トースターの捨て方・処分のコツとお得な方法を詳しく解説!

トースターは、パンなどを簡単に焼くことができるため、何かと便利な調理器具です。特に、忙しいときには、朝食作りなどでとても重宝します。しかし、寿命や買い替えなどで、不要になったものの捨て方や処分で困ることもあるでしょう。ゴミとして出すべきか、そのほかの処分方法を選ぶべきか迷いますよね。そこで、今回は、トースターの捨て方や処分のコツやお得な方法について、詳しく解説しましょう。

  1. トースターの捨て方について
  2. トースターの捨て方:リセールする場合
  3. トースターの捨て方:不用品回収業者に頼む場合
  4. トースターの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、トースターの捨て方や処分に関する基本が分かり、適切な方法を選ぶことができます。まずは、記事を読んで参考にしてください。

1.トースターの捨て方について

最初に、トースターの捨て方の基本を解説します。小型家電リサイクル法についても参考にしてください。

1-1.トースターについて

トースターとは、主にパンを焼くための調理器具です。トースターには、主にオーブン型とポップアップ型の2種類があります。オーブン型は、パンや食材を平らに置き、加熱する方式です。最近では、スチーム機能がついた高級タイプも出てきており、人気が高まっています。ポップアップ型はトースト専用タイプであり、パンを加熱部分に縦に入れて焼き上がりを待つものです。トーストを手軽に食べたい人に根強い人気があります。

1-2.トースターは何ゴミになる?

トースターは、自治体に不燃ゴミもしくは粗大ゴミとして出すことができます。大きさによって分別が異なる場合もあるので注意しましょう。実際にどちらになるかは、自治体に確認してください。いずれにしても、決められたルールに沿って出しましょう。

1-3.小型家電リサイクル法について

小型家電リサイクル法は、トースターのような小型家電に使われているレアメタルなどの貴重な資源を有効活用するための法律です。小型家電リサイクル法に基づいて回収したものは、自治体が責任を持ってリサイクルすることになります。ただし、指定品目は自治体ごとに異なるため、確認が必要です。

1-4.自治体による回収について

トースターを自治体に回収依頼する場合、不燃ゴミ・粗大ゴミ・小型家電リサイクル法に基づく回収の3つとなります。不燃ゴミは、回収費用が無料ですが指定曜日・日時を守って出してください。粗大ゴミで出す場合は、事前に自治体の粗大ゴミ受付窓口二連絡し、日時と回収場所の指定を受けましょう。粗大ゴミは、有料回収とする自治体が多く数百円程度の費用がかかります。小型家電リサイクル法に基づく処分をする場合は、区役所などに設置してある専用の回収ボックスに投入すれば無料で回収可能です。

  • メリット:不燃ゴミと小型家電リサイクル法に基づく処分は無料(粗大ゴミでも1台数百円程度と安い)・依頼先が自治体なので信頼度が高い
  • デメリット:粗大ゴミに出す場合は手続きが面倒・小型家電リサイクル法専用回収ボックスの設置数が少ない

2.トースターの捨て方:リセールする場合

トースターでも、まだ使用できるものはリセールを考えましょう。どんなものがリセール可能か・どんなところでリセールできるかなど、詳しく解説します。

2-1.買い取りしてもらえるトースターとは?

不要になったトースターでも、以下の条件を満たすものは買い取りしてもらえる可能性が高いでしょう。

  • 外観に目立つ汚れやキズがなくキレイ
  • 年式が新しい(使用感が少ない)
  • 人気ブランド・メーカーのものである
  • トースターとしての機能に問題がない
  • 付属品・使用説明書などがそろっている

2-2.トースターをリセールするメリット・デメリット

リセールのメリットは以下のとおりです。

  • 必要な人の元で再度使用してもらえる
  • お金が手に入る
  • 資源を大切にできる

デメリットは以下になります。

  • 予想よりも安い金額での取り引きとなることがある
  • 故障しているなど、状態によってはリセールできない

2-3.リサイクルショップ

としての再販を目的に、不要になったトースターを買い取っています。業者の店頭に持ち込み、査定を受けましょう。査定の結果、金額に納得できる場合は契約をし、トースターを引き渡してください。

  • メリット:その場で査定結果が出るためスピーディーに進む
  • デメリット:査定金額が安いことが多い・業者の店頭に持ち込む手間がかかる

2-4.インターネットオークション

インターネットオークションを利用して、中古のトースターを探している人にリセールする方法です。専門サイトに登録・出品手続きをし、落札希望者からの入札を待ちましょう。無事に落札された後は、落札者との間で入金確認・商品の発送などを行ってください。

  • メリット:思わぬ高額落札となる場合がある・必要な人の手に渡すことができる
  • デメリット:出品手数料がかかる・商品クレームや入金トラブルなどに巻き込まれやすい

2-5.家電専門買取業者

トースターの処分は、家電専門の買取業者に依頼することもできます。店頭持ち込みなどの方法で、業者の査定を受けましょう。一般のリサイクルショップよりも家電に関する知識が豊富なため、条件のよいものはより有利となります。

