粗大ゴミの片付け処分方法! 買取・業者選びの具体的なポイントまとめ

家の片付けや大掃除・引っ越しの際などは、大量のゴミや不用品が出てくるかと思います。中でも、粗大ゴミの処分方法がややこしく悩んでしまうこともあるでしょう。自治体での粗大ゴミの処分方法が分からない・テレビや冷蔵庫は粗大ゴミで捨てられるの? といった疑問もあるのではないでしょうか。そこで今回は、粗大ゴミの片付け・処分方法などをご紹介します。

  1. 粗大ゴミについて
  2. 粗大ゴミの片付け方
  3. 粗大ゴミの回収業者選びのポイント
  4. 粗大ゴミについてよくある質問
  5. まとめ

粗大ゴミの処分方法について知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。片付けや処分方法に役立つ情報が満載です。

1.粗大ゴミについて

まずは、粗大ゴミの基礎知識をご紹介します。

1-1.粗大ゴミとは?

粗大ゴミとは、家具家電などのゴミのことをいいます。何を粗大ゴミとして取り扱うかは、各自治体によって決まっているのです。粗大ゴミの代表的なものは、机・テーブル・椅子・ソファ・棚・ドライヤー・アイロン・電子レンジ・オーブンなどがあります。サイズが小さいものでも(特に家電類)粗大ゴミとして取り扱っている自治体もあるので注意しましょう。

1-2.粗大ゴミと法律

粗大ゴミに関する法律には、家電リサイクル法・小型家電リサイクル法・PCリサイクル法などがあります。ドライヤー・アイロン・電子レンジなど、小型家電リサイクル法の対象家電は、自治体の指示に従って処分できる場合がほとんどです。家電リサイクル法・PCリサイクル法については、「2-2.特殊な不用品について」でご紹介します。

1-3.捨て方の決まりごとについて

粗大ゴミ料金の捨て方は自治体によって異なります。大まかな流れは以下のとおりです。

  • HPや電話などで粗大ゴミの申請をおこなう(回収日や料金を聞く)
  • 自治体指定の店舗で粗大ゴミ処理券(シール)を購入する
  • 回収日になったら、粗大ゴミを回収所まで持って行く

粗大ゴミ料金は、品目や大きさによってさまざまです。200円程度で捨てられるものもあれば、3,000円くらいかかってしまうものもあります。

2.粗大ゴミの片付け方

粗大ゴミの片付け方法やそれぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

2-1.粗大ゴミをどうするか

粗大ゴミは、捨てる・売る・回収依頼をするなどの方法で処分することができます。まだ使える家電・家具類は、リサイクルショップや買取業者などに依頼して買取してもらいましょう。買い取ってもらえればちょっとした収入にもなり、処分費用を節約できます。売れないものは、自治体に粗大ゴミとして出したり、回収業者に引きとってもらうなどの方法で処分することとなるでしょう。

2-2.特殊な不用品について

下記の不用品は、粗大ゴミとして処分することができませんので注意しましょう。

2-2-1.家電リサイクル法対象家電

テレビ・洗濯機(乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコンは、粗大ゴミとして捨てることはできません。家電リサイクル法の対象家電だからです。小売店や郵便局などで、家電リサイクル券を購入し、手続きをおこなう必要があります。自分で回収場所まで運搬できない場合は、数千円の運送料金を支払う必要もあるのです。

2-2-2.パソコン

PCリサイクル法により、パソコンは基本的には自治体で回収処分することができません。ただし、自治体によってはリサイクルボックスで回収しているところもあるでしょう。平成15年より後に発売されたPCには、PCリサイクルマークというものがついています。PCリサイクルマークがついているパソコンは、無料でメーカー回収に出すことが可能です。メーカーのHPを参照してください。PCリサイクルマークのないパソコンは、3,000円程度の処分費用がかかってしまうので注意しましょう。

2-3.片付け方法

2-3-1.自治体による処分

自治体で粗大ゴミを処分する場合は、200~3,000円程度の処分費用が発生します。品目によっては不用品を安価に処分できるでしょう。また、市区町村の管轄のため比較的安全に不用品を処分することができます。ただし、回収日を待ったり回収場所まで粗大ゴミを持って行く手間が発生することも理解しておきましょう。

