オーディオを売りたい!意外と知らない処分方法と高く売るコツ

「もう使うことはないが処分方法が分からない」そんなオーディオ機器が自宅にあるという方は少なくないようです。
捨ててしまうには勿体ないですし、処分料や引き取り料が高額なことも引っかかります。
しかし、いつまでも家に置いておくのはスペースの無駄なので、思い切って売りたいという方もいるのではないでしょうか?
意外なことに、オーディオはかなり需要がある物なので、予想以上の高値が付く場合もあるのです。
自分では必要ないものでも世の中にはそれを必要としている人がいます。そういう方の手で活用してもらうことは、ゴミとして捨ててしまうよりも何倍も意味があることではないでしょうか?
オーディオを売るのは面倒で大変なことだと想像してしまうようですが、それほど時間も労力もかけずに売る方法もいくつかあります。
今回は、そのなかでもすぐに実践できるものをご紹介したいと思います。

1.売りたいオーディオの種類をチェック

1-1.スピーカー

自宅で音楽や映画を楽しむ際に必要なスピーカーですが、こだわりを持っている人も多く収集家がいるほどなのです。
スピーカーは、その性能次第で音の質までも変わってしまうので、良い音で音楽や映画などを楽しみたい人にとっては何よりも大切なオーディオ機器と言えます。
しかし、最近の住宅事情などで大きな音で音を楽しむことができない場合も多く、せっかく最高のスピーカーを手に入れても、実際に使うことができずに単なる飾りになってしまうことも多いようです。
スピーカーは限定商品やすでに廃盤になったものも多く、欲しくても手に入らずに探している人もいるので、中古でも高値が付く可能性があります。

1-2.アンプ

オーディオ機器について詳しく知らない人にとってあまりピンと来ないのがアンプではないでしょうか?
アンプとはアンプリファイヤーの略で、簡単に言うと映像を映す機器や音楽を聴く機器とスピーカーの間にあるもので、少し難しいのですが音やその大きさを調整する役割があるのです。
アンプをコントロールすることで音を調整したり、好きな映像や音楽を選択することができるのです。

1-3.携帯オーディオプレーヤー

最近多くの人が持ち歩いている携帯プレーヤーですが、毎年様々な製品が発売されどんどん進化しているオーディオ機器のひとつです。
いつでもどこでも大好きな音楽を聴くことができるので、若い人だけではなく年配の人もウォーキングの際に使用している人も多いようです。
最近の携帯オーディオプレーヤーは、音楽をダウンロードすることで小さな機器の中に大量に保存できるので、以前のようにCDを直接入れて使う必要がなく便利で音質もかなり向上しました。

2.オーディオを買い取ってもらう方法

2-1.オークションに出品する

ネットオークションを利用して、不要になったオーディオを出品する方法です。
オークションを利用してオーディオを買いたいと思っている人も多く、限定品や廃盤の商品は驚くほど高値で取引されることも少なくないのです。
もし、自分が持っているオーディオ機器がそのような価値があるものならば、オークションに出品するのが一番高値で売れる方法です。
一度も出品したことがない人にとっては少しハードルが高いと思われるかもしれませんが、一度やってみると案外簡単にできるのでぜひトライしてみてください。

  1. 自分が出品したいネットオークションサイトに登録する
  2. 売りたいオーディオの写真を撮る
  3. 出品するカテゴリーを選び必要事項をなるべく詳しく書く
  4. 最低落札価格を決め出品する
  5. 落札者が決まった時点でオークションサイトの決まりに沿って取引を進める
  6. 入金が確認できた時点で発送する

意外と簡単にでき自分の出品した商品がいくらで落札されるのかドキドキしながら楽しむ事ができます。
しかし、気を付けなくてはならないのが、最低落札価格を低めに設定しておかなくては目にとめてくれる人が少ないということです。もし予想外に入札者が少ない場合は最低落札価格のまま終わってしまう場合があります。自分が本当は売りたくない値段で落札されても、それを取り消すことができないので注意が必要です。

2-2.オーディオ買取専門の業者に買取ってもらう

オーディオ機器専門に買取をしている業者があるので、そこに依頼する方法です。
このような専門業者は知識も豊富でそのまま中古商品として販売できないものでも、分解して部品ごとに組み合わせたり販売する事ができるので、ほとんどのオーディオを引取ってくれる心強いところです。
また、大きなものは自宅まで引取に来てくれるところ所が多いので、自分で運べないとあきらめずに問い合わせてみると良いかもしれません。
思いがけず高値で買取ってくれるかもしれないので、処分する前に是非利用してみてください。

2-3.リサイクルショップに買取ってもらう

リサイクル店にはたくさんのオーディオ機器が並んでおり、とても人気がある商品です。
特に男性客のなかに中古オーディオ機器を探している人が多く、良い商品が持ち込まれたらすぐにチェックできるように頻繁にお店に通っている人も少なくありません。
自分がお目当てのオーディオ機器を少しでも安く買いたいと思っている人も多いのですが、今では売ってい価値がある物にはいくらでも払うという人もいるのです。
リサイクルショップの買取はとても簡単で、一番利用しやすい方法かもしれません。

  1. 売りたいオーディオ機器をリサイクルショップに持ち込む(持ち込めない場合は出張買取を利用する)
  2. 査定してもらう
  3. 納得できる値段ならサインして完了

とても簡単だと思いませんか?
もし、自分が納得できる値段での買取ができない場合は、もちろんやめることもできるので安心して利用できます。

3.高く買い取ってもらうためには?

3-1.不要になったらすぐに売る

オーディオ機器の買取は製造年がとても重要で、もう必要ないと思ったらすぐに売るのが高く買い取ってもらうために最も大切なことなのです。
もし自分が中古のオーディオ機器を購入しようと思った時、型が古く性能も良くないものは選ばないはずで、当然少しでも新しいものを選ぶと思いませんか?
あまりにも古いオーディオ機器は、買い取ってもらえない場合もあるので、「いつか売ろう・・・」ではなく、すぐに行動するようにしましょう。

3-2.箱や説明書も揃える

購入した時に入っていた箱や付属品はすべてとっておくと、高く買い取りをしてもらえることが多いようです。
ですから、オーディオ機器をきれいに使うことはもちろん、箱や付属品のリモコンなどもなくさないように大切に保管しておきましょう。
買い取ってもらうという事を前提にオーディオ機器を買う人は少ないかもしれませんが、もしかしたら・・・ということを考えておくといざ「売りたい」と思った時に役立つはずです。

3-3.きれいに掃除する

どんなに性能が良く高価なオーディオ機器でも、埃が溜まっていたり汚れが目立つものは買取り価格は当然低くなります。
買取る側も人間ですので汚いものを高く買いたいとは思わないはずです。
もう必要ないからと乱雑に扱うのではなく、できる範囲できれいに掃除をしてから売ることが大切です。

まとめ

いかがでしょう?
オーディオ機器を売るのはそれほど難しいことではないとお分かりいただけたはずです。
高価なものでも自分にとって不要ならば、持っていても意味がないのですぐに売るようにしましょう!
処分するのが勿体ないからと保管し続けることは、部屋を狭くし快適な生活とは言えません。
すぐに紹介した方法を実践して不要になったオーディオ機器を売ってすっきり快適な生活を手に入れましょう!