出し方に注意!? 不要になったウォシュレットの処分方法とは?

今は自分でできるほどウォシュレットの交換は簡単になりました。
しかし、交換後困るのが不要になったウォシュレットの処分です。家庭ごみとして処分を依頼することができるのでしょうか?
そこで今回はウォシュレットの処分方法についてご紹介しましょう。ウォシュレットの交換を考えている、という方はぜひ読んでみてください。

ウォシュレットとはそもそもどの部分?

毎日使うものですが便器の構造を詳しく知っているという方は少ないでしょう。
便器は水がたまっている陶器の部分と、便座、洗浄用のノズル、ふたのウォシュレット部分に別れているのです。
便座やふたはプラスチックでできていますので、便器本体に比べると寿命が短いのですね。
現在ではウォシュレットの取り付けは簡単になり、多少の知識がある人ならば自分交換することができます。
しかし、取り外したウォシュレットはどのように処分をしたらよいのでしょうか。

家庭ごみとして処分ができる

結論からいうと、ウォシュレットは家庭ごみとして自治体に処分を依頼できます。
材質自体はプラスチックですが、ある程度の大きさがありますので自治体によっては粗大ごみに分類されるでしょう。
どのゴミに分類されるかわからない場合は市役所の担当課に問い合わせてみてください。
そして、いくらゴミとはいえ汚れたものをそのまま出してはいけません。雑巾で軽くふいて見苦しくない程度にして回収所までもっていきましょう。

プラスチックが割れている場合は?

便座やふたはプラスチック製ですから、割れてしまうこともあるでしょう。
割れた厚みのあるプラスチックというのはガラス並みに危険です。
袋にむき出しのまま入れておけば、回収する人がけがをしてしまうかもしれません。
割れたウォシュレットを処分する場合は破片を新聞紙でくるみ、油性マジックでビニル袋に「破片に注意」と書いておきましょう。

人目が気になる場合は?

今はゴミの出し方が厳しくなり、自治体によってはゴミ袋に名前を書かなければ回収してくれないところもあります。
ウォシュレットをそのまま出すのがなんとなく恥ずかしい、という方は新聞紙などで隠して捨てるとよいでしょう。
ごみの分別上それができない、という場合はゴミ処理場に直接持ち込む、という方法もあります。
どうしても人目が気になるときはそこまで持っていきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はウォシュレットの処分方法についてご紹介いたしました。
ゴミとはいえできるだけ他者に不快な思いを与えないように処分したいものですね。