ガラケーの捨て方を徹底解説! 上手に処分するポイントがわかる!

古いガラケーをどのように処分すべきか悩んでいる方は多いでしょう。捨て方が分からないからと、家でずっと保管している方もいるはずです。ガラケーにはレアメタルなどの貴重な資源が含まれているため、ゴミとして捨ててはいけません。そこで、本記事では、ガラケーの捨て方・買い取り・無料回収・注意点について詳しく説明していきましょう。

  1. ガラケーの捨て方について
  2. ガラケーの買い取りについて
  3. ガラケーの無料回収について
  4. ガラケーを捨てる前の注意点
  5. ガラケーの捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガラケーの正しい捨て方が分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.ガラケーの捨て方について

ガラケーを正しく処分するために、基礎知識を身につけておきましょう。処分方法だけでなく、ガラケーに含まれているデータを消去する必要性なども身につけておかなければなりません。データ消去に関しては、後ほど説明するので要チェックです。

1-1.ガラケーとは

現在の主流はスマートフォン(スマホ)ですが、その前に主流になっていたのが「ガラケー」です。ガラケーとはガラパゴスケータイの省略で、ガラパゴス諸島のように独自に進化した機能がたくさんついていることから、そのように名づけられたといわれています。たとえば、ワンセグ・お財布ケータイなどの機能は、海外の携帯電話にはついていない日本独自の機能です。昔の携帯電話は海外と通信規格が違いました。そのため、海外の携帯電話が日本に入ってくることが少なく、日本独自の機能が発達したといわれています。

1-2.処分方法とは

それでは、具体的な処分方法を説明します。

1-2-1.ゴミとして捨てられるのか

ガラケーは小型家電リサイクル法の対象品目となります。小型家電リサイクル法とは、携帯電話・デジタルカメラ・ゲーム機器など使用済み小型電子機器の再資源化を促進するための法律です。
小型家電リサイクル法に力を入れている自治体は、小型家電回収ボックスを設置しています。そこに投函(とうかん)する形で処分できるでしょう。ただし、設置していない自治体もあるので注意が必要です。設置されていない場合は、ほかの方法で処分する必要があるでしょう。「小型家電ポータルサイト」では、どこでリサイクル回収ができるのか簡単に検索できますので、ぜひチェックしてください。

1-2-2.販売店に返却する

各キャリア会社では、ガラケーの回収を行っています。店舗内にある回収ボックスに投函するだけでOKです。異なるキャリアのものでも回収可能なため、近くの店舗に持って行くと良いでしょう。ガラケーが大量にある場合も回収可能です。また、ほとんどのキャリアショップでは、回収されたガラケーを再資源化しています。

1-2-3.回収業者に依頼する

回収業者を利用して処分するのも選択肢の1つです。ガラケー以外に処分したいものがあれば、まとめて捨てることができるでしょう。宅配回収・持ち込み回収・出張回収の3つの方法から選択できるので、自分の都合に合わせて処分できます。ただし、業者の中には回収方法が限られている場合もあるため、ホームページなどで確認したほうがよいでしょう。

1-3.充電器・電池などの付属品について

付属品の種類によって、処分方法が異なります。たとえば、充電器・ACアダプター・電池パック・イヤホンはキャリアショップでの回収が可能です。ただし、イヤホンは純正品限定となるため、それ以外のものは不燃ゴミ、または小型家電回収ボックスによる処分となります。メモリーカードはキャリアショップで回収してもらえません。不燃ゴミか、小型家電回収ボックスでの処分となるでしょう。自治体で処分する際は、ホームページなどでその地域のルールを確認してください。

2.ガラケーの買い取りについて

ガラケーを買い取りに出して処分する方法を説明します。

2-1.買い取りができる場合もある

現在の主流はスマホですが、ガラケーにもまだ需要があります。「スマホを使いこなせない」「ガラケーの機能だけで十分」と、中古品を探している方がいるのです。また、貴重な資源が含まれているため、買い取りを強化している業者もあります。

2-2.買い取りしてくれるところとは

ガラケーを買い取りしてくれるところといえば、リサイクルショップ・買い取り専門店・不用品回収業者などが代表的です。業者によって、買い取りできるか否か判断基準が異なるため、複数の業者に査定を依頼すると良いでしょう。その中から最も高値がついた業者を利用してください。

2-3.注意点

業者によって査定基準は異なりますが、大まかなポイントは再利用できるかどうかです。以下の項目に当てはまるガラケーが、買い取ってもらえるでしょう。

  • 操作に問題なく使用できる
  • 本体に直接ペイントや装飾をしていない
  • 改造していない
  • SIMカードに対応している

3.ガラケーの無料回収について

買い取り不可となったガラケーは、無料回収を利用して処分すると良いでしょう。ここでは、無料回収業者選びと回収方法・費用・注意点などについて説明します。

3-1.無料回収について

不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところがあります。回収したガラケーをメンテナンスして再販売したり、貴重な金属を取り出して再資源化したりしているのです。処分に無駄な費用をかけていないからこそ、無料回収ができます。しかし、中には悪徳業者も存在しているので要注意です。
たとえば、ワゴン車で買い取りを行っている業者は利用しないほうがよいでしょう。なぜなら、「トラックに積まれた後、費用を請求された」というトラブルが多発しているからです。
また、なぜ無料回収ができるのか「理由」が明確になっている業者を選んでください。きちんと理由が記載されているところなら、安心して依頼できます。

3-2.業者選びのコツ

以下のポイントに注目して業者を選んでください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 無料回収の理由が明確になっているか
  • 回収方法が選択できるか
  • 回収できる種類が豊富か
  • 回収だけでなく、買い取りも行っているか
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 口コミ・評判が良いか

