空気清浄機の処分に迷ったら!4つの処分方法と高価買取のポイント!

「空気清浄機の処分方法を知りたい」という人は多いでしょう。最近の空気清浄機にはさまざまな機能が搭載されており、サイズも大きめのものが増えてきています。不要になった際にどうやって捨てればよいのか迷いがちですよね。

この記事では、空気清浄機のゴミ分類や処分方法・買取に出す際のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 空気清浄機は何ゴミになるのか?
  2. 空気清浄機を自治体で処分する方法
  3. 空気清浄機を自治体以外の方法で処分する場合
  4. 空気清浄機を買取に出す際のポイント3つ
  5. 空気清浄機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、空気清浄機を処分する際の注意点やお得な処分方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

 

不用品買取業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.空気清浄機は何ゴミになるのか?

まずは、空気清浄機のゴミ分類について解説しましょう。

1-1.不燃ゴミまたは粗大ゴミの場合が多い

空気清浄機が何ゴミに分類されるかは自治体によって異なりますが、不燃ゴミか粗大ゴミの場合がほとんどです。「1辺の長さが30cm以上のものは粗大ゴミ」というように、大きさによって分類しているケースが多いため、事前に確認しておきましょう。指定の大きさは自治体によって異なるので注意してください。

1-2.小型家電として回収している自治体も

自治体によっては、空気清浄機を小型家電として回収しているところもあります。回収された空気清浄機は、有用資源を取り出してリサイクルされているのです。この場合、公共施設や大型スーパーなどに回収ボックスを設置して回収している自治体が多くなっています。空気清浄機が回収ボックスの投かん口に入るサイズかどうか、事前に確認が必要です。

2.空気清浄機を自治体で処分する方法

自治体による回収を利用して空気清浄機を処分する方法や、メリット・デメリットについてご紹介しましょう。

2-1.粗大ゴミとして捨てる場合は事前に申し込みを

空気清浄機を粗大ゴミとして捨てる際の手順は、一般的に以下のとおりです。

  • 電話かインターネットで回収の申し込みをする
  • 受付番号・回収日時・回収場所・料金を確認する
  • コンビニか郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  • 処理券に受付番号を記載し、指定された回収日時に回収場所へ持っていく

2-2.安さと安心感がメリット

自治体を利用するメリットは、やはり安さでしょう。粗大ゴミとして捨てる場合の費用は、300~700円程度の自治体がほとんどです。不燃ゴミの場合は無料で処分できるため、「できるだけお金をかけたくない」という人は利用するとよいでしょう。また、相手が自治体ということで安心感も大きいと思います。

2-3.自分のタイミングで処分できないというデメリットも

デメリットは、自分のタイミングで処分できないという点でしょう。不燃ゴミの場合は回収してもらえる曜日が決まっており、粗大ゴミの場合はあらかじめ回収日時を指定されます。「すぐ処分したい」という人には不向きでしょう。また、回収場所まで自分で持っていくのが難しい人にもおすすめできません。

3.空気清浄機を自治体以外の方法で処分する場合

空気清浄機を自治体以外で処分する方法についてまとめました。

3-1.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、自分のタイミングで空気清浄機を処分できます。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要もありません。ただし、空気清浄機1台の回収を依頼するのは現実的ではないため、ほかにも不用品が大量にある場合に利用するとよいでしょう。

3-2.買取に出す

比較的状態のよい空気清浄機は、買取に出して処分するのがおすすめです。元値が高い高性能な空気清浄機は中古市場でも人気があるため、買取対象になる可能性は十分にあるでしょう。買取先にはリサイクルショップや買取業者などがあるので比較して選ぶことをおすすめします。

3-3.ネットオークションやフリマサイトに出品する

ネットオークションやフリマサイトなどに出品する方法もあります。空気清浄機を出品している人は意外と多く、よく売れているのが現状です。自宅にいながら不用品を処分できる点も大きなメリットでしょう。ただし、個人間の取り引きになるためトラブルが発生する可能性もあること、こん包や発送の手続きなど手間がかかることなどがデメリットです。

4.空気清浄機を買取に出す際のポイント3つ

買取対象になる空気清浄機の条件や高価買取のコツなどをまとめました。

4-1.製造から5年以内で正常に動くもの

基本的に、製造から5年以内で動作に異常がないものであれば、買取対象になる可能性が高いでしょう。また、シャープやパナソニックなど有名メーカーのものや、加湿機能・除湿機能などが搭載された高性能なものであれば、高価買取も期待できます。

4-2.高価買取のコツを知ろう

空気清浄機を少しでも高く買取してもらうためには、以下のようなコツがあります。

  • きれいに掃除しておく
  • 付属品をそろえておく
  • 買取先を比較して選ぶ
  • できるだけ早く買取に出す

4-3.業者選びは慎重に

買取業者を選ぶ際にも、いくつか知っておきたいチェックポイントがあります。以下を参考に選ぶとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 回収だけでなく買取も行っているか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 丁寧でスピーディーな対応か

5.空気清浄機の処分に関するよくある質問

「空気清浄機の処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.空気清浄機の寿命は何年ぐらいですか?
A.使用頻度にもよりますが、一般的には6~10年前後といわれています。フィルターをこまめに交換すればさらに長持ちする可能性はあるでしょう。

Q.空気清浄機の処分を検討すべき症状にはどのようなものがありますか?
A.電源を入れても運転しない・異臭や異音がする・臭いが取れなくなってきたなどの症状が現れた場合、買い替えを検討すべきでしょう。

Q.空気清浄機は家電リサイクル法の対象ですか?
A.いいえ。家電リサイクル法の対象になるのは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の4品目です。空気清浄機は小型家電リサイクル法の対象になっている自治体もあります。

Q.空気清浄機の買取相場はどうやって調べられるのでしょうか?
A.複数の買取業者に無料見積もりを依頼して比較するか、ヒカカク!などの買取金額比較サイトを利用する方法がおすすめです。

Q.悪質な不用品回収業者にはどのような特徴がありますか?
A.突然訪問してきて営業する業者や、やトラック1台で地域を回っている業者には注意が必要です。また、無料の回収業者は、なぜ無料回収が可能なのかきちんと説明できないようであれば利用しないようにしましょう。

まとめ

空気清浄機のゴミ分類や処分方法・買取に出す際に知っておくべきことなどをまとめてご紹介しました。空気清浄機は中古需要もあるため、不要になった際は買取に出してみることも検討すべきです。お得に処分できる可能性もあるでしょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った処分方法を見つけてください。