ガスコンロの寿命や買い替えはいつ? タイミングや寿命の前兆とは?

毎日使うガスコンロは、やがて寿命を迎えます。使用頻度が高いほど、劣化が進むのは早いでしょう。突然使えなくなったら、大変困りますよね。ガスコンロの平均寿命や寿命が近づくにつれ起こるサインなどを理解しておけば、突然壊れて慌てることもなくなるでしょう。買い替え時期などを判断する基準にもなります。また、古いガスコンロの処分方法も覚えておいてください。
今回は、ガスコンロの寿命についてご紹介します。

  1. ガスコンロの寿命について
  2. ガスコンロの寿命を示す前兆・故障について
  3. ガスコンロの寿命・古いガスコンロの処分方法
  4. ガスコンロの寿命や処分方法でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、ガスコンロの寿命や買い替え時期がよく分かり、トラブルが発生する前に対処できるようになります。

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.ガスコンロの寿命について

まず、ガスコンロの基礎知識からご紹介します。

1-1.ガスコンロとは?

ガスコンロは、燃料であるガスに点火する仕組みの調理器具です。ガスの種類は2つで、都市ガスとプロパンガスがあります。ガスコンロの上にある五徳という台座は、鍋が安定した状態で使えるようにするためのものです。

1-2.ガスコンロの寿命は何年?

ガスコンロの寿命は、一般的に10年といわれています。使用する機会が多いほど、寿命までの年数も短くなるものです。故障やトラブルが頻繁に出るようになったら、寿命が近づいているサインとなります。無理に使わず、買い替えを検討すべきです。

1-3.種類別

ガスコンロには、ビルトインタイプとガステーブルタイプがあります。ビルトインタイプは、ガスコンロがシステムキッチンに埋め込まれており、メンテナンスしやすいのが特徴です。ガステーブルタイプは最も普及しているもので、ガステーブルに配置します。

1-4.寿命に差が出る要因とは?

使い方しだいで、ガスコンロの寿命は大きく差が出ます。掃除を怠れば、油汚れやほこりでさびが発生し、劣化も速くなるでしょう。使用環境が高温下や湿気の多い場所だと、寿命を縮めることもあります。レンジフードの汚れが頑固となり、やむなく処分を考えることもあるでしょう。

2.ガスコンロの寿命を示す前兆・故障について

ガスコンロの寿命が近づくと現れるサインや、買い替えの目安などを解説します。

2-1.寿命が近づいたサインとは?

2-1-1.着火しない

古くなったガスコンロは、ガスの供給が安定しなくなる傾向にあります。そのため、着火しないなどの不具合がたびたび生じるでしょう。清掃不足により、ガスの供給穴が塞がれ、着火しない場合もあります。メンテナンスをしても着火しないようなら、寿命が近いサインと捉(とら)えてください。

2-1-2.火が消えてしまう

ガスコンロの劣化が進行した場合、ガスの供給が不安定になり、火が途中で消えてしまいます。気づかないうちに、一酸化炭素中毒などの事故に発展する危険性があるのです。家庭には、ガス警報器が設置されています。危険を知らせる警報が鳴ったら、すぐにガス会社に連絡しましょう。

2-1-3.不完全燃焼

古いガスコンロは、安全装置のトラブルが多いものです。安全装置が適切に働かず、不完全燃焼となるケースもあります。引火による爆発や、一酸化炭素中毒のリスクも高いため、放置せずに買い替えを検討してください。

2-2.古いガスコンロのリスク

前述したとおり、寿命が近づくとさまざまな異常が起こります。20年使い続けているという方もいるでしょう。しかし、事故の危険性も秘めているため、軽視せずに点検や買い替えを考えるべきです。無理に使い続け、取り返しのつかない事態になることを回避しなければなりません。

2-3.買い替えの目安

平均寿命の10年を1つの目安として買い替えを考えるといいでしょう。トラブルがない場合でも、10年を迎えるころに交換を考えたほうが安全です。また、故障やトラブルが多くなったと感じたら、寿命を待たずに買い替えてください。ただし、購入したばかりで保証期間内という場合は、修理対応で済むケースがほとんどです。新しいものは修理、一定期間使ったものは買い替えとしたほうがいいでしょう。

2-4.ガスコンロの寿命や故障に関する注意点

ガス漏れなどを起こすトラブルも多いため、故障や異常は無視してはいけません。また、いったんトラブルが収まったからと安心し、ガス会社への連絡を怠るのも危険です。自己判断しないで、安全の確認を優先してください。