2-3-2.リサイクルショップへ売る

新しくきれいな家具家電類は、買取に出すのがおすすめです。店舗によって買取可能品目が異なるので、持ち込む前に確認しておきましょう。買取査定は店舗で現物を見ておこなうため、不用品を持ち込む手間が発生します。商品の量や数が多ければ、出張買取査定に来てもらえる場合もあるので、リサイクルショップに確認してみましょう。

2-3-3.回収業者に依頼する

回収業者に依頼することで、楽に粗大ゴミを処分することができます。家にいたまま回収してもらえるのが最大のメリットです。回収料金が発生するので、1、2点を出すよりも、複数の不用品をまとめて出したほうがお得になるでしょう。詳しくは次項もご参照ください。

3.粗大ゴミの回収業者選びのポイント

回収業者の選び方のポイントや注意点などをご紹介します。業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

3-1.業者へ依頼したほうがいい場合

以下のような場合は、回収業者を利用したほうがよいでしょう。

  • 粗大ゴミを自分で回収場所まで持って行けない
  • 粗大ゴミが大量にある
  • 売りたい品と処分する品が混ざっている(買取をおこなっている回収業者がおすすめ)
  • 家電リサイクル法対象家電や、パソコンなどの手続きを自分でするのは面倒
  • 急いで粗大ゴミを処分したい
  • とにかく楽に粗大ゴミを処分したい

3-2.業者の選び方のポイント

回収業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

  • 料金が分かりやすい
  • 無料見積もりをおこなっている
  • 回収可能品目が多い
  • 古物商許可などの資格を持っている
  • 買取もおこなっている(買取を希望する場合)
  • 片付け・清掃サービスをセットでおこなっている(希望する場合)

3-3.注意点など

回収業者の中には、悪質なところもあるので注意しましょう。たとえば、料金が最初の説明と違う・後から高額の料金を請求された・依頼した粗大ゴミを不法投棄されてしまった、などのトラブルも発生しています。業者を利用する際は、資格や営業所など身元をしっかり確認しましょう。また、料金やサービス内容に関することを口頭だけで済ませる業者はNGです。

4.粗大ゴミについてよくある質問

粗大ゴミの片付け・処分方法についてよくある質問にお答えします。

Q.粗大ゴミを安く処分するには?
A.まず、買取に出せそうなものを探しましょう。捨てる場合は、1、2点なら自治体での処分が安いでしょう。業者を利用する場合は、複数社に見積もりを依頼し、比較することでより安いところを選ぶことができます。

Q.不用品の買取価格をアップする方法は?
A.掃除できる部分はなるべくきれいにしておき、付属品・消耗品・保証書・取扱説明書・外箱などがあればそろえておきましょう。製造年が浅いもののほうが高額買取のチャンスがあるので、なるべく早く買取に出すのもポイントです。また、季節家電はシーズンインよりも、シーズン直前のほうが売れやすいでしょう。

Q.企業や店舗から出た粗大ゴミはどうしたらいい?
A.企業などから出たゴミは産業廃棄物扱いとなり、一般的なゴミ出し方法ができません。産業廃棄物取扱の資格を持っている回収業者に依頼しましょう。

Q.粗大ゴミを解体して不燃ゴミや可燃ゴミとして出すことはできますか?
A.基本的には、使用時のサイズや品目で判断するため、解体してサイズダウンしても処分費用が安くなるとはいえません。ただし、同じ種類の家具でも組み立て式や折りたたみ式のものは少し安い料金が設定されていることもあります。

Q.悪質な業者を避けるためのポイントは?
A.以下のような業者を利用しないようにしましょう。

  • 資格・営業所など、身元があいまい
  • 見積書などを書面で提出しない
  • 依頼していないのに訪問・営業に来る
  • 地域を巡回している廃品回収車

5.まとめ

粗大ゴミの片付け方法や処分方法をご紹介しました。粗大ゴミの量や品目によって、処分方法を検討すると良いでしょう。粗大ゴミをお得に処分したい場合は、買取や業者・自治体をうまく組み合わせてみてください。