遺品整理で家具を処分したい人へ! 買い取りがお得で便利!

遺品整理では、特に家具の処分に困る人が多くいます。遺品整理をスムーズに進めるためにも、早めに処分したいところですよね。しかし、親が大切に使っていたものは、思い入れがあることも多く、粗末に扱うのも気が引けることでしょう。しかも、家具は大きくて重さがあるため、どこに処分を依頼するべきかなど、よくわからないこともあるものです。そこで、今回は、遺品整理で家具を処分したい人のために、具体的な方法やコツなどを詳しく解説します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理と家具について
  3. 遺品整理を業者に依頼する方法
  4. 遺品整理と家具に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理に関する深い知識が身につき、適切な方法で家具を処分することができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.遺品整理の基礎知識

最初に、遺品整理の基礎知識を学びましょう。

1-1.遺品整理とは

遺品整理とは、亡くなった人が残した家財道具などを整理・処分することを言います。遺品整理の目的は、亡くなった人の供養や人生の後片付けをすることです。生活用品を処分し、思い出の品や財産を遺族で適切に分けるためにも、遺品整理は大きな意味を持ちます。

1-2.遺品整理はいつ誰がするか

遺品整理は、遺族が行うことが多くなります。身寄りがない人の場合は、家主や知人が行うこともあるでしょう。特に、遺産相続が関係する場合は、遺品整理の意味が強まります。遺産相続の手続き後に、新たな遺産が発生すると何かと面倒であるため、3か月以内に行うことが多いものです。また、ゴミ屋敷のような状態を放置すると、害虫や悪臭の発生などで、近隣に迷惑がかかる可能性があります。遺品整理は、早めに行うことが大切です。

1-3.遺品にはどんなものがあるか

遺品には、さまざまなものがあります。たとえば、以下のようなものです。

  • 家具
  • 家電
  • 思い出の品(写真・記念品など)
  • 現金
  • 有価証券
  • 衣類(洋服・着物など)
  • 貴金属類
  • 趣味のコレクション(模型・食器・絵画・雑貨など)

1-4.遺品にまつわるさまざまな問題点

遺品の中には、金銭価値の高いものが含まれていることがあります。相続人が複数いる場合、誰がもらい受けるのかなどで、もめごとになることが多いものです。また、故人の持ちものを遺族たちで分ける「形見分け」についても、トラブルが絶えません。誰が処分を実行するのか、費用を負担するのかについても、話し合いがつかずに長期間手つかずになるケースもあります。また、最近では身寄りのない人が増えており、亡くなった後に遺品の引き取り先がないのも問題です。

1-5.遺品整理の最近の傾向

核家族化が進んだ結果、親世帯と子ども世帯が離れて暮らすケースが多くなりました。そのため、遺品整理も遠くから子どもたちがやってきて行うことになるのです。また、作業をする時間や人手が足りないことから、自分たちで作業を進めるのではなく、遺品整理業者にすべて依頼するケースが増えています。遺品整理の需要は高まるばかりです。

2.遺品整理と家具について

遺品整理で最も頭を悩ますのが、家具の処分です。どんな処分方法があるのかについて具体的に解説します。

2-1.家具は遺品整理で悩むナンバー1

遺品整理では、多種多様なものを処分することになります。中でも、家具は処分方法で悩むものナンバー1に挙げる人が多いものです。高齢者は、家具にお金をかけて品質のいいものを購入する傾向があります。そのため、大きさや重さがあるものが多いのです。引き取り先を探すにしても、クローゼットが作りつけの住宅だったり置き場所がなかったりなどで、なかなか見つかりません。遺品整理をスムーズに進めるためにも、家具の処分方法をきちんと考える必要があります。

2-2.家具の処分方法を解説

家具の処分方法で、主なものを解説します。

2-2-1.自分で処分する

家具でも、引き取り先がある・運搬車両の手配ができる、などの場合は自分で処分することができます。時間と手間はかかりますが、処分費用をかけずに済むでしょう。大切な家具であるため、ほかの人に任せたくない場合も、自分で処分することをおすすめします。ただし、運ぶのが困難な場合などは、無理をせずほかの人に頼ることも大切です。

2-2-2.自治体に回収依頼をする

不要になった家具は、自治体に粗大ゴミとして回収依頼ができます。粗大ゴミ受付窓口に連絡し、回収日時・場所・費用・受付番号などの指示を受けましょう。なお、家具はひとつずつ処分費用がかかるので、注意してください。費用の支払いは、コンビニなどで「粗大ゴミリサイクル券」を購入する方式になります。シール式になっているので、受付番号などを記入し、粗大ゴミに貼り付けてから出してください。

2-2-3.リサイクルショップにリセールする

遺品整理で出た家具でも、特に状態のいいものはリサイクルショップにリセールすることを考えましょう。高齢者は桐(きり)の和ダンスなど高価なものを使っていることも多くあります。基本的には、自分で店頭に持ち込む必要がありますが、大量の家具を処分する場合に限り、出張買い取りサービスを受けられることもあるので相談してみるといいでしょう。

2-2-4.業者へ依頼する

遺品整理で出た家具は、まとめて業者に回収依頼することもできます。不用品回収業者と遺品整理専門業者、いずれかに依頼しましょう。いずれも、不用品の回収・処分サービスを行っており、状態のいいものは買い取りしてくれる場合もあります。両者を比較した場合、遺品整理専門業者に依頼したほうが専門知識が豊富で細やかなサービスを期待できるため、よりおすすめです。