3.ガスコンロの寿命・古いガスコンロの処分方法

寿命を示すサインとともに、古いガスコンロの処分方法も覚えておきましょう。

3-1.処分方法

3-1-1.自治体

自治体では、ガスコンロは粗大ゴミとしている場合が多いでしょう。粗大ゴミは事前に申請してから排出するシステムとなっています。細かな規定は、自治体ごとに異なるため、必ず確認してください。申請後、指定された日時にガスコンロを出します。粗大ゴミの処理にかかる費用は、粗大ゴミ処理券を購入して支払いましょう。自治体処分は費用がとても安く、お金をなるべくかけずにガスコンロを処分したい方にとって便利な方法です。しかし、処分まで時間がかかるのがデメリットとなります。

3-1-2.販売店の引き取り

買い替えるタイミングで、古いガスコンロを処分する場合、販売店による引き取りを利用する方法があります。交換作業を依頼した販売店に引き取り希望の旨を伝え、交換と同時に処分をしてもらう方法です。販売店により、引き取り手数料がかかる場合があります。あらかじめ、手数料の確認をしてください。買い替えと同時に処分する場合、1回で交換と処分が完結します。処分方法を模索する必要がなく、とても便利な方法です。しかし、費用がかかる場合があることもデメリットでしょう。

3-1-3.リサイクルショップ

リサイクルショップでは、ガスコンロの取り扱いをしている場合があります。中古品として再販するためには、状態のよさが重要なポイントです。査定では、厳しく細かな部分までチェックされます。焦げつきや汚れなどがある・故障が多い・寿命が近いなどの場合は、査定で値段をつけることができません。良好な状態のものであれば、どのタイプでも買い取りとなる可能性が高いでしょう。年式が浅いほど、査定では有利です。デメリットは、運搬を自分で行うため、余計な手間がかかることでしょう。

3-1-4.不用品回収業者

近年ニーズが上昇しつつある不用品回収業者は、取扱品目が幅広いため、ガスコンロも引き取り対象となります。故障やトラブルがあっても引き取り可能という業者もあるため、年式・メーカー・品番などは、見積もり依頼時に伝えておきましょう。依頼方法は、業者のホームページから無料見積もりを利用し、引き取り希望を伝え、訪問して査定を受ける方法です。宅配を利用し、引き取りをするという業者もあります。メリットは、運搬に労力を費やすことがないことです。リサイクルショップを巡り、1つずつ査定を受けるより簡単でしょう。デメリットは、業者によって出張費用がかかることです。しかし、とても楽に処分ができるため、費用対効果は大きいと注目されています。

3-2.ガスコンロの処分方法における注意点

ガスコンロの処分方法を選ぶときは、自分にとって最も楽な方法を選ぶが重要です。運搬は、高齢者や一人暮らしにとって負担が大きく、自治体での処分は費用は安くても、捨てるまでに待機時間が長くなります。すぐに処分したいのか、費用をかけたくないのか、自分の希望を叶(かな)えることができる方法を模索してください。

4.ガスコンロの寿命や処分方法でよくある質問

ガスコンロは毎日使うものなので、寿命や処分を考えるきっかけが少ないと思います。前述したとおり、トラブルが起こってからでは遅い場合もあり、寿命や処分方法については理解を深めておきましょう。

Q.故障やトラブルがないけれど、10年を経過していたら買い替えるべきか?
A.10年を過ぎていれば、いつどのような故障が起こってもおかしくありません。平均寿命を大幅に超えて使い続けるのは危険です。突然使えなくなる事態も発生するでしょう。異常がないうちに、買い替えしておけば安心です。

Q.不燃ゴミとして扱う自治体もあるのか?
A.ゴミの分別ルールは、各自治体で違うため、粗大ゴミとなる場合もあれば、不燃ゴミとして出すことができる自治体もあります。お住まいの地域に確認し、正しく処分してください。

Q.ガス漏れが起こったら、自分の家だけの問題では収まらないものなのか?
A.ガス漏れによる引火事故や爆発は、想像を超える衝撃と破壊力をともないます。自分の家だけの被害に留(とど)まらず、近隣住民の生活にも影響を与える重大な事態です。早めに対処しましょう。

Q.すぐに処分したい場合は、どこへ依頼するべきか?
A.自治体の処分は時間がかかるため、ガス器具販売店か不用品回収業者に依頼しましょう。不用品回収業者なら、即日回収も可能です。

Q.ビルトインタイプのガスコンロを自分で取り外しできないか?
A.ビルトインタイプは埋め込み式なので、自力での取り外しはできません。ガス器具販売店か不用品回収業者に取り外しと引き取りを依頼してください。

5.まとめ

いかがでしたか? ガスコンロの寿命は、平均で10年です。しかし、10年が経過していなくても、トラブルや寿命を示すサインがあったら、買い替えを検討するべきでしょう。ガス漏れ・着火しない・火の立ち消え・不完全燃焼など、事故につながる場合があります。無理に使い続けず、ガス会社へすぐ連絡してください。また、寿命として捉え、古いガスコンロの処分も検討しておきましょう。すぐに処分したい場合は、不用品回収業者が便利です。迅速にガスコンロの処分ができるでしょう。