パソコンディスプレイの廃棄方法は? 3つのパターンを紹介!

パソコンのディスプレイはどのようにして捨てれば良いのか、悩んでいる人も多いでしょう。 今では小さいものから大きいものまでさまざまな種類のディスプレイが発売されており、廃棄方法も説明書に書かれているので廃棄方法を知るまえに取り扱い説明書があればぜひチェックしてください。 ディスプレイを廃棄するときは注意しておかなければならないこともあります。 廃棄方法だけでなく、注意点についても一緒に確認していきましょう。

1.パソコンメーカーにディスプレイの回収を依頼!

もし、廃棄したいパソコンディスプレイに「PCリサイクルマーク」がついているのであれば、メーカーで回収してくれる可能性があります。 基本、無料で回収してくれるので廃棄にお金はいっさいかかりません。 リサイクルマークがついていないものでも問い合わせてみると回収してくれることもありますが、お金がいくらかかかってしまうでしょう。 パソコンメーカーによって回収する方法は違います。 どのような方法で回収することができるのか、メーカーに電話やホームページから問い合わせてみてください。

2.自治体の指定業者によるリサイクル回収を利用!

回収するためのお金はかかってしまいますが、自治体の指定業者によるリサイクル回収が利用できることもあります。 自治体によってどのくらいの料金となるのか、回収方法や指定場所も違うので事前に確認が必要です。 確認しておかなければ間違った方法で捨てることになり、二度手間になってしまうので要注意。スムーズに廃棄するためにも役場や自治体のホームページで確認してください。 指定された場所にディスプレイを運ぶことになります。 ディスプレイの回収費用は自治体によって違いますが、料金はさまざまです。 ある地域ではパソコンディスプレイ700円となっているのに対し、違う地方では3,000円とだいぶ差がみられます。

3.リサイクル業者にディスプレイの買取・回収を依頼!

日本各地にはさまざまなリサイクル業者があります。 衣類や家具・家電製品など幅広いジャンルを取り扱っているところもあれば、パソコンを中心に取り扱っているリサイクル業者もあるのでそこを利用するのもひとつの廃棄方法です。 パソコンを主に回収しているリサイクル業者はさまざまなパソコンのディスプレイを回収しているので廃棄に慣れています。スムーズに進めてくれるでしょう。 買取をしてもらえれば廃棄にかかる費用はゼロですし、お金は一切かからないのも嬉しいポイントです。 また、近くに業者がない場合は、宅配での回収をおこなっているリサイクル業者を利用すると良いでしょう。 ダンボールや梱包材は自分たちで用意しなければなりませんが、送料は業者が負担してくれるところもあります。 宅配を利用するときは、ディスプレイが動かないようにしっかり固定すること、ディスプレイが割れないように丁寧にプチプチなどの梱包材で包みましょう。しっかり包んでおかなければ壊れてしまうので注意してください。

まとめ

パソコンのディスプレイを廃棄する方法は主に、「パソコンメーカー」「自治体指定業者によるリサイクル回収」「リサイクル業者」に依頼する方法があります。 パソコンメーカーやリサイクル業者は基本、無料となっていますが、自治体指定業者のリサイクル回収を利用して廃棄する場合はお金がかかってしまいます。 自治体によって回収費用が変わってくるので注意しておかなければなりません。