  • メリット:専門知識が豊富で誠実な査定が期待できる
  • デメリット:業者の数が少ない・対象品目が限られている場合がある

3.トースターの捨て方:不用品回収業者に頼む場合

不要になったトースターは、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。メリット・デメリットをはじめ、回収方法・料金・業者の選び方など、詳しく解説しましょう。

3-1.不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 買い取りの対象になればお金が手に入る
  • 故障していても処分できる
  • 資源を大切にできる
  • ほかの不用品も同時に処分できる

デメリットは以下のとおりです。

  • 基本的には回収費用がかかる
  • 悪質業者に注意が必要

3-2.不用品回収業者がトースターを回収する方法

不用品回収業者にトースターの回収を依頼する場合、主に以下の3つの方法から選ぶことになります。業者によっては、取り扱っていない方法もあるので事前に確認しておきましょう。

  • 店頭持ち込み:業者の営業店舗に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便にて業者に送付する
  • 出張回収:日時・場所を指定して業者に回収しに来てもらう

3-3.トースターの回収料金

不用品回収業者にトースターの回収を依頼した場合の料金については、以下を目安にしてください。

  • 店頭持ち込み:無料~
  • 宅配回収:千円程度(宅配便の送料)~
  • 出張回収:数千円程度(軽トラックの手配代)~

店頭持ち込みの場合でも、自分で店舗まで持ち込むときのガソリン代などがかかります。業者によっては、宅配便での送付なら条件つきで無料としているところもあるので、いろいろと調べてお得な方法を選びましょう。

3-4.不用品回収業者の選び方について

トースターの処分を依頼するには、以下の条件を満たす不用品回収業者を選んでください。

  • トースターなどの家電や不用品の回収実績が豊富
  • 積極的に資源リサイクルをしている
  • 見積もりは無料
  • 中古品として再販できるものは買い取っている
  • 回収費用がリーズナブル
  • 日時・場所指定での回収も可能
  • スタッフが親切で顧客からの評判がいい
  • 古物商許可など必要な許可を取得している

3-5.不用品回収業者に依頼するときの注意点

不用品回収業者にトースターの処分を依頼するときは、悪質な業者に注意してください。トースターを無料で回収すると言って近づき、ほかのもの(貴金属類などの高価なもの)無理やり回収しようとする業者もいるのです。また、トースターの回収も何かと理由をつけて有料とする場合もあります。いずれにしても、訪問営業や電話勧誘を主体に行い、甘い言葉を多用するところとは契約しないでください。さらに、古物商許可など必要な許可を得ずに営業をしている場合もあるので気をつけましょう。

4.トースターの捨て方に関するよくある質問

最後に、トースターの捨て方に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にしてください。

Q.トースターで人気のメーカーは?
A.特に人気の高いメーカーには、以下のようなものがあります。人気メーカーのトースターは買い取りも有利です。

  • バルミューダ
  • デロンギ
  • パナソニック
  • タイガー
  • 象印

Q.トースターを不燃ゴミで出すときの注意点は?
A.自治体ごとの不燃ゴミ回収日時と場所を守ってください。指定日時以外に出すことはマナー違反であり、近隣に迷惑をかけます。また、作業員がケガをしないように突起部分は段ボールなどでカバーする・ガラス部分が割れていたらテープを貼っておくなどの配慮もしましょう。

Q.複数台のトースターを処分する場合に最適な方法は?
A.不用品回収業者に依頼しましょう。1台ごとに査定をしてくれ、買い取り・処分いずれかにて回収してもらえます。出張回収を選べば自分で運ぶ手間もなく、日時指定もできて便利です。まずは、業者に見積もりを依頼してみてください。

Q.業者で回収したトースターは本当にリサイクルしているのですか?
A.きちんとした業者なら、再販もしくは資源リサイクルしています。古物商許可・一般廃棄物収集運搬許可などの許認可を受けている業者なら、安心できるでしょう。許認可を得ずに営業している業者は、有料で回収後、私有地に不法廃棄するケースもあるので契約しないでください。

Q.トースターのほかにも処分したいものがある場合は?
A.まずは、業者に相談して見積もりをもらいましょう。大体の内容と物量を伝えるとスムーズです。トースターのほかに買い取りできるものがあれば、処分費用と相殺できて安く済みます。個別に依頼するよりもお得ですから、不用品をまとめて処分することも考えてみましょう。

まとめ

今回は、トースターの捨て方や処分について詳しく解説しました。不要になったトースターも、貴重な資源です。ゴミとして出すとせっかくの資源を有効活用できません。まだ使用できるものはリセール・故障などで使用不可のものは、資源リサイクルできる方法で処分しましょう。さまざまな処分方法の中でも、特におすすめは不用品回収業者に依頼することです。中古品として再販可能なものは買い取りしてもらえ、不可能な場合でも処分してもらえます。この記事を参考に信頼できる業者を選び、相談してみてください。