自宅で余った灯油の捨て方を知りたい方必見! 3つの正しい処分方法

このような理由で自宅にある余った灯油の処分方法にお困りではありませんか?
灯油は取り扱い方を間違えれば火災の原因になります。ですから余った灯油を捨てる場合は正しい方法で捨てる必要があるのです。
余ってしまった灯油。それを安全に正しく捨てる方法を知りたいと思いませんか?
そこで本日は、余った灯油の捨て方を3つご紹介します。正しい方法で灯油を処分するために是非お役立てください。

その1:ガソリンスタンドに持っていく

余った灯油を捨て方として確実なのはガソリンスタンドに依頼して処分してもらう方法です。
ガソリンスタンドは灯油やガソリンなどの危険物を販売している所なので、余った灯油を正しく処理してくれますよ。灯油の処分料金はスタンドによって異なります。無料の場合もあれば有料の場合もあるでしょう。古くない灯油であれば買い取ってくれることもあるようですね。
セルフのガソリンスタンドでは灯油を処分して貰えないこともあります。セルフスタンドではなくスタッフの在籍しているスタンドに持っていきましょう。

その2:整備工場やバイク屋さんに持ち込む

知り合いに整備工場やバイク屋を経営している人がいませんか?
整備工場やバイク屋さんでは部品やピットの洗浄に灯油を使用します。もしこのような場所で働く知り合いがいるなら余った灯油を引き取ってくれるかもしれませんよ。

その3:知り合いにあげる

石油ストーブを使っている知り合いがいませんか?
まだ劣化していなキレイな灯油が余っているなら、近所の人や友人に譲ることができるでしょう。石油ストーブを使っている施設に寄付することもできますね。最近は灯油の価格が高騰しているので、タダであげれば喜ばれること間違いなしですよ。
この方法も余った灯油を処分するための良い方法です。

やってはいけない灯油の捨て方:燃えるゴミにだす

「少量の灯油であればボロ布や新聞紙に吸い込ませ、燃えるゴミとして出すことができます」
このような書き込みをネットで見かけたことがありませんか? 実はこの捨て方、とても危険な灯油の処分方法なのです。
灯油は「特別管理廃棄物」なので基本的に自治体のゴミに出すことができません。自治体のゴミに出すとゴミ収集車の中やゴミ処分場で何かに引火し火災を引き起こす危険もありますよ。
自宅で余った灯油をボロ布や新聞紙に吸わせ、燃えるゴミに出すのは危険なのでやめましょう。

いかがでしたか?

この記事では余った灯油の捨て方を3つご紹介しました。

  • その1:ガソリンスタンドに持っていく
  • その2:整備工場やバイク屋さんに持ち込む
  • その3:知り合いにあげる

余った灯油はこのような方法で処分することができます。灯油は簡単に発火しない液体とはいえ危険物の一種です。灯油を捨てる時には正しい方法で処分するようにしてくださいね。