてもらうためのポイントを教えてください。
A.できるだけきれいに掃除をしておく、付属品をそろえておく、正常に動作するか確認しておくことが大切です。買い取り先についても、比較して選ぶようにしましょう。

Q.不用品回収業者が回収できないものもあるのですか?
A.基本的に家庭から出た不用品は回収可能ですが、生ゴミや土・汚物・危険物などは回収の対象外とする業者がほとんどでしょう。

Q.回収と買い取りを同時に依頼することはできないのですか?
A.回収と買い取りを同時に受け付けている業者もあります。状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 不要になったアイロンの処分方法について詳しくご紹介しました。アイロンの処分方法にはいくつかありますが、どの方法を選択すべきかはよく考える必要があるでしょう。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、ベストな処分方法を選んでください。