3-3.回収方法・費用について

不用品回収業者の回収方法は、宅配回収・持ち込み回収・出張回収の3種類です。そのときの状況・都合に合わせた方法を選択すると良いでしょう。もちろん、無料で回収してもらえますが、宅配回収の場合は送料が自己負担となるところもあります。送料・追加費用の有無についてもきちんと確認しておきましょう。

3-4.注意点

「無料といっていたのに費用を請求された」「回収後、不法投棄されていた」など、業者との間でトラブルが続出しています。無料回収という言葉で誘い、不正を働く業者も存在しているので注意しなければなりません。少しでも怪しいと感じたときは、依頼しないようにしてください。また、トラックでまわっている業者も信用できません。不用品を積んでから費用を請求する可能性があるため、業者選びのポイントを押さえて信用できる業者を選びましょう。

4.ガラケーを捨てる前の注意点

ガラケーを捨てる前に、知っておかなければならない注意点があります。ぜひチェックしてください。

4-1.売る前にしておくべきこと

ガラケーを売る前に、必ず電話帳・ICアプリなどを削除しておかなければなりません。そのまま処分すれば、ガラケーのデータがすべて筒抜け状態になってしまいます。
また、データを削除した後は初期化しましょう。業者によっては、出荷前の状態になっていなかれば買い取ってもらえないところもあるので要注意です。
さらに、SIMカードとSDカードを抜き、暗証番号をリセットしてください。カードの取りはずしは忘れがちなので注意が必要です。売る前は、出荷前の状態にしておかなければなりません。

4-2.データについて

ガラケーのデータを消去する必要性と消去方法について説明します。

4-2-1.データ消去の必要性

データが残った状態のまま処分すれば、ガラケーに含まれている個人情報が流出するおそれがあります。ガラケーの内部には、電話帳・写真・メールのやり取りなど大切なデータがたくさん含まれていることでしょう。外部に流出すれば取り返しのつかないことになるため、きちんと消去することが大切です。端末のデータを消去して、初期化してから処分してください。

4-2-2.データの消去方法

手元に取扱説明書があれば、確認しながらデータを消去してください。キャリア・機種によって方法が異なるので注意が必要です。自分で消去できない・不安という方は、業者に依頼するのも方法の1つでしょう。不用品回収業者の中には、データ消去サービスを実施しているところがあります。専用の機器を使用してデータを消去するため、安心して処分ができるでしょう。

5.ガラケーの捨て方に関してよくある質問

ガラケーの捨て方に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.買い取り可能な機種とは?
A.基本的に、不具合・不調がなく、正常に使える状態であれば買い取り可能です。ただし、数十年前に発売されたなど古いものは買い取り不可になる可能性があります。ガラケーの中でも人気があるのはdocomoの「D905i」と「SH-04B」です。独自の操作性とデザイン性を持っている機種では、現在でも愛用しているユーザーがたくさんいます。ガラケーは新機種の数が少ないため、中古で探している方が多いのです。特に、人気機種は高めの値段で売買されるでしょう。

Q.初期化設定のやり方とは?
A.ガラケーの初期化は、機種によって異なります。docomo・au・ソフトバンクそれぞれの設定方法を以下にまとめてみました。

<docomo・ソフトバンク>

  1. メニュー画面から「その他」「設定」「SETTING」「セキュリティー」のどれかを選択する
  2. 「端末初期化」「リセット」または「データ一括削除」を選択する
  3. 暗証番号を入力してリセット完了

<au>

  1. メニュー画面を表示して「機能」または「設定」を選択する
  2. 「プライバシー/制限」から「リセット」→「オールリセット」を選択する
  3. 暗証番号を入力してリセット完了

Q.電源が入らない場合、データ消去はどうすべきか?
A.SIMカードとSDカードにデータが残っています。入っているカードを必ず取りはずしてください。初期化設定ができないので、各キャリアに相談すると良いでしょう。

Q.ガラケーはいくらで売れるのか?
A.ガラケーの場合は、古ければ古いほど価格が下がる可能性があるでしょう。高く売りたい方は、早めに売ることをおすすめします。また、根強い人気のあるガラケーは、ほかの種類よりも高く売れる傾向があるのです。売りたいガラケーがいくらで売れるのか知りたい方は、無料査定を利用しましょう。

Q.ネットオークションでも売れるのか?
A.はい。ただし、出品額を自分で設定できるのは魅力的ですが、自分で梱包(こんぽう)して送らなければならないので何かと手間がかかるでしょう。また、「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられた」など、落札者との間でトラブルも起きています。トラブルになりたくない方は、ネットオークション以外での売却方法を検討してください。

Q.SIMカード・SDカードの処分方法が知りたい
A.SIMカードとSDカードを廃棄する場合は、カッターやはさみなどで切り刻み、読み取りができないようにしてください。ただし、通信事業者によってはSIMカードの回収を義務づけているところがあります。不要になったときの対応を、きちんと確認しておかなければなりませんね。また、SDカードは保存メディアとして活用できるため、データを削除して再利用するのも選択肢の1つです。

まとめ

いかがでしたか? ガラケーは古いもの・需要がないと思いがちですが、機種によっては根強い人気を誇っているものもあります。そのため、買い取りという方法での処分も可能です。ただし、だいぶ古い機種は買い取り不可となる可能性もあるため、査定を依頼すると良いでしょう。買値がつかなかったものは、無料回収業者を利用すると良いですよ。安心して処分するためにも、業者選びのポイントを押さえて信用できる業者を見つけてください。