カメラの買い替え時期はいつ? ~お得な買い替え・高く売る方法~

カメラを買い替えようかな…と考えているとき、カメラの買い替え時期はいつになるのか気になったことがある人も多いと思います。
電化製品には買い替え時期があります。
適切な時期に買い替えていった方がお得になるのでぜひ知っておいてください。
ただ買い換えるよりも時期を把握したうえでカメラを買い換えることをオススメします。

3年~5年で壊れるケースが多い

持っている人が多いデジタルカメラは3年~5年で壊れるケースが多いです。
壊れてから買い換える人もいますが、最近電源が入らなくなった、すぐに電池が切れるようになってしまったなど不具合を感じたときに買い換えた方がオススメです。
せっかくの旅行なのに途中でデジタルカメラが壊れてしまうと本当にもったいありません。
後で新しいものを買っておけば良かった…と気分が落ち込んでしまうでしょう。
デジタルカメラは寿命が3年~5年ほど。
よって、その前には新しいデジカメを購入しておくと良いでしょう。
新しいデジカメを購入する場合は、自分がどのような機能に重点を置くのかによってデジカメの選び方が変わってくると思います。
いろいろなメーカーのカメラを比べてみてください。
比べると特徴がわかりやすくなるのでオススメですよ。

中古品店や家電製品を取り扱っているお店で売る

壊れていないけれどもそろそろ寿命がきそうなカメラをただ捨てるのではなく、中古品店や電化製品を取り扱っているお店で売ると良いでしょう。
捨てるより売った方がそのお金を次の新しいカメラに使うことができるので有効的な活用方法となります。
カメラを買い換えようと思っているそのときがあなたのカメラの買い替え時期でもあるので壊れていないカメラはぜひ売ってください。
カメラによっては高額買取をしてくれるお店もあります。では、どうすれば高くカメラを売ることができるのか次で詳しくみていきましょう。

カメラを高く売るポイントは?

カメラを買い換えようと思っている人は必見です。カメラを高く売るためのポイントについていくつか紹介していきたいと思います。

  • 掃除をしてキレイにする
  • 購入したときについてきた付属品を準備する
  • 複数の電化製品を一緒に売る

主に3つのポイントが挙げられます。まず、1番目の「掃除をしてキレイにする」ことは結構大事なことなので覚えておいてください。
汚いカメラよりもキレイなカメラの方が高額買取の可能性があります。
また、購入したときについてきた付属品を用意しておくと良いです。
取扱説明書・保証書があれば必ず一緒に査定に出しましょう。
カメラ以外の家電製品と一緒に査定に出すのも高額買取の大きなポイントになります。

まとめ

家電製品のスタッフに聞くと3年~5年がカメラの寿命と言います。
しかし、大切に使い、必ずケアを定期的におこなえば長く使い続けることはできます。
カメラがおかしくなったな…と感じるときが買い替え時期と思っておいて良いでしょう。
まだ壊れていないカメラの場合は中古品店や家電製品を取り扱っているお店に売ることをオススメします。
捨てるよりも売れるカメラは売った方がお得です。
そのお金を使って新しいカメラを買うこともできるでしょう。