3.遺品整理を業者に依頼する方法

遺品整理は、専門業者に依頼すると楽で便利です。主なメリットや料金・業者の選び方など、詳しく解説します。

3-1.遺品整理の業者とは

遺品整理の業者は、遺品整理について深い知識と実績持っているため、一般の不用品回収業者と比べて、細やかなサービスを提供できる点が強みです。たとえば、遺品捜索や遺品供養など、遺品整理につきもののサービスを行うことができます。遺品整理は、遺族にとって故人の大切な思い出を整理する作業でもあるため、気配りも必要です、遺品整理に特化した業者なら、安心して任せることができるでしょう。

3-2.遺品整理を依頼するメリット

業者に遺品整理を依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 自分たちで行うより効率よく進む
  • 仕上がりがキレイ
  • 時間と労力の節約になる
  • 都合のいい日時に依頼できる
  • ゴミ屋敷のような状態でも作業可能
  • 不用品の処分や買い取りを依頼できる
  • 遺品供養も依頼できる

3-3.遺品整理の業者選びのポイント

遺品整理は、信頼できる業者を選び、安心して依頼しましょう。以下のポイントが当てはまる業者がおすすめです。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 不要品の処分や買い取りもしている
  • 作業見積もりは無料
  • 費用がリーズナブルで明確なシステム
  • 作業が丁寧で迅速
  • 希望の日時を指定できる
  • 遺品供養もできる
  • 遺品整理士の資格を持ったスタッフが作業する
  • 利用者からの評判がいい
  • 古物商許可などを取得している
  • 損害賠償保険に加入している

3-4.遺品整理の料金相場

遺品整理を業者に依頼した場合の料金については、以下を参考にしてください。

  • 1K:34,800円程度
  • 1DK:59,800円程度
  • 2DK:119,800円程度
  • 3DK:179,800円程度
  • 4DK:229,800円程度

なお、実際の料金については、業者の見積もりを確認してください。不明な点があるときは、必ず問い合わせてクリアにしておきましょう。

3-5.遺品整理の相談窓口

遺品整理の相談は、遺品整理業者の問い合わせ窓口が最適です。電話やFAXだけでなく、ホームページから問い合わせフォームを利用することもできます。問い合わせフォームの場合、通常2営業日以内に業者から連絡があるので、詳しく相談してください。相談・見積もりを無料で行っているところは、総じて親切です。不安な点はきちんと聞き、安心して依頼できるようにしましょう。

3-6.遺品整理を業者に依頼するときの注意点

遺品整理を業者に依頼するときは、何をどこまでやってほしいのか明確にしておくことが大切です。手をつけなくていい部分・触れてほしくないものは、きちんと伝えておきましょう。また、おおよその作業時間を聞いておき、予定を調整することも大切です。できるだけ現場に立ち会うことが必要ですが、忙しい場合は、不在でも作業依頼できるか確認してください。

4.遺品整理と家具に関するよくある質問

最後に、遺品整理と家具に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、役立ててください。

Q.遺品の家具だと縁起が悪いイメージがあるのですが?
A.人は必ず死を迎えます。たとえば、亡くなったときの状況により、体液などが付着したものは縁起が悪い・気分が悪いと言われることもあるでしょう。しかし、経年による劣化があるものの、遺品だからといって不利になることはありません。品質のいいものは、持ち主が変わっても大切にしてもらえるものです。

Q.遺品整理で出た家具で特に需要があるものは?
A.和ダンスやアンティーク調の家具が特に人気です。質のいいものを安く手に入れたい人にとって、遺品整理で出た家具は掘り出し品となります。高品質でセンスがいいものは、経年変化がいい味となって価値が上がる場合もあるのです。古い家具であっても、思わぬ高額査定が出ることもあるでしょう。

Q.組み立て式の家具でも買い取りしてもらえますか?
A.組み立て式の家具は、簡易的な作りであるものが多く、再販価値に乏しいものです。買い取りしてもらえる場合でも、数百円程度となるでしょう。状態によっては、買い取り不可で処分となる可能性が高くなります。

Q.家具の処分費用を安く済ませるコツは?
A.家具以外のもので、買い取りになるものがないか探してみてください。遺品の中でも、家電やブランド品など、再販価値の高いものなら買い取りになる可能性があります。買い取り品があれば、家具の処分費用と相殺できるので安くなるでしょう。また、パック料金の適用で安くなる場合もあるので業者に相談してみてください。

Q.業者が家具を運び出す際に柱に傷をつけられた場合は?
A.完全に業者の落ち度である場合は、保証してもらいましょう。丁寧な作業をする業者なら、ぶつける可能性のある部分を養生シートやクッションでカバーしてから作業するものです。いずれにせよ、責任は果たしてもらいましょう。なお、信頼できる業者なら作業時の損害賠償保険に加入しているため、支払いもスムーズに進むはずです。

まとめ

今回は、遺品整理と家具の処分について詳しく解説しました。遺品の処分は、想像以上に大変です。特に家具は、大きさや重さがあるなどの理由で処分に困る人が多くいます。自分たちで処分するよりも、遺品整理専門の業者に依頼することがおすすめです。遺品整理で豊富な実績を持つ業者なら、効率よく作業を進めてくれ、仕上がりもキレイなので満足できるでしょう。また、家具などをはじめ、まだ使用価値があると判断したものは、買い取りをしてくれることもあり、処分費用と相殺できる場合もあるのでお得です。大切な親族の遺品整理を任せるのですから、さまざまな点をチェックし、信頼できる業者を選んで依頼